大船渡 折々の記 さん プロフィール

  •  
大船渡 折々の記さん: 大船渡 折々の記
ハンドル名大船渡 折々の記 さん
ブログタイトル大船渡 折々の記
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/m-o3973
サイト紹介文大船渡の風景、釣り、菜園、日々の献立
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/01/05 11:42

大船渡 折々の記 さんのブログ記事

  • 343 花の命は短くて…
  • ブログ前号(4.13)に、「近隣の桜を訪ねて」を投稿したが、1週間後の今日は「花の命は短くて…」編。 早朝の畑に立っていると、いつも眺めている桜木の花びらが微風に流されのを目にし、なんとなく「花の命は短くて、苦しきことのみ…」が口をついだ。林芙美子が好んで色紙に書いたもので、桜の花びらの散るのとは関係ないのだが…。 さて、前号の桜花の一週間後は如何したものかと思い立って、朝食もそこそこに、掲 [続きを読む]
  • 342  近隣の桜を訪ねて
  • 大船渡地方は冬でも晴れの日が多く、東北でも珍しく温暖なところと言われている。市では毎年、ソメイヨシノの標本木をもとに開花宣言をしているが、今年のサクラ開花宣言は3月30日。これは昨年より8日早く、1996年の観測開始以来最も早い開花という。 標本木による開花宣言から約2週間、今日4月14日頃が満開どき。明日は悪天候との予報に押されて、朝食後カメラ、ビデオを携えて、自宅から徒歩10分範囲内のサクラの木々訪問を [続きを読む]
  • 341  一日定時三食の作りおき
  • 田舎住まいの老々世帯。近くに娯楽施設や学びの場所、機会とて少なく、日々の暮らしは菜園づくりや近隣との行き来程度か? 連れ合いは、「たまには外食を…」とのたまうが、最近は車の運転も億劫。 従って生きんがための食事は朝・昼・晩の三食とも真面目に自家食、それも連れ合いの創意次第… 「よそさまでは、どんなものを食しているのやら…」と、鼻歌交じりに炊事場に立つところが頼もしい。       煮物  [続きを読む]
  • 340 春まだ浅き 市日をのぞく
  •  月末の30日、ウオーキングをかねて盛町の市日をのぞく。家から徒歩15分弱、手頃なコース、距離である。 時節柄、海鮮魚介や野菜・花苗が目的だったが、気仙地方の3月はまだ体感的に寒く、出店数が少なく客足もまばら…。       今日は出店数が少ないが、ここは青果を売る賑やかなおじさんの店 自家保存のジャガイモや葉物野菜等。ジャガイモ一山200円、大根太め1本100円也 [続きを読む]
  • 339 春探し!
  • ”岩手の湘南”と言っても所詮は北東北の岩手・三陸沿岸南部の大船渡。異常気象続きの中、急速な桜前線の列島北上を聞きながら、大気の暖かさ、風のそよぎ、空気の匂いにやっとこさ春の訪れを実感する日々の到来。   今日3月30日の大船渡は、終日?。気温3℃~12℃、湿度40~70%、降水量0mm/h。、風速1~6m/s.  陽気に誘われて家回りや山の畑の花々を眺める。   「春の小川」を口ずさみながらシャッ [続きを読む]
  • 338 生草での堆肥づくり (2)
  • 昨晩秋11月25日、ナイロン紐で刈り取った生草を堆肥化すべく、米糠、鶏糞、牛糞を加え、3箇所に設置した堆肥枠に積み重ねて固く踏み込む。雨水を防ぎ保温を確保すべくシートで覆いをし越冬して今日に至る。 (昨年の様子は ブロク 2017.12.4 「315 初冬 生草での堆肥づくり」に掲載)    昨初冬11/25 生草を堆肥枠に詰め込む            昨初冬 11月30日 部分的にカビが発生 [続きを読む]
  • 337 冬越野菜&春耕の季節到来
  • 春、農耕の季節の到来。立春、雨水、啓蟄を経て春分の日を迎える。よそさまの畑に苦土石灰が撒かれ、野良で土を耕す姿を見かけると、「我が家でも…」と心急がされるこの頃。 3月21日 母屋に隣接す畑に降りて巡回?。ここ数日はヒヨドリの大群に襲われ、春採りキャベツや側花蕾採り用のブロッコリー、チンゲン菜は全滅。 母屋に隣接する畑の全景  昨秋、9/25播種の縮みホウレ [続きを読む]
  • 336 おひな様と茶会
  •  地区での本年度最後の「陽だまりサロン」。 連れ合いに「茶会のお菓子代150円だそうだが代わりに参加して…」と、たってのご要望。今日はおひな様を愛でながら抹茶ををいただく茶会と推察し、興味しんしんで勇んで?会場の公民館へ。  参加者は,住民25、6人、社協4人、表千家金教室から4人で総勢30人超の盛況。 会場は折りたたみ式の和障子、緋毛氈の座席、椅子席。 ホール周囲に雛飾りと豪勢な2枚の打ち掛けを配してム [続きを読む]
  • 335 ジジババの ”朝ご飯だよ〜”
  •  献立、炊事は連れ合い、私はもっぱら配膳と食事の後始末。炊事担当は、炊事場に立ちながら、「メインと小皿一つは、今調理しているので、後は配膳さんでどうぞ!」の指示があれば、配膳担当は,作り置きや買い置きのおかずのなかから、仕切り皿の空いた分や小鉢を充足する。三度の食事はこの塩梅で進行するのが我が家の習わし。 田舎のジジババ故、見栄えよりも煮付け、炒め、揚げ、焼きなどが多く、在来古来の和風?献立が主 [続きを読む]
