白川大介 さん プロフィール

  •  
白川大介さん: ど素人の新規就「農」ブログ
ハンドル名白川大介 さん
ブログタイトルど素人の新規就「農」ブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/shirakawa-okome/
サイト紹介文東京のサラリーマンがいきなり鳥取で米農家に。 素人目線でゆる〜く楽しく紹介しています。
自由文マニュアル車の運転もロクにできなかったど素人です。就農初日の記事はこちら:http://ameblo.jp/shirakawa-okome/entry-11832472864.html
無謀ながらも「白川さんちのおいしいお米」として
2014年秋にデビュー。冬は冬で、出稼ぎに行ったりして、ヘロヘロな毎日を紹介中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/01/05 23:10

白川大介 さんのブログ記事

  • ブログを引っ越して再開しようかなと。
  • えー、不登校っていうか…いつから来てないの?ってくらい不登校だと、再び登校しづらい、というような完全に停止していた不投稿ブログ。 かれこれおよそ1年半ですか。えへ。 ヒドイっすね。 この間、精神的にけっこうヒドイことになってまして そもそもネット上に自分のメンタルを、しかもショボい方の状態を晒すのは主義じゃないのですが、 やめてたブログを再開する口実というか、たくさんの人に心配かけたお詫びというか、 [続きを読む]
  • さくら姫交流会
  • 田んぼの近くで行われた「さくら姫交流会」なるものに、出店のお誘いを頂き、出てきました。  このあたりは、平成の水 百選 に選ばれた名水があり、その水を汲みに来る人が普段から沢山いるのですが、 そういった人たちと、集落の人たちが交流する場を設けよう、というイベント。(イベント名は、さくら姫伝説、という1000年前の伝説に由来してます。)  僕自身は、この集落の人間ではないし、ここは [続きを読む]
  • 脇役、侮るなかれ。
  • 穂肥(ほごえ)の前には、 ちょっとやることがあるのですが、 その一つが、水を入れること。 肥料が水に溶けないと意味ないので。  あとは、雑草をできるだけ減らすこと。  常にそうあるべきなのですが、なかなか…(笑)  でも穂肥の前は特に 肥料をやってもほとんど雑草に吸収されたらイヤなので、 特に気になってしまったり。   特にヒエですよ。ヒエ。& [続きを読む]
  • 梅雨明けて、穂肥の日々。
  • 穂肥(ほごえ)を少しずつ進めています。 田植え時期や品種によって、あと気候によっても肥料をあげるタイミングが違うので、早く一気にやれば良いというモノでもなく。   草刈りもしないとだし。   あぜ際を、重たいもの背負って歩くので、 できれば草刈りが済んだ田んぼを歩きたいのです。  なかなかそう夢のような段取りにはならないのですが(苦笑)(軽トラに腰掛けるよ [続きを読む]
  • あぜミーティング
  • 穂肥(ほごえ)をスタートしております。(→「農家が集まると深い。」) これは、稲を見ながら、天気を見ながら、 いつやろうか、どのくらいやろうか、そもそも、やるのか? と悩むのですが、  師匠とも色々相談したりして。  でも、相談したいことは多々あれど、  師匠の家に行くと、意外に長居しちゃったりするので  長居しても大丈夫なタイミングってので行きたいの [続きを読む]
  • 懐かしい友と都市と。
  • 結婚式で上京し、鳥取市鹿野町に戻ってきております。 若干飲みすぎましたが、ホントに楽しい一日でした。 高校時代からの友人の結婚式。 僕が鳥取で就農してからこの2年。2回来てくれてる友人。 そりゃぁ、お祝いしに行くでしょ!富士山も見れてメデタイ! そしてニュースにもなっていましたが、羽田空港で緊急着陸した飛行機の影響を受けて、遅刻しそうなアナウンスでしたが、  どうにか [続きを読む]
  • 自信を持って休む。
  • 関東の友人の結婚式に出席するため、上京します。(ということで明日はブログお休み)  上京前なので作業も急ピッチで。  としていたところですが、 関東から友人が来ました(笑)   僕の移住のきっかけを作った県内の方々と共に。   疲労も溜まっていたし、連休だし(笑)  いろいろ切り替えろ、というタイミングなのだと思い、  お米の発送だけして、& [続きを読む]
