真壁ハナ さん プロフィール

  •  
真壁ハナさん: ごぶさたさんは考える
ハンドル名真壁ハナ さん
ブログタイトルごぶさたさんは考える
ブログURLhttp://rikonsonogo.seesaa.net/
サイト紹介文離婚という大きな失恋をこじらせた残念なオバサンの日記。
自由文ちょっとずつ軌道修正していけたらいいね!
ゴールは今ここにある幸せをしっかり楽しめるようになること。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供45回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/01/05 22:32

真壁ハナ さんのブログ記事

  • ケンカも出来ないような曖昧な関係
  • ネットで検索しても「友達以上恋人未満」ってワードは山ほど出てくるけど「セフレ以上恋人未満」ってワードは無いわけね。ってことは、私らのこの関係って何だかんだいってそういう事なんだろうな。ははは。いや、ちゃんとした付き合いだとは思ってないよ。初めから。かと言って割り切った関係って感じでもなく、曖昧な関係ってやつだな。前回、曖昧な関係ながらもなんとなく結びつきを感じ、その上あまり間を置かずに次のデートの [続きを読む]
  • 一対一は約束できない
  • 彼に一対一の付き合いを誓わせたいわけじゃない。彼には彼の心の傷や事情があって、一対一の関係に縛られるのはナンセンスという結論に至っているのだから。それが嫌なら私が他に相手を探すしかない。だけど私の中にもブロックがあって、こんなに満たしてくれる男性はそう簡単に見つかるだろうかとも思ってしまう。ただ、体だけの関係のつもりだと思っているのなら、あれこれ気を持たすことは言わずにハッキリしてくれれば、今後は [続きを読む]
  • 白旗を上げる
  • 彼とは普通のお付き合いはできない。分かっていたこと。それを承知での今の関係だ。だけどモヤモヤする。最近のきっかけは、最後に会った時の次の約束の決め方。いつものように候補日を挙げて「今すぐに難しかったら返事は後でで良いよ。でも今はどっちも空いているけど、俺も他の予定をどんどん入れちゃうからね」って言われたこと。グルグル考えるより、いい気分を意識的に感じなければいけないのに。彼と会った楽しさより、私っ [続きを読む]
  • アンダーグラウンド
  • 冷たい雨の日は、優しく抱かれたくなる。これってなんでこんな風に思うのかな。ひと肌寂しくなっちゃう。でも、ナンパとかしてまで相手を調達することはとてもできない。若くも無いしね。表向きは、いつもニコニコ頑張って働き、子供達を懸命に育てるシングルマザー。まるで再婚なんて全く考えていません的な、色気を封じてる感じ。だけど、同僚にも家族にも言えない秘密がある。一つは、今繋がってしまってる彼のこと。もう一つは [続きを読む]
  • リハビリ男
  • 偶然見つけたこのブログの記事。まさに今繋がってる彼の事だと思った。あー、私って結構ハードなリハビリしているんだわって再認識。リハビリ頑張ろって思った。先日のチャネリングセッションで「愛されたい」ってことについて聞いてみた。貴方が愛そのものだと言われたけど、まだ腑に落とせない。腑に落ちた時が、卒業ポイントなのかも。彼と会った時、寝たふりをしてみた。ホントにちょっと眠かったからうとうとしてた。でも、そ [続きを読む]
  • またまたディープなところに
  • 罪悪感と執着と折り合えずに疲れてしまった私は、なんとスピリチュアルに救いを求める事に。飛び込んだところが結構レアなものらしく、詳しくは伏せとく。結果としてとにかく超インパクトはあった。チャネリングは始めてだったからすっごくドキドキした。私の人生はすでに変わり始めているらしい。もう問題に触れ続ける必要はない、そうだ。問題として考えるとそれはずっと留まり続ける、と解釈した。それより、自分自身の幸福感、 [続きを読む]
  • 迷走の果てに
  • とても大きなことを忘れてた。彼は他にも私みたいな相手が恐らくいるだろうって事を。彼は確かに独身だ。でも今も共同経営者の元彼女さんとルームシェアしてる。元彼女さんと男女の関係を解消したとのいうのも疑い出したらきりがない。私はもしかして、とてもひどいことをやらかしているのではないか。早くここを卒業しないと、もしかしたら彼に関わる人たちを傷つける事になったら嫌だとも思った。ま、他の女性の影を見る私もモヤ [続きを読む]
  • 期待すらできない日々の中で
