little lamb さん プロフィール

  •  
little lambさん: 旅する子羊
ハンドル名little lamb さん
ブログタイトル旅する子羊
ブログURLhttp://tabisurukohitusji.blog.fc2.com/
サイト紹介文自閉圏に住む子羊のひとりがたり。
自由文ASの世界から外の世界に通いながら暮らしています。外の世界に疲れたときのためのカームダウン・スペースとして作りました。ふんわりとばくはつすることを心がけています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供221回 / 365日(平均4.2回/週) - 参加 2015/01/02 22:43

little lamb さんのブログ記事

  • 歩いて、ほぐれて、聞き流して。
  • 先週の出張はお天気に恵まれたこともあり、歩き回りました。その記録もアップしておこうと思います。その日、出張先であるメンターに会うなり、<か、かたまっちゃいました。昨日から今朝にかけてフルの講義ノートつくちゃって......??>と、つぶやいたところ、おやまあ、それでは、やはり、歩きましょう、となり、ほぼ1日中、歩きながらダイアローグ。歩きまくりながら哲学したスクールが存在したって(←かなりテキトーなこと [続きを読む]
  • メルトダウンしても、世界の終わり、ではなかったみたい。
  • 出発前からメルトダウンしてアポ取り消しちゃったり、ああもう??????状態で出発した出張。無事、おおむね無事に終了しました。ASD由来っぽいなあ、とわれながら思わざるを得なかった、ハプニング3つだけ、メモしておきます。1) 切符紛失:東京駅で改札を通ったあとに、切符を落とした。どこで落としたかも見当がついたものの、<新幹線に乗る>という<ミッション>を変更できず、そこそこ時間があったにも関わらず、拾いに [続きを読む]
  • またダメだった、泣きながら、お肉を食べた日
  • なんでこうフツーのことができないのか、我ながら不思議です。(いや、だからそれはねー、という主治医の声がきこえてくるようですが??)。明日からの出張、最初のアポ、自らキャンセルしてしまいました。それもスパーンと。橋を焼いて。そのリクツが相手にはすごく分かりにくかったと思います。「これもきっといいよ」と親切心から予定を「追加」っていうのが、わたしにはダメ??♀?だったっていう。自分が嫌でたまりませんが、 [続きを読む]
  • 「歩くことについて語るときにわたしの語ること」
  • 見ての通り、村上春樹さんのご本のタイトルのパロディです。処方薬戻して気持ちは落ち着いたのですが、猛烈に腰が痛くて、椅子に座っていられない一歩手前までいきました。思い当たったのは、運動不足。不調だったときに散歩にも行けなかったことがどうやら如実に出た模様です。わたしにとっての通常を基準にしてという話に限ってですが、まず歩数が少なめ。かつ、こまめに動いてなーい。携帯置いて、座りっぱなし。ありゃまあ?? [続きを読む]
  • ぶーたれて、先生になだめられる(診療メモ)
  • 「ああ、それはもう、すみませんでした」と、主治医がなだめてくれました。さすがの(とプロにいうのは失礼なのですが)絶妙なタイミングと声のトーンで。今朝、臨時で精神科を受診してきたのです。先週の抗うつ剤断薬は、ほかの薬で効果を置き換えていたとはいえ、1週間たってみてもますます調子がよくないし、来週は仕事のスケジュールがタイトで来院できなそうだし、と心配になって。メモもふだんのように手書きにはできなくて [続きを読む]
  • 泣いたり、書いたり (処方薬切り替え中)
  • 午前中、どうも調子がいまひとつです。とくに差し迫った仕事もないし、ペースを乱されるような仕事もないのに、不安と焦燥。ふだんと同じような専門書を読んでいるはずなのに、情動が過度、ハイ、賦活強すぎのような感じで、心が揺すぶられて泣いちゃったり。これは、うーん、抗うつ剤の離脱症状なのか。非定型抗精神病薬の飲み始めならではの副作用なのか。その両方なのか。ちょっと使うペースが速いかな、でもキツイな、仕事にな [続きを読む]
  • 大丈夫そうかな(抗うつ剤、断薬3日目)
  • 今朝、ざわざわした、そわそわした感じで目が覚めて、しばらく起き上がれませんでした。できればもう1日中、パジャマでこのままでいたい......という考えがぐるぐるとうずまくうちに、あれあれ、どうしてこんなに不安が強いのかなあ、とくにこれといった問題もないのになあ、土日フルで働いたから疲れちゃったのかなあ。しばし、ぐだぐだしているうちに、ポン?????抗うつ剤を断薬(抗うつ効果も期待できる非定型抗精神病薬 [続きを読む]
