千葉市議会議員 福谷章子のまちづくり さん プロフィール

  •  
千葉市議会議員 福谷章子のまちづくりさん: 千葉市議会議員 福谷章子のまちづくり
ハンドル名千葉市議会議員 福谷章子のまちづくり さん
ブログタイトル千葉市議会議員 福谷章子のまちづくり
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/shoukosan_001
サイト紹介文さまざまな役割を持ちながら暮らす中で、日々出会い触れ合う人々、街、文化、自然、出来事についてつづりま
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供133回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/01/01 22:01

千葉市議会議員 福谷章子のまちづくり さんのブログ記事

  • 10月14日のまちカフェライブに向けて ふれあい市とコラボします♪
  • 今日もお天気は今ひとつではっきりしません。我が家のニャンズは、朝から鳥の鳴き声がしない静かな空をながめています。鳥がいなければ標的は行きかう人や自転車ですが、それも今朝は少なめです。本日9月22日は、おゆみ野カフェという子どもたちが集まる楽しいイベントがあるので、雨が落ちてこなければいいなあと願っています。ところでイオンスタイル鎌取前の広場で開催されているふれあい市をご存知ですか?こんなのぼり旗を立 [続きを読む]
  • 森で学べること
  • おゆみ野の森を育てる会の人たちが草刈をする管理日に出かけて、森の使い方についてレクチャーを受けました。私は現在、福祉のまちづくり支援室というところで、お仕事をしています。社会福祉法人の公益事業を担当していて、11月にはこの3年間の取り組みである居場所づくりや子育て支援などについてある会で発表するのですが、この9月から新しい事業に取り組みます。それは、おゆみ野の森で子どもたちの学びの機会を創っていこう [続きを読む]
  • みんなの広場の水曜日
  • みんなの広場は千葉市緑区おゆみ野3丁目の河野ビルの1階にあります。みんなの広場は曜日ごとに活動内容が異なります。みんなの広場の水曜日は、朝から夕方まで多世代の居場所となります。11時から3時まではランチ会をはさんだカフェというかサロンで、主に平均年齢が高めのみなさんが集まり、午後3時半から夕暮れまでは小学生を中心とした子どもたちが集まります。前者を「すいようカフェ」といい、後者を「みんなのおもちゃ箱」と [続きを読む]
  • 暮らしたい場所で自分らしく つなごう地域連携の輪
  • 10月13日の土曜日の午後。今年もおゆみ野公民館で「つなごう地域連携の輪」が開催されます。医療と介護をつなぐ会@おゆみ野 が主催するこの会はもう何年も続いていて、私も4年前からここで学ばせていただいています。一昨年と昨年は企画もお手伝いし、それまで縁遠かった介護について多くの事を知りました。一昨年の様子はこちらの記事に記してありますので参考にしてください。その後、おゆみ野ですいようカフェを主宰したり、 [続きを読む]
  • 敬老会とうちのばーさん
  • 私が所属しているのは若草自治会で300世帯ほどの大所帯です。この季節、毎年敬老会を開催しています。我が家には、昨年6月に愛知県から移り住んだ89歳の母(私の実母)が同居しています。昨年も敬老会へのお誘いをいただきましたが、引っ越しと夏の疲れが重なって体調を崩し、参加できませんでした。あれから1年。超高齢者(米寿以上を思い描いて名付けています)は外に連れ出して知り合いを増やそうにも、自己中、プライド高い、 [続きを読む]
  • まちカフェライブ2018説明会開催しました!
