aquila さん プロフィール

  •  
aquilaさん: 左利きライフ
ハンドル名aquila さん
ブログタイトル左利きライフ
ブログURLhttps://ameblo.jp/uchinah/
サイト紹介文日本酒を中心に、飲み歩きを楽しんでいます。そんな酒飲みの記録です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供107回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2014/12/30 00:15

aquila さんのブログ記事

  • 懐かしいお店で日本酒を
  • 相方と2人、新橋の夜に向かうは久し振りの『蓮』。昔と同じ雑居ビルの地下。階段を下りた場所にお店は移動していた。満席かと思いきや、カウンター隅に2人分の空きがあったので、何とか着席。お店は2人のオネエサンで回しているようだ。ナッチャンの姿は見当たらない。LINEで酒好きの先輩に訊けば、「もうひとつのお店にいるんじゃないかな」との回答。なるほど、あとでそっちも行ってみることにしようか。最初の一杯は、日本 [続きを読む]
  • 日本酒飲んだらファミレス居酒屋へ
  • ビールもいいけど、お酒もね。ってことで、『台湾観光協会』へ立ち寄ったついでに「日本酒造組合中央会」が運営する『日本の酒情報館』へ。手っ取り早く日本酒を楽しめる飲み比べメニューから、生酒セットを注文。今回のラインナップは、刈穂 純米吟醸 伝承山廃 生酒(秋田)、御殿桜 純米生原酒(徳島)、鶴齢 吟醸 生(新潟)の3種。御殿桜はアルコール分18%と、最近の生原酒にしてはかなり度数高め。風味の違いを感じながら [続きを読む]
  • ランチ(クラフト)ビール!
  • 金曜日。台湾の資料を求めて、相方、妹と3人で新橋へ。ランチタイムも終盤。先に昼飯にしよう。「オススメのお店へ連れてってよ」昼の新橋はよく知らないんだけどなぁ……。知っているお店の中から、午後1時過ぎでも昼飯が食えるクラフトビール店へ向かう。みんな、ビール好きだよね。「ハンバーグだけなくなっちゃったんですけど、どうぞ!」ちょうどオモテへ出てきたお店のお兄さんに声を掛けられてテーブル席へ。2人はロー [続きを読む]
  • 中華とビールで満腹だ
  • 猛暑の火曜日、「神奈川芸術劇場」でミュージカルを観賞。横浜中華街で入手した肉饅頭で観劇中の空腹は凌いだけど、芸術を体験すると腹が減る。中華街に戻ってブラブラしていると、「オーダー式75品食べ放題1680円」という価格が目に入る。平日は休日よりも数百円安いとのこと。「量より質」派なれど、空腹を満たしたい気持ちが勝って入店。冷房ガンガンの店内。サービスのつもりかも知れないけど、客が少ない時間帯ってこともあ [続きを読む]
  • やきとり食べて帰りたい
  • 川口そごうでビールとワインを飲んだあと、電車に乗る前にやきとりを食べようと『とりけん』のカウンターへ。櫻正宗と、いつもの、いかり豆。「豆は国産のモノがなかなか入手出来なくなった」とのこと。中国産が当たり前になっているようだ。たん、はつ、かしら辺りから焼いてもらう。しろ、もも。俺、やっぱりしろ、好きなんだよな。青のりやガーリックパウダーを掛けても、面白い。櫻正宗をアンコール。今度は、お燗で。「玉子 [続きを読む]
  • ビールのあとは紹興酒
