いちろう さん プロフィール

  •  
いちろうさん: GFRIEND FAN PAGE
ハンドル名いちろう さん
ブログタイトルGFRIEND FAN PAGE
ブログURLhttps://gfriend.link/
サイト紹介文GFRIENDの1ファンが運営するブログです。ひたむきなGFRIENDを応援しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 337日(平均0.7回/週) - 参加 2015/01/06 10:44

いちろう さんのブログ記事

  • GFRIENDの2017年夏の曲。キラキラ輝いて激しくも、ちょっと切ない!
  • LOVE WHISPERが公開されてもう10日。すでに映像と情報は浸透しています。パワー清純が復活し、らしさが戻ってきた記事を多くみかけています。うれしい限りです。この調子で2018年冬の曲につながるのでしょうか。やはり新たな三部作が始まるのでしょうか。それとも、前作FINGERTIPの路線でしょうか。今から気になります。さて今回のLOVE WHISPERでは、ダンスにより重点を置いていると感じています。そのポイントは3つあります。(1) [続きを読む]
  • GFRIENDの2017年夏のシングルはどうなるのか?
  • 言うまでもなく、2015年と2016年とも7月にはアルバムをリリースし、それぞれMe Gustas TuとNAVILLERAのシングルをリリースしています。今年も、従来通り夏のトーンを踏襲してほしいと願っています。前作FINGERTIPは、過去2年のタイミングからは2か月遅れの3月公開でした。残念ながら否定的なコメントまで書きました。詳しくはこちらの記事の通りです。一度軌道修正した場合を元に戻すことは、想像以上に労力がかかります。そして競 [続きを読む]
  • ユジュがOSTを歌っているドラマ「匂いを見る少女」の余韻
  • 以前このブログの別記事で「ドラマ『匂いを見る少女』のOSTをユジュが!」を書いてから3か月して、Abema TVで全編無料放送を観る機会がありました。昨日5/26で終了して、今は妙な余韻が残っています。OST目当てで、最初は内容には期待はしていませんでした。そもそも、韓国ドラマを通して観たのは初めてで、日本のドラマも何十年かぶりで、予備知識も受入れする感覚もまったくありませんでした。だからこそ、なのでしょう。油断す [続きを読む]
  • ClassicなGFRIENDしか観られなくなった3つの理由
  • 3月6日公開のFINGERTIPをほとんど聴いていません。聴けなくなってしまいました。次の目標に向かっていることはわかりますが、ちょっとやりすぎではと思います。以前のものしか受け付けられなくなってしまった理由は3つあります。(1)曲のコンセプトのリスキーなほどの変貌これだけ短期間で、ひたむきなほどの清純さからクラッシュ(カッコ良さ)へ。戸惑いを隠せません。大切にしていたものを、こうも簡単に捨ててしまうことに違和感 [続きを読む]
  • ユジュの声が響き渡る
  • 2012年リリースされたBoAの曲One Dreamを、アイドル達が熱唱しています。ユジュ以外はほとんど知りませんが、みな選び抜かれた方々ですね。これだけの大観衆を目の前にして、ユジュの出だしは圧巻です。気持ち良く、雄大に歌っています。プロだと思うのは、すぐのところにまで寄ってくるカメラに、この状況で堂々と目線を合わせていることです。原曲はこちらです。この曲は初めて聴きました。素晴らしい曲と思います。SHINeeのキー [続きを読む]
  • ドラマ「匂いを見る少女」のOSTをユジュが!