  • 今年で8回目となるまちカフェライブですが、9月8日に出演者、ボランティア、実行委員が一堂に会して説明会を開催しました。まちカフェライブの始まりから今日まで大切にしてきた事、ステージを作るのはプロではなく住民有志であり、アーティストやボランティア、そして行政の協力で一つ一つの場を作っていること、そして今年のイベントを終えた後も再会を楽しみにしている事を伝えました。 プログラムやポスター、サポーターズカ [続きを読む]
  • 過ぎても心配ですね 台風一過
  • 台風21号は大きな被害を残して熱帯低気圧となり、日本列島をなぞるようにして去っていきました。各地の被害状況が気になり、心配です。千葉市内も明け方にかけて強い風が吹きましたが間もなくおさまり、今日は秋らしい空になりました。すいようカフェの日でしたが、私は仕事で『指導監査ガイドラインに基づく理事会・評議員会の運営実務』という研修を受けに都内に行っていました。運営実務なので理事会の招集手続きとか、議事録に [続きを読む]
  • 子どもの居場所は人づくりから
  • 千葉市では、子どもの居場所サポーターが活動をしています。子どもの居場所サポーターとは、こどもカフェやプレーパークといった子どもの居場所でボランティアとして活動する大人のことです。(千葉市のホームページより)数年前からその子どもの居場所サポーターに向けて研修の場を設けていますが、今年からさらにステップアップ講座としてSOS支援員の養成講座が始まりました。千葉市のホームページでは次のように告知されてい [続きを読む]
  • 準備が佳境!まちカフェライブ2018
  • 10月14日に開催する、今年で8回目となるまちカフェライブ。その広報について昨夜は遅くまで作戦会議をし、今日は緑区役所に出向きました。 今年のまちカフェライブは17会場29アーティストで、あすみが丘地域も加わって賑やかになります。思えば初年度のまちカフェライブは5会場5アーティストで、手探りでドキドキしながら全ての会場を走り回って感激したことを覚えています。こみこん祭り(現在のおゆみ野文化祭)の一 [続きを読む]
  • 参加者が場を創るすいようカフェ
  • すいようカフェを毎週水曜日に開催して3年になります。ここはこの3年間で、私がボランティア活動と超高齢社会に向かう課題を学ぶ場となっています。これまで来てくださっている方々の中には、変わらず元気な方、施設に入所された方、病気と付き合いながらマイペースで来ている方、お亡くなりになった方、そして、一人二人と初めて顔を出される方などがあります。8月は15日をお休みにしました。その1週前の8月8日は台風の影 [続きを読む]
  • チーム猫ばば
  • 高く澄んだ青空に栗。秋の気配です。夏休みも間もなく終わります。前回の記事で夏休みの始まりを告げ、次の記事で夏休みの終わりを告げるという体たらく、1か月以上サボっていた(^^;前々回、家族になりました♪と紹介した猫たち(我が家ではニャンズと呼んでいます)はこんなに成長してしまいました。  米寿の母も歳を重ねて89歳となりました。同居を初めてこの1年、さまざまな不安があったのか体調不良が続いた母です。毎朝「 [続きを読む]
  • 長い暑い休みの初日
  • 実質今日から夏休みの午前7時30分。場所は、鎌取駅のペディストリアンデッキを渡ったイオンスタイル鎌取店前。昨年に引き続き今年も夏休み中の2週間、ここでラジオ体操が行われます。初日こそはと、張り切って出かけました。同じように、初日だからと参加したかまとりくんと記念撮影。 「体力づくりではなく健康づくりなので、無理をしないで体を動かしてください。暑いので水分を十分に取ってください」というイオンスタイルのマ [続きを読む]
  • 梅雨の季節を乗り越えて
  • 今年の梅雨はさっさと幕を閉じ、6月晦の空は夏の空でした。日々雑多なことに明け暮れ、一事専念できない人生だとしみじみ思い、1年の折り返しを迎えます。ブログもほぼひと月ぶりの更新です。6月分一挙掲載お許しを(^^;1日ライフイベントの準備に向けて、娘と孫が来訪し滞在。てんてこ舞いで愉快な日々の幕開けです。2日ほたるの里の音楽祭と蛍のみちしるべ。今年は事前準備だけで、当日手伝いはほとんど出来ませんが、時間のある [続きを読む]
  • こぱんだサークル
  • こぱんだサークルをご紹介します。緑保健福祉センターで、ギターの上手な先生を招いて、親子で様々な遊びを体験する自主グループです。先月、メンバーを募集しているとのことで、みんなの広場にもチラシを届けてくださいました。本日(6月1日)が活動日で、新たな参加者が5人もあったということをブログでの報告で知り、とても嬉しいです。親子で参加する場は、千葉市が行っている(運営は委託していますが)子育てリラックス館 [続きを読む]
  • 役割を全うする
  • 春菊の花が咲きました。1cmにも満たない小さな花です。種を撒いたのは1年で最も寒い1月末です。春菊の発芽には適していない季節のようですが、思い付きで撒きました。何とか芽を出したものの、ちっとも育たず、ようやく3?ほどになって成長は止まってしまったようですが枯れもせず。抜いてしまおうかと思いましたが、それも面倒でそのままにしておきました。春になり、ハーブやミニトマトなどを新たに植えてそちらにすっかり気 [続きを読む]
  • ほたるの里の音楽祭2018
