パーソナルトレーナー佐藤公治 さん プロフィール

  •  
パーソナルトレーナー佐藤公治さん: 世田谷区明大前パーソナルトレーニング
ハンドル名パーソナルトレーナー佐藤公治 さん
ブログタイトル世田谷区明大前パーソナルトレーニング
ブログURLhttps://ameblo.jp/ptrainer-k/
サイト紹介文ボディメイク・ダイエット・腰痛肩こり予防など。世田谷区明大前パーソナルトレーナー佐藤公治のブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供351回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2015/01/05 22:25

パーソナルトレーナー佐藤公治 さんのブログ記事

  • 全身をバランス良く鍛える3つの利点
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 これからトレーニングを始める方に、 「まず体の大きな筋肉(脚、胸、背中)から鍛えて、それから肩、ヒップ、腕、カーフ(ふくらはぎ)と、細かく分けて…」 と説明すると、 「ほとんど、全身じゃないですか!?」 と、聞かれます。 そうです!体づくりのトレーニングでは、全身を各部位に分けてバランス良く鍛えるようにします。 全身の筋肉をまんべんなく鍛える利点は、 ・ [続きを読む]
  • 筋トレで認知機能は高まる?
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 中程度のウェイトで短い休息をはさむ方法の筋トレで、脳細胞の生成や修復に関わるたんぱく質を増加が認められたことが、専門誌の調べで報告されました。 (ただし、最大重量を扱う筋トレでは、この効果は認められなかったそうです) 中間回数で行う筋トレは、各部位の筋肉量を増やすほか、関節に負担がかかりづらいなどの利点があります。 ここまで読んでくださって、本当にあ [続きを読む]
  • 大胸筋内側の鍛え方
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 大胸筋(胸の筋肉)を鍛える、基本エクササイズはベンチプレスなどのプレス系の種目。 ヒジの曲げ伸ばしが加わり、胸筋以外にも三角筋(肩)や上腕三頭筋(二の腕)が働き、そのぶん重いウェイトが扱えるので、筋力・筋肉量アップに効果的です。 一方、ダンベルフライやケーブルクロスオーバー(写真)は胸筋の補助種目で、とくに内側を鍛えるのに効果があります。 犯しやす [続きを読む]
  • ロッキー&クリード、再び
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 2015年に公開された「ロッキー」シリーズの新章、「クリード チャンプを継ぐ男」。 今度はスタローンの監督・脚本で、続編が製作されるそうです。 (アポロを倒した、ドラゴの息子も出てくる?) ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。●当ブログの読者登録は>>こちら●40〜80代の方も筋力がアップ、腰・肩・ヒザが楽に!パーソナルトレーニン [続きを読む]
  • シュワルツェネッガーに挑む9歳の少年
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 シュワルツェネッガーに腕相撲を挑む、9歳の少年。 その結末は… ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。●当ブログの読者登録は>>こちら●40〜80代の方も筋力がアップ、腰・肩・ヒザが楽に!パーソナルトレーニングのお問い合わせは 「ティップネス明大前」?03−5355−3671(ティップネス会員の方は、iTIPNESSからもご予約いただけま [続きを読む]
  • ふくらはぎの筋肉を鍛える効果
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 ふくらはぎの筋肉は、下半身に集まった血液を重力に逆らって、心臓に戻すのを助ける働きがあります。 そのため「第二の心臓」とも、呼ばれています。 ふくらはぎの筋肉が弱くなると、血液が下半身にたまりやすくなり、むくみや冷えの原因にもなります。 ふくらはぎの筋肉は、女性に人気のない部位(?)ですが、発達しづらい筋肉なので、鍛えることで“太くなりすぎる”という心 [続きを読む]
  • 厚みのある筋肉をつけるには
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 「200ポンド(約90キロ)以下のウェイトでトレーニングしているのを、写真に撮られたくなかった」 ━フランコ・コロンブ(76、81年ミスターオリンピア=ボディビルチャンピオン、シュワルツェネッガーのトレーニングパートナー)の言葉 ですが、すべての種目でこれだけのウェイトを扱うのは不可能です。 「(一つの部位につき)1種目だけヘビーに、あとは軽く流すよ [続きを読む]
  • 筋トレの動作はゆっくり?速く?