  • 2015年のドラマ「匂いを見る少女」(主演:ユチョン)のOST「偶然に春」を、ユジュが歌っています。このドラマは観ていませんが、強烈にイメージできるのはOSTのおかげでしょうか。春の訪れに似合う曲です。ユジュは、いつも以上に高音をのびやかに熱唱しています。そのOST「偶然に春」を、ドラマに主演のユチョンが披露している動画がありました。このドラマをリアルタイムで没入した方は、より感激したのではないでしょうか。あのユ [続きを読む]
  • またユジュのパワーボーカルについてと最近の出来事
  • 久しぶりの投稿です。今日はユジュのものすごいパワーと情感のある動画を紹介します。原曲はTaylor SwiftのI Knew You Were Trouble(2012年)です。最初はポップで楽しそうな感じです。このまま続くと思っていて、いつも途中で止めていました。余裕があるときに、気を取り直してちゃんと聴いてみたらびっくりしました。ユジュの力強いボーカル力が発揮されていたからです。もちろん、原曲のダイナミックな展開もあります。そもそも [続きを読む]
  • イェリンがバラエティーモードに入ると。
  • イェリンの、おかしな場面ばかりを集めた動画です。最初は、少女時代ソニも一緒のバラエティー番組から。(ソニも歳をとりましたね)断片的ですが、とくに2:29あたりが最高です。自分を客観視して、熱烈な男性ファンによる掛け声を、自らリアルに実況してしまいます。ふだんのハイトーンでハイテンションな感じと、ギャップが大きすぎです。彼女は、本当は声が太いというか低いですね。続いて後半6:25からは、メーク落としの過程を全 [続きを読む]
  • またもイェリンは独自のお笑い路線か?
  • この楽曲Sunshineはフルアルバム LOL(2016)に収録されています。シングル曲を除いて、Mermaidと同じくらいよく聴く、ピュアで少し哀しい曲です。それなのに、イェリンは(笑)ひと(ユジュなど)が熱唱しているのに、ひとりで移り気な女子を熱演(笑)しています。見ていて恥ずかしくなるほど、わかりやすいです。想定外の展開に、自分でも感情のコントロールができません。茫然として、不安な眼差しなのは、演技なのか素なのか判別のし [続きを読む]
  • (2周年おめでとうございます) ユジュとテヨンのバトルの行方は?
  • ユジュにとっては、大先輩にあたる少女時代テヨンと、Belting Voice(エネルギッシュに歌うやり方)で、音域を比較する動画がありました。懐かしい場面もたくさんあります。少女時代の生粋のファンには、もしかしたら気を悪くするかもしれません。活動期間では10年選手のテヨンと、たかだか2年(今日2017年1月16日はぴったり2年!)の新人と比べるなんて。そんなクレームが来ることも予想できます。そして、この動画のコメントにあるよ [続きを読む]
  • GFRIEND ユジュのパワーボーカルへの期待。
  • ユジュがデビュー前、YouTubeチャネルにアップしていたLet It Go (from Frozen)。今でも観ることができる貴重な映像です。アカウントは本名で登録しています。知る人ぞ知る動画ではないでしょうか。こわいくらいの力強さと繊細さ、そして自由さをあわせもつ、ボーカルとしての才能にあふれています。何度観ても、震えが止まりません。他のアーティストもカバーを披露しています。こちらの方は、ファンには有名ですね。Sistar ヒョ [続きを読む]
  • 시간을 달려서(Rough)の聖地巡礼は必要だったか?
  • 시간을 달려서(Rough)MVに登場する、聖地を巡礼する映像です。こういうアイデアには、たぶん賛否両論だと思います。すごいと感激する人もいます。反対に、そこまで体験しなくてもいいのにと、感情を大切にする人もいます。ただ、これだけ重要なシーンの場所を、おそらく1日で回り切る難易度は高いと思います。撮影場所の細かい情報は、すぐに知れ渡り、すべて自身で探す必要はなかったとしても。この並々ならぬ楽曲への思い入れか [続きを読む]
  • シンビはなぜメインダンサーか?
  • ダンスに縁がない私でも、シンビがなぜメインのダンサーなのかわかります。ふだんは他のメンバーがやっているのをなんとなく見ていたり、相対的な位置関係や自分の立ち位置を、目測で確認しながらダンスしていると思います。言うまでもなく、目隠しをするということは、これらの作業が全くできない状態に変わるということです。そこで頼りになるのは、身体で覚えている自身の記憶だけです。真っ暗闇ですから。正確さと強固な自信が [続きを読む]
  • テコンドー・バージョンの完成度!
