森の人 さん プロフィール

  •  
森の人さん: 夢工房 ポラーノ
ハンドル名森の人 さん
ブログタイトル夢工房 ポラーノ
ブログURLhttps://ameblo.jp/dreamlabo-polano/
サイト紹介文木工品の製作日記です。 自然素材のクラフトワークショップの様子も、ご紹介します。
自由文あなたの想い。カタチにします!

国産材・間伐材を使った、木工品の受注製作をしています。
http://polano.jimdo.com/

製作活動と共に、ワークショップの情報もUPします。

併せてご覧ください。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2014/12/29 10:17

森の人 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 飾り棚製作
  • ○勝ち負けへのこだわり○ややこしさの単純化○木の使い方 〜狂いと節と〜 今回は、飾り棚を製作しています。仕上げ前の、組み立てまでを終えたところです。 素材は、きらめ樹のヒノキ板。接着剤には、膠(ニカワ)を使用しています。 きらめ樹とは、皮むき間伐の愛称です。立ったまま木を枯らすことで森に光を入れる間伐方法です。きらめ樹についてシンプルでいながら、結構ややこしい造りで、木工の面白さを感じる一品です。そ [続きを読む]
  • 幼児椅子製作 〜見えない仕事にクローズアップ〜
  • 〇見た目には分からないもの〇段取り八分に仕事二分〇一本定規という考え方関東も梅雨入り、あっというまの日々ですが、久しぶりの更新です。今回は幼児椅子のご要望があり、製作させていただきました。一見単純な椅子で、正直、見た目はDIYでも作れそうな感じです。確かに、機械も安く販売されており、誰もが気軽に木工を楽しめるようになりました。そんな中、仕事とは何かを考えたとき、やはりDIYのそれとは違うものを感じます [続きを読む]
  • 木工必須スキル!機械刃物の交換を紹介。
  • ○好きな厚みを自由自在。自動鉋盤とは?○機械の命。刃物交換のHow to好きな厚みを自由自在。自動鉋盤とは?木工をやろうとしてぶつかる壁の一つに、部材の厚さ削りがあります。欲しい厚みの、ちょうど良い材が売っていることは、まずマレ。材種を選ぼうとするなら、なおのことです。この悩みを解決してくれる夢の機械が、自動鉋盤。高速で回転する刃物により、機械へ入れるだけで、材をお望みの仕上がり寸法に削ってくれます。 [続きを読む]
  • 鎌倉ヒノキでドリームキャッチャー作り
  • ・ワークショップ、承ります!・年齢や内容に合わせてオーダーメイド♪・素材へもこだわります。・小さい子でもできるの? ・ワークショップ、承ります!ポラーノでは、製作活動とあわせてワークショップも行っております。これまでも、カフェの方からのご依頼や屋外イベントへの出展等、幅広く活動してきました。 ブログ左欄のイベントタグよりご覧いただけます。 今回は、AsMamaさんからのご依頼です。UR港北ニューメゾンふじの [続きを読む]
  • 夢工房ポラーノ 2期スタート!
  • 二月も下旬、春の声を聴いてもまだまだ寒い日が続きます。昼間の陽射しや朝夕の明るさに、光の春を感じるこの頃です。 旧正月を迎えようとする今日、ポラーノも新たなスタートを切ることになりました。 清瀬の中断からの悲願であった、アトリエを再会します 新しい場所は、逗子シェアアトリエ SAQLAB 〈サクラブ〉内の1ブース。今年から借り始め、まっさらの箱を作業できる環境に整えるべく、準備をしてきました。 1.7m×2.9mと [続きを読む]
  • Let`sきらめ樹!森のスプーン作り♪
  • 年も明け、大寒を迎えました。 古くは二十日正月とも呼ばれ、お正月気分もそろそろ終わり。ポラーノも、今年初のワークショップを行いました。 会場は、いつもお世話になっている醸カフェさん。病気にならないカラダ作りをテーマに、様々な催しを企画されています。 今回は、ヒノキのミニスプーンを作りました ご用意したのは、「きらめ樹」のヒノキ材。きらめ樹は「NPO 森の蘇り」さんの提唱する新しい林業の試みで、昨年はメデ [続きを読む]
  • 初めてのウッドバーニング体験
