野々内 美加 さん プロフィール

  •  
野々内 美加さん: 走るナースプラクティショナー
ハンドル名野々内 美加 さん
ブログタイトル走るナースプラクティショナー
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/missy0806
サイト紹介文診療所だけでなく診療車で街を走りながらメンタルヘルス、薬物依存、ホームレス、貧困層の方々を診療
自由文日本には馴染みが低いナースプラクティショナーとしてカナダ、BC州で働いています。地域でプライマリーケアプラクティショナーとして患者さんの健康向上、維持を目的にケアを提供しています。仕事が大好き。
日本で看護師歴8年後カナダへやって来たのは1998年。カナダ人の夫と子供3人の家族は宝物。
全く英語ができなかった私がカナダで看護師となり2013年には大学院卒業。修士号を取得。努力は必ず報われる!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供368回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2015/01/05 07:16

野々内 美加 さんのブログ記事

  • 人間の醜さ
  • オーバードースによって愛する人を亡くした方のサイトがあります。先日一人の方の講演を聞く機会がありました。とてもパワフルな方でプレゼンの仕方もでした。この方を招待した理由はスティグマ 偏見をなくすためです。薬物依存は誰にでも起こり得る事である。社会はそれを受け入れなければ薬物依存者は社会から隔離して助かる道を失っていくから。で、この方はテレビにも出演された方です。公の場で21歳の娘を亡くした経験を話し [続きを読む]
  • 可能性にかけてみる
  • 最初は親になる気はないと言っていた彼女。しかし良く良く話を聞いてみると思いは違う。もちろん自分の子供を育てたい。そうだろう、そうだろう。お腹の中で育つ命に愛着を覚えるのは当たり前だ。母親になる、、、、簡単ではない。しかし可能性はゼロではない。かけてみるか可能性に。当面の宿題は1週ごとの検診に来る事。生活保護の申請をする事。薬物を使用しない事。さあ、最初のハードルを越えましょう。 [続きを読む]
  • バカと天才
  • バカと天才は紙一重って英語でなんと言うかご存知ですか?Fine line between stupidity and brave. そう英語では天才ではなくて勇気のある人。で、昨日のブログで『最後に行き着いたのは、、、』て書きましたが、一番初めに頭に浮かんだのは、私ってバカだからか?!でした。全て上手くいったから結果良ければ全て良しになっているけど実はバカだからか状況に飛び込む事ができる、と言う見方もあると思った。他のNPは知らない分野 [続きを読む]
  • 前進あるのみ
  • コップにお水が半分。半分しかないと言うのか半分もあると言うのか、それは人それぞれ。状況だってそれに影響する。世の中ごねても思ったようには変わってくれない。そうなると考えるのがこの状況で何が出来るのか?何が最善なのか?と考え躊躇せず前進し続ける事が大事だと思います。それがまっすぐでなくても少しずつ前進して入ればいつかトンネルに光も入って来るし、トンネルが貫通する。そう、これは私がカナダへ来てから信ず [続きを読む]
  • 第六感
  • 予約を入れても来ない人や予約なしでやって来る患者さんって結構多い。で、彼も午前の診療が終わる10分前にフラーっとやって来た。居留守を使う手もあったけど、受付嬢と話してる声を聞いて嫌な予感がしたので診る事を決心。診察して診ると鬱っぽく、こんな彼を見たことはない。自殺でもしてしまいそうな雰囲気でした。ヒュー、診察する事を決めて良かった。第六感って言うのでしょうか?ふっと頭を過ぎることがあるのです。その六 [続きを読む]
  • コンプライアンス
  • 前回の続きで、サボキソンを処方できるようになって第一号の患者の彼。難しい人です。薬物依存の治療施設で導入を終えて私の所へやってきた。初っ端から色々やってくれる彼。一筋縄では全く行かないここ数ヶ月。彼の難しさは病態ではなくコンプライアンス。治療計画を実行してくれるかどうかという事。先日は行きつけの薬局から、彼をケアすることはもうできないと断られた。だって薬を半量しか取らず、袖に隠して持ち帰ろうとする [続きを読む]
  • 積み重なる危険度
  • 連日書いているホームレスの妊婦さん。彼女の妊娠の問題は1) ホームレス、食事を1日一回ぐらいしか食べていない。2) 覚醒系の薬の依存者3) 妊娠中の喫煙今回の診察ではもう3つ追加。4) 双子5) 前置胎盤6) 貧血ああああ、気が抜けない。私も末娘を妊娠中に完全前置胎盤が判明。助産婦さんと自宅出産の夢が消え去った悲しい思い出。それどころか30週で出血して入院。早産になるかもしれない恐怖も味わった。彼女の話に戻って、双子と [続きを読む]