  • このブログでもお知らせしている「蛍のみちしるべ」に合わせて、例年「ほたるの里の音楽祭」が行われています。場所は、蛍の鑑賞の場でもある泉谷公園の入り口に建っているちばぎんおゆみ野ホールです。地元の音楽大好きな人たちやプロとして活躍しているアーティスト、そして地域の中学校の合唱部が毎年出演し、地域の人たちを楽しませてくれます。今年の出演者は、下のチラシの通りです。ほたるの里の音楽祭については、おゆみ野 [続きを読む]
  • ほんだねっとフェスタ@5月28日のふくろう屋
  • 誉田駅から徒歩3分にあるふくろう屋。1階はふくろうカフェで地域の人たちのくつろぎの場、2階は趣味の教室や座談会や話し合いなど、さまざまな活動に使われています。ここで1年に2回、誉田地域の子育てサークル「ほんだねっと」さんがフェスタを開催します。5月28日がその日です。今回は、マリンバの演奏もあります。ふくろうカフェはいつもより少しスペースが狭くなりますが、マリンバの演奏は聞くことができます。他にも [続きを読む]
  • 蛍のみちしるべ 竹切り物語
  • 竹を節ごとに斜めに切って、竹のキャンドルを作りました。総数600個ですが、そのうちの12個は私が作りました。のこぎりの使い方が相変わらず下手くそです。どうやら、前に押す時に力がはいっているのが間違いで、「日本ののこぎりは引くときに切れるから押す時には力を入れなくていいよ」と教えていただき、少し上手になりました。60の手習いです(^^;今年は近隣の四つの小学校(泉谷小、小谷小、金沢小、おゆみ野南小)の運動会と [続きを読む]
  • みんなの広場の花アルバム
  • 毎週水曜日。みんなの広場は、まかないランチを食べながら語り合い、思考がやわらかくなる(はずの)すいようカフェです。午前11時頃からみなさんお越しになりますが、それまでに店主に課されたミッションがございます。それは、シェフの庭に咲く花々をいただき、室内に飾ることです。今の店主に出来る、ささやかなおもてなしです。この日(5月22日)は、今季新顔の蛍袋、再登場は柏葉紫陽花、忍冬、紅花下野、源平下野、曙風露草 [続きを読む]
  • みんなの広場とプロジェクト結
  • 今週末の土曜日ですが、NHKEテレのバンバンジャパンで、プロジェクト結の活動が取り上げられます。プロジェクト結は2020年のオリンピックに向けて「誰でもできるおもてなし」をコンセプトに、子供も、高齢の方も、障がいをおもちの方も、みんなで参加して「箸置き」を作り、日本のおもてなしの心を海外の方へ伝えよう、という取り組みです。この活動がスタートした時から、みんなの広場もプロジェクト結の拠点のひとつとし [続きを読む]
  • みんなの広場の歌のひろば
  • みんなの広場では、毎週第1&第2&第3の月曜日午後1時半から3時半まで、「歌のひろば」を開催しています。シニアが20〜30人集まり、抒情歌や唱歌、懐かしい歌謡曲などを「練習」しています。そうです!「練習」なのです。少しでもそれなりに良い声で、少しでもそれなりに美しく歌うことを目指して厳しい指導のもとなのに、なぜか楽しそう。今日はその練習日だったので、ちょっとお邪魔しました。加山雄三の「お嫁においで [続きを読む]
  • 蛍のみちしるべ竹取物語
  • 蛍のみちしるべの準備が始まりました。まずはキャンドルスタンドにする竹の伐り出し作業です。毎年使わせていただいている知人の竹林に今年も分け入って、30本ほどの竹をいただきます。昨年までは、竹用ののこぎりでゴシゴシ伐っていたので時間も労力もずいぶんかかり、大汗をかいてヘトヘトになっていましたが、今年からは少々様子が異なります。泉谷公園のほたる生態園を管理することとなった昭和の森協力会が、竹の伐り出し作業 [続きを読む]
  • おゆみ野の森の多様な取り組み
  • おゆみ野の森の音楽祭は、とても楽しそう。知人が写真をたくさん撮ってくれました。音楽を聴きながら口にする美味しそうなピザ、そしてシャボン玉を追いかける子どもたち。  日頃からおゆみ野の森を育てる会によって、工夫して管理されている様子がわかるジャガイモ畑や子どもたちが喜びそうな家など。   久しぶりに訪れて緑に囲まれ、すっかり癒されました。おゆみ野の森は約3.1haの樹林地を市民緑地として整備し、2007年4月 [続きを読む]
  • おゆみ野の森でピザ食べよう、音楽楽しもう!
  • おはようございます。予定されていた中学校の体育祭が順延となり、午前中に時間が少し出来ました。そうだ!ブログを書こう!今のところ、晴れたり曇ったりでにわか雨もあり、という予報です。西の空も雲は厚いですが、それほど怪しくはありません。6時頃に出ていた雷注意報は消えていて、強風波浪注意報が残っています(9時49分現在)おゆみ野の森の音楽祭は予定通り開催するとのことなので、この後ちょいと覗いて、ピザ釜のレ [続きを読む]
  • 蛍のみちしるべが近づきました
  • この灯りを暗い坂道に置いて、蛍への出会いに誘う「蛍のみちしるべ」が近づきました。「蛍のみちしるべ」は今やおゆみ野の風物詩となりました。住民が手作りでコツコツ作り上げてきた地域行事で、蛍のともしびを静かに鑑賞すると共に子どもたちにほんの少しの楽しみも準備しています。  今年もその準備が始まります。今年の段取りは、5月20日(日)10時〜 竹の伐り出し作業 5月26日(土)13時〜 竹のキャンドルづくり 希望者 [続きを読む]