  • 「支えますから、頑張ってみてください」(診療メモ)
  • 金曜の午後、通院(精神科・定期でした)。まず、「おかげさまで、昨春よりも心身ともに安定していると感じます」と主治医に伝えました。それから、いつもと同じように、残薬記録と出来事・気分などをまとめたノートを見ていただきました。この日のいちばんの相談は、仕事のペース配分でした。急な変更があって、受け止めきれず、ぐるぐるしていたのです。昨年度末ごろには、こうなっていました。「これから2年間で、共同翻訳(日 [続きを読む]
  • サクラ散る、でもサクラ咲く
  • 4月、ありゃーと思っていた研究企画が落ちました。個人ではなく集団で出していたもの。こういっては何ですが、どうもわたしは「個人活動」が向いているのか、「集団」になると、ありゃりゃ、やっぱりダメでしたかー、と言う結果になりがちで。またしても、サクラ散る散る。わたしにちょっと不可解だったのは、「(おめでたいことよりも)落ちた(という「不幸」???)なときにこそ、どんどこどんどこと友人がやってくることです [続きを読む]
  • 家族いろいろ&4月2日によせて
  • ここ数日、自宅ですごしたのですが、思ったよりも抗不安剤を頓服してしまいました。体調はよいのですが、わたしなりのスケジュールが家族によりかき乱されることが重なって、うきー??となりがちに。幸い、うきー??スイッチはいりそうと自覚できたし、散らすこともできたので、自傷も他害もなくすんで、はああ´д` ; 家族は大好きだし、家族とすごす時間も大切にしているつもりですが、ときには折り合いがつかないこともあるも [続きを読む]
  • 落ち着くためのリチュアル(例:タイピングする)
  • 「恵み多き復活祭となりますように!」という結びのメールが何通か届いて.....。ひゃあ、なんとまあ、気がついたらもうイースター・サンデーでした?? こ、これはさすがに、信者としてしゃれにならない、「告解忘れました」という告解に行くのかしら?? 主よ、罪深いわたしを憐れみたまえ??????聖金曜日(受難の日)、わたしは6月に南の故郷で家族集合するための航空券をせっせと手配していました。これがもう、毎度のこ [続きを読む]
  • ゆるゆるゆるめてもらう。
  • カンボジアの旅を終えて帰途に着きます。汗疱性湿疹もちなので、指の脇にすこーしブツブツが出かかりましたが服薬するほどでもなく、引っ込んでくれて、やれやれ。おかげさまで元気です。毎朝のピラティス、瞑想もどき、気まぐれスケッチなどのほか、マッサージやアフタヌーンティーで、ゆるゆるゆるめてもらうことも心がけました。ゆるゆるな旅の一部をフォトダイアリー風に綴ります。一番はこれ、ハンモック大国カンボジア??? [続きを読む]
  • 「やる気」をなだめる術を磨く(旅の前の日曜日に)
  • わたしは特性上、「やる気」を出すのはかんたんです。より正確にいえば、やる気をだす必要すらありません。やる気とともに生まれてきたかのように、やる気はいつもわたしと共にあり、わたしを離れることはありません。むしろ、やる気が離れてくれないこと、やる気を離せないことが問題 (my issue!!) なのです。「こひつじよ、うっちゃっておきなよ、自分にそんなに厳しくするなよ」(原文:"little lamb, let it go, don't be too [続きを読む]
  • 休ませてもらって、ありがとう。
  • もう帰国しましたが、シンガポール2日目のことをメモしておこうと思います。前日の緊張と疲れからパニック??、ホテル(自室)の壁を殴ってしまった後、抗不安剤を頓服、一眠りもしてクールダウンできたと感じたので、予定通り、友人たち(研究者)とエクスカーションにでかけました。疲れちゃって、と言い出せなかったのですが、結論から言うと、無事に過ごすことができました。まず、地下鉄で移動。ここで、大したことはないの [続きを読む]
  • 本日も、やれやれ、大丈夫(易刺激性の覚書)
  • 今朝、ささいなことでプチ・パニック?? ホテルの部屋の壁を、そのとき手にたまたま握っていた木製のハンガーで数回殴ってしまいました、ああー、もうー?? チビ羊??が、「どうしたの、ママ?」と静かーに声をかけてくれたので、はっ、何やってるんだろう、わたし⁉? と我に返って、すぐに頓服(エビ??0.5mg)。しばらくして、落ち着きました。その後、朝食ビュッフェに行ったのですが、とても混雑していて案内されたテー [続きを読む]
  • 出張中(メモ:飛行機で眺めた映画2本)
