野々内 美加 さん プロフィール

  •  
野々内 美加さん: 走るナースプラクティショナー
ハンドル名野々内 美加 さん
ブログタイトル走るナースプラクティショナー
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/missy0806
サイト紹介文診療所だけでなく診療車で街を走りながらメンタルヘルス、薬物依存、ホームレス、貧困層の方々を診療
自由文日本には馴染みが低いナースプラクティショナーとしてカナダ、BC州で働いています。地域でプライマリーケアプラクティショナーとして患者さんの健康向上、維持を目的にケアを提供しています。仕事が大好き。
日本で看護師歴8年後カナダへやって来たのは1998年。カナダ人の夫と子供3人の家族は宝物。
全く英語ができなかった私がカナダで看護師となり2013年には大学院卒業。修士号を取得。努力は必ず報われる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/01/05 07:16

野々内 美加 さんのブログ記事

  • ナースプラクティショナーの試験
  • シンポジウムで出てきた質問、アメリカにある2つのNP試験。AANP: American Association of Nurse Practitioners とANCC: American Nurses Credentialing Centerの2つ。私はカナダのBC州に登録しているNPですが資格試験はこのAANPかANCCのどちらかを合格し、免許を発行している団体のOSCEに合格することが登録に必要でした。だからAANPとANCCのどちらを受験しようか、級友たちと調べた事を覚えています。アメリカも同様なので、サ [続きを読む]
  • ポカをした日
  • 思い通りの薬を処方してもらえないからと怒鳴られるのはたまにありますが、自分がした事で患者に怒られたのは2度。1度目こちら。2度目は今日だった。彼は本当にいい加減な人で、薬を処方通りに摂取しなかったり、糖尿病教室へも行かない。血液検査だって一度も行かない。困った時だけあれをしてくれ、これをしてくれと嘆願にやって来る。そんな彼が遠い街に来週中に引っ越すと。引っ越し先で新しい医師が見つかったら、カルテの転 [続きを読む]
  • 立ち上げれ!
  • 最近、日本と海外を比べてばかり。しかし東京医大の差別入試に見られるように海外からしてみると信じられない事が起こっているのが日本。明治維新から150年経ったのに、まるで未だに鎖国しているかの如く、悪しき習慣が続くのはなぜでしょうか?海外のようになれと言っているのではありません。日本らしさを守る事は大切です。しかし基本的人権を無視する事は世界のリーダー国として許されない事なのです。教育、職場、給与、婚姻 [続きを読む]
  • 障害者に優しい街づくり
  • 20年前にバンクーバーへ来た時、街が車椅子や歩行器を使用する方にとって過ごしやすい街になっている事に驚いた。エレベーターは多く設置され、階段が少ない。公共施設でないビルの入り口の5段の階段さえ脇にエレベーターか緩やかなランプが付いている。バスは車高が変わり足が上がらない人用にステップが低くなる。バスの中は平らで移動しやすい。そして車椅子やベビーカー、歩行器を使用する人にはランプが出てきて苦なくバスに [続きを読む]
  • CNSとNPの違いは?
  • CNSとNPの違いは?これも良く聞かれる質問です。私自身、元々大学院へ行ったのは緩和ケアのCNSになりたくて。2年(4年で卒業するつもりでゆっくりやっていたので半分課程が済んだ頃)でNPコースへ編入してNPになった人間です。きっかけはオンタリオ州で活躍している日本人急性期NPが読んでみたら?と言われた報告書を読んだから。その文書はカナダで初めて出されたCNSとNPの報告書でした。興味のある方こちら。私はホスピスの師長(PC [続きを読む]
  • 定期処方
  • 定期的に服用するお薬。3-4月分毎に処方を書きます。こうすると最低でも年に3-4回診察することになる。薬局の薬剤師は患者からの依頼があれば、処方者に処方の更新を依頼する事が出来る。薬が切れそう、でも予約が詰まっていて直ぐには診てもらえない、という時に役に立ちます。しかし患者の中には診察なしで更新してもらえるならその方が良いと、薬剤師への依頼だけで診察に来ようとしない人がいます。薬剤師の中には1年分の処方 [続きを読む]
  • 北米の大学院