  • モグラの実物
  • 雨が良く降る梅雨、ということは。 田んぼに、水は上から入るわけで。 むしろ干したいときだったりするのですが、こればっかりは、どうしようもありません。  せめて、水路から沁み込まないように、あるいは溢れないように、 水路に水を流さないようにしていた集落もあります。  川から引いてきた水を、また川に逃がす。  というような、水路は複雑な道です。   そ [続きを読む]
  • ようこそ鹿野へ
  • 2年ぶりに、「第2回 ようこそ鹿野パーティー」が開かれました。 これは、鹿野に来た人の歓迎会兼、地元民との交流会なのですが、 2年前にも、開催してもらいました。 僕の師匠が言い出しっぺだったとか。  これは2年前の写真。 この字を書いたアーティストも、移住者で、彼はいま、鹿野とヨーロッパを行ったり来たり。 2年経つと、いろんな人が鹿野に来ていることに気付きます。 移 [続きを読む]
  • 田んぼの海で。
  • 気持ちよく晴れたと、書いた昨日の朝でしたが、その後、あんまり晴れが長続きせず、午後にはどんより。  全速力で作業を進めていたところに、洗濯物を取り入れねばという不安が(笑) カエルがなかなかどいてくれなかったし。 それでも、ギリギリ雨は降らない感じで、 草刈りをガンガンやりました。 やはり、「長期放置されていた空き地」という強敵と戦ったあとの「先月も刈った」田んぼのアゼ。( [続きを読む]
  • 草刈りの別世界。
  • ようやく気持ちよく晴れました、鳥取。今朝の田んぼ。 降ったりやんだりで、作業の予定を組むのがほぼ無意味な感じで動いておりましたが、 6月に相当巻きで進めたため、ここのところ、あぜの草刈りはしていませんでした。  その間、何をしていたか。    草刈りバイトを(笑)    場所は田んぼの「あぜ」ではなく、住宅街の空き地。  とある住宅街に、家が [続きを読む]
  • 農家が集まると深い。
  • 昨日は、穂肥(ほごえ)をやる時期などのJAさんによる指導がありました。 穂肥とは、稲が穂を出すときに必要な養分をあげる作業。 農協さん、去年もそうでしたけど、 指導と言いながら、やりにくそう(笑) ちょいちょい「…皆さんの方が良くご存じでしょうけど」 と、へりくだる(笑)  言ってることは去年と殆ど一緒なので、毎年のように来ている人には、もはや驚きは無いのでしょうが、  [続きを読む]
  • 感謝のジャガイモ。
  • ジャガイモが全滅した今、(→「ドタバタの代償」) サトイモを頑張らねば。というところですが、 これまた不安イッパイの状況だったのです。実は。  だったのです。  ということは、 危機的な状況は脱出した。   と、思いたい(笑) 半端(笑) どうにか、草をやっつけ、土寄せをし、ワラをかぶせてやりました。(右の列、途中までは生姜) 序盤、こうで。  [続きを読む]
  • どこで見切りをつけるか。
  • なんだか、「みぞ切り」にご執心の三年目でございます。(→「みぞを切りまくる。」「灼熱のみぞ切り」)  うまいこと、田んぼが乾かない所があって。 部分的に。なので、細かいことはほっとけば。  と思う自分もいながら、  泥がゆる過ぎて掘った溝が消えかかってたりすると、 もう一回みぞ切りしたくなったりして。  やってみると、 ほんとに、大部分は良い感じになっ [続きを読む]
  • 鍬(クワ)の柄の話。
  • 暑さにやられて力が出ない感じの7月上旬。。 ちょっと鳥取を不在にしていた間も、まったくもって「バカンス」などではなく、 しかも行った先(宮崎)が凄まじく暑く。。  草むしりはできても、クワで雑草をざっくざくやっつける、とかいう元気は、ちょっと出てこない。。  あ、クワで思い出した。 クワが壊れたんです。   これでは分かりにくいかな。  だいたんにバ [続きを読む]
  • 灼熱のみぞ切り
  • 良く降る梅雨でございます。 いま、田んぼ乾かしたいんですけどね。。(「中干し」というちょっと干す期間なのです) 鳥取を1週間ほど離れていて、戻ってきてから、沢山やることはあるのですが、  まずは「みぞ切り」の続きを。(→「みぞを切りまくる。」)  中干し後半戦、やった方が良いと思っていたところは、全部やりました。  灼熱のみぞ切り(笑)  さっきまで小雨降っ [続きを読む]
