平和を創り出す宮古ネット通信 さん プロフィール

  •  
平和を創り出す宮古ネット通信さん: 平和を創り出す宮古ネット通信
ハンドル名平和を創り出す宮古ネット通信 さん
ブログタイトル平和を創り出す宮古ネット通信
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/tukurutuusin
サイト紹介文宮古島の平和を願う3人の市民が始めたブログ。平和を阻む政治状況とたたかう市民の行動を載せる。美しい自
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供121回 / 365日(平均2.3回/週) - 参加 2015/01/06 11:12

平和を創り出す宮古ネット通信 さんのブログ記事

  • ぬらりくらり
  • 2017-11-12 宮古毎日新聞*たかだか有権者の2割強の得票も下地敏彦市長を勝たせてしまったのだ。あとはぬらりくらりと逃げ回り、だんまりを決め込めば、ことは自然と運んでいく。変わっていく島、誰が責任鵜を負うのか。(普) [続きを読む]
  • 準備工事開始
  • 2017-11-02 宮古毎日新聞*艦船を洋上で抑止するためミサイルを打てば、相手のミサイルも空から降ってくるだけだ。どこにも逃げ場がない。 それにしても環境アセスも何もない工事。敷地内には絶滅危惧種の動植物が存在するという。(普) [続きを読む]
  • たった一週間で飛行再開、謝罪なし
  • 2017-10-18 宮古毎日新聞*辺野古新基地も、北部訓練場一部返還にしても、基地負担の軽減につながらないことは明白だ。佐喜真宜野湾市長も一応抗議をしているが、危険を他の所へ持っていけばいいと思っているように見える。それにしてもこのところ、米軍や自衛隊に事故が多い。北朝鮮問題で浮足立っているのか。墜落した捜索機も、有事のときにアメリカ兵を救助するための訓練ではないか。危機をあおっている安倍とトランプのせい [続きを読む]
  • 国の形が大きく変わる
  • 2017-10-17 宮古毎日新聞*時事通信の記事だろうが、憲法に自衛隊が明記されれば国の形が大きく変わるし、自衛隊の任務も変わる。憲法に明記されて文字通り軍隊となればどれだけに人が入隊するだろうか。よほどの幹部候補生かいわゆる経済的理由、災害の救援活動などの副次的なもへの共感なども、本来任務の本質を知ればどうなのだろう。PKOからの帰還者に自死するものが多いと聞くが.(普) [続きを読む]
  • まだまだ出た来る
  • 2017-10-10 宮古毎日新聞*初めは100名ぐらいかと言われていた。それが2015年に370〜400人規模と聞いて驚愕した。それがまたまたいつの間にか800人。これが軍隊の自己増殖本能。しかし、なぜ強固なシェルターなど作らなければならなのだろう。72年前にも日本軍がやってきた。その時はガマ(自然洞窟)で多くの悲劇を生んだ。なぜ強固なシェルターなど作らなければならなのか、この記事を書いた記者にはそのこと [続きを読む]
  • 次は宮古島
  • 2017-09-30 宮古毎日新聞*今回が本当に予防的措置だったかは疑問が残るが、配備はしないが運用はするということで、沖縄・日本のどこでもオスプレイは飛ぶ。近いうち宮古島にも。そしてどこかで必ず事故は起きる。このあともシリアで墜ちた。 ところで下地敏彦宮古島市長、ウクライナの弾薬庫爆発の映像、見ましたか。(普)・すみません。右下?を してスライドさせてください。 [続きを読む]
  • 抑止力
  • 2017-09-27 宮古毎日新聞**今度、宮古島に置かれる部隊が抑止を目的にしたものではないことは防衛省が言っていることでも明らかだ。どだい有事になれば小さい島を守ることは無理丫話だ。こんな子供でも分かる話を誘致派に騙されていく大人たちも多い。言葉の通じない相手と負いう前に、話し合ってことがあるのか。問題解決には話し合いしかなく、それに相手はミサイルを一発使えばそれ終わりの国なのだ。市長など、安全なところ [続きを読む]
  • 台風の夜に
  •  台風18号が過ぎ去って一週間がたった。7年間の宮古島の暮らしの中では最大級であり、サトウキビなどの農作物に甚大な被害が出た。生活面でも今回は停電が長引くものと覚悟をしていたが、約一日半後の16日午前6時きっかりに復旧した(電話、インターネットはまだ)。電力会社その他の頑張りのおかげと言えるが、いつもはこのあたりが一番最後だと聞いているので、陸自配備ということもあるのかと、つい深読みをしてしまう。 [続きを読む]