ミサ さん プロフィール

  •  
ミサさん: ミサの亜細亜自遊時間
ハンドル名ミサ さん
ブログタイトルミサの亜細亜自遊時間
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/msksmile26
サイト紹介文夫婦でアジア長期旅行中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供50回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/01/05 16:34

ミサ さんのブログ記事

  • ホテルの建設が遅れています!
  • 現在 私達が暮らしているのは伊良部島の東側にある佐良浜港という港町の集落です。ご近所には漁師さんの家が多くあって、たまに新鮮なお魚を頂いたりするので美味しいお刺身が食べられて有り難い限りです。佐良浜港 船でくつろいでいる漁師さんいざ、出港!私達が働く予定のホテルは伊良部島の西側で、下地島との間の入江に面した所にあり、静かで緑豊かな環境の中でゆっくりできる場所になっています。予定では今年の夏にはオー [続きを読む]
  • 宮古島のビーチ
  • 与那覇前浜ビーチ日本の綺麗なビーチランキングで2位に選ばれた宮古島の与那覇前浜ビーチは透明度が非常に高く、白くて細かい砂浜もすごくきれいで素足で歩くと気持ちいいです。ちなみに1位は波照間島の海だそうです。4月に行われた宮古島トライアスロンはこの前浜ビーチから出発でした。与那覇前浜ビーチを向かいの来間島(くりまじま)から見た景色で、この海の色を「宮古ブルー」と言います。正面の大きな建物は東急ホテルです。 [続きを読む]
  • 宮古島の名物と言えば
  • 宮古島まもる君アガンニャ! (あら、まぁ!)という意味の方言です。宮古島まもる君は(身長180センチ)19人いて島の交差点に立って安全運転を呼びかけています。 中には「え!こんな寂しい場所なのに⁉?」なんて場所にもいたりするんで、夜 走っていてびっくりしたことがありました。伊良部島では2人が働いています。雨の日も激しい日照りの日も、台風の日でも街角に立って交通安全を願って立っているんですね。ただしこのまもる君 [続きを読む]
  • 伊良部島でスローライフ
  • 伊良部島に来て早1ヵ月が経ちました!もう島にもすっかり慣れてきたし、家もいろいろ揃って暮らしやすくなって落ち着きました。今は毎日何をしているかというと、週3~4日はヴィラブリゾートという高級リゾートホテルで研修をさせてもらってます!ベッドメイクの仕方や部屋の掃除、アメニティの揃え方、バスローブや各種タオルのセットの仕方など細かく気遣いされた部屋にただただ驚くばかりです。この写真は『Villabu Resort Hotel [続きを読む]
  • 南の島から情報発信します!
  • さていよいよ日本へ帰って来ました!「綺麗な海100選」の上位に入っている宮古島・伊良部島へやって来ました!4年ぶりの日本がいきなり伊良部島とは! 自分でもびっくりしてます‼?びっくりだけど嬉しい??まだアジアにいるような感覚もあるし…(*^^*)伊良部島の人たちはいい人ばかりで幸せです!ホテルはまだ出来てはいないのですが仕事は管理人をする予定です。現在伊良部島に住んでいまして、?? この絵文字のような ちょっ [続きを読む]
  • 亜細亜自遊時間はこれからも続きます!
  • タイ北部の街チェンマイも日に日に暑くなってきました??いつもブログを見てくださってありがとうございます。2014年3月からアジアの旅を4年間続けて来ましたが、日本に帰ることになりました!旅の途中である方との出会いがあり、そのご縁で伊良部島でホテルの管理人をすることになりました。ホテルはオシャレなコンテナハウスでバーベキューができるキャンプ場のような雰囲気のホテルです。現在建築中でオープンは6月末から7月に [続きを読む]
  • 焼肉が食べ放題!頑張るぞ〜!