  • 「三人会」の二次会へ向かうべく、ビアガーデンを出て、池袋駅東口へ。「しっかり食えそう」ってことで選んだのは『中国茶館』。その名の通り、中国茶も楽しめるけど、台湾料理や点心もいただける飲茶専門店だ。食べ放題もある。まだお腹に余裕はあるけど、今宵は一品料理にしておこう。1500円で追加した飲み放題に含まれる中国茶はウーロンのみ。ジャスミン茶あたりが飲めたら、下戸も中国茶好きも楽しめそうな気もするけど、中 [続きを読む]
  • 悪友とビアガーデンに集合
  • 仕事の忙しさとかそんな理由で延び延びになっていた「三人会」。学習塾仲間2人と不定期で開催している会合だ。「お盆の時期なら集まれそう」というので、池袋東武の屋上ビアガーデンを予約。青い空白い雲。絶好のビアガーデン日和。にしては風が強い。強風注意報発令中? 時間が早いからか、3組ほどしか客がおらず、ガラガラ。予約したのは「青空クラフトビアガーデンBBQコース」。「クラフトビール飲み放題」って、正しくは「 [続きを読む]
  • ベテラン職人の握る寿司を
  • 川口から帰る前に、寿司をつまもう。相方と2人、駅前の寿司屋へ。母とは何度も立ち寄ったお店だけど、2人での来店は初めて。ちょっと早めに入れたから、カウンター席に着くことができた。ヱビスビールで乾杯。つまみに、季節の刺身盛り合わせを注文。鮪もスズキ昆布も美味いけど、カマスを炙ったのが出色だ。同時注文したハモの梅肉ジュレおとしは、オクラがサッパリさせてくれる。久保田 本醸造(新潟)を二合注文したところで [続きを読む]
  • 新横浜2DAYS(2)
  • 2日連続、横浜アリーナでのライブに参戦。またしても新横浜で晩飯を。前夜はヱビスビールを味わった。相方と2人の今夜は『キリンシティ』へ。壁際の2人席に座り、俺はブラウマイスターからスタート。見回せば、横アリ帰りの客だらけ。日産スタジアムのライブより1時間早く終わって良かったね、みんな。枝豆が売り切れとのこと。「ビール屋さんで枝豆が売り切れってどういうこと」なんて文句は言いっこなし。4日間以上掛けて [続きを読む]
  • 新横浜2DAYS(1)
  • 相方の家族と「横浜アリーナ」でのライブを楽しんで、新横浜駅へ。ちょっと歩いただけでも汗が吹き出してくるような熱帯夜には、ビールだろう。ということで、駅直結の「グルメストリート」へ。ここには『YEBISU BAR』と『キリンシティ』という、2軒のビアホールがある。どちらも美味しいビールが飲めるんだけど、今日だけは『YEBISU BAR』の一択。なぜなら、この日(8月4日)は「ビアホールの日」。『ライオン』系列のお店で [続きを読む]
  • 佐久の旅(7)佐久平のシメに
  • 佐久平駅へ戻り、駅前に見つけた蕎麦居酒屋へ。奥の小上がりへ通してもらう。晩飯時直前の良いタイミングだったようだ。お酒のメニューから3種類選べるという、佐久のきき酒を頼もう。「佐久乃花 無濾過が売切れ」と言うので、御園竹(みそのたけ)普通酒のヒヤ、帰山(きざん)生原酒、佐久乃花 大吟醸を選択。お通しは、冬瓜の餡掛け。生姜と七味が効いた上品な小鉢。これは期待できる。佐久鯉の刺身。洗いのように辛子酢味噌 [続きを読む]
  • 佐久の旅(6)軽井沢ブルワリーへ
  • 2日目の朝。前日、宿で晩飯を食ったおかげで、早寝早起き。バイキング形式の朝食をいただこう。美味しそうなパンは柱の陰に隠れていて、気付かない客も多そう。 お粥、味噌汁、納豆、サラダ、マスの塩焼き、いんげんの胡麻和え、オムレツ、蓮根はさみ揚げ、ひとくちコロッケ……。身体に良さそうなものを中心にいただく。天気は回復。タクシーの運ちゃんが言う通り、ホテルの周りは田んぼだらけ。よく見てみると、カエルやトンボ [続きを読む]
