ミサ さん プロフィール

  •  
ミサさん: ミサの亜細亜自遊時間
ハンドル名ミサ さん
ブログタイトルミサの亜細亜自遊時間
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/msksmile26
サイト紹介文夫婦でアジア長期旅行中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供57回 / 365日(平均1.1回/週) - 参加 2015/01/05 16:34

ミサ さんのブログ記事

  • 初めての国 ミャンマー
  • 陸路でカンボジアからタイに入り、日本からやって来る旅仲間の伸一郎君とバンコクで合流。4日間のバンコク滞在で、ドルをチャット(ミャンマーのお金)に両替に行ったり、エラワンの神様にお願い事をしに行ったり、懐かしい友人と会ったり、街でしか買えない物を買いに行ったりと忙しいタイ滞在でした。そしてAirAsiaでミャンマー第2の都市マンダレーへと飛びました。ミャンマーのマンダレー国際空港です。別に何も特徴はありません [続きを読む]
  • シェムリアップで美味しいカフェ
  • シェムリアップはもう3回目なのですが来るたびにどんどん観光地化が進んでいるようです。こんな感じのカフェもチラホラ見かけるようになりました。「BROWN COFFEE」のカフェラテ、甘いものが大好きなカンボジアのカフェらしくかなり甘いです(^^;カルボナーラ、これが思った以上に美味しかった!^ ^カリカリベーコンのスープパスタ、これも絶品です。日本人の女性がオーナーの「OHANA」のドライカレー。見た目通りの美味しさでした [続きを読む]
  • コンポントムに新しい世界遺産
  • コンポントムの街から約30キロの森の中に埋もれた100以上も点在する遺跡。2017年7月に世界文化遺産登録されたばかりの サンボー・プレイ・クック とよばれる遺跡群があります。アンコールワットより旧く、聖徳太子の時代と同じ頃からある王都だそうです今も少しずつ修復中で、早稲田大学が発掘の指揮を執っているそうです。まだまだ手付かずの遺跡もたくさんあります。15歳の中学生3人組が、頼みもしないのに勝手に案内しながら説 [続きを読む]
  • カンボジアでオリンピック?
  • どんどん発展して高層ビルが増えているプノンペンの街の中心部に円形のオリンピックスタジアムがあります。カンボジアでオリンピックなんて聞いたこともないけど主にサッカーの試合をするらしいです。もう50年以上前からあったようで、収容人数は5万人。せっかくだから中を見てみようと思って上まで上がってみると、サッカーのゴールがポツンとあり緑の芝とトラックも綺麗でした。あまり使ってなさそうな気がして…もったいないな [続きを読む]
  • プノンペンの名物 スラムアパートが消えた!
  • カンボジアの首都プノンペンの近代化された街の一角にあったスラム住宅60年前ごろに建ったアパートで、いつ崩れてもおかしくないと言われていました。王宮や国立博物館の近くにあって、そこだけ違和感が漂っていました。何年か前から撤去されるとは聞いていましたが、今年、とうとうその時を迎えたようでした。2016年8月のアパート。2度も放火があったらしく、よけいに無残な姿になっても人々は出て行くこともなく住み続けていたん [続きを読む]
  • カンボジアで思いもよらないトラブル
  • 最近、ミスを侵してしまってiPad のデータが全て消えてしまったのです。初期化です(ー ー;)ただ、Cloudにせっせと保存していた写真や本は大丈夫だろうと安心していましたが、写真アプリで作っていたアルバム、メモ、連絡先、ゲームもアイテムが貯まっていたのにパアです。忘れないようにメモしておいたIDやパスワードも…消えました。LINEを戻すのも大変でした。WiFiが弱くて途切れたり、ダウンロード中に突然の停電があったりと、な [続きを読む]
  • ベトナム最南端の国境の街 Ha Tien
  • カンボジアへ行くためにベトナム最南端の国境の街 ハーティエンへ来ました。ハーティエンの街からもフーコック島行きのフェリーが出ています。向かいがフェリー乗り場で、たった今出航したところです。ホテルのバルコニーからよく見えます。夜市・・夕方から準備が始まって深夜までやっている屋台がいっぱい。何を売っているのか、どんな物が食べられるのかと楽しみにして行ってみれば、ほぼ海鮮や貝類ばかりが並んでいて、その間 [続きを読む]
  • フーコック島行きの港がある Rach Gia は外人価格?
  • ベトナム最大のリゾート島 フーコック島行きのフェリーがある街 ラックザー フェリー乗り場には外人の家族連れもちらほら見かけました。フーコック島までは2時間45分、乗船料は一人280,000ドン(1,400)私たちは行きませんけどね(笑)ベトナムの朝はバゲットの中に肉や野菜をはさんだバインミーをよく食べていたので、いつも通りバインミーを注文して待っていると、アレッ⁉? なんか違う!パンとミートボールが3個入ったスープが [続きを読む]
  • ベトナム最南端 Ca Mau でなめんなよ!
