あーちゃんママ さん プロフィール

  •  
あーちゃんママさん: The Curious Life of ∫
ハンドル名あーちゃんママ さん
ブログタイトルThe Curious Life of ∫
ブログURLhttp://mathdragon.exblog.jp/
サイト紹介文アメリカネバダ州に住む数学大好き少年∫の毎日を綴っています。
自由文当事者ではないけれど、旦那と息子がギフテッドです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供347回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/01/01 11:02

あーちゃんママ さんのブログ記事

  • ギフテッドと実在的危機
  • ギフテッドに関する文献を読んでいると、よくexistential crisis(実在的危機)と言う言葉を目にします。この実在的危機、英語版のWikipediaによりますと、"An existential crisis is a moment at which an individual questions the very foundations of their life:... [続きを読む]
  • 警察官さん、ご苦労様です
  • たった今、しばらく話をした後(事情聴取された後?汗)警察の方が家から去って行きました。日々、妄想が酷くなっているグランマ(パパのお母さん)が、まるで出前を取るくらい気軽な感覚で頻繁に警察に電話をし、その度に、最終的には警察が連絡先である私たちのところへ来て、細かな説明(事情聴取)をするのも、もぅ、何度目になるでしょうか。今回も緊急とかじゃなく、なんでも先日、パパがアマゾンでグ... [続きを読む]
  • 頭の中で証明した?(;´∀`)
  • UNR(ネバダ大学リノ校)の秋学期が始まってかれこれ1ヶ月半ほど経つのですが、今学期は私も大学受験のアプリケーションに関する諸々のリサーチや作業で忙しくて、∫が現在、取っている数学のクラス(Linear Algebra IIー線型代数学 II)がどんな様子なのかほとんど把握してません。∫の9年生〜11年生までの正式な成績表はすでに提出されているのですが、でもシニアの成績も出次第、... [続きを読む]
  • すごい!まさにスーパー小学生!(」゚ロ゚)」
  • 今朝、ネットで見かけたこちららのページを読んで、(そして動画を観て)おぉぉぉ〜!なんとすごい子たちなんだ!とぶったまげてしまいました〜! (」゚ロ゚)」2人の男の子(8歳と5歳)が、外国人観光客に流暢な英語で観光案内をしている様子が動画で見ることができるのですが、なんとこの2人、(兄弟でしょうか?)日本で生まれて、日本で育ったらしいんですよ〜!本当、マジですごいわ〜!... [続きを読む]
  • 一番オリジナルで賞
  • これまで∫に送られてきた大学の情報カタログや勧誘メールで、(おぉぉ、これはなかなか実用的でオリジナルではないか〜!)と思ったのが、こちらのHarvey Mudd Collegeからのものではないでしょうか!*ちなみに以前も紹介しましたが、この大学についての情報はこちらへ。一見、トランプのように見えるこのカード…やっぱり、ちゃんと実際に使えるトラ... [続きを読む]
  • ストレスで頭痛がひどい…
  • すっかりシリーズ化してしまってますが、又しても今回、∫のオンラインスクールのスタッフによる手落ちについての愚痴になります。ここまで来ると、まるでシットコム(コメディ番組)でも見ているかのような、もぅ、マジで泣きながら笑うしかない!😂ってくらい、事態がとんでもなくハチャメチャになってます。(信じられないようですが、マジで!)こちらの過去記事で書きまし... [続きを読む]
  • 数学クラブ活動の様子
  • 少し前の話になりますが、∫のオリジナル数学コンテストが行われた翌日の日曜日、いつものように北ネバダ数学クラブ活動もあり、その時、∫はコンテストに参加できなかったメンバー達の為に、コンテストの問題用紙を持参して配布したようでした。未参加だったメンバー達は、クラブ活動が行なわれているビル内の別の部屋へ集まり、1日遅れはしたものの、∫の作成した数学の問題に意欲満々で挑戦したそうです。... [続きを読む]
  • せめてもの償い?