  • 佐久の旅(5)今宵の宿で
  • 「ホテルでひと休みしたら夕飯に出掛けよう」と思っていたら、ザーザー降りの大雨。あてもなくタクシー掛けてまで出掛けるのはリスキーだってことで、宿のレストランでの夕食となった。出張で訪れたらしいサラリーマン連中がいるのみで、静かな店内。テレビがBGM代わりになっているようだ。キリン 一番搾りで乾杯。珍しいな、シーザーサラダがキャベツ入りってのは。しめ鯖たたきは、漬け込み液の風味が強い。もつ煮はイメージ通 [続きを読む]
  • 佐久の旅(4)土屋酒造店へ
  • 『ヤッホー・ブルーイング』の見学を終え、タクシーで佐久平駅へ戻り、再び小海線に乗って中込駅へ。駅前の案内図を眺めてみたら、酒屋さんを発見。造り酒屋なのかな? ノーマークだった酒屋さんは、初鶯を醸す『木内醸造』の営業所らしい。軒先に酒林(杉玉)の下がる、立派な建物。店頭には和釜や槽が飾られている。店内はスッキリしており、ビールなども並ぶ、普通の酒屋さん。訊いてみるけど、試飲はやっていないらしい。お店 [続きを読む]
  • 佐久の旅(3)ヤッホー・ブルーイングへ
  • 『ヤッホー・ブルーイング』でタクシーで滑り込み。さぁ、「よなよなエール 大人の醸造所見学ツアー」のスタートだ。頭と靴にビニールのカバーを付けての見学。ガラス張りの廊下から眺める大手ビールメーカーの工場見学とは異なり、醸造現場に足を踏み入れて見学するから必要ってことなのね。ホントはカバーから髪の毛が出てちゃいけないんだけど、何なら睫毛もカバーしなくちゃいけないんだけど……。意識付けのために付けさせて [続きを読む]
  • 佐久の旅(2)千曲錦酒造へ
  • 雨の中、『千曲錦酒造』に到着。蔵見学は平日のみだけど、売店は営業中。さすがに名の知れた酒蔵らしく、車でやって来た団体客の姿もある。蔵見学は平日のみなので、試飲だけでもさせてもらおう。売店の脇には、琺瑯タンクと和釜が。入口には、モンド・セレクション受賞酒が展示されている。お酒と賞との関連性については、未だによく解らない。建物内には、伝統的な壜や看板など、歴史を感じさせる物がいくつも展示されている。 [続きを読む]
  • 佐久の旅(1)戸塚酒造店へ
  • 「『ヤッホー・ブルーイング』が工場見学を募集中」との情報を相方がくれたので、早速応募。宿と足の手配も何とか完了して、土曜の早朝、新幹線に乗る。目的地は工場の最寄り駅である佐久平。佐久平駅への到着は、朝8時過ぎ。地元の酒樽たちが出迎えてくれる。これは嬉しいサプライズ。改札を出て、階段を下りたところにある『プラザ佐久』はもう開いている。お土産屋さんに休憩所、観光チラシの置き場などがある観光案内所的な [続きを読む]
  • モンテローザ系の居酒屋へ
  • 週の真ん中水曜日。鶴見駅前のチェーン系居酒屋『横濱魚萬』へ。モンテローザ系列店の利用は久し振り。20代の頃は『笑笑』に通ってたっけ。今回のお店は魚介類がウリなんだろうけど、どんなお店だっけ?テーブルの上には、七輪がセットされている。なるほど、海鮮浜焼き系なのね。ただ、焼いている客は誰もいない。そりゃそうだ。外は猛暑なんだから。とりあえずビール。生ビールは、キリン 一番搾り プレミアムもあるようだ。普 [続きを読む]
  • 金町の花火帰りはいつもの……