  • 先日、TABICAさん主催のイベントへ出店させていただきました。 GRID HARVEST FESTIVAL〜秋の収穫祭〜 食欲の秋、芸術の秋、読書の秋、行楽の秋…作物や才能、いろいろなものが実る季節。 様々な才能を持ったホストの方が集い、ワークショップを行いました。農作物の収穫を祝い、大地の恵み(野菜)の販売もありました。 ポラーノのWSは、ヒノキを使ったウッドバーニング体験。専用の電熱ペンで木を焦がし、文字や模様を描き入れる [続きを読む]
  • 食の安全・森を育てるMy箸作り
  • 先日、お馴染みのはし作りイベントにお招きいただきました。食の安全・森を育てる【My箸作り】会場の「醸カフェ」さんは、病気にならないカラダ作りをテーマに、発酵食品をメニューへ採り入れたり、健康にまつわるワークショップを開催されています。日本で使われる割り箸の多くは、輸入品。そこには農薬まがいのモノも含め、様々な薬品が使われていると言われますさらに、たった一度で使い捨てられるために、伐り開かれる他国の [続きを読む]
  • 〜箸作りの秋〜
  • 気温差が激しく、実感に乏しいですが、空を見上げれば秋の訪れを感じます。食欲の秋を前に、「Myはし」はいかがでしょうか。 ふだん、何気なく使う割り箸。その木は、どこから来たものでしょうか?作られる過程にしても、口に触れるものが目に見えない形で届くのは、不安なものです。 せっかく美味しいものをいただくなら、手作りで安心のMyはしを使ってみてはいかがでしょうか。 材料は、国産の木材を使用します。あなたの小さ [続きを読む]
  • 夏休み企画!竹ご飯とMyはし作り♪
  • お久しぶりです。関東は天候不順のお盆休みを迎えています。 7月から3回、夏休みにちなんだ親子向けのイベントを行いました。 今年の自由研究は職人さんと竹細工。流しそうめんも手作りの器で食べよう ポラーノはTABICAにホスト登録しております。今後も、イベントを企画していきたいと思います。 今回は竹を伐り出し、切った竹で飯盒を作りご飯を炊きました。さらに残った竹で、箸をカップ・お皿を作り、お昼ご飯を食べるという [続きを読む]
  • 小抽斗製作
  • 梅雨に入り、不安定な天気が続きます。空梅雨かと思いきや集中的な豪雨もあり、油断ならない空模様です。今回のオーダーは、小抽斗。抽斗これで、ヒキダシと読みます。あまり馴染みの無い字かもしれません。抽は引っ張り出す、斗は四角い箱。中国の漢字が語源だそうです。箱形の家具を、大きな括りで「箱物」という呼び方をします。そのままですね …箱物の製作は、部材数につれて加工も複雑かつ緻密になり、総合的な技術が必要とさ [続きを読む]
  • バターナイフ作りワークショップ
  • 関東も梅雨入りし、不安定な天気に気分も鬱ぎがちです。そんな中だからこそ、お部屋時間を愉しく過ごしたいものです。手作りのモノに触れる暮らし。それがご自身の作られたものなら、一層豊かなものに感じられる事でしょう。先日ワークショップにて、バターナイフ作りを行いました。会場は、以前からお世話になっている醸カフェさん。Myはしからのご縁で、バターナイフ作りも開催していただきました。食の安全・森を育てるバター [続きを読む]
  • 森のアルバム製作
  • ポラーノでは、ワークショップだけでなく注文製作も行っています。今回は、増やせるリフィルタイプのアルバムの表紙を、木で作るという内容でした。ご友人のウェデイング・サプライズのため、メッセージアルバムを企画された方からご相談をいただきました森でウェデイング・パーティーをするほどの森好きだそうで、特別感ある木製の表紙をご提案させていただきました。以前にも一度経験があるので、さらに改良しての製作となりま [続きを読む]
  • Myはし作り、鎌倉上陸!
  • 久しぶりの更新です。すっかり緑も濃くなり、初夏の赴きです 皐月も下旬、鎌倉にてMyはし作りを行いました。今までと違い、講師として委託をいただいての開催です 今年の春から、「かまくらの学校」さんから講師としてデビューです 先生100人(店)と100講座創る「かまもりプロジェクト」に応募したところ、採り上げていただく事になりました。 タイトルもリニューアル 鎌倉産の間伐材でmyはし作 [続きを読む]
  • 〜森を育てるMyはし作り〜
  • 久しぶりの更新は、ワークショップ。カフェにお招きいただいてのお箸作りです2/25(土)、西荻窪の醸カフェさんでMyはし作りを行いました。食の安全・森を育てる【My箸作り】今回は6名の方にご参加いただきました。「病気にならない体づくり」をコンセプトに、様々なイベントをされている醸カフェさん。今回も、食の安全を切り口に、割り箸の実態と森との関わりについてお話させていただきました。作業は、定番のカンナ削りから。四角 [続きを読む]