  • チェンマイのコスパ最強焼肉屋! 「SUKONTHA BUFFET」タイ式焼肉でムーカタといいます。鍋の真ん中でお肉を焼いて、その回りで鍋物をするというような感じです。ビュッフェなのでもちろん食べ放題、緑の葉もの野菜にエノキやエリンギなどのキノコ類、魚貝類、牛肉や鶏肉、鍋に欠かせない練り物など種類も豊富で迷ってしまいます。ジュースやタイティーなど飲み物も飲み放題! アルコールはたぶん別、飲まないので…^^;イカや貝など [続きを読む]
  • 黄金の三角地帯へ滞在延長の旅
  • タイに来てからそろそろ1ヶ月になるので滞在を延長する必要があり、ビザランの旅に行ってきました。タイは入国すると30日間は無料で滞在出来ます。もっと滞在したい場合は、一旦近隣の国へ行き、出国して帰って来ればまた30日間滞在できるという訳なんです。今回私達はミャンマーへ行くことにしました。タイ最北端の町メーサイまでバスで4時間45分。チェンマイからは乗り換えなしで行けます。VIPバス往復で1人638バーツ(2,300) V [続きを読む]
  • チェンマイのお気に入りホテル
  • タイ北部の街 チェンマイ で滞在生活を送ってます。気温は19度から32度くらいで過ごしやすい気候です。今日本は凍えているようなので申し訳ない思いですm(_ _)mホテルの滞在費は一泊なら390バーツ(1,400円)なんですが、1ヶ月契約すると5,000バーツ(18,000円)になり1日あたり600円という破格のお値段になるんです。超お得で思わず…(笑)ただし水道代と電気代は別料金になり、水道代は1ヶ月200バーツ(720円)電気代は使った分だけな [続きを読む]
  • タイ入国までの長い道のり
  • チェンマイの有名なお寺「ワット・プラシン」前に来た時には無かった黄金の仏塔が輝いていてビックリ!さて今年の旅の始まりです。11月から3ヵ月間旅をしたインドを出発、コルカタ空港からタイ・バンコクまで飛び、そこで国内便に乗り換えてチェンマイへという行程です。飛行機に預けた荷物もそのままチェンマイまで行くという事なので、身軽に小リュックだけで移動することが出来るわけです。それはいいのですが、バンコクのドン [続きを読む]
  • コルカタのお気に入り
  • コルカタで毎朝べていたチキンスープ!インドといえばマサラ味が定番なのに、このスープはチキンの出汁と塩コショウでシンプルな味付けになっていてとても美味しいんです! (他にもスパイスは入ってると思うけど分からない…(笑)チキンのほかにはじゃがいも、にんじん、とうがん、インゲン豆、玉ねぎと、イビツな形をした大豆のボールがプリプリしていい感じで、チキンは肉がホロホロになるほど煮込んであるので味が染みて最高でし [続きを読む]
  • プリーサンタナから今年もよろしく??
  • 2018年 明けましておめでとうございます?? 今年は2年ぶりにプリーサンタナで年越しです。旅仲間も来てくれて6人で積もる話をしながらの年越しでした♪来てみてびっくり!改装中!でも改装中なのは事務所の方だけなので泊まるのは心配なしでした^^;いつものツインルームにチェックインしたら、床がタイル張りになっていて前よりキレイになってました! 嬉しい〜(^^)こう見えて結構広くて使いやすいんです。朝食は焼きたてパンとス [続きを読む]
  • インディアン・コーヒー・ハウス
  • 大都市コルカタに来ました。今回の宿はコルカタ大学のすぐそばにある Maha Bodhi Society (スリランカ寺)という宿に泊まっています。さすがCollege Streetだけあって、周りは本屋さんだらけです。インドの本屋さんは中に入って自分で手に取って見れるわけじゃなくて、見た通り超小さいお店がずらっと並んでいる感じで、言えば出してくれるという形態!その並んだ本屋さんのすき間に小さくレストランやカフェがあり「Indian Coffee [続きを読む]
  • インドでもクリスマス
  • インドは暑いと思うでしょうが、暑くはありません!もちろんもっと南の方へ行けば、冬でもそれなりに暑いです。コルカタは涼しくていい感じの気候で、半袖でいられるけれど、夕方になると上着を一枚着て、寝るときは厚めの毛布をかけて寝て快適という感じです。そんなインドにもクリスマスはあり、街のおもちゃ屋さんやショウウインドウのディスプレイはサンタさんになったりして賑やかな年末風になりますが、ジングルベルの曲は聞 [続きを読む]
  • バラナシの美味しい「MEGU CAFE」
  • インドで日本食といえば、デリーとバラナシが浮かぶのですが、なんとデリーは閉店していました。毎回楽しみにしていたのに残念でした! Naresh!どこに行ったの〜(・_・;こちらはバラナシの「MEGU CAFE」のから揚げ定食です。このお肉の数!大満足の量があり、ほうれん草のごまあえとキムチ、キャベツの千切りもたくさんあって日本食に飢えっぱなしの私には最高にうれしいです!確か前に来た時には、わかめスープが付いてた気がするん [続きを読む]
  • 聖地バラナシのプージャ
  • ヒンドゥー教の聖地 バラナシのガンジス川のメインガートで行われているプージャ(礼拝の儀式)です。毎日夕方6時ごろからお祈りが始まり、外人の観光客やインド人が集まって来ます。それにしてもカメラマンの多いこと!司祭の人たちはまるでショーのように派手な衣装で、音楽に合わせてロウソクを回しながら歌を歌ったり鈴を鳴らしたりとなかなか幻想的でステキです。だいたいイケメンが多いのですが、この日は七三分けしたサラリー [続きを読む]
  • タージ・マハルに会いたくて!
