miyako さん プロフィール

  •  
miyakoさん: 花の都日記
ハンドル名miyako さん
ブログタイトル花の都日記
ブログURLhttp://ciaopa.jugem.jp/
サイト紹介文パリ在住の通訳者の独り言
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供35回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2014/12/30 07:20

miyako さんのブログ記事

  • 街路樹の木の蕾
  • 夏時間になりました。 夏時間は3月最後の土曜の真夜中に1時間短くなるのでなんだか損した感じになります。 だって、目覚ましが7時に鳴っても昨日までの感覚では6時なのですから。 ヨーロッパでは、1年に2... [続きを読む]
  • 外国人には高いメニューを
  • パリ生活がもう20年になろうとしています。 じゃあ、パリはすっかり自分の庭かというとそうでもなくて、馴染みの地域を離れると、すっかりお上りさん。 というより、「階級の差」を意識する、と言った方がいいのかもしれ... [続きを読む]
  • ジョニー・アリディー スターの死
  • (写真:ウィペディアよりお借りしました) 「フランスのエルヴィス・プレスリー」と言われるロックの巨星ジョニー・アリディーが亡くなりました。 死因は肺がん、74歳でした。 亡くなったのは水曜日だったそうですが昨日、国葬レベルの警備とともに大々的な葬儀が行われました。 フランス語圏では別格の大スターですからジョニーを偲ぶファン数十万人が葬儀に参加したそうです。 ハーレー・ダビッドソンを乗りこなしていたことか [続きを読む]
  • プロヴァンスのサントン人形
  • クリスマスの時期にキリスト生誕の場面を飾るためのミニチュアの土人形が、サントンです。 SANTONSは 、南仏のプロヴァンス語で“Santoun”(=Petit Saint)から来ていて小さな聖人という意味だそうす。 お人形を置いて聖なる場面を見せるのは「クレッシュ」。 これを初めて見たのが30年前パリのノートルダム大聖堂でした。 その時一緒だったフランス人の友人が「これは『ナップル』というのよ」と教えてくれました。 [続きを読む]
  • アルルの円形劇場
  • 急な仕事で南仏に来ています。 はじめはエージェントからの依頼書には「マルセイユ」とありましたが、アポ先の住所を見ると「アルル」でしたー。 おそらく、お客様がマルセイユ空港に到着ご移動されるのでそうなったのでしょう。 でも、私は、パリからアルルまでのTGVのチケットを取り前泊なので、ホテルも予約し、アルル到着。 アルルといえば、ビゼーの「アルルの女」が有名ですね。 到着するまで、わたしの頭中ではあのメロデ [続きを読む]
  • サロン・デュ・ショコラ・パリ 2017
  • 毎年恒例の「サロン・デュ・ショコラ展」での仕事がありました。 パリの展示会はどれもプロ用ですが、ここは珍しく一般客も受け入れていてその場で商品を買える展示即売会でもあります。 パリの展示会の入場チケットは異常なほど高いのですがここも、展示即売会にもかかわらず、一般入場券が14ユーロでした。 プロだと事前登録で25ユーロ、当日30ユーロ。高いですねぇ。 ご一緒したのがプロの方だったのですが、一般チケット購入 [続きを読む]
  • 小池百合子知事が、目の前を
  • 今年最後ぐらいの美しい秋日和の今日仕事である場所にスタンバッてた時のこと。 なんと、小池百合子知事が、目の前を通ったのです。 私はその時、両手がふさがっていてその場を写真に撮ることができませんでした。 私の仕事も、実は、彼女がパリに来ているからというので昨日、急に入って来たものでした。 小池百合子氏が22日開票日にちょうどパリにいて 温暖化対策「C40」運営委員会に参加するーーー その中継のお手伝いだった [続きを読む]
  • プロお手製のタルト・オ・ポワール
  • フランスではこの季節定番のタルトオ・ポワールです。 わたしともう一人、9月に誕生日を迎える二人のためにプロのパティシエール、Mさんが焼いてくれました。 もちろんタルトの生地からお手製です。 「ちゃんと計らないで作ったから、味はどうかな?」 仕上げにアプリコットジャムを表面に塗りながら、余裕です。 目分量でこういうの作れるって、すごい!Mさんが栽培しているミントを添えて。 同居人のEさんが、チョコでメッセージ [続きを読む]
  • ウィゴ フランス国鉄格安列車チケット
  • フランスの国鉄 SNCF は時々、格安料金で切符を売り出しています。 航空運賃より安く行ける切符としては、Prem'sプレムズやインターネット予約限定の格安 iDTGV があります。 しかし、OUIGOウイゴという新サービスがあったんですね。 もう2013年から存在するようですが路線によっては1日1本なので、今まで知りませんでしたー。 フランス語で、肯定を意味する oui と英語で、行く・移動するを意味する go を組み合わせ発音上は英語 [続きを読む]
  • パリの風物詩 大道芸人
  • 大道芸人はパリの風物詩です。 モンマルトルのてるとる広場近くの小道でポーズをとっていたパントマイム。 パントマイムって、結構つらい身体訓練だと思うけど小銭をあげると少し動いてくれるんです。 パントマイムさんのためにも、コインを上げて動かしてあげてくださいね。 こちらはサンミッシェル広場の噴水前のゴールドマン。 この人、よく見るけど、コインをあげても動かないと思いましたが一体、どうやってこの体勢を保っ [続きを読む]
  • パリの手芸品店
  • パリで手芸用品を買いたい人はどこに行くかというとまず大きなのが、マルシェ・サンピエールですね。 18区、モンマルトルの麓に、布や生地、そして手芸小物のお店が数十軒連なっています。 でも、全然違う場所で、ひょっこり手芸店を見つけました。 昨日、2区のグランブルヴァールから家まで5駅ぐらい歩こうと散歩途中のこと。 問屋街を抜け、ふと通りかかった手芸店があります。 おしゃれなビロードっぽいマニッシュなテープが25 [続きを読む]
  • 期限切れの小麦粉
  • この前の古い小麦粉の話ちょっと気になって、小麦粉の袋を見てみました。 すると・・・ なんと、ないのです、賞味期限の記載がどこにも。 こんなことって、ある??? もしかして、買った時にどこかにシールとかでついていたのかもしれません。 が、それも覚えてないのです。 買ったのは数ヶ月前です・・・。 高温多湿の日本のサイトでは口を開けたら2、3ヶ月後には捨てる、みたいに書いてありました。 でも、こちらは乾燥して [続きを読む]