大河一滴 さん プロフィール

  •  
大河一滴さん: スマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル
ハンドル名大河一滴 さん
ブログタイトルスマホ・タブレットの使い方・活用マニュアル
ブログURLhttp://tabletmanual.blog.jp/
サイト紹介文スマホ・タブレット等の基本操作や活用方法、アプリやアクセサリー等、実演動画を使いまじめに面白く紹介。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供21回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2014/12/31 08:01

大河一滴 さんのブログ記事

  • 3万円を切る7.8インチE-inkタブレット「Likebook Mars」
  • 「Likebook Mars」 7.8インチ Android 6.0の電子書籍リーダー目にやさしいE-inkディスプレイ搭載の端末が欲しいと思い、アマゾンで電子書籍リーダーを探していたら、「Likebook Mars」という聞きなれない端末が目に飛び込んで来た。E-ink端末と言えば、先日紹介した「YogaBook C930」や「BOOX NOTE」等があげられるが、性能の割に少々お値段が張るというのが、私の感想。電子書籍リーダーとしての使用を想定しているので、専用端末 [続きを読む]
  • Windows10アップデートで付箋アプリが大幅進化!
  • 毎年2回行われる大型アップデートによって、進化を続けるWindows10。今回のアップデート「Windows10 October update 2018」 によって、進化した点の中から、今回は「付箋」(スティッキーノート)の変更点について紹介したいと思います。大幅に進化した「付箋」アプリこれまでの、付箋アプリは「使い捨てメモ」的な使い方が中心でした。私の場合、ちょっとした用事等をメモし、用事が済んだら付箋を削除すると言った具合でした。 [続きを読む]
  • USSエンタープライズ号型PC発進!(レノボ)
  • 最近、レノボの商品開発力がスゴイ! IFAで発表した新型Yoga Book C930 のダブルディスプレイには驚かされたが、今回レノボ・テックワールドで発表した、デスクトップPCにも度肝を抜かされた。正にスタートレックのUSSエンタープライズ号そっくりこれまでもガンダムやエバンゲリオンをモチーフにしたPCやスマホ等が発売されてはいるが、それはあくまでも、カラーリング等を真似ているだけで、形状に関しては、普通のノートPC、ス [続きを読む]
  • コンビニから雑誌売り場が消える日
  • スマホ普及でコンビニから雑誌が消え、カードが増える皆さんも既にお気づきだと思うが、コンビニの雑誌売り場がどんどん縮小されている。これまで、コンビニの雑誌コーナーと言えば、入り口に面したもっとも目立つ場所に設置されていた。しかし、最近は違う。かつての雑誌コーナーがイートインスペースに改装されるお店が増えてきている。コンビニにとって雑誌はもはやお荷物なのか雑誌売り場の縮小・配置換の理由は、スバリ売れな [続きを読む]
  • 2018年10月より「Office 365 solo」が更に便利に!
  • 5台まで同時起動!インストール台数は無制限にマイクロソフトよりうれしいメールが届いた。2018年10月2日より、オフィス365ソロの契約内容が変更され、これまで2台のPCやタブレットでしか同時起動できなかったオフィスが、5台まで同時に起動できるようになると言う。またインストール台数も無制限になった。デスクトップPC、ノートPC、2in1、タブレット、スマホ… つまり、自身が所有する全てのデバイスにオフィス導入できる [続きを読む]
  • 【Switch Online】9月後半より正式サービス開始
  • いよいよ正式サービス開始の、スイッチオンラインサービス。今回は、任天堂が発表している内容を改めて紹介したい。スイッチオンラインサービス5つの内容スイッチオンラインサービスでは、以下の5つのサービスが提供される。1. オンラインプレイスプラトゥーン2やマリオカート8等のオンラインプレイは、同サービスの入会が必要となる。任天堂純正のアプリは確実だが、フォートナイト等、サードパーティ製のアプリは、 [続きを読む]
  • Windows ink ワークスペースの使い方・活用法
  • ウィンドウズ10になり、マイクロソフトは、手書き機能のサポートに力を入れています。ワード、パワーポイント等のオフィスソフトも、インク機能の追加等、手書き機能が充実しました。最近では、ホワイトボード等、手書き(インク)用途メインのアプリ開発にも力を入れています。今回は、ウィンドウズ10 Anniversary Update で搭載されたWindows ink ワークスペースについて紹介します。タスクバー右下のアイコンから起動Windows [続きを読む]
  • スマホ用カメラシャッター付きグリップ「ShutterGrip」
  • 最近は、私もスマホで写真撮影を楽しむことが多いのだが、そんな私にとって…待ち望んでいたアクセサリが登場した。その名もShutterGrip (シャッターグリップ)。スマホ写真は、撮影後はとても便利だが…スマホで撮影した写真は、グーグルフォトに自動保存されたり、その場ですぐにSNSで投稿できたり、便利なことだらけなのだが…いくつか不満な点も残っていた。そしてその不満点は、すべて撮影時に発生しているものだ。<スマ [続きを読む]
  • 血圧が測定できるスマートウォッチ「VivoWatch BP」(ASUS)
  • 今回はCOMPUTEX TAIPEI 2018で、ASUSが発表したスマートウォッチ(ヘルストラッカー)「VivoWatch BP」を紹介したい。「健康管理」アイテムとしてのスマートウォッチVivoWatch BPの一番の特長は、何といっても「血圧が簡単に測定できる」という点。腕に装着した状態で、本体のセンサーに15秒間、指をあてるだけで簡単に血圧が測定できるという。その仕組みは、「ECG」(心電図)と「PPG」(光学式)のセンサーを組み合わせで血圧 [続きを読む]