  • やって来ました!もう3回目かな?何回見ても飽きない タージ・マハル です??いつ見ても素晴らしい! 王様がお妃様を思って建てたお墓だなんて!ロマンチックで素敵です!スマホでは見えにくいと思いますが、観光客の列が延々と続いています。そろそろ日が暮れるという時間なのに途絶えることがありません!裏側から見たヤムナー川とタージ・マハルです。今回も外からの眺めを楽しんでます^^;タシデレさんはタージマハルよりアグ [続きを読む]
  • ボパールの悲劇って⁉? 知ってた?
  • インドの中心部あたりにある街ボパールこの街にあったアメリカの化学薬品工場「ユニオン・カーバイド社」は殺虫剤のような劇薬を製造する工場でしたが、ある晩 流出事故が起きたのです。1984年12月2日から3日未明にイソシアン酸メチルという薬品が流出してしまったのです。強い毒性を持つ薬品は、近くの貧民街を直撃し、静かに眠っていた人々は訳も分からないうちに死んでしまったのです。事故直後には3,000人が死亡し、現在までに [続きを読む]
  • ボパール最大のモスク タージ・ウル・マスジット
  • 「タージ・ウル・マスジット」ボパールにたくさんあるモスク(イスラム寺院)の中では最も大きなモスクだということで楽しみに行ってみると、デリーのジャマー・マスジットによく似ていてとても立派なものでした。建設は中断が何度かあって1971年に完成したというからまだまだ歴史は浅いです。ちなみにデリーのジャマー・マスジットは1656年竣工です。モスクの中には日曜日だというのに少年たちが勉強に来ていました。イスラムの休日 [続きを読む]
  • ボパールで久しぶりの太陽と青い空
  • デリーからシャタブディエクスプレスで8時間あまり南へ行った街ボパールへ来てみたら、あ〜青空だ〜!久し振りに綺麗な空を見上げて深呼吸してしまいました(笑) 滞在中のホテル「ADARSH PALACE」です。インドへ来ると10日から2週間でなぜかやって来る体調不良! タシデレさんとシン君のお腹が危なくなっています!ということでボパール1日目は休養日になりました。私はインドへ入った途端になぜか食欲が戻り朝食のプーリーがお [続きを読む]
  • シャタブディ・エクスプレスに乗ってみた
  • デリーからインドの特急列車「シャタブディ エクスプレス」に乗り次の街のボパールに向かいました。車内はガラガラです。インドの列車なのに値段が高くて一人1,700ルピー(3,000)もします。 見た目ボロいんですけど乗り心地は良いし、チケットがない人は絶対に入ってこれないので盗難の心配もないのです。その上乗る時間帯によって朝食、昼食、夕食とおやつなどが出るため快適に旅を楽しめるというわけです。座席はかなりゆったり [続きを読む]
  • パティアラもPM2.5に侵された街
  • アムリトサルから次の街パティアラに来ても同じで太陽は見えません。早朝の街の様子です。この頃には私達は咳をするようになり、外出すると目が痛くなったりしたので、改めてPM2.5の恐ろしさを身近に感じるようになりました。このバスはまだキレイな方で、良く動いてるなぁというほどの錆びたぼろバスが何台も臭い排気ガスを撒き散らしながら走っています。それでも午後になると遠くが霞んでるくらいでかなり良くなりますが、土埃 [続きを読む]
  • アムリトサルの歯科医院
  • タシデレさんの奥歯の詰め物が突然取れてしまいました!右下の奥から2番目の歯に詰めてあった小さい銀歯が取れてしまったため、ネットで歯科医院を検索して行ってみました。ネットの写真で見た時はかなりキレイな歯科医院で診療室も診察台も新しいもののようだったので、これなら大丈夫だろうと思って行きました。ところが地図で見た場所にはそんな歯科医院は見当たらない! 街の人に聞くと「もう一本先の通りにあるよ」というので [続きを読む]
  • アムリトサルはやっぱり真っ白だった
  • シーク教の聖地、アムリトサルのゴールデン テンプルです。やはりアムリトサルは真っ白な景色の中でした。これでは体調が悪くなる人や列車や飛行機などに影響が出ても不思議はありません!沐浴する人とゴールデンテンプルですが、本当はもっときれいな黄金色に輝いているんです。インドの新聞に載っている記事で「街の若い人のうちの二人に一人は息切れしている」‼? 酷い!PM2.5の発生は、車の排気ガス、工場の煙、農地の焼畑な [続きを読む]
  • インドはやっぱり手強いぞ!
  • ミャンマーからクアラルンプール(KL)まで飛んで3泊。その間にKLでしか買えない物を調達しにブキッビンタンのユニクロとダイソーへ行ってきました!滞在したホテルの屋上からKLの素晴らしい夜景が見えました!再びクアラルンプールからインドへ向かうのですが、シンガポールで乗り換えのため一旦空港内で3時間半の時間つぶしです。シンガポールの空港はまるでオアシスのようで、待合のすべてのイスの横で充電ができるようになってい [続きを読む]