塗るだけ脂肪排泄!WONDERONE COSMETICS さん プロフィール

  •  
塗るだけ脂肪排泄!WONDERONE COSMETICS さん: 無料サンプル進呈中!塗るだけ…脂肪排泄サイズダウン
ハンドル名塗るだけ脂肪排泄!WONDERONE COSMETICS さん
ブログタイトル無料サンプル進呈中!塗るだけ…脂肪排泄サイズダウン
ブログURLhttps://ameblo.jp/wonderonecosmetics/
サイト紹介文「驚きと不思議…」の美容液…WONDER HERBAL ALLURE ESSENCE TUKI アルーア エッセンス 月
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供84回 / 365日(平均1.6回/週) - 参加 2015/01/07 10:18

塗るだけ脂肪排泄!WONDERONE COSMETICS さんのブログ記事

  • 画像で見る【アルーアエッセンス】
  • ■どうぞ、ご覧ください。■「脂肪が気になる」人はこんなにも!男女共に、6割を超える人が自分自身を「太っている」と思っているのですね。女性の78%もが「ダイエットが必要」と感じているというのです。※CTリサーチ調べ(http://www.seikatsu-kojo.jp/research/vol4.php)ですがダイエットを始めても、71.6%もの人が!1か月以内に「挫折してしまう」のが現実なのです。※JRの中吊り広告より「努力とかガマンは苦手、だけどス [続きを読む]
  • 【スムーズな物販:5つのポイント⑤フォロー】
  • ■フォローしなければ「押売り」といっしょですこれは商品を知ってもらって、手にしてもらったあとの話しになります。「売る」ことから「売れ続ける」へ進化させるためにはとっても大切なことですからね。その大切なこととは…?「アフターフォロー!」です。ご購入いただいたお客様に対して、■使用感■変化の実感■トラブルの有無などを確認して、適切なアドバイスを提供してあげることです。さらにできることなら、ご購入いただ [続きを読む]
  • 【スムーズな物販:5つのポイント④購入メリット】
  • ■その商品を購入して使ったらその先…?あなたが惚れこんで、お客様にもぜひオススメしたい商品。たくさんの方がそうであるように、あなたもその商品の「優点」について、熱を込めて説明しているのではありませんか?でも実は、それが「逆効果」になっているって知ってましたか?■メリットは「伝える」のではなく「想像させる」まだその商品をしっかりと使用したことのないお客様は、その商品が「本当に良いものなのか?はたまた [続きを読む]
  • 【スムーズな物販:5つのポイント③販促ツール】
  • ■POPなどの販促ツールを有効活用POPなどの販促ツールの仕事は「成約」、すなわち財布を開かせることではありませんのよ。まずは商品の存在、そしてどんな商品なのか?を知ってもらうのが仕事なんです。次の仕事は見た人に「興味を持たせる」ことです。そしてその商品を使用したら、その後どう変化するのか?その人自身に「想像」させること。POPや販促ツールの最後の仕事は…「私でもこれ使ったら、キレイになれる?」など…質問 [続きを読む]
  • 【スムーズな物販:5つのポイント②三感に訴求】
  • ■「三感」とは…?■視覚=商品のルックス■嗅覚=商品の香りや臭い■触覚=商品の手ざわりや使用感お客様の持つ、この3つの感覚にトータルで訴えることが「スムーズな物販」につながるのですよ。■人間は「好き・キライ」で物事を判断するあなたが「ぜひ使ってほしいオススメ商品」が、いくら「効果・効能」に優れていようが、人間は最終的には「好き・キライ」で物事を判断してしまう生きものなのですよ。それに言葉や紙面、画 [続きを読む]
  • 【スムーズな物販:5つのポイント①知ってもらう】
  • ■どのタイミングで商品を知ってもらうか?あなたのサロンへお手入れにお越しのお客様に、あなたが購入してほしい商品をどのタイミングで紹介するか?お客様がその商品のことを知らなければ、ご購入なんてありえないわけですから、まずその商品のことを知ってもらわなければなりませんね。では?どのタイミングで??■施術前のカウンセリング時?■施術後のアフターカウンセリング時?人間は「欲しぃ」という感情が芽ばえる前に、 [続きを読む]
  • 【物販】の「在りかた」「考えかた」
  • ■サロン経営者のあなたへ…▼こんなことを思っていませんか…?「物販」?そんなものをお客様にオススメしたら、「売り込みサロン」とか、「押し売りサロン」とか思われて、嫌われちゃうんじゃ…?もう二度と、来てくれなくなっちゃうんじゃ…??そのようにお考えのサロン様、少なからず、いらっしゃることでしょう。でも、私に言わせれば、それ、実は「かなりの損」をしているのですよ。今まで、それに気づいてましたか?■施術者 [続きを読む]
  • 【成長期の脂肪=神経質になる必要はありません】
  • ■いわゆる「思春期」成熟期の女性のカラダは「妊娠」「出産」が想定されたつくりになっています。成熟した女性として「妊娠」「出産」に備えるためには、どうしても体内に一定量の「脂肪」は必要ですよね。その「成熟期」に向けて「こどものカラダ」から「大人のカラダ」へと変化してゆく時期、だいたい12歳〜17歳ごろまでを【思春期】と呼んでいます。人間の脂肪細胞の表面には、■脂肪分解スイッチ=βアドレナリン受容体■脂肪 [続きを読む]
  • 【ウエスト1回分無料体験】ご応募の際のお願い
  • ■このような場合にはお届けできません私どもワンダーワンはお取扱いくださるサロン様の「収益獲得機会」を侵害してしまうことがないよう、個人のユーザー様との直接のお取引は一切行っておりません。「営業実態の確認できるサロン様」、または「開業準備中であることが確認可能な法人・個人様」に限らせていただいています。【アルーアエッセンスウエスト1回分無料体験!】においても同様の扱いとなります。よって、▼このような [続きを読む]
  • アルーア「脂肪を柔軟化して溶解」は本当か?