  • ドタバタの代償
  • 1週間ほど鳥取を離れた代償がひとつ。 ジャガイモが残念なことに。。これは息子が幼稚園で掘ってきたジャガイモ。残念なジャガイモは、残念すぎて撮影する気にはなれませんでした。  どう残念か。   腐ってました。    雨の日にドロドロになって収穫してしまったジャガイモ。(→「駆け抜けた6月」) 自虐的にテンションMAXだったわけですが、だいたいそういう時って、 [続きを読む]
  • 戻ってきたら
  • 一週間ほど鳥取を空けて、戻ってきました鹿野町。 中干し という、田んぼを乾かす期間なので、細かい水加減は、あまり気にしなくて良い隙を狙ったわけですが。 戻ってきてその足で師匠のもとへ。 「天気、どうでした?」 って、それしか聞くことないんかい的な第一声。 どうやら、そこそこ晴れたみたい。 でも適度に雨も降るという、不在にしていた僕としては、好都合な天気でした。 田 [続きを読む]
  • 駆け抜けた6月
  • 明日から、一週間ほどブログをお休みします。 というか、事情があり、一時鳥取から離れます。 前から決めていたし、自分で決めたことなので、納得はしているのですが、 当然、 この梅雨時に田畑を離れるということは、  その前(と後もかな…)が忙しいということでして。  草刈りは前倒しで進めて、ギリギリ2ndシーズン終わらせました。 その他、あれこれあれこれ。  直 [続きを読む]
  • あぁ、心配。
  • 雑草対策をしたり、水管理で溝を切ったりしていて、よく田んぼを歩く、インナーマッスルに良さそうな梅雨でございます。 どうも、去年と様子が違う。 ということにも、気付いたりする3年目。   あぜ際の稲たち。 成長が悪い田んぼが多い気がする。   ちょっと前に、よくよく見てみたら、どうやら、異常発生。  明らかに異常(苦笑) ん?  なぬー!  [続きを読む]
  • 一人でやるよりは。
  • 今月上旬から始まった、草刈り2ndシーズン。 前半、中盤と、ハイペースで飛ばしてみたりして、 残るは田んぼ5つだぁ。 と、残りが数えられるようになった後半、週末子どもの相手をしたりして、減速(笑)  週明けて一昨日2つ。昨日1つ。  草刈り。  残るは2つ。  今月中に終わるか!?  雨予報ですけどね…  昨日は日中良い天気で。昼食時は、分か [続きを読む]
  • みぞを切りまくる。
  • みぞ切りという作業がありまして。 これは、田んぼの中に、文字通り溝を作るのです。 溝に水が溜まり、他のところは乾くように。  あ、そうそう、今、田んぼを乾かす期間なんです。  ある程度しっかり乾かさないと、いろいろマズイことがあるということで。  昨年、稲刈りの時にエライ目に遭った田んぼもあり。。  田んぼによっては、みぞ切りしなくても良いくらい、水はけ良 [続きを読む]
  • 息子ペースの週末
  • この週末は、晴れようがなんだろうが、農作業を止めて、息子と居ようと決めておりました。(というか妻は不在の予定だったし…)  雨がちなこの季節、作業をしたくなるくらい、晴れちゃったのですが(笑) 散歩も朝からばっちり。 鹿野では、早朝からやってるお店などほぼありませんが、息子はだいたい知ってる「お店」を目標に、散歩します。 ギリギリ。 8時からやっているパン屋さんの「一心庵」へ [続きを読む]
  • 草刈りにも色々とありまして。
  • 僕の住んでいる鳥取市鹿野町は、 鷲峯山(じゅうぼうやま 標高920m)の麓の中山間地域です。  自然豊か。 動物いっぱい。  鷲は見ないけど、トンビはいっぱい。鹿は(あまり)出ないけど、イノシシはいっぱい。。  ということで、イノシシ対策の電気柵が、集落で整備されてたりするのですが。  近くの田んぼを管理している人が、電気柵も管理するのです。  電気柵 [続きを読む]
  • 神の子
  • もう、毎年のように変な天気ですけど、 とりあえず  2014年から続いていたエルニーニョ現象というやつは、収まったようで。  でもって、今度はラニーニャ現象というやつが起こるそうで。。  エルニーニョは、南米赤道付近の海水温が高くなる現象で、ラニーニャは、その逆で、海水温が低くなる現象。 (こちらから拝借)  なんだか仕組みは解明されていないけど、世界中で異常 [続きを読む]