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 筋トレの動作はゆっくりと速く、どちらがいいのかというのはよく聞かれる質問です。 (少し前はスロートレーニングが流行りましたし、最近ではクロスフィットのように一定時間に何回、行えるかという競技も出てきました) 筋肉をつける筋トレでは下ろす際はゆっくり、上げる際はやや早くが基本です。 (動作中、対象の筋肉の緊張が抜けないようにします) そうして基礎となる筋力 [続きを読む]
  • ストレッチで血管も柔軟に
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 パートナーストレッチを受けていただいている方から、よく「硬くなっているところが、柔らかくなる」というご感想をいただきます。 ストレッチは、体の軟部組織(骨以外の組織)を伸ばしますが、近年の研究では血管の若返りにも効果があることがわかってきました。 (血管が硬くなると、弾力を失って血液の流れが悪くなり、詰まりやすくなります。これを予防する効果が期待でき [続きを読む]
  • 脂質の少ない肉の部位は
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 肉類は、筋肉をつくるタンパク質の大切な栄養源。 ただ、飽和脂肪酸(常温で固まる脂肪)も多く含まれるので、摂り過ぎはコレステロールや中性脂肪の値を上げる心配もあります。 肉類でコレステロール値にほとんど影響を与えないのが鶏肉です。 (ただし、皮には脂質が多く含まれているので注意が必要) 牛肉はモモ肉、豚肉はヒレ肉がお勧め。 (レバーやバラ肉はコレステロールが [続きを読む]
  • 高齢者の筋トレの注意点
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 加齢や運動不足により筋肉量は徐々に減少していきますが、筋肉量を維持する運動は、これを抑える有効な手段となります。 中高年から筋トレを始める場合、とくにエクササイズの選択が重要になります。 動作中、転倒したりするのを防ぐため、安定した姿勢で行える種目を選ぶこと。 関節などに不安がある場合、痛みを引き起こす動作は避けること。 当初は、座って行えるマシンなど [続きを読む]
  • トレーニングを再開するときは
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 都合でトレーニングの期間が空いてしまった場合は、少しウェイトを下げたところから再開します。 まず、ごく軽めのウェイトからウォーミングアップを行い、調子を見てセットごとに、徐々にウェイトを上げるようにしていきます。 経験があると、動作そのものは忘れていない場合が多いので、何度かトレーニングを行えば筋力も比較的早いペースで戻ってきます。 そうして、トレー [続きを読む]
  • 女子選手の筋肉にビックリ!
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 先週、日本女子オープンゴルフ選手権を観戦したお客様から、「生で観て、選手の体のすごさにビックリした」と、ご報告をいただきました。 (あとでSNSをチェックして、女子選手もスクワットで100kg挙げているのに、また驚いたそう) お客様ご自身も、パーソナルでウエイトトレーニング(筋トレ)をされて飛距離が伸び、長いラウンドも疲れなくなったと、おっしゃいます。 筋 [続きを読む]
  • 高齢者の方のストレッチ効果
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 先日、ジムが久し振りという年配の方に、パートナーストレッチを行う機会がありました。 (背中や肩が凝っていたそうで、「筋肉が伸びて、すごくスッキリした」と、ご感想をいただきました) 静的なストレッチは、最初に硬くなっていた筋肉がほぐれ、継続すると柔軟性が向上していきます。 そのほか、とくに高齢者の方の場合、筋委縮(筋肉が縮んで小さくなること)を抑える効果 [続きを読む]
  • 筋トレとインナーマッスルの違いは?
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 インナーマッスルの運動で挫折(?)したお客様も、「筋トレをするようになって理想に近づくことができた」という、ご感想をいただきました。 筋トレは、筋肉を鍛えることによって体のラインをつくり、安静時代謝率(運動時以外のエネルギーを消費する割合)を増やします。 これは他の運動にない、筋トレ独特の効果です。 インナーマッスルは体の奥にある小さな筋肉になるので [続きを読む]
  • 筋肉がつきやすい年齢はある?
