ボナさんの北海道の釣り三昧II さん プロフィール

  •  
ボナさんの北海道の釣り三昧IIさん: ボナさんの北海道の釣り三昧II
ハンドル名ボナさんの北海道の釣り三昧II さん
ブログタイトルボナさんの北海道の釣り三昧II
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/bona373-1938
サイト紹介文投げ釣り主体に北海道の沿岸に出かけます。夏にはフナや鯉釣りも。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供366回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2014/12/29 11:23

ボナさんの北海道の釣り三昧II さんのブログ記事

  • 汗をかいて眠ってました。
  • 釣具の天日干しを、と用意してますが、カラッと晴れた日が少く、狭い居間が、なお狭くなって、他人から、ワヤだねと言われるような状態です。冬掛けから夏掛けに換えても、寒いのではと心配し過ぎて厚着して寝た為に、汗が出て、明方に目を覚ましていました。週一で、勤務していますので、毎週三連休が有ります。それで、おのずと周りの方々と、時間や時系列に対するテンポが、異なることも有ります。此方が注意することで時系列で [続きを読む]
  • やっと夏掛けに換えて
  • 寒がりの私ですが、朝起きがけに今までの冬掛けのダウンのかけ布団を天日に干して、夜に夏掛けのダウンのかけ布団に換えました。夜中に寒くならないことを願っています。天日干しの間。自身の人事記録の整理整頓をしていました。散逸はないのですが、大学に訪問した時に新しいのを渡して貰うことにしました。エミリーさんの来日が近くなったので、彼女の論文で渡していなかったものなどを探していました。一家は、障子、畳部屋など [続きを読む]
  • フナの投げ釣り準備始め。
  • 20日にアメリカからエメリーさんがやってきます。周到な計画で、レンタカーを借りて札幌に乗り込んできます。私の研究室で抗がん剤の副作用の研究で学位を取ってアメリカに留学したいということでした。論文発表には日本語でということで、自宅で開いていたカミさんの何人かの日本語の生徒になりました。家の二階で日本語の教室。私の研究室で大学院に入学し、研究を完成させ、日本語で発表しました。始め、英文論文を書いて貰い [続きを読む]
  • にんにくの人気は?どうなの
  • 最近、磯釣りでも、フナの投げ釣りでも、コマセに混ぜるにんにくの頻度が少なくなっているようですが、皆さんは、どうでしょう?今までは、ソーダカツオを卸し、親指大前後の大きさに切ったカツオの切り身に瓶詰めのにんにくをまぶして一晩寝かせて釣り場に持参していました。が、孫たちと同居するようになってから、にんにくの匂いが家中に漂い強烈ですので、家ではまぶさないようになりました。真田釣友会の堂上さんは、生にんに [続きを読む]
  • 雨の合間に
  • 8日の日曜日に帰宅してから、1週間雨の合間を見計らって、釣具の後始末に追われていました。次の磯釣りの大会は10月と遠い先ですが、カラットした陽光の下で干せていませんから、釣り具の魚臭さが居間の片隅の小机の周りに漂ったままで、整理整頓ができていません。太陽の下で乾燥させたいと願う昆布漁師の気持ちがよく分かります。夏らしい日常に戻った時に、石狩新港でリールの調子でも診てくる予定でいます。いつまで続くの [続きを読む]
  • 疑似親子が擬餌針の釣り
  • 昨夜は、幸せな家族にオヨバレして、会話も弾み楽しい夜を過ごしました。今朝は、真逆な映画「万引き家族」を鑑賞していました。気を引き締めろ。世の中、このような生活を送っている家族もいるのだと、警告されているようでした。この映画にも救いがありました。ラストで疑似親子が擬餌針の釣りに興じておりました。三連休でも、近くの小学校の建築工事は、最終段階に入り、休み返上で頑張っておりました。ご苦労様です。明日、私 [続きを読む]
  • 雑草とりは、ご主人に
  • カミさんは、今度 膝小僧の下が、腫れてきて、整形の先生から膝の腫れている間は、庭の雑草取りをご主人にさせなさい。釣りのトレーニングにもなるでしょうから。と言われたといいます。私は、カミさんが雑草取りに、膝小僧を当てるだけで良いと思っていましたが、膝の腫れている間は、仕方ないでしょう。私は、釣り用の膝小僧を、雑草取り用におろして頑張ります。 [続きを読む]