  • 334 古典芸能発表会
  •  過日 気仙の邦楽6団体で構成する「古典芸能の会」の第7回発表会が、盛町カメリヤホールで行われた。当日はこの会を構成する*喜多流大船渡、*気仙吟詠会、*都山流尺八同好会、*端唄・藤季会、*踊り「さんごの会」、*琴城流大正琴サークルの各団体のステージ発表に多くの市民が駆けつけ、惜しみない拍手を送った。(写真と説明は第一部のみ)会場風景 沢山の市民の方々が会場に [続きを読む]
  • 333  二度目の積雪
  • 予報に違わず夜半に雪あり。久しぶりの銀世界である。 今日28日 大船渡の天気は日中は概ね?。気温6℃~-0.7℃。降水確率60~0%(日中は0%)、降水量0、湿度43~90%、風速1~6m/s。     定点観察 二階から南天広場をはさんだ通りを望む  次いで、対面する山容にカメラを向ける。全山雪化粧はこの地では珍しい光景である。  この冬一番の積雪になるのかな?  縁 [続きを読む]
  • 332  歌声の会 例会2-2
  • シニアの同好会なので、寒さ厳しい昨今の例会前後日には、「寒いのでお休みです」 「風邪加減ので…」 「通院日になっているので…」 「車の手配がつかないので欠席します」等など気楽に電話が入ります。本日2月22日は、男性4,女性5計9人の参加。 選曲は、①冬と雪のテーマで(白銀は招くよ・スキー田舎の冬・ペチカ・雪の降る町よ・雪山讃歌) ②トロイカ ③冬景色 ④冬の星座 ⑤星の世界 ⑥灯台守 ⑦村の船頭さん ⑧ [続きを読む]
  • 331 シニア交流会
  •   近年にない寒さの厳しい昨今、家で老々二人縮こまってハナ突き合わせているよりは、仲間の集まりの中で過ごすのも一興と、連れ立って地域のシニア新年交流会に参加。 隣接する猪川・盛両地区のシニア合同の交流会である。参加者120~30人ほどだろうか。お互い知り合いも多く和気藹々で、 「しばらくお会いしなかったけど、元気だった?」等など、久闊を叙する会話が飛び交う会でもあった。 主催者のご挨拶が終われば、あとは [続きを読む]
  • 330 ジジババの田舎レシピ
  •   たまたま二人でスーパーに出かけ、「夕食何にする・・・・」「アラ汁でもたべたいなぁ」など話しながら、ぶらぶらきょろきょろと物色、品定め。切り身でもアラでもよしと言うことで、結局はブリの「あら」。 じじばば二人だけが食するものであり、体裁もカッコウ見栄えもなく、「湯通し」してヌメリや血合を洗い流し、サッと作り上げ夕ご飯の一品の出来上がり。   自家の大根、ぶりの切り身、ショ [続きを読む]
  • 329 初体験のパステルアート
  • 5月から始まった29年度の「元気アップ教室」(年間11 回開催)の今回は10回目の教室(猪川地区)。今日のテーマは「心潤うパステルアート」。講師さんはアート公認インストラクターの小池さん。参加者は関係者も含め25,6人位だろうか。 殆どが初体験のパステルアートで、パステルステックを金網で粉状にし、型紙にそって指で画用紙に濃淡をつけて絵を描きつける手法で作業をすすめる。       初 [続きを読む]
  •  328 寒中の陽気に誘われてのウオーキング
  •  2月1日。2月は「如月」、「衣更着」とも。暦の上ではもうすぐ春なのに、北東北はこれからが積雪、そして寒さ本番の時期を迎える。 月初の大船渡は、気温3.4℃〜-1.5℃、降水確率0の素晴らしい晴天。たまさかの陽気と体の疼きにせかされてウオーキングを試みる。目的地は本の返却をかね市立図書館と決める。 往路は中井大橋-盛町を横断-天神山下の45号線を南下-警察署の横断歩道を右折-リアスホール内市立図書館。復路は赤崎 [続きを読む]
  • 327 一月も月末日を迎える
  • 今日は一月の月末日。大船渡は朝から日差しはあるものの体感的にはかなりの寒さ。天気予報は午前中は?、午後は?。気温は1℃〜-7℃ かろうじて真冬日にならず。湿度50〜80%、降水量0、風速1〜2(m/s).昨夜はうっすらと?雪?あり。 例により、炊事場の連れ合いから、「青物野菜ないかなぁ…」との謎かけあり。雪の畑に飛び出して、ホウレンソウ、縮コマツナ、チンゲンサイなど少々掘り出す。次いで、保存のカボチャ、玉 [続きを読む]
  • 326  雪の日の集団登校
  • 23日の気仙地方は、珍しいほどの大雪、積雪あり。いよいよ冬道の子どもたちの登校、下校の安全に一層の気配りの必要な時期を迎える。子どもたちの登校時間は、丁度通勤車輌のラッシュ時とかち合う時間帯。とりわけ主要地方道綾里ー猪川線と交差する長谷堂線、富岡線の交差点は通過車両が多く要注意地点である。 長谷堂線交差点は、50名・6班編成の小学生の集団登校と自転車や徒歩の中高生の通過点である。 集団登校班の様子を [続きを読む]
  •  325 気仙地方の雪風景
  •  「本家の湘南でさえ雪騒ぎだもの、ましてや東北岩手の湘南の雪は、当たり前だべさ!」 老夫婦の朝の会話である。 発達する低気圧の影響で、23日は太平洋側で大雪のあそれ、路面の凍結などに十分な注意をとの警報に覚悟はしていたものの、気仙地方は22日夜半からの雪。 23日は、早朝から連れ合いの「雪降った!積もった!」の声で、飛び起きる。日ざしあり、極めて温暖。防寒着なしでも雪かきができる朝である。 [続きを読む]
  • 324 今晩の頂きます!