  • 2016年8月にもベトナムのメコンデルタに来て以来、1年ぶりの南ベトナム巡りの旅もそろそろ終盤を迎えます。ホーチミンから始まって南へ向かってヴィンロン、カントー、ソクチャン、バクリュウなどを周り、そしていよいよ最南端の街 カマウ です。初めは行く気はなかったのですが、せっかくここまで来たんだからもっと先まで行ってみようということになりました。ベトナムの田舎はどの街も同じようにバスステーションはかなり街外れ [続きを読む]
  • 8月の南ベトナム
  • 南ベトナムの雨季は5月から10月、どんなに晴れていても突然のスコールにみまわれることがしばしばあります。8月のソクチャンの街でも例外なく雨に??降られ動けなくなりました。いきなりものすごい勢いで降ってきて、カサをさしても濡れないのは頭だけってことになるので、雨宿りのためにどこにでも飛び込みますが、たまたまカフェだとホッとします(^^; カフェはどこにでもあり、降り続く雨を眺めながらコーヒーを飲んで止むのを [続きを読む]
  • 7月の南ベトナム
  • 7月半ばにベトナムのホーチミンに入り、ゆっくりとベトナム南部を移動中です。2番目の街ヴィンロンの食堂です。ベトナムの食堂は料理の種類が少ない店が多くて、ほとんど肉??と魚??ばかりで、野菜は付け合わせ程度のものしかありません。たとえばキュウリと香草だけというように。まぁ、肉好きなんですけど、あー野菜が食べたい〜!と切に願っているのです。そんな時にベトナム人でいっぱいのご飯屋さんを偶然見つけて、やった [続きを読む]
  • ベトナムの甘味処
  • ベトナムは屋台天国、ヴィンロンにもいろいろあって見てるだけでも楽しい♪その中の屋台でびっくりするのがこれ!カラフルなスイーツ、というよりもち米の軽食です。しかしカラフルにも程がある!これ食欲をそそる色じゃないよね(笑)前の人が買うのを見ていると、トッピングに何やら白い顆粒を大さじに大盛りいっぱいに振りかけているんです。それは何?と聞くと砂糖だと言われ、えーっ!それはちょっと多過ぎじゃない⁉?とはい [続きを読む]
  • ベトナムの定番メニューで毎日元気!
  • ベトナムの朝はこのバインミーが定番。焼きたてのバゲットの中に肉、ソーセージ、卵、野菜、香草などが入って8,000ドン(40)から1万ドンくらい、朝はこれ1個でお腹いっぱい!ベトナムコーヒーは、氷をしっかり溶かしてからゆっくり飲みます!毎日お昼に通っているCOM(ご飯)屋さんニラスープ、エビ、ゴーヤ炒め、焼きナス、茹で豚など。全部で70,000ドン(350)2人分ですよ!しかもご飯は食べ放題なのでタシデレさん大喜び(笑)焼 [続きを読む]
  • 陶器の焼き物工場見学
  • ヴィンロンの宿から約一時間ほど東に向かって歩いた辺りに、レンガ工場があるらしいというので行ってみました。途中道路工事で道が遮断されていたために、すぐ側のぬかるみを歩かされたり、尖った切り石の上を歩いたりと散々な目に遭いましたがめげる事なく何とかきりぬけて行きました。そして素焼のフラワーポット(植木鉢)の手作りの工場を見学させていただきました。ベトナムは盆栽が盛んな国なので植木はよく見かけますし、輸出 [続きを読む]
  • 果樹園へお散歩
  • ヴィンロンの町からフェリーで対岸のアンビン島へ探索に出かけました。久しぶりの快晴で気持ちの良い日になりました♪ といっても日差しは強くてジリジリといい感じに焼いてくれます(笑)サングラスと日傘は必須です(>人<;)果樹園があるらしいので行ってみようという事で、フェリーを下りて島を歩き始めるとバイタクのお兄さん(おっさん)から乗って行かないかと声がかかりますが、私達はあくまでお散歩なので歩きます…暑いけど [続きを読む]
  • ベトナムのスーパーはお得!
  • ベトナム南部の町のヴィンロンに来ています。雨季のために空はだいたいこんな感じで、午後は雨が降ることが多いです。歩いて3分の所にあるCoop Martは飲み物や日用品を買うのに便利なのでたまに行きます。Coopはこんな田舎でも品揃えは豊富なのでありがたい限りです。それに景品付きの商品が多いんです。これは缶入りの子供用の飲み物ですが、景品がドライヤーって⁈3缶買うとドライヤーがもらえて、1缶ならおもちゃのトラックでし [続きを読む]
  • ベトナムは美味しいぞ!