  • 森のウェルカムボード
  • 師走に入り、今年も残すところ、数えるほどになりました。製作に勤しみ、更新が滞り久し振りの更新となります。 今回製作したのは、ウェルカムボード。結婚式を挙げられる方からのご依頼です ご新郎様が飛行機好きで、発着表示板をイメージしたものにしたいとご相談がありましたお式の後にも使えるよう、文字部分を回転式にして、入れ替えたいとのご要望です。 パタパタと替わる反転フラップ式はさすがに難しいの [続きを読む]
  • チャルカ製作 〜糸車を回そう〜
  • 秋も徐々に深まりつつあり、外へ出かけるにも気持ち良い季節になりました。収穫の時期でもあり、続々と稔りの便りも届いています穀物と共に、有用作物も実を結ぶ頃。綿花もその一つ。綿が弾けている様は、まさに花のようですそんな綿花から糸を紡ぐため、糸車をできないかとご相談をいただきました。「糸車を回せ」ガンジーの不買運動の象徴となった、「チャルカ」としてもお馴染みです。収納場所も考慮し、お手頃サイズでの製作とな [続きを読む]
  • きらめ樹フローリング完結編!
  • Let ' s 床貼り!意図せず連載企画(?)となりました、きらめ樹フローリング化計画。いよいよ大詰め、貼り終わりの納め方となります。初めてこちらをご覧の方もあるといけないので、これまでの振り返りです。まずは1列目まで。フローリングの基礎的な事や、床が痛む理由もあわせて、コチラからhttp://s.ameblo.jp/dreamlabo-polano/entry-12208839245.html実践編として、具体的な作業をご覧になりたい方は、コチラですhttp://s.am [続きを読む]
  • Let ' s きらめ樹!床貼り実践編♪
  • 現在、高齢化に伴い、全国的に家が余り始めています。リノベーション可能な物件も、増えつつあります。まず痛むのは、床板!畳をフローリングにという話もよく耳にします。DIYで家をいじるなら、避けて通れない登竜門です。そんな、床貼りの様子をまとめてみます。前回は1列目まで。床の基本的な構造や、床板が痛む理由もあわせて、導入編としてまとめました。まずは、コチラからどうぞhttp://s.ameblo.jp/dreamlabo-polano/entr [続きを読む]
  • Let ' s 床貼り!きらめ樹フローリング♪
  • ポラーノは木工品の製作と共に、各種木工事も行います。今回は、床貼り作業の様子をまとめてみました。すでにフローリングのお部屋ですが、床が痛んで来ており、上から重ね貼りをしたいとのご要望を受けました。確かに一部ブカブカになっているものの、剥がして張り替える程では無さそうです。既存床の上ということで、15?の板を注文しました。材料は、きらめ樹のスギ材。寝室ということで、リラックス効果があると言われるスギ [続きを読む]
  • Let'sきらめ樹! 森のテーブル作り
  • 無垢の木のダイニングテーブル。憧れはするものの、なかなか手の出ない代物です。高いし、傷は付くし、お手入れも大変そう・・・一枚板のテーブルトップは、数十万するものも珍しくありません。もし自分で作れたら、サイズも素材も思うままです。狭い板も、並べれば広さをカバーできます。一度作れば、メンテナンスも難しくありません今回は、DIYでのテーブル作りのご相談をいただき、材料手配をさせていただきました。図面を引き、 [続きを読む]
  • 〜ウエディング・プロジェクト総集編〜 +α
  • すっかり更新が滞りました。大きな企画が一段落し、通常活動へと戻りつつあるこの頃です。気づけば秋分を過ぎ、天候の不順もあってかすっかり涼しい日が続きます。年明けから取り組んでいたウェディングプロジェクトも、パーティーをもってひと段落しました。その間にも幾つか注文をいただき、夏もあっという間に過ぎていきました。このあたりで、一度ダイジェストでお届けしてみたいと思います。まずは、結婚式での記念品として [続きを読む]
  • リメイク家具製作♪
  • 久しぶりの更新となりました。色々と製作はしているのですが、私情もありなかなか掲載に至りません。今回は大物でもあり、また新たな試みということでアップしてみることにしました。現在、ウエディングプロジェクトとして、今年の初めから製作にかかわっています。式は済まされ、今度はご友人向けのパーティーを企画されており、会場で使用する備品作りに携わることになりました。会場は、築100年の古民家。玄関からでなく縁側を [続きを読む]
  • 過去の記事 …