  • 先週の月曜日から1週間、ノースキャロライナから私たち家族とグランマを訪問していたパパの甥っ子(パパの妹さんの息子&グランマの初孫)のJさんが、今朝早くリノを発ち帰途に着きました。Jさん滞在中の1週間、∫は毎日、大学とコミュニティ・カレッジのクラスがあり、ちょうどその週は、大学の数学の中間試験やナショナル・メリットスカラーファイナリストの出願エッセイ、MITの入学説明会、そしてかな... [続きを読む]
  • MITの出張入学説明会へ行ってきました。
  • こちらの「ついてないなぁ… (/_;)」に詳しいことは書いてますが、去年、∫にMITから学校案内/入学説明会の案内状が送られてきて、場所は少し離れたカリフォルニアの高校だったけれど、とりあえず出席するように予約を入れていたところ、その前日に車が故障してしまい、訪問をキャンセルしなければならなくなったという出来事から、早くも1年以上が経つんですねぇ。(月日が経つのが本当にあっとい... [続きを読む]
  • キンダーに戻ったみたい!(;゚;ж;゚; )
  • ∫が現在、地元のコミュニティ・カレッジで取っているJapanese Conversation(日本語会話)のクラスは、文法や読み書きよりもどちらかと言えばスピーキングとリスニングに重点が置かれたコースみたいなのですが、頻繁に読み書きの宿題もあるようです。まだ学期が始まってそれほど経っていない頃は、内容も結構、初歩的なものばかりだったせいか、(何事も先延ばしにする傾向がある∫は)い... [続きを読む]
  • ギフテッドの誤診:ADHD or ADD
  • 過去に幾度かに分けて紹介させてもらったこの、SENGのDiagnosis Questionsのシリーズ、いよいよ今回で締めくくりとなります。最後に取り上げられているトピックは、多分、ギフテッドの個人が一番、頻繁に誤診されているのではないかと思われる、ADHD またはADDについてであります。ギフテッドのADHDの誤診について、以前にも幾つか情報を紹介していますが、今回の記事で... [続きを読む]
  • 虐待とネグレクトが子供の脳に与える影響
  • 私、昔から実際に起こった犯罪にものすごく興味があり、若い頃はよくtrue crimeの本を読んだり、犯罪ドキュメンタリー番組を観たりしてました。まだ学生時代に心理学のコースを幾つか取っていた時など、異常心理学や犯罪心理学にどっぷりとハマってしまい、連続殺人魔や、心理プロファイリングについて興味が湧き、それらの話題について独自で深く調べたり、学んだりしてました。(一時は心理プ... [続きを読む]
  • 久しぶりの再会
  • 先週末は、カリフォルニアからパパの妹のMさんがグランマと私たちを訪ねて来ていたのですが、(彼女は昨日、月曜日の午後に帰った。)引き続き、今度はノースキャロライナからパパの甥っ子で、∫の従兄弟にあたるJさんが来訪し、こちらには1週間ほど滞在する予定で、訪問客が立て続き、何やら慌ただしい日々を送っています。私たちがまだカリフォルニアに住んでいた頃、(2011年まで)Jさん達の家族も同... [続きを読む]
  • 気分が重たい…
  • ここ数日ほど愚痴記事が続いていたので、今日は少し気分を変えて、明るい話題でも書きたいなと思っていたのに、今朝起きると又してもラスベガスの銃乱射事件の暗いニュースが。それに加えて、先週末にかけてグランマを訪問していたパパの妹さんが、カリフォルニアに帰る前、今朝の9時ごろにうちにも寄ったのですが、ちょこっと挨拶をするつもりだったらしいのが、つい、家庭の事情や、家族(娘さんと彼女の旦那... [続きを読む]
  • My biggest pet peeve