  • 前回書いたプライマリーケアNPのコース内容。NPは医師のように患者を直接治療するわけなので、それらの医学知識は必須です。しかし名前にナースが付いているように根っこは看護師なので看護セオリーを理解していなければなりません。だからそれらのコースもみっちりあります。511 Theoretical foundation of nursing Practice504 Research and Evidence Based Practice552 Methods in Nursing Scienceの3つはCNSを目指す看護修士生 [続きを読む]
  • 使命の模索 その4
  • シリーズものです。始めた理由はこちら あなたの使命は明確ですか使命の模索使命の模索 その2使命の模索 その3次のステップは4a. 最も優先しなければならない問題点を明確にする。4b. ケアモデルのゴールを考える例) 慢性閉塞性呼吸器疾患(COPD) のゴールドスタンダードは今、吸入薬の長時間作用性の抗コリン剤とベータ2刺激薬の混合剤。ステロイドは含まれていません。ICUに入院する患者の中でこの吸入薬の使い方がわかっていな [続きを読む]
  • 夏の過ごし方
  • 毎年の話。夏は仕事が楽になる。だって学校が休みなので高校のクリニックがお休み。そして天気が良いとホームレスの方々が病気になる頻度が低くなる(その逆、冬は肺炎、凍傷と忙しい)。と言う事で空いた時間を自己研修に当てる事ができる。で、この夏のお題はメサドン(麻薬のキングと呼びましょうか?麻薬の中でもポテンシーが高い麻薬)の処方権を得るためのオンラインのお勉強。25のモジュールがあります。これを終了して実習を済 [続きを読む]
  • 勇気ある一歩
  • シンポジウムの評価アンケートの締め切りが7月30日でした。結果を見て、伝わっていて良かった〜と安心すると同時に、研究会に賛同するのなら立候補して欲しい!とそのギャップに悲しくなる、、、現在3名出ています。シンポジウムでも言ったように、自分は力のない人間と決めつけないでください。ちょっとだけ前へ出ることで多くのことが変わって行きます。未開の地へ足を踏み出すには勇気も要ります。誰かがやってくれる、、、他人 [続きを読む]
  • 使命の模索 その3
  • シリーズ その3ここでは全くの仮想の例を使いますからご注意を。1a. ICUで1番滞在日数が長くなるのは慢性閉塞性呼吸器疾患(COPD)を持つ患者だとする。1b. なぜCOPD 患者はICU入院日数が長くなるのか考える(調べる)。 答えが上がる: COPDの教育や在宅治療が充実していない。医師の診療だけで患者指導をする機関がない。CNもいなければ呼吸療法士もいない。ここに診療看護師の活躍できる場の可能性がある!!!!!次のステップは2a. [続きを読む]
  • 変革
  • シリーズはお休み。先週、大きなミーティングがありました。mental health redesign についてです。 リデザインというぐらいですからデザインをやり直すという事です。今のメンタルヘルスのシステムが出来たのは40-50年前と言われています。最近はどこのプログラムでも患者と家族中心のケアを謳っているので、患者と家族の声をケアだけではなくシステム作りに活かすのがトレンドです。その結果、この昔に作られたシステムは機能し [続きを読む]
  • 使命の模索 その2
  • 昨日の続き。プライマリーケアの中でSexual dysfunction (SD: 性欲減退と性交不能) を研究している時に男性の死亡率の高さ、医療を避ける男性像が見えてきました。男性独特の男性像を追う姿。社会的地位や人間関係をとても気にするが故医療の中で患者となる事を避ける事象。とても興味深い内容でした。で、その卒論はどうなった?はこちらから。私が選んだ道は1だった。そして卒業。就職先を見つけなければなりません。地元のポジ [続きを読む]
  • 使命の模索
  • 先日の記事。なかなか人気があるようで何度も読まれています。使命を明確に、、、は簡単そうで実は難しいのです。参考になるように数日に分けて使命を見つけるステップについて触れたいきたいと思います。私がNPコースへ編入した時、どんなNPになりたいか小論文にまとめなければなりませんでした。私が書いたことは日本人で日本語が話せるので、日本人コミュニティーで働くNPになりたいと書いていました。さあ、私の思いはどうなっ [続きを読む]
  • どうしたらいいかわからない!