  • 火曜日。今年も、迫力ある「葛飾納涼花火大会」を楽しむ。たまには、いつものお店へ向かう前に酒場巡りをしてみようかと、吹き出す汗を拭いつつ歩くけど、京成金町駅到着に時間が掛かって叶わず。花火大会当日は、臨時休業にするお店もあるようだし、新規開拓は別の機会にしよう。いつもの『ひょん』を覗く。空席があって良かったー。サッパリしたお酒から始めようかとも思ったけど、日本酒をグビグビ飲むのはよろしくない。って [続きを読む]
  • 炎天下のビアガーデン
  • 「暑気払いをやろう」ということで、卒業訓練校の同級生5名が、お台場のヒルトンに集合。このところ猛暑続き。「この夏一番の暑さ」という予報に違わず、ギラギラの日差しに干上がりそう。なるべく外を歩かず済むように、ヒルトン直結のゆりかもめを利用して到着した会場は屋外。そりゃそうだ。ビアガーデンなんだから。午後1時過ぎに始まった暑気払い。木陰だし、風も通る。何とか過ごせそうだ。炎天下、ビールや料理を運ばな [続きを読む]
  • 千住の酒場でサク飲み
  • 土曜の夜。「足立の花火」観覧後に向かうは、千住の飲み屋街。どうせ北千住駅は入場制限が掛かっていてすぐには列車に乗れないだろうから、飲み食いしながら時間を潰すが吉だ。目的地は『千住の永見』。以前、お店の開拓に苦労して歩き回った苦い経験があるから、まっすぐ向かった。カウンターの隙間にお邪魔。早速、花火大会の間は飲まなかったアルコールを摂取しようと、生ビールからスタート。グビグビグビっと、あっという間 [続きを読む]
  • ライオンでひとりビール
  • 「お母さんのとこ行くついでに、何か食べてきたら?」相方は言ってくれるけど、川口駅周辺で気になるお店ってないのよね。ひとり飲みできそうなお店も少ないし。あまりの暑さに大量の汗もかいたし、ビールでも飲みたいところだけど……。と、駅前の百貨店に『銀座ライオン』が入っていることを思い出す。旨いサッポロビールを飲もうじゃないか。店内を覗けば、カウンターこそないけど、テーブル席でビールを楽しむおひとり様も結 [続きを読む]
  • 時の河を越えて
  • 「高校時代の仲間同士で、暑気払いをしないか?」30年来、年賀状などのやり取りだけは欠かさなかった同級生から、メール連絡。これは嬉しい。参加だ参加!快諾したはいいものの、ちょっとした不安も。みんなが俺を判ってくれるかどうか。俺がみんなを判るかどうか。「ま、お互い様だろう」ってことで自己完結。7月の連休初日の夜。東京駅八重洲口に5人が集合。体型が変わったり、髪が減ったり、老眼鏡に頼るようになったりと、 [続きを読む]
  • 裏路地の串焼き店へ再び
  • 「今度は相方を連れて来ますよ」前回お邪魔した時、マスターに伝えたことをようやく実現できる日が来た。賑わう店内。助っ人はいないらしく、マスターがひとりで頑張っている。カウンター席に落ち着いて、今夜飲み食いしたいものを検討する。マスターの手が空いたところで、最初の注文を。一番早く提供されたのは、牛すじ煮込み。歯応えもあって、美味しい。「ベジ・ファースト」ってことで、ごま塩ベースのクイーンサラダ。胡椒 [続きを読む]
  • のんびり出来る喫茶店
  • 母に会った帰り道、相方と2人で喫茶店へ。以前、バス停を探す途中に見つけた、ちょっと立派そうなお店だ。広めの店内。いろんな席がある。ふんぞり返れるソファでは、女子がふんぞり返って、偉そうにポチポチしてる。カウンター席にはコンセントもあるようで、ノマドワーカーには便利そうだ。テーブル席に落ち着く。リスの置物とか、森を意識したモノが飾られている。相方はレギュラーコーヒー、俺はアイスカフェモカを注文。備 [続きを読む]