  • テコンドーでダンスカバーをしている動画は多くみかけますが、GFRIENDでは初めてみましたので、2本紹介します。どちらも同じグループによる演技です。構成はしっかりされています。楽曲の最初の3段跳びの代わりに用意した技が、勇ましすぎる。本家より、ダンスのキレがあるのは、専門性の違いからでしょうか。ダンスでも一番の見せ場は後半以降。期待していただけに、1節だけしか踊らなかったことがとても残念です。こちらは途中を [続きを読む]
  • 2分40秒のサプライズ。
  • 2016年7月のファンミーティング会場で、聴衆の、そしてもちろん本人たちを目の前にしてこれだけ披露している。表情をうかがい知ることはできません。黙々と踊る彼は、どんな気持ちで臨んだのでしょうか。次の曲を予期させるけれど、ハンパのないランダムなRemixで、つなぎめの切り替えをふつうにやっている。一瞬、Roughと오늘부터 우리는を行きつ戻りつ。오늘부터 우리는の2度の回転ジャンプを、無難に仕上げています。怪我でいな [続きを読む]
  • Cuteness bursts (かわいいが、弾けてる)
  • 企画Produce 101からI.O.Iへの進展はまったくわかりませんが、この動画ではタイトルの通り「かわいいが弾けて」います。오늘부터 우리는(Me gustas tu)のスピードやメロディーがところどころ、原曲くらべてよりかわいい方向に変わっています。なかでも、惜しくもEpisode 8で脱落してしまったKim Tae Ha(김태하)。ユジュのパートをこなし、安定したボーカルが記憶に残っています。この公演の動画には、実はKim Tae Haだけが登場する [続きを読む]
  • 美しいハーモニーで여자친구の楽曲を。
  • V.O.S(Voice of Soul)のお兄さんたちが、시간을 달려서と오늘부터 우리는を美しいハーモニーで聞かせてくれます。2曲のつなぎ目があまりに自然で、よく聴いていないと、変化に気づかないくらいです。さて、V.O.Sについて私は全く知りませんでした。調べてみると、ほぼ1年前2016年1月中旬に、当初の3人体制に戻って6年ぶりにカムバックを果たしています。この期間の紆余曲折に何があったのかは、全く想像することはできません。それ [続きを読む]
  • ヒチョルとGFRIENDの共通点
  • 30代のお兄さんヒチョルも、奮闘しています。SJファンも必見です。ほんとうにアイドル好きと思います。さすが、MBC every1「週刊アイドル」で、チョン・ヒョンドンが休業中のMCに抜擢されただけのことはあります。(チョン・ヒョンドンの休業は約1年間で、そのうち半分をEXIDハニと担当)言うまでもありませんが、ヒチョルは、2005年に活動を開始したSUPER JUNIORのメンバーで、ほぼ最年長です。(最年長イトゥクの誕生日とは9日しか [続きを読む]
  • GUMMYが唄うRoughは、とても切ない。
  • Rough(시간을 달려서 時を駆けて)を、メンバーよりずっと年上のお姉さんが唄うとどうなるのでしょうか。おそらく、すでに過去になってしまった気持ちや、格別の思い入れが唄にこめられて、より一層切なく感じられるようになると思います。GUMMYはR&Bの優れた歌手とのことですが、果たしてどのような展開に?allkpopには、Gummy turns G-Friend’s ‘Rough’ into a smooth R&B jamという記事が掲載されていました。(記事内の動画 [続きを読む]
  • バラエティ担当は誰?
  • どのグループでも、役割分担みたいなものがいつの間にかできあがります。では여자친구の場合、バラエティ担当は誰でしょうか。6人それぞれがいい味を出していますが、その中でイェリンは断トツです。本人としては、本当はそっちではないようなフリもありますが、意識的に(あるいは無意識的に?)、果敢に笑いをとりにいっています。たぶん、それは誇張の技だと思います(笑)上の動画を観ればおわかりのように、彼女はシリアスな場面 [続きを読む]