  • クアラルンプールからベトナムのホーチミンへ向かう空で、ベトナム南部のメコンデルタ地帯が見えました。遠くチベット高原から4000キロも続くメコン川が南シナ海に流れ出る場所に広大なデルタ地帯が広がっていて素晴らしく壮大な景色に圧倒されました。まるで動脈、静脈と毛細血管まであるようで地球が生きてるって感じです。ホーチミンの空港からバスで市内へ向かいます。1人20,000ドン(100)ホーチミンの主要観光エリアより西に [続きを読む]
  • バリ楽しんでます??
  • やっと山間部から海まで下りて来た!ビーチに座っていたらマッサージとかタトゥーとか物売りのおばちゃんたちがわらわらと寄って来る「何にも買わないよ〜」って言ってるのに離れなくて…(^^;とうとう買っちゃいました(笑)海からはちょっと離れているけど味のあるいい宿に泊まったのでご紹介します。Canggu(チャングゥ)にある「D'Tegale Homestay」なかなかワイルドなシャワー・トイレ・洗面室?室ではなくてアウトサイドですね^ [続きを読む]
  • ウブドのリゾートホテル『AYU DUWUR BEJI』
  • バリ島の観光地ウブドにバリ人の友人ワヤンさんが経営するリゾートホテルがあり、とってもいいところなのでぜひチェックしてほしいと思います。Ayu Duwur Beji「アユ・ドゥール・ベジ」2年前に訪れた時はまだホテルを始めたばかりでまだプールもなかったし、客室も2部屋だけでした。今回行ってみると当時庭だったところにプールと豪華な客室が3部屋も出来ていました。まさしく高原のリゾートという感じです。静かなところでゆっく [続きを読む]
  • バリのイメージ
  • バリといえばビーチの高級リゾートのイメージがありますよね、でも私達はバックパッカーなのでそんなところにはまったく縁がありません。バリにもコスパのいい宿はたくさんあるんですよ^^私達がいるウブドは標高900m、平均気温28°と比較的過ごしやすい山間部の町ですが、昔に比べるとバイクと車が増えて歩きにくくなってしまいました。12年前に泊まった宿へ行ってみたところ、当時10万ルピア(千円以下)だった部屋が25万ルピア(2千 [続きを読む]
  • またまたバックパッカー!
  • 先日帰国して来まして、いろいろ用事を済ませたり、会いたかった人達に会いに行ったりしているうちに、楽しかった1ヶ月はあっという間に過ぎてしまいました。再び最初の目的地はバリ島。昼頃に関空を出発してクアラルンプールまで行き、乗り換えてバリには深夜に到着、バリの空港で夜明かしするつもりでした。なんという強硬なスケジュールという感じです(笑)当初の予定では待ち時間は5時間だったのですが、何があったのか12時間近 [続きを読む]
  • ネパールの道路事情は酷い!
  • ポカラからカトマンズへ戻って来て、はや3週間が過ぎてしまいました。ブログを書くこともせず、怠けてばかりの毎日です(^^;ネパールは鉄道が無いため、物流はすべてトラックなので必然的に混みます。基本東西の主要道路は一本しか無い上ほぼ山道で、交通事故や崖崩れや道路工事があったらそれまでで、迂回路はほとんどありません。山道を行くノロノロ運転のトラックの列。この先の山の上まで車列が見えるのでゲンナリ(汗)ちょっ [続きを読む]
  • ポカラは今日も晴れのち雨
  • ポカラは最近ほぼ毎日のように雨が降っていて、ちょっと憂鬱な気分!と言っても、一日中降ることはなくて、夕方の1時間とか、朝起きたら道路が濡れていたとか、その程度なので困りはしないのですが、遠出をしている時に降られたら…と思うのが嫌で、なんとなく毎日ダラダラしてます^^;一週間前の夕方 嵐があり、強風・大雨・雷と三拍子そろった日がありました。ホテルの中廊下にある部屋のドアのすき間にも風が吹いて、ヒューヒュ [続きを読む]
  • 自慢の家計簿と日記とblog
  • 毎日、朝昼夕と好きなものを食べに行き、散歩して、Kindleで本を読み、YouTubeを観て、日本のニュースを読み、たまにブログを書くという生活。2014年3月から始めたこの旅で、家計簿と日記は欠かしたことがないのが自慢!それも無印のB5のノートで現在6冊目!そろそろ重いし邪魔になってきたかな⁉?と考えてる今日この頃です。iPadに入力してもいいのだけど、やっぱりアナログは心配がないのです^^;ポカラのホテル街から見た左の [続きを読む]
  • 写真家の三井昌志さんと過ごした数日間
  • 写真家の三井昌志さんとは、3年前の「カメラ、パソコンの盗難事件」で落ち込んでいた時に、助けていただいた事がご縁でお話をするようになりました。私達にとっては大恩人というわけです。三井さんは毎年バイクでインド・アジアを廻って写真を撮られているのですが、インドは今年で5周目だそうです!バイクでインド5周って…すごいですねェ!その写真は「アジアの瞳」「美少女の輝き」「子供達の笑顔」など8冊の写真集になって [続きを読む]