  • 一日3食、365日の食事づくりは大変なことだ。担当の連れ合いに最大の敬意を表す。 炊事場の彼女に、「今晩の献立は?」と尋ねると、「卯の花だ。これで2,3日は大丈夫!」とのこと。卯の花で3日間のおかずの一品は確保とは、ある種の手抜き発想か、それとも合理的な主婦の知恵かな?。    つくり置き用の卯の花 :具は、ニンジン、椎茸、ネギ、さつま揚げ、油揚げ、コンニャクとセ [続きを読む]
  •  323 ご馳走さまで〜す!
  • お隣のEさんからはヤリイカ?後ろのKさんから早採りワカメ、と、それぞれ旬の海産物のおすそ分けがあった。 「貰い物だが、これ食べるが?」との言に、いつものことながら否やのはずもなく喜んでOKサイン。 さて、こんばんはこれでいきますか! 早速連れ合いがウデを振るう。       いかにも大小2杯の不揃いのイカだが、鮮度は抜群。吸盤が吸い付きそう        イカ刺し: 生きが良いのでコリコリ感い [続きを読む]
  • 322 寒中の一日
  • 早朝は底冷えのする寒さ。昨日来の天気予報で今日15日の天気は請け合い。今日の大船渡は 日の出6:50 日の入り16:34。気温5℃〜-5℃。湿度50〜80%。降水確率0(mmh)。風速1~2m/s  日中はおおよそ晴れマーク。予報に誘われて、早朝のウオーキングに出かける。 家から徒歩10分、JR盛駅の陸橋からカメラを向ける。日の出直前の朝焼けの空に、太平洋セメントの煙突から吐き出される煙は真っ直ぐに立ち昇っている。かなりの高さ [続きを読む]
  • 321 我が家の冬野菜
  • 冬型の気圧配置の影響で日本海側、北陸などでの気象不安定とJR信越線列車立ち往生、道路渋滞等などをマスコミ報道で知る。 さて、今日12日の東北・岩手沿岸南部大船渡は積雪皆無、終日日ざしあり、気温3℃〜−4℃(日中は3℃〜−1℃)、降水確率0、湿度56〜68%、風向:北西、風速2〜4m/s。  「えっ、岩手でもこの季節、雪降んないの?」 だってさ。 四国4県の面積に匹敵する広大な岩手では、地域差が大きく、内陸部は [続きを読む]
  • 320 新年も3日目
  •   早い早い、新年も今日は3日目。1日は近年には珍しく終日陽光ありの暖かい一日。近くの長谷寺で、お年始参拝者の接待。2日目は終日風強く寒い一日。県内転勤族の息子一家勤務地に帰る。また老々世帯となり、箱根駅伝、高校サッカー地元遠野高校の試合をTV観戦。 今日は新年も3日目。朝起きると一面うっすらと積雪?。今日の予報は気温3℃ 〜 -2℃。夜半は乾雪、日中?、湿度50〜70%、降水0     朝のうっすら雪も日 [続きを読む]
  • 319 元気UP教室 気功
  • 今年は、大船渡市の地域包括センターで主催する「元気アップ教室」(年11回)に参加。12月は「カラダ目覚める気功」(気功で健康力アップ)が教室のテーマ。 講師の岡沢先生から、「 元気になるためのエネルギーを毎日、コツコツと貯金していくこと。今日、明日、あさってと小さくともいいから継続して続けることが大切」とのお話があり、 ①スワイショウ ②クマ ③トリ ④カメ ⑤青い空と白い雲の瞑想 ⑥ま [続きを読む]