  • 更年期障害、またはPMSでホルモンのバランスが崩れているせいなのか、ここ数日ほど私はやたら気分のムラが激しく、ビターなおばん化していて、つい、イラつきやすくなってます。(汗)私も個人的に経験があるのですが、全く関係のないトピックや、論点を討論していているのに、「あなたのお子さんは、あなたが思っているほど特別高い能力だとは私は思えません。」(あの〜?誰もあなたに聞いてませ... [続きを読む]
  • はい、何度も痛い目にあってますよ!(;-д- )=3
  • 本当に何度も何度も信じられないのですが、(いや、信じられるか!)今日も昨日に引き続き、∫の学校関係者についての愚痴になります。(興味のない方はスルーしてくださるとありがたいです。)昨日の記事でも書きましたが、∫の学校の校長とガイダンスカウンセラーが、∫が事前に注意を促していたにもかかわらず、間違った書類をコモンアップ(大学受験願書サイト)に提出していた件で、私はかなりの憤り... [続きを読む]
  • ギフテッドの子について45年間の研究で学んだ事
  • このStudy of Mathematically Precocious Youth (SMPY) の、ギフテッドの子達に関する長期追跡研究の結果については、すでに色々な文献や記事などが出回っていますが、先日、目にしたこちらの記事の情報がなかなか参考になるなと思ったので、リンクしておきたいと思います。英語の記事ですが、比較的シンプルでわかりやすい文章なので、英語が苦手な方にも読みや... [続きを読む]
  • 久々に登場
  • 夏の暑い間は全くと言っていいほど姿を見せてなかった、我が家の裏庭に住むうさぎさん達ですが、ここ最近、すっかり涼しくなったせいか、毎日、朝夕、草を食べに石垣から姿を見せるようになりました。(その代り、夏中、朝から晩まで始終、裏庭を駆け回っていたリスの姿が急に見えなくなってしまい、政権?縄張り交代?でも行われたか?って感じですが。笑)リスはかなりアグレッシブなのですが、うさぎさ... [続きを読む]
  • Young Sheldonを観ながらしばしの休憩
  • ナショナルメリットスカラーのセミファイナリストに選ばれたのは喜ぶべきことなのですが、最近の∫は、学業や課題活動、大学の願書作成などに加え、メリットスカラシップの第2次選考(ファイナリスト)へのアプリケーションの手続きなどに、何やらあれこれと余計な時間を取られたりしているみたいです。(汗)自分のエッセイもですが、10月11日までに先生やカウンセラーの推薦状、スクールレポート、成... [続きを読む]
  • 世界文学のクラス
  • ∫は現在、地元の学区のオンラインスクールにシニア(12年生)として所属しているのですが、前学年度(11年生)が終了した時点で、学校がオファーしているEnglishのコース(AP English Language & AP English Literatureを含む)を完全に取り尽くしてしまい、それ以上のレベルがなくなってしまったので、今学年度から地元のコミュニティ・カレッジで、... [続きを読む]
  • 推薦状のチートシート
  • ∫の大学受験の願書作成の準備、毎日、何かと忙しくて、思ったようには進行していませんが、週末などのまとまった時間がある時を利用して、少しづつ進めて行ってはいるようです。先週の金曜日もいつものように、毎週行われている数学ピア・チュータリングのボランティアと、(自分が結成した)学校の数学クラブ活動の為にオンラインスクールのキャンパスを訪れたのですが、その際、数学と国語の先生、そして... [続きを読む]
  • ギフテッドの誤診:鬱病または双極性障害
  • シリーズ化しております。(笑)又しても、Diagnosis Questionsよりの情報です。今回は、Depressive or Bipolar Disordersについての部分を抜粋しました。鬱病または双極性障害強烈なOEを持つハイリーギフテッドの子供は、感情の起伏が劇的に激しい傾向にある。これらの特徴は、臨床的介入が必要となる病理的な状態とどうやって区別されるのか?見... [続きを読む]