  • カウンセラーや引き寄せ成功者が出す本を片っ端から買ってむさぼり読むワタシ。中にはベストパートナーを引き寄せるぜ的なものまで。いい年こいたオバチャンがこれらの本を持っていく。装丁がキラキラ女子っぽいものもあって、正直恥ずかしい。そういう時に限って、レジには長身イケメンのお兄ちゃんしかいなかったりする。この間も向井理似のイケメン、イケボ兄ちゃんにカバーかけてもらったよ。行き遅れて戦ってるアラフォー女っ [続きを読む]
  • 仲睦ましいのは幻想なのか
  • 彼は、共同経営者の元彼女さんと仲が悪くなって別れたわけじゃないという。男女の関係を解消しただけらしい。彼らが経営している職場は好立地で、セキュリティーもちゃんとある物件で家賃もかなり高いらしい。そして自宅も兼ねている。つまり彼女は彼と住まいをシェアしている。これやっぱりまずくね?数年前から家事も自分の分だけそれぞれやるようになって、洗濯も別々、食事も普段はそれぞれ外で別々に済ますんだとか。休日もそ [続きを読む]
  • ひとりぼっち
  • 後輩のアキバ系男子に続き、同じく同僚の飲み友達の40代イケメン男性も彼女が出来た。彼は昨年入社したばかりで、最近飲み友達になった。背は低いが、40代とは思えない程若々しくオシャレ。そしてかなりのイケメン。独身と聞いて驚いたくらい。よくよく話を聞くと、以前に結婚を意識して長らく付き合っていた彼女がいたが、破局してしまったとのこと。適齢期にチャンスがぽしゃっちゃったパターンね。飲み歩くのが好きで社交的だか [続きを読む]
  • ダメな自分を受け入れろ
  • 何もないより、食事とセックスがメインのデートができる相手がいるだけましって思っちゃう。モテなくて、経験が少ないため、体の相性といったものがよくわからなかった。今でもわからないけどさ。元ダンナとも今考えると相性はまあイマイチであった。それは根本的な問題というよりは、歩み寄りで埋められたところもあったのかも。付き合っている時から、なんとなく消化不良感は残ってた。それはイクということができなかったからな [続きを読む]
  • 私って単純
  • 彼からデートの催促があって、中途半端な気持ちのまま結局会うことにした。我ながらダメなヤツ。でも今はしょうがないとも感じる。そして、リスケのことは許すのは今回だけだときっぱり言いたかったし。怒りが収まらないからね。怒りを表明したら、彼はなぜ?という顔をした。リスケの理由は女性じゃないと仕事がらみだと。「俺は基本的にリスケはしないようにしているよ。でも今回は仕方なかったんだ」と。そりゃあこれは嘘かもし [続きを読む]
  • 魔法使いからの脱却
  • 以前少しここでも触れた会社の後輩のアキバ系男子。彼は彼女いない歴=年齢のまま、30歳を過ぎてしまい、ここ最近はやさぐれていた。それでもゆるく街コン等の婚活はしていたようで。この夏、めでたく彼女が出来、魔法使いから卒業したとの事。彼の恋愛相談には度々乗っていて、縁結びのお守りとかもあげたりとかもしていた。背中を押してくれた私のおかげだって喜んでいた。私はあきらめるなって言い続けただけなんだけどね。なん [続きを読む]
  • 愚かだと自分でも思ってる
  • 体はスッキリしたが、心はスッキリせず。自分がおばさんになったなーって改めて感じる今日この頃。私は「もういいかな」って半分思ってる。別の女性との予定を優先したんだろうなって思ってるから。こっちは仕事や家庭の予定を調整して時間作ってるのに。そんな失礼なことをする人なんだーって。そして私はその程度の女なんだなって。まー当たり前なのかも。元彼女さんとも完全に切るつもりもなさそうどころか、彼女が一番なんだろ [続きを読む]
  • 目標ありきで進む。
  • うーん。彼と会ってからも頭痛が治らない。私は彼に感謝はしている。だから毎回欠かさず、会った後はお礼のLINEをしていた。でも、今回はしなかった。なんだか怒りのモヤモヤが残っていて、億劫に感じてしまった。明日でもいいかなって。でも翌日も送る気になれずにそのまま。彼はなるべく都合付けるよと、次の約束の候補日を教えてくれたけど、私は都合が確定していないと返事を濁した。でもきっと、彼はネガティブな気持ちにはな [続きを読む]
  • ちょっと考えようか
  • いや、本当はキッパリ決断するべきなんだろう。散々眠れない夜を過ごすことになった。もはや見捨てられ不安なのか欲求不満で身悶えているのかわからない状態。…たぶん欲求不満の方だな。エグいなー。彼はやっと連絡をしてきて、朝から会う事にした。軽くお茶してランチして。彼に会った時に湧き上がる感情で、自分が思った以上に怒っていて、拗ねていたってことが分かった。でも、それをきちんとハッキリ示せなかったかもしれない [続きを読む]
  • 苦しい。