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 驚異の新人に、シュワルツェネッガーもビックリ・・・? (本当は、20歳ごろの自分のパネル) 筋肉の成長するペースが最も早いのは、10代の男子です。 そうして成長期以降は、徐々に筋肉量は減少していきます。 (そのため、30〜50代くらいになると太りやすく、疲れやすくなります) 成長期ほど急速ではないにしても、筋肉は正しく鍛えていけばいくつからスタートして [続きを読む]
  • 女性のヒップアップにも効く筋トレ
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 パーソナルトレーニングのお客様から、「明らかに筋肉がついて、ヒップアップしてきたのがわかる」という、ご感想をいただきました。 ヒップアップには、脚の筋トレと合わせて3〜4方向から殿筋(ヒップの筋肉)を鍛えると効果的。 ただ、上級者でないと一度にこれだけの量を行うのは多いので、トレーニングごとに色々なバリエーションを加えるのが有効です。 ヒップには様々 [続きを読む]
  • 40代からの食事メニュー
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 40代、50代になってくると、筋肉をつくるホルモンのレベルが低下してくるといわれています。 対処する方法として、筋肉量を維持するトレーニングとともに、食事の内容を見直すことも役立ちます。 筋肉をつくるホルモンを増やすのは、鮭やマグロ(ツナ)の脂質の多い魚。 また玉ねぎやニンニク、卵、そのほか牛肉や鶏肉、ナッツ類なども成長ホルモンの生成や分泌を引き出す [続きを読む]
  • 筋肉を伸ばすのも、より安全・効果的に
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 パートナーストレッチを受けていただいたお客様から、「いつも以上に伸びた感じがする」というご感想を、複数いただきました。 じつはストレッチングインストラクターの資格の更新のため、改めていくつかの講習を受けてきました。 元々、プログラムのガイドラインはあるのですが、より効率よく伸ばせるよう押さえる箇所を変化させたり、応用のやり方なども研究されていました [続きを読む]
  • スポーツの補助のためのトレーニング
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 先日、パーソナルトレーニングのお客様から、「ゴルフの飛距離も伸びて、プロにも褒められた」と、お喜びの声をいただきました。 上半身の筋力をつけることで、ゴルフのスイングのスピードも上がることが示されています。 また競技スポーツでは、負荷は軽くてもスピード(パワー)を必要とする場面が多々あります。 その分、体にかかってくる負担も大きくなってきますが、筋力 [続きを読む]
  • トレーニングで日常も快適に
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 最近では若い方も、職場のデスクワークや立ち仕事で、肩こりやぎっくり腰などが多くなっているそうです。 そんな中、年上でも普段からトレーニングをされている方は、とくにそういった問題に悩まされることもなく、快調だそう。 出だしはほんの少し、ストレッチや筋トレを行うだけでも、だいぶ違ってきます。 そうして慣れるにしたがってエクササイズを増やしていけば、効率よ [続きを読む]
  • 80年代のスターたちは今
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 シルベスター・スタローンと、アーノルド・シュワルツェネッガー。 80年代、肉体派アクションスターの先駆けだった2人の、およそ30年後の現在は あんまり、変わっていなかった!? 最初の「ロッキー」からじつに41年、70代でこんなに太い腕と分厚い胸を維持しているのだから、恐れ入ります。 ここまで読んでくださって、本当にありがとうございました。●当ブログ [続きを読む]
  • 腹斜筋(わき腹)の筋トレメニュー
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 サイドベント(腹斜筋=わき腹のエクササイズ)を行う、スタン・マックウェイ(ボディビルダー、モデル)。 腹斜筋は、体幹(脊柱)を回旋する(ひねる)、または側屈する(横に倒す)のに働く筋肉になります。 ここを鍛えておくと、ゴルフや野球のスイングする動作にも効果的。 ダンベル、またはケーブル(ロープ状のマシン)を使ったサイドベントは、肋骨周辺のカットをつけ [続きを読む]
  • テリー・クルーズ、肉体の秘密
  • こんばんは。パーソナルトレーナーの佐藤公治です。 映画「エクスペンダブルズ」シリーズの、テリー・クルーズ。 40代後半になっても見事な筋肉を誇るクルーズですが、世間からは「お金持ちだから、専属のシェフがいるのだろう」と言われるそう。 この噂に“苦労人”クルーズは、「シェフがいたことなんか、1回もないよ!」と、悲鳴をあげているとか。 (クルーズの過去記事 >>「栄光の陰にあったもの」 ) 実際は、早朝のジ [続きを読む]