  • 今日の夕方から3泊4日でシンガポール出張に来ています。さっそくマーライオン・ベアを買ってしまったりして??????今朝は羽田に行くため、ラッシュアワーの快速電車に途中駅から乗りました。こういうの久しぶり。耳栓入れてサングラスして。予め抗不安剤も服用しておいたし、意外にも途中から座れたこともあり、思ったほどは辛くなかったです。よかった。飛行機では読書するつもりだったのに、なんだか眠くて眠くてウトウト。 [続きを読む]
  • 特性はすぐ忘れられる、でもそれでも繋がりたい。
  • わたしのもつ特性は、過度な負担がかかっていない限り、外見からはほとんどわからないです。また、わたしは文字視覚優位で言語理解も凸なので、メールなどの文字媒体でコミュニケーションをとる限り、相手にはわかりにくいと思います(注:このブログのように<自分らしさ爆発>状態のとき、脳内ダダ漏れに書いてしまう長ーい、論理的構成のへったくれもないスタイルは、見る人が見れば、おおう、これは特性もちかもな.....とわか [続きを読む]
  • 早春は不穏になるけど希望をもって。
  • 今朝はとても具合が悪かったみたいです。不穏状態で書いてしまったエントリーは削除しました。すみません。セルフモニターがききにくいので自覚は薄いのですが、主治医が「不穏時」用にエビ??を処方に加えたことの意味がちょっと分かったように思います。季節の変わり目の中でも早春がいちばん苦手で、これまでも毎年、調子をくずしてきました。今日は、気分は良いつもりだったのですが、リミットぎりぎりのでときに現れるハイパ [続きを読む]
  • ドッジボールに当たりに行く人生。
  • ドッジボール、苦手でした。「ドッジ=よける」だから、ボールが来たら(わたしが取れないのは大前提として)、ぶつからないようによければいい。自分も痛くないし、チームにも痛くない。なのに、わたしは自らボールに向かっていって当たってしまいがちでした。で、昨晩もボールに当たりがちに。というのは、メタファーですが。具体的には、「世界巡回型研究者である=体力がある、適応力がある、身体分厚い、動き多い、動き速い」 [続きを読む]
  • 働き方について、すこし。
  • わたしは裁量労働制で働いています。これ自体は別に、合理的配慮ではなく、職種(教育研究職)の性格によるもので、就職して以来ずっとそうです。ひとりで作業する限り、時間や場所について自分で調整してよいため、合理的配慮は受けていません。一方で、ほかの教職員と調整が必要な業務については、そのときどきで産業医に相談したりしながら配慮を受けています。これまで受けた配慮は、事務面のサポートとか、業務の早めの予告と [続きを読む]
  • 通院メモ(「片付けない子 v.s. 片付けたい親」の小さなバトル)
  • 先週の通院(精神科、定期)で、思いがけず処方調整となりました。「易刺激性」の調整に頓服でだされていた抗不安剤、その3分の2ほどの量が抗精神病薬に変更されました。具体的には、「エビ??」の少量処方 (0.5mg)が加わった形です。以前に一時的に処方されたエビが残っていて、それを使っていたことと、どうやらよく効くことが主治医にばれた.....伝わったからです。診察メモに組み込むことをずっと忘れていたのですが、今回 [続きを読む]
  • 主治医がポカーンとした瞬間
  • 本日、通院 (精神科、定期)でした。今日は終日過集中気味だったため、休んだほうがよさそう。そこで、主治医が一瞬だけですがポカーンとした、わたしの発言だけをメモしておきます。チビ羊?のことで学校に呼び出されて三者面談した前後、調子を崩したことについて、主治医が育児大変ですねと気遣ってくださったのですが、「えーと、それは違います。わたしが不安になったのは、わが子が心配だったからではありません」ととっさ [続きを読む]
  • ゆっくり、心地よいことをする。
  • 今週は、思ったよりスケジュールがタイト。せわしなく感じます。そんなさなか、瞑想ビザ??♀? (宗教ビザ)で仏教大国に滞在経験があり、ガチ? 僧侶でもある先輩とランチ。きいてみました。わたし、マインドフルネスとか全然できなくて、瞑想めいたことをしてるとたちまち雑念というか自生思考というかに覆い尽くされちゃって??呼吸に意識向けるとやたらに脈が上がるような気がして、その気持ちを観察して流したりできないまま [続きを読む]
  • 「自分との約束」を、ときどき点検したい、無理しないように。
  • 「誰とも約束していのだから、そんなに急がなくていいのに」今日の日曜日、カフェランチしようと慌ただしく自宅をでていくわたしに向かって、親羊??2号がちょっとあきれたように、ちょっと慮るように声をかけてきました。とっさに、わたしの口から出たのは。「ううん、あのね、わたしはわたし自身と約束しているのよ」このときわたしは、いつも通りの時間(11時すぎ)にランチをすませて、いつも通りに散歩して、いつも通りにお [続きを読む]