  • リスケの後の連絡が予定が具体化しないままお盆に突入。春の見捨てられ不安の時と同じような心身の不調。彼のちょっとした反応でネガティブな気持ちになる度にこんな体調不良を繰り返してしまうのだろうか。本当に嫌だ、こんな気持ち。だけど、多分よっぽど気の利くマメで愛の深い男性でない限り、相手がだれであろうと、真面目な付き合いかそうでないか関係なくこの気持ちを味わう事になるんだろうな。彼と繋がっていてもいなくて [続きを読む]
  • 彼氏は仮氏
  • 案の定、体調が悪くなったからリスケになって正解だったんだけど、モヤモヤ、イライラしてる。欲求不満?あーあ、もうどうしてくれるのよ。セクシャリティの癒しなんて着手して、本当に良かったんだろうか。引くも辛く進むも辛いってやつかな。この先、明るい未来が待ってるかもわからないのに。まだ心の隅っこで何故リスケになったのかもモヤモヤするし。静かに過ごしたいのに、仕事以外でもくそ忙しいし子供は騒がしいし。ただ仕 [続きを読む]
  • リスケ
  • 次のデートの約束をリスケされた。外せない用事ができたそうだ。その後は仕事が立て込んでいるからお盆過ぎに会えないかと。実は、これは私にも都合がいいことだった。予定の日は、生理になりそうだったから。けれども、怒りの気持ちをぶつけてやりたい気分になりなんだかすごく落ち込んでもいる自分がいる。外せない用事って、仕事じゃないってことだよね。友達と飲み会にでも誘われたか、他の女性との予定を入れたかだと思う。私 [続きを読む]
  • 女性性が開いたら
  • ご無沙汰を卒業して、セクシャリティを封印していた蓋がパカッて開いたら。なんともどエロな私が出てきてしまった。おばさんのエロ話ほどみっともないものはないから、なるべくぼかしておく。ごぶさた時代も迷走していたけど、ごぶさ卒業後も迷走してるな。この先どうなっちゃうのかねえ。死ぬまでにまともなパートナーシップを得ることができるのかなあ。離婚するときに諦めて、捨てたはずなのに。だけど好きだった夫に愛されてな [続きを読む]
  • セカンドパートナー
  • 同僚の同年代の女性。彼女は高収入の男性と自然な出会いの末に再婚に成功し、40代で駆け込み出産で立て続けに二人子供を産んだ。治療に大金はたいたそうだ。前の夫との間に子供はいない。再婚相手には子供が三人いる。彼女は再婚相手の前妻の子供とも最初は会っていたらしい。けれども彼女が妊娠した頃に、子供たちは会う事を拒否しはじめたそう。当たり前だよね。前妻の子供に会うなんてちょっと私の感覚にはない。ある意味自分勝 [続きを読む]
  • それが私
  • 前回の記事を書いて、なんとなく気分が沈んだまま眠ったところ。起きたら返事来てた。「嬉しいよ。そうだね、俺も会いたいと思っているよ」だって。可もなく不可もないって感じでしょ。それでもひとまずホッとしてしまうけど。ベストではないけれどベターって感じ。私って好きになると結構面倒くさいヤツなんだよね。元夫には若いころにこれで困らせたこともあったと思う。以前にも書いたけど見捨てられ不安は強いし、制約の多い恋 [続きを読む]
  • 本当はまともな恋愛がしたいんだけどな
  • あきらめてはいるけれど、本当はまともな恋愛がしたい。私は結構彼のことが好きになってきている。そうなると、彼のこと独り占めしたい気分になる。春に出た、見捨てられ不安の波が過ぎてからは、それほど嫌な気分にならずにすんでいた。こうやって執着や不安な気持ちを手放せるように頑張ろうと思う。彼のことを独り占めはできないことはほぼ確定している。相手はそういう主義じゃないから。毎週会わなくってもかまわない。毎日連 [続きを読む]
  • 答えは出ないけど
  • 彼とのオトナの付き合いについて、何となく自分の中で折り合いがついてきた。元彼女さんに対する罪悪感なども、徐々に薄れてきた。良い事なのかわからないけど。そもそも彼にも(直接話したこともないけど)元彼女さんに対しても感謝の気持ちしかない。一対一では無い付き合いについても、考えるのをやめることにした。楽な方に流れていると言われればそれまでだけど。本当は相手がだれであろうが、男女の関係であるなら一対一の関 [続きを読む]
  • 未熟な自分
  • 彼に会った時に見捨てられ不安について話した。これはあくまで私の問題であることも伝えて。この気持ちは自分は味わいたくないのに湧き上がってくると。彼にそんな気持ちになった事はないかと尋ねてみたけど、そういう思いは殆ど無いという。自己肯定感が高いみたいで、別れがあっても、自分は大丈夫。きっと次があると思うみたい。すごいな。彼は独立前は一流企業に就職していて、勉強も出来たらしい。人間関係はどうだったかまだ [続きを読む]