  • 今日のお話しは私に起こった、実際のおはなしです。まだ私がサラリーマンをしていた時のことですから、もう13〜14年前のことです。左手首に「シコリ」のようなものができてしまって、つい先ごろまで消えずに残っていたのですよ。 ↓ ↓ ↓※画像は1年ほど前の状態です。当時、「なにか重大な疾病かも?」と心配になって受診したところ…金属の棒でコツコツと叩いたのちに医師いわく、「ただの脂肪の固まりです。放置して問題あ [続きを読む]
  • 【夏太り】の「からくり」
  • ■なぜ夏に太る人が多いのか?「夏は暑くて食欲も落ちるし、体力を消耗しやすくなるから痩せやすいのでは?」ところが?! 毎年、夏になると「太った」と自覚する人はなんと!? 4割超も!いるとか?いないとか…??ではなぜ「夏太り」は起こるのでしょうか?ざっくりとカンタンと言わせてもらいますとね、以下の通りなのですよ。■夏はカラダがエネルギーを使わない季節なのですよ!夏になると外気温があなたの体温近くまで上がります [続きを読む]
  • カンタン!【セルライト】撃退法。
  • ■皮下を構成しているものは?人間の皮下は主に、■脂肪細胞(脂肪)■膠原繊維(コラーゲンの繊維)■間質液(水分)で構成されています。その構成比は人それぞれ。脂肪がギッシリと詰まった人もいれば、繊維が多く硬い人もいれば、水分でパンパンの人もいるのです。■「セルライト」とは「状態」のことこの「膠原繊維」は「脂肪組織」を壁のように隔てていて、一方は中心部である筋膜側に、もう一方は表面である皮膚側に付着して [続きを読む]
  • ウエストに脂肪がつきやすい女性の原因は…?
  • 本来女性は「女性ホルモン」の影響で「バスト」「ヒップ」「太もも」に重点的に脂肪をたくわえてしまうようになっているのですね。ですが、たまに、中年オヤジのように「腹部中心にどっかり」と脂肪を纏った女性をみかけますよね。女性本来ではない脂肪の付きかた。その原因、あなたは何だと推測しますか?■それは「異性ホルモン」女性にしろ、男性にしろ、少ないながらも「異性ホルモン」を分泌しています。女性でも男性ホルモン [続きを読む]
  • 〇〇を食べれば脂肪が落ちる?
  • ■脂肪を効率良くやっつけるには…ご存じのとおり、深部体温が37℃(体温計で36.5℃〜36.8℃)のときがいちばん、細胞内酵素が働いて代謝もアップするときですよね。この37℃という「熱」、「脂肪ブレイクダウン」にはとっても重要なのです。なぜなら、1日の消費エネルギーの約70%を占める「基礎代謝」、体温が1℃落ちるとこれが12%〜13%も低下してしまうのですからね。くわえて、カラダは「なんとかして深部体温37℃を守ろう! [続きを読む]
  • あなたの皮下には何が詰まってますか?