  • ミミズ事情
  • 札幌近郊の水郷バラト一円での淡水の投げ釣りでは、ミミズを房がけにして手首のスナップでひょい投げしています。10号の駕篭重りに粉コマセを適当な硬さの団子にして押し込んで1.5号から3.0号の柔らかい磯竿で50メートル以上は飛んで行きます。ミミズの消費量は市販の紙製の箱で1時間に一箱使っています。交綸会会長のアイナメさんこと岩本満さんは、南幌近郊の、農家の一画を、ミミズの養殖場に仕立て直して貰って、腐葉土のよう [続きを読む]
  • 寒さに負けそう
  • いつまでも寒いのが続きます。というのに、寒くないという方が多いので、話があいません。だって〜私は寒くないもの〜KYのカミさんとの間には、気温差がず〜と続いております。今日は、職場の方では、意見が一致して寒いと認知されました。釣りの仲間は気温に忠実に暑さ寒さを話題にできます。早く夏らしい気候になって欲しいこの頃です。来週、熱いフロリダからエミリーさん一家が来日します。余りの寒さに赤ちゃんが風邪をひかな [続きを読む]
  • やはり針でしょう
  • 今回の釣りでの反省。最も大きな失敗は、針についての3ケ条。1.大きい針を使おう:上黒丸せいご16号が好きなので、暇さえあれば、結んで保持しております。これが、仇となっていました。合わせてぐんぐん来るのですが、スカッと抜けました。それが2度3度と。大きな魚には、大きな針が合ったのでしょう。アイナメさんは18号のチヌ針や丸セイゴ針より大きい針を1本針仕掛けに使っていました。少なくとも18号のチヌや丸セ [続きを読む]
  • PEにラインを換える
  • 以前にリールを買った店で同じリールを買い、ついでに新人のスタッフに昆布対策として、ナイロンの8号を巻いて貰いましたが、今回もパーマネント化でした。リールとラインの相性も有るのでは?と店も換え、ナイロン8号をやめPE3号にいつものFで換えました。両手の爪がまだ怪我が治りきっていませんので、糸巻きも、仕掛け造りも完璧なものを望めません。机から空を見ながら、ブログを書いています。釣り具を洗って干してあるのが [続きを読む]
  • 恩師を見舞って
  • 恩師が体調を崩して入院したとの奥さまの電話があり、今日午後に元気づけに。と伺いました。が、おしゃべりで1時間ほど、話せるほどの回復で、食べる方も、問題なし。あと1週間で退院とのことで安心しました。親戚が釣り具店でしたので竹竿の釣りの頃は楽しんでいました。私も、数本のセットを頂きましたが。未使用のままです。恩師の沢山の教え子たちに今日の見舞いした時の様子を電話で伝えました。見舞いの帰路は生憎雨降りが始 [続きを読む]
  • 無事帰宅:ドンコ賞は野崎さん!
  • 昨日は、結構強い東交じりの北風が吹き、雨は明けるまで、やる気を打ち砕くように降り続きました。それでも、昆布漁師たちは、頑張っていました。私は、初志貫徹のモイケシに入りました。いつもの場所は、浪が上がって水たまりができて釣り座は設けることが難しく、少し避けて遠慮っぽく釣っていました。半身の構えの昆布漁師が昆布取りの武器を飛ばし、堰堤前には、小型トラックが昆布を収穫する構えを崩しませんでした。今回も、 [続きを読む]
  • エサの準備
  • 今朝は久しぶりの快晴です。汗っかきなので、布団を干しにベランダにでました。こういう天気が続くといいのですが、予報では、明日は雨の確率が60%です。暑い盛りには、まだ間も有りますので、寒がりの私はゴアテックスの外套を着て行きます。雨が来たならこの上に合羽を着ることにします。合羽のズボンを履いてモイケシで釣ってきます。傘も持ちました。夕方には、黒い雲が南東の空を覆っています。黄金道路の方角です。昼から [続きを読む]
  • 晴れて下さいと祈る小心者
  • 今日は、カミさんをリハに送ってから、JR札幌駅近くに職場を持つT氏とI氏を訪問しました。大学同期へのメルアドの一斉発信が思うように行かないので、ドツボにはまったのか、20年以上外国を回ってメルアドがお手のモノになっているT氏のところに、S氏に案内されて伺った。T氏も自分の友達仲間に一斉発信したところだった。奇しくも私のスマホにT氏の発信したメールが届いた。いろいろとおしゃべりをして私の発信したメルアドのス [続きを読む]
  • 朝しゃんの季節