  • 公私混同
  • 師匠と慕う緩和医師と働いていた時、訪問診療の後に師匠は患者さんに自分の財布にあったお金を渡した($200 ぐらいだったかな?) 事があった。患者さんは癌の末期で、その上貧困の為に食事すら買えない状況だったからだ。家を出た後、そんな事したらたかられますよ。毎回お金くれってせびられるんだから!それに公私混同して、、、と私は言いました(師匠と言っても友達でもあったので結構お互い思ったことをスパッと言う仲)。師匠は [続きを読む]
  • 一息
  • 昨日の続きは今度という事で、今日はこの方の続編。妊娠は病気ではありませんが、妊娠と赤ちゃんが正常であるか確認するためには定期検診が大切です。しかし彼女はどの検査へも言ってくれません。なのでハイリスクとして産科病棟と密に連絡していました。そして日にちを決めて産科病棟でアセスメントをすることになりました。今日の外回りは朝からそれ一本。彼女を町中探して回りました。一体何km車を走らせ歩いたことでしょう。あ [続きを読む]
  • 麻薬依存の治療
  • 最近、日本のテレビで覚醒剤を麻薬と言っているのを見かけましたが、麻薬はオピオイド系列の薬の総称で覚醒剤は興奮剤の一部です。ごっちゃにしないように。作用機序も化学式も全く違う分類ですから。で、麻薬の依存の治療は長らくメサドンと言う薬が使われていた。メサドンは半減期が長く1日一回の服用で効果が持続するからだ。癌性疼痛に使うメサドンも同じものですが、癌性疼痛に対しては投与回数が上がります。こういう麻薬系 [続きを読む]
  • 日本の看護教育
  • この方のブログを呼んで、ふむふむと思った。私も賛同する。日本の看護教育はサイエンスという認識が欠けているように思えるから。以前にも書いたがカナダで驚いたのは看護学生の完成度が非常に高い事。看護をしっかりサイエンスとして取り組んでいる事。私は日本で3年制の看護学校を卒業し、カナダへ来てからは直で資格試験に合格したので学士課程をカナダで取得したわけではありません。しかし認定をもらうために大学の学士課程 [続きを読む]
  • 何故差ができてしまうのでしょうか?
  • NHK の新聞記者の労災による死亡が決まったようですね。医師や研修医の異常に長い労働時間、年間に多くの人たちが過労死をしている日本。欧米では看護介護機器の発展で自力で動けない患者の介助は大きく変わりました。日本ではそのような看護介護機器の導入も進んでいないため、腰を痛める看護師や介護士が後を絶たないとか。何故なんでしょう?日本人の勤勉、勤労は世界でも有名です。だからと言ってこのまま仕事中に怪我をしたり [続きを読む]
  • 揺らぐ心
  • 双極性障害がある彼女。症状はお薬でコントロールされている。しかし彼女のお孫さんのためストレス度はマックス。お孫さんも私の患者。孫は職に就くこともなく、生活保護の申請をすることもなくなーんとなくの人生を送っている。大麻が大好きでこれがないと生きていけないとばかりに常用している。精神症状が悪化し何度か入院もしているが本人に治療の意思がなければ何もできない。おばあちゃんである彼女は彼を助けたいと何度も手 [続きを読む]
  • 論文に使う英語
  • 先日のシンポジウム。大学から大勢の人が来ていたので、アカデミックな言葉が飛び交う。普段の生活では聞かないような言葉、、、Shaping ReshapingReframingDiscourse ParadigmConceptualization EmpowermentDiagram Notion このような単語を正しく使えるようになれば貴方も英語論文が書けますよ。大学院に通いだした長女も難しい言葉を使うのが好きだ。末娘がバレエのオーディションに行きたがらないことを話していたらMom! not [続きを読む]
  • 後悔したって遅すぎる
  • 久しぶりのダウンタウン1人お出かけ。母校のシンポジウムを聴講する為。お題は薬物依存とメンタルヘルス。アメリカからお偉い方を呼んでシンポジウムとレクチャー。看護の歴史が長いアメリカ。さすが看護についてドッシリと構えている。看護師は市民に最も信頼されている職業で、医療者の中でも患者と接する時間が一番長い。患者の声を聞き、それを看護に活かすだけではなく、医療を改革し政治を変えていく!と断言していた。日本 [続きを読む]
  • 2つの文化
  • 昨日の記事を書いていて思った。2つの英文。二兎追うもの、、、と卵。もしかしたらこれってアジアの文化と英語圏の文化の違いなのかも。日本人は1つの質を高めるのが得意。華道、茶道、剣道、柔道、、、、テレビや自動車を発明しなくてもそれの性能を高める技術に優れている。道を極める事に重きを置く。その一方北米の文化は自由な発想や選択を重視している。色んな事にチャレンジする精神こそ重要だと。 こんな違いは教育にも [続きを読む]