  • ■自分のお腹をつまんでみてくださいあなたのお腹、つまんだときにどんな感触でしたか?■脂肪がギッシリと詰まっている感じ■ガッチガチに硬い感じ■水分で膨らんでいる感じ主に人間の皮下を構成しているものは…■皮下脂肪■膠原繊維(こうげんせんい)■間質液なのですが、これらの皮下での割合は人それぞれ。■皮下の脂肪細胞が肥大化、分裂を繰り返して太くなっている■膠原繊維(こうげんせんい)が硬くなって皮膚の表面がボ [続きを読む]
  • 「体脂肪を消費する」夕食の考えかた
  • ■脂肪は夜、落ちる。過日の投稿記事で「脂肪は夜、落ちる。」と申し上げました。「知らなかった」というあなた、詳しくは…>>>せっかく体脂肪を消費しやすい時間帯なのに、その「チャンスを放棄してしまう夕食」摂っていませんか?「チャンスを放棄してしまう夕食」?それは「糖質の多い夕食」のことなのですよ。白米・うどん・パン・スパゲッティなどの穀類、いも類…などなど。就寝前にカップラーメンやアイスクリームなんて、完 [続きを読む]
  • 脂肪は夜、落ちる。
  • ■人間のカラダが最も脂肪を消費するのは睡眠中なのです人間のエネルギー消費は主に、次の3つの代謝によるものなのです。■【基礎代謝】■【生活活動代謝】■【食事誘導性熱代謝】当然、仕事や運動など【生活活動代謝】を行う日中のほうが消費エネルギーは大きいんですけど、数時間おきに「食事」を摂ってますよね?その「食事」がほぼ、日中のエネルギー源となって供給されているのですから、「脂肪をエネルギーに変える」まで、 [続きを読む]
  • ”顔とウエストに脂肪が多い人の原因は、〇〇を疑え!”
  • 過日、私のもう一つのブログにアップした記事の紹介です。ご興味お持ちくださったあなた様、お読みいただけましたなら光栄です。アルーアエッセンスは「ストレス解消」にも効果を発揮させるべく、香料に「センチフォリアバラ花エキス」を使用しています。おかげさまで、たいへんご好評をいただいています。■「脂肪対策」のために生まれたスリミングエッセンス■塗布した周辺の体温を上昇・血流を活発化させます▼■グルカゴン・ア [続きを読む]
  • 糖質の摂りすぎはなぜ?脂肪を増やしてしまうのか??
  • ■摂取した糖はどこへゆく?糖を摂取するとエネルギー源となるグルコース(ブドウ糖)に変換されます。このグルコースは縮合されてグリコーゲンという多糖類になって筋肉と肝臓に貯蔵されます。筋肉に貯蔵されたものを筋グリコーゲン、肝臓に貯蔵されたものを肝グリコーゲンと呼びます。筋グリコーゲンは筋肉を動かすエネルギーとして使われ、肝グリコーゲンは血糖値を維持するための材料としてつかわれます。個人の体格や体質にも [続きを読む]
  • 全身の脂肪細胞はどれも同じ?
  • ■部位によって特徴が異なる脂肪細胞私たちの全身に存在する脂肪細胞、どれも同じだと思っていませんか?実は脂肪細胞、その存在する部位によって、少しだけ特徴が違っているのですよ。脂肪細胞の表面には、刺激をキャッチすることによって、■脂肪を取り込む:αアドレナリン受容体■脂肪を分解して放出する:βアドレナリン受容体があるのですが、それぞれの「キャッチ力」が部位によって異なっているのですよ。思春期を迎えた一 [続きを読む]
  • 「消費エネルギーの低下」にどう対応しますか?
  • ■脂肪蓄積の原因は「摂取エネルギー」>「消費エネルギー」そんなことは言われなくともご存じでしたね。では、その「消費エネルギー」どんなものか?ご存じでしたか?そして、これらの低下がもたらす「対応策」について、考えたことありましたか??■「消費エネルギー」とは…■消費エネルギーは■代謝■活動に分類されます。■代謝は■熱産生■細胞破壊・修復・成長に分類されます。■活動は■生活■運動に分類されます。これらは [続きを読む]
  • まずは「己を知る」「敵を知る」ことです
  • ■「ヘルスダイエット」と「エステティックダイエット」前回、ダイエットには健康がテーマの「ヘルスダイエット」と、美容がテーマの「エステティックダイエット」の側面があることを申し上げました。「余分な脂肪を落としてキレイになりたい!」「だけど、私は太りやすくて痩せにくい…」「今まで何回も、いろんなところで、いろんなことに、チャレンジしたけどダメだった…」そんな方も多いのでは…?いったい? その原因はなんな [続きを読む]
  • 食事療法や運動は「あなたの願い」叶えてくれますか?
  • ■ダイエットの本質は?本来、ダイエットとは…「正常な体脂肪を維持することで、将来の病気発生リスクを抑えて、健康を維持する」ことが本質のはずなのです。以前にもこのブログでも申し上げましたが、「自分にはダイエットが必要!」そう考えている人がなんと、76%にもなるという統計があるのです。ですが、そのうちで「健康に支障があるから」という理由の人は「1割にも満たない」という統計もあるそうです。■多くの人の目的 [続きを読む]
  • 納得の商材が見つからない…というサロン様へ
  • 探してはいるのだけど、なかなか…「サロンで使用するアイテム、展示会などに足をはこんだりして、探してはいるのだけど、これがなかなか…」と、もうひとつ納得に至らないサロン経営者様、そして開業準備中のあなた様へ…スリミングコスメティックアイテムをご紹介。【アルーアエッセンス】※内容量:80? / 希望小売価格:本体¥18,000- / 日本製 ウエストで25回〜30回ご使用いただけます。その実力をご覧ください私がサラリーマ [続きを読む]