  • 夜、厚着で眠ったせいか、汗だくになって寝ていました。ところが今日はお仕事の日。汗を拭う位では、汗臭さが、とれない。時間も少し余裕があるのでシャワーに向かいました。今年度初めての朝シャン。です。対人のお仕事ですので、身だしなみが大事です。爪は釣りの日程も考慮し1週間に一度切っています。以前は水曜日でしたが、最近は、仕事の都合で火曜日に換えました。理髪店もひと月に一度は整えて貰い、必要なら白髪を染めて [続きを読む]
  • 軽くする
  • 今週末の釣りは、好きなモイケシに入ります。なぎでも時化でも釣りになりますので、モイケシに利く錘や仕掛けの検討をしております。今の時期、藻の生育はまだまだの感と思います。浅いとび根の湾洞ですので、軽い錘を使用して、転がしてやって、広く漁る積りです。朝干潮時に沖からタカノハ達が寄って来るのではないかと虫のいい期待をしております。ササデンさんにいつも心配かけているテレビ、またスイッチが入らない基礎的なエ [続きを読む]
  • 1泊2日の留萌高校同期会
  • 留萌高校を昭和32年3月に卒業した第九回生355名のうち消息の分かっている者は143名。半数は消息不明ですが、第九期生としてここ10年近く同期会を札幌の北24条にある和室のあるホテルで毎年続けております。このホテルの支配人が抜群の素晴らしいお方です。この方がいるから、ここで続けるんです。どうして毎年続けるんだろうな?との批判もある中、続ける理由ですか?一度やめると、もう同期会を再開する気はしなくな [続きを読む]
  • 黄金道路での釣り竿の選択
  • 黄金道路のモイケシ堰堤に入漁する予定です。選択する竿は、狭い堰堤から投げますので、後ろの覆道の壁にぶつからないできるだけ短い竿が合ってます。長めの並み継を持参したかったのですが、他の釣り人に迷惑をかけないためにも短いのがベストですね。また、およそ6mの堰堤を大魚を釣った時にずるずると巻き上げるには、ある程度の硬さが必要です。7月7日はえりも界隈の昆布漁の開始日にあたります。ちぎれ昆布も一緒に掛かる [続きを読む]
  • 定期薬、お薬手帳
  • 早く病院に到着しましたので、主治医の外来受診番号は1番でした。あまり早く呼ばれたので少し上がったのでは、と思った通り今日の血圧は、152−66 診察時高血圧のようですが、家でも上の血圧は大体140前後ありますので、降圧薬は、カルシウム拮抗薬や降圧利尿薬など3種類をのんでいます。加えて高尿酸血症の薬。血液サラサラの薬に加えて、最近とうとう悪玉コレステロール用の薬も服用しています。血圧の薬は、朝一回の [続きを読む]
  • 糸巻きからゆっくりと始動
  • 机の横の空間に釣り具が、雑然と並んでいます。夕食前までは、床の上にレジャーシ−トを敷いてリールの糸を点検してました。3ケのリールのうち、PEライン3号を巻いたものと、ナイロン8号を巻いたものをリールに落ち着かせて、リール袋に収納し終えました。パーマーになっているナイロン8号は、明日の仕事ですね。釣りの方は、ゆっくり始動しています。近くのF釣り具から評価の高いコマセを購入してきました。明日通院日です [続きを読む]
  • 歩き疲れて
  • 夕食後、非常に疲れていて、アメリカからやってくるメリーさん5人家族のおもてなしについて、考えがまとまらないでいました。どうしてか、万歩計をみると7670歩。一日中働いてもいました。家では、雨が続いて釣りの後始末も終わらず、次の高校の同期会も控え、6月9日に終わった大学同期のメルアドの一斉配信も宿題になっていました。いろいろと仕事がたまっていたのが、珍しく心労の形で現れたもののようでした。ブログに泣 [続きを読む]
  • 帽子は釣り会のシンボル
  • 釣りに出かける前に最終的な天候チェックを入れます。大抵は土曜日の午後です。それにより、着て行くものの変更などを考えます。天候をみて、TVの予報とはちがうことの多いこの頃です。参りますね。今日もそうでしたが、ベランダに干した後に雨にあたりました。前回のエリモ。雨も落ちてくるのではと、帽子を余分に持ちました。頭髪が薄いので、雨にあたると、風邪をひきやすいので、私には、帽子は大事です。釣り場では、帽子は [続きを読む]
  • モイケシへの準備開始
  • 医釣会の案内が届いた。7月8日の黄金道路の旅:庶野〜音調津。到頭、好きなモイケシへの釣行になります。大学、高校の同期会の準備と後始末などに追われていましたが、合間に、毎年行かねば納まらない黄金道路の釣りの想い。元気になるでしょう。パーマ状態の新リールの道糸は放置してますが。そろそろ乾燥したでしょうから。リールにアブラを刺して道糸を自力で巻き直します。腹が立ったら自分の非力を怒れば良いでしょう。タカ [続きを読む]