  • 二兎追うものは一兎も得ず
  • 二兎追うもの1兎も得ずの英語版をご存知ですか?直訳ならRunning after two hares, will catch neither.こっちの方が知られているらしい。Fall between two stools. しかし二兎、、、は仏教的な教え(考えで)でそれにマッチする英語はないそうだ。じゃあ、こちらはどう言う意味でしょう?Don't put all your eggs in one basket. これは卵を全部1つのバスケットに入れると落とした時に全部の卵を失う。だからもしものことを考えて [続きを読む]
  • 聴く
  • アルコール依存がある誰かさん。アルコールが少し抜けている時は将来のことを真面目に考えたりする。2週続けて予約を入れた彼。1週目は忘れたと来なかった。今週は必ず来るからと外回りをしている時に言っていた。予告の通り現れた彼だがベロベロに酔っている (朝 10時半の予約ですよ)。酒とタバコの臭いが酷すぎる。話はまとまらず、呂律も回らない。持って来るはずの書類も忘れたと言う。では何故来たのだ?と追い返したくなった [続きを読む]
  • 粉薬
  • あっという間に10月。 今年もあと3ヶ月で終わりなんて毎日が加速しているように思えるのは私だけ?薬剤について少し。日本ではお馴染みの粉薬。北米にはないって知っていますか?飲めない人が多く、内服薬は錠剤、カプセル、水薬のみとなっています。では経鼻栄養など管で摂取している人はどうなるか?カプセルを開けたり、錠剤を潰して粉にして水と混ぜて管に入れます。薬局で粉末にして下さいと頼んでも、粉末にしてからの安定性 [続きを読む]
  • 意地悪な思い
  • この方のため救急車を呼んだ時、救急隊の態度がひどく悪かった。ホームレスシェルターのクリニックから呼んだからだ。ココは大きな施設。トランジションハウスは社会に戻るために準備をしている人の為でそれだけで32のアパートがくっついている。その上シェルター、仮設のシェルター部分と夜は100人近くが過ごすのだ。その為、救急車を呼ぶ回数も多い。で、私のクリニックはその建物の2階部分にある。受付から電話が入る。救急隊を [続きを読む]
  • 車生活
  • 人は家に住まなければならないって誰が決めたんでしょうかね?家がない人をホームレスと呼びますが、では車の中で住む人は?結構いるんです。そう言う方が。大陸が大きい北米。旅行用のトレーラーやキャンパーで暮らす人だって。患者の1人が言います。私はこの生活が好き。コンパクトにまとまって、好きな時に好きなところへ移動できるし。でも家じゃないからホームレスって呼ばれると。家の中にいると息苦しくなってしまう。夜空 [続きを読む]
  • 地元愛
  • 昨夜は医師会のAGM。場所はBMWで。展示場の車を動かし立派なパーティー会場へ変貌。食事や飲み物はケイタリング会社がサーバー付きで登場。豪華な雰囲気の中で行われました。AGMだけあって参加者も多く大盛況。毎回思うけど皆の熱い想いがあるなーと。8人いるナースプラクティショナー(NP)のうちでこのコミに住んでいるのは私だけ。他は近隣に住んでいる。医師はここに住み働く人が100%近くだ。私は看護師時代に隣の市で働いてい [続きを読む]
  • 3人称
  • 長女がこの9月から私の母校の大学院へ進学。もちろん学部は違いますが。で、クラスで自己紹介をする時のルールが面白い。自分の名前の後に三人称でなんと呼んでほしいか言わなければならない。he, she, they.え?と思う方が多いと思う。3人称と言えばIt か he とshe だった。個人をthey とは言わない。しかし今の時代は違うのだ。性が二局しかなかった時代からその間もある時代への移行。they は男でも女とも呼ばれたくない人が使 [続きを読む]
  • 早起き
  • 9月から仕事を開始する時間を1時間早めた。朝が弱い自分なので心配だったけど、これが快調。効率も良い。私の患者層は基本夜型の方が多いので、診療時間を早めたら診察件数が減るかもと心配していたけど、その逆。診察件数が増えている。どうやらシェルターの朝食時間と相まってこの現象が起こっているよう。おかげで早く仕事が終わり仕事の後の時間が充実しているように思える(と言っても娘の習い事の送り迎えばかりですが)。早起 [続きを読む]
  • 何が重要で何を信じる?
  • 画像診断の検査結果に出て来る文。Clinical correlation is recommended 検査をする理由 (問診や身体所見で得た情報や鑑別診断)が画像と一致しないと言う事。例えば骨折を疑う症状があるが骨折が写っていなかったと言う事。写っていない、と書いた。画像の角度や技術や患者の協力(暴れてじっとしていなかったとか)の具合で画像の質は落ちる。もちろん画像を読解する力量にも作用される。なので骨折が映らなかっただけかもしれない [続きを読む]