  • 彼女はメンタルヘルス系の病気とアルコール依存と薬物依存があります。最近診察を予約しては最後の最後でキャンセルするか、連絡なしで来なかったりの日々です。心配になって電話をかけても電話に出ません。今日も午後に予約を入れていたのにキャンセルを朝のうちに入れてきたようです。で、午後から気分が優れないから電話で話したいと要望が入ります。しかし私は他の診察が詰まっています。診察がひと段落したら電話をしようと思 [続きを読む]
  • ファミリーNP プログラム
  • シンポジウム中に出た質問: 北米のナースプラクティショナー(NP)の教育課程と日本の診療看護師の教育課程を比べてどう思うか?私は裁量権のない診療看護師と裁量権のあるNPの教育課程を比べることはできない、と言いました。なので私は行った学校の教育課程について。写真を見ての通りの内容です。Primary Care1では成人内科、眼科、心臓血管内科、腎臓、泌尿器科、脳神経、内分泌系、呼吸器、感染、Primary Care2では周産期、小児 [続きを読む]
  • 刺青
  • 先日診察した患者さん。顔面に大きな刺青が入っています。メンタルヘルスの問診中に顔に刺青を入れた理由は (私はそれを質問したわけではないのに、社交性関連の質問でこれが返ってきた)、こんな大きなものをほったら、皆刺青に注目して私の事を見なくなるから、と言いました。んんん?派手な刺青を顔面にすれば逆に注目を受けるのでは??と一瞬思いました。彼女の思いは透明人間になって自分の存在を他に知られたくないほど、自 [続きを読む]
  • パワーはどこから
  • これもよく聞かれた質問でした。パワフル、パワーがある、日本でもカナダでもよく言われます。んんんー看護も仕事も好きだから!でしょうか?もう看護師として働くことはありませんが。ナースというぐらいナースプラクティショナー(NP)は看護が土台になっていますからね。知り合いのNPにNPを経て医師になった人もいます。看護師から医師になった人も知っています。患者には医師にならないの?いつなるの?ともよく言われます。いえ [続きを読む]
  • 自分の使命は明確ですか?
  • タスクシフティングもタスクシェアリングも医療の高度化に伴って始まった事です。しかしNPの発生は少し意味合いが異なります。アメリカでもカナダでも諸外国でもNPの発生は医師不足です。都市集中型医療が生んだ副産物、医療過疎が原因です。都市には専門医を含む大勢の医師が存在するのに、過疎には医師がいないため健康が損なわれる村民や町民。その人たちを助けるために立ち上がったのが看護師。ナースプラクティショナー(NP)だ [続きを読む]
  • 同じ土俵に立つ その3
  • 今日は医師とNPのタスクシェアリングについて書く予定でしたが、その前に昨日の補足を。患者中心のチーム医療がなされていない原因を医師のせいにはしていません。何事にも多面性があり、あの人のせいだと指を指す事が出来ないのが現状でしょう。太古のやり方に固執している医師も存在すると思います。その反対、医療の高度化に伴い医療の形を変えていかなければ良い結果が得られない事をすでに自覚している医師もいます。最近何度 [続きを読む]
  • 本当のタスクシフティングと多種職医療職
  • 北米で医師はRN(Registered Nurse:日本で言う正看護師のことです)のことをどう思っているか?シンポジウムで出てきた質問です。まず、病院に医師が常在するのはERぐらいです。他は医師は1日一回の回診が済めばとっとと他の場所(院外)へ行ってしまいます。手術や自分のオフィスでの外来診療です。なので医師にとってRNは医師の目となり手足になってくれる大切な職業で、RNがいなければ医師の仕事は成り立たないと言い切る人もいます [続きを読む]
  • APN研究会(仮称)
  • シンポジウムでお話ししたAPN研究会(仮称)について少し書きます。シンポジウムに来られた方はご存知の通り、カナダ BC州でNPの発展が上手くいったのは3つの団体が協働し、それぞれの役割を発揮したからです。1. 教育機関 - NP教育 (NPの高いレベルの教育)2. CRNBC -免許発行、登録、レギュレーション (州民をNPから守ることが最大の目的)3. BCNPA- 政府や他の医療職への交渉、州民へNPのプロモーション(NP活動の拡大が最大の目的) [続きを読む]
  • 同じ土俵に立つ その2
  • 昨日の続きそれぞれのプロ意識の差の幅が広いと言った。国家試験以外に水準を保つものがないのが1つの理由だと私は思う。日本にナースプラクティショナー(NP)を作ろうとなった10年前、多くの人がアメリカに渡り臨床と教育機関に足を運び視察をしたそうだ。システム的にどうサポートされているか免許を発行している州の団体に足を運んだ人は何人だっただろう、と私は聞きたい。臨床現場、教育機関、免許登録機構の3つを押さえずし [続きを読む]
  • 同じ土俵に立つ
  • シンポジウムでもブログでも言った事。日本と北米の医療文化の違いは医療職が同じ土俵に立ち、お互いの職種を尊敬し協働して患者中心のケアをしている。日本のようにお医者様の言う事が絶対なんてありえない。しかし、その背景も日本と異なる。それは医療職全てがプロである事。プロと言うのは以前に書いたように免許を持ち、登録し、登録団体の基準に沿って仕事をしている。皆プロ意識の高い人ばかりだ。診療看護師やCNSだから同 [続きを読む]