  • マイクロソフトSwayを使ってみた
  • マイクロソフト「Sway」とは「Sway」はマイクロソフトオフィスの新しいプレゼンテーションアプリ。マイクロソフトのサーバーとアカウントで紐づいているため、作成編集等の作業はオフィスオンライン上で行う。作成したSwayコンテンツは、クラウド上に保存されるので、パソコンのストレージを圧迫しないのがうれしいところ。また、マイクロソフトアカウントがあれば、無料で使えるのもありがたい。Swayの特長Swayの特長を一言で表す [続きを読む]
  • オフィス365を勧める3つの理由
  • オフィス365を勧める3つの理由パソコンを買い替える際、オフィス2016か、定額制のオフィス365にするか、迷っている方も多いだろう。私自身、オフィス365にして正解と感じている。その理由を3つの観点から紹介したい。理由1:常に最新のオフィスが使えるマイクロソフトのオフィスシリーズはおよそ3年毎にバージョンが新しくなる。これまでは、最新のオフィスを使いたければ、都度、購入するするしかなかったが、オフィス365を [続きを読む]
  • Microsoft「Surface GO」ついに発表!399ドル〜
  • 噂の廉価版サーフェスがついに正式発表マイクロソフトは、10インチのWindowsタブレット「Surface Go」を発表した。価格は399ドル(約4万4000円)で、ライバルのiPad(2018)やMediaPad M5 pro に真っ向勝負を挑んできた感がある。気になるスペックは…CPUはアトムではなく、PentiumGold Processer 4415Yを搭載。画面サイズは10インチ(1800×1200)で、4096段階の圧力検知をサポートし、低遅延でより正確にペンで手書きできるPixe [続きを読む]
  • スマートノートは魔法のノート!
  • 半永久的に使えると話題のスマートノート。私も1冊購入し、使ってみたので今回、紹介します。スマートノートとは?一言で表すなら、石灰石等を原料としたストーンペーパーを使用したノートです。紙よりも耐久性・耐水性の高いストーンペーパーを使うことにより、何度でも消して使えるという特長があります。スマートノートのどこがスマート?スマートノート単体では、単なるストーンペーパーで出来たノートにすぎません。しかし [続きを読む]
  • パソコン内部は「ほこりの巣窟」おそうじ編
  • みなさん、パソコン内部の掃除、忘れてませんか? 私は、ついつい忘れていましたもとい、さぼってしまいました。 先日、パソコン内部を覗いてみたところ…ほこりが山の様に積もっているではありませんか!ガーン!これはやばいと思い、一念発起!2時間ぐらいかけて、内部の掃除をしました。 それにしても、パソコンの掃除は手間がかかる。精密機械なので、基盤の上をぞうきんで拭くなんてことはできません。 静電気防止の「薄手ゴ [続きを読む]
  • タブレットPCはお絵書き&ペンの時代
  • 今年は発売されたタブレットの新製品アップルのiPad(2018年モデル)ファーウェイのMediaPad M5 Proこれらの10インチクラスタブレットは、どちらも専用スタイラスペンによる手書き&お絵書き!が出来るのが大きな特徴だ。絵ごころの無い自分にとって、パソコンでわざわざ「手書き」することに、大きな興味は湧いてこなかった。しかし、今は興味深々である。やはり…「手書き」には「活字」にはない不思議な魅力がある。そう改めて [続きを読む]
  • シャープがダイナブックをたった40億で買収!
  • シャープが東芝のパソコン事業を買収する。その額は、およそ40億円とも…この額を「高い」と見るか、「安い」と見るか…色々な意見もあるだろう…私は、たった40億円で、鴻海に売り渡すのか…そう思えてしかたがなく、また少し寂しい気がする。ダイナブックと言えば…ノートパソコンのブランドとしては、「名門中の名門!」それが、このようなバーゲンプライスでシャープ、もとい…外資企業に渡すのは残念でならない…かつてパソ [続きを読む]
  • 1型センサー搭載防水カメラ ソニーRX0登場
  • スマホカメラの高性能化に伴い縮小が進むコンデジ業界において、何とか頑張って気を吐いているのは、1.防水タフネスコンデジ2.1インチセンサーコンデジ この2つのカテゴリーだ。防水タフネスコンデジでは、オリンパスのTG-5が好調なのだが、センサーサイズが1/2.3なのに、少し不満を持つ方もいるという。1インチセンサーで、「防水タフネスコンデジを!」そんな一部のカメラファンの要望に応えて登場したのが、ソニーRX [続きを読む]
  • Moto Z2 play が以外に日本で流行らない訳
  • 今回紹介するのは、この夏モトローラが発表したシムフリースマホ「Moto Z2 Play」moto Zシリーズの特長は、何といっても様々なMoto Modsを装着できるところ…背面をお洒落にしてくれるカバーや充電パックはもちろん光学レンズ付きカメラユニットやビデオプロジェクター、ゲームパッド等…ガジェットファンにとっては、興味深々のシムフリースマホだ。しかし、日本では…それほど、人気が高い訳ではない。HuaweiのP10Liteと比べる [続きを読む]
  • おばあちゃんに贈りたいシムフリースマホ「arrows M04」
  • 75歳になる私の母は、未だにガラケーを使っている。スマホに変えない理由は主に2つ1.スマホは月々の使用料が高い  (本人がそう思っているだけ)2.スマホは操作が難しそう  (これも本人がそう思っているだけ)そんな母に個人的におすすめしたいのが富士通のSIMフリースマホ「arrows M04」その理由は、【その1】ラクラクホンのノウハウでつちかったお年寄りに優しい「簡単セットUI」を搭載している。【その2】楽 [続きを読む]