Inori さん プロフィール

  •  
Inoriさん: のんびり日記
ハンドル名Inori さん
ブログタイトルのんびり日記
ブログURLhttps://ameblo.jp/waniuchi/
サイト紹介文アメリカ在住、漫画レタラーである傍ら、映像翻訳家になるべく勉強中。日米比較、映画や海外ドラマの話。
自由文アメリカ在住歴20年。美術のバックグラウンドを持つ在宅漫画レタラー。キャリアアップを目指し、大好きな映像の世界での映像翻訳家になりたくて、2015年の春からLAの学校に通う予定。翻訳の世界ってどんな世界?これからが楽しみです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供16回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2015/01/08 06:20

Inori さんのブログ記事

  • 英語を学ぶ意味と韓国語を学ぶ意味
  • 最近韓国語を勉強し始めて思うのは、私はやっぱり英語が好きだということです。ある程度英語を理解できるようになったからというのもあるけど、言葉を話す人を含めたその文化が大好きです。西洋文化への憧れとか、ある種の偏見もきっとあるでしょう。アメリカ生活が長いので、アメリカの悪いところや問題もたくさん知っていますし、肌で感じる嫌な西洋文化の醜さも理解しています。なので、簡単に「やっぱアメリカっていいよね〜 [続きを読む]
  • 文字の数
  • 習い始めなので韓国語についての投稿が多くなるとは思いますが少しの間お付き合いください。 私は前々から、英語がたった26のアルファベットでこれだけの表現ができるのってすごいなぁ、なんて凄い言語なんだろうと思ってきました。26の文字を覚えてしまえば(大文字と小文字がありますが)、全てのことを書き表すことができます。本を開けば、たった26の文字が色んな順番で羅列されているだけです。それで人間や世界を表現 [続きを読む]
  • 新しい言語を1から自己流に学んでいく
  • さて、韓国語を勉強し始めてもうすぐ2ヶ月が経とうとしています。英語を中学校で学び始めた頃とは違い、自分で全部1から学ばないといけないし、教科書もないし、先生もいない、テストもなければ、一緒に勉強する仲間もいませんので、進みはかなり遅いです。 「私」から始まり、「です・ます」だの「食べる」だの「好き」だのあとは「1〜10」(数字)も覚えないといけません。(韓国語にも2種類の数の数え方があります。)め [続きを読む]
  • いろいろ始めたら忙しくなった話
  • 4月くらいから将棋を勉強し始めて、なかなか強くならない自分は結局、将棋を観戦して楽しむ『観る将』だなと分かりました。自分は指さないけども将棋の世界には興味がある人のことです。今でも私は、人の将棋対戦を見るのは好きですが、自分では指していません。実は他にも始めたことがいろいろあるので、時間が制限されてしまっているのです。 ひとつは、7月から始めた仲間集めに始めた会があり、その集まりの企画まとめ。月に [続きを読む]
  • 友達の娘の誕生日会に行った
  • 友達の娘が1歳になるので、その子の誕生日会に誘われました。翻訳学校時代の友達です。当時の仲間も集まるというので行って来ました。1歳児の誕生日会なんて初めてで面白かったのでそのことについて書こうと思います。 場所は広い公園。ゴザを敷いて和気藹々とお弁当ピクニック。参加者は、なんと大人12人、子ども(もう1人1歳児が居た)2人。その大人参加者12人中、8人は子どもがいない人でした。(子どもがいる大人4 [続きを読む]
  • 将棋という趣味
  • あるブログを読んで、将棋という趣味について考えてみました。 その方は、将棋は弱い場合(才能がない場合)、趣味として面白くない、または、続けて為になる趣味ではない、と書いてありました。弱い人は、将棋を楽しいと思い続けることができるのか…ということですね。他に何かやったほうがよっぽどいいのではないか、と。 なかなか面白いと思いました。将棋は勝負の世界ですので、スポーツに似たものがあります。スポーツと多 [続きを読む]
  • ヘルシーな食事とは
  • お久しぶりです。ブログを書こう書こうと思いつつ気がつけば日が経ってしまっています。あれから色々ありましたが、全て書くこともできないので今日書きたいと思い立ったことを書こうと思います。 私は資本主義が世界にもたらしている影響についてかなりムカつきを覚えています。(特に私に影響してくることに辟易している。)そういうこともあり、食べ物産業についてのドキュメンタリーやTEDもよく観ます。アメリカは太りすぎ [続きを読む]
  • 日本語を学ぶ人の会話タイムというのに行ってきた
  • LAのJapan Fundationという団体が日本語に興味のある人を集めて時々お喋り会を開いています。そこで、ただ日本語で会話をするというボランティアに参加しました。今回は3回目です。2時間の会に70人程参加するので、色んな人と話すことができるように20分くらいで席を移動していく形です。日本語を勉強している人の胸に日本語レベルが分かるシールが貼ってあり、こちらは向こうのレベルに合わせて会話をすることになります。 [続きを読む]
  • ネット上の個人情報の未来
  • ネットやら何やらで、自分が入力したものや検索したもの、自分が買ったものや足を運んだ場所など、様々な情報を誰かがかき集めてそれを利用しているという話はよく聞きます。クレジットカードなど直接お金に関係してくるような情報を悪用されるのは困るけど、それ以外にぼんやりしたものは、特に自分に関係ないと思ってしまいがちです。しかし、コンピューターはこれら情報を使って、私たちが気付かないような操作をしているらし [続きを読む]
  • どのくらい他人に目を配っていますか
  • 先日友達とビーチの散歩をして思ったことがあります。私は普通に彼女と話をしながら歩いているのですが、その間に何度も彼女は「そこの人、なにしてるのかな」「あの犬ってさぁ」「さっきの人は…」「ちょっとあの人って…」と、周りの人のことにいちいちコメントをつけるのです。私はそんなこと考えずに歩いているので、「誰のこと?」「なに?」「どこ?」と、話を振られた時にはその人はもうすれ違った後だったりするのが常。 [続きを読む]
  • 米国アカデミー賞に思うこと
  • 明日はアカデミー賞授賞式です。映画が好きな私は、それなりに毎年アカデミー賞を追っていますが、年によっては、何がノミネートされて何が受賞したかも特に気にしない年もあります。そんな時は大抵、観たことのない作品ばかりがノミネートされているからです。映画をあまり観なかった年ということですかねぇ。今年はノミネート作品のほとんど観たので、賞の行方がとても気になっています。 私の印象としては、アメリカに住む人々 [続きを読む]
  • 2018年もどうぞよろしくお願いします
  • さて、もう2018年も2月に突入してしまいましたが、いかがお過ごしですか?私は去年の12月半ばから先月の半ばまで日本に帰っておりました。今はまたアメリカでの生活に戻っています。日本に居る間に考えたことやら、アメリカに戻ってから考えていることなどブログに書ければいいなぁと思いつつ、気が付いたら2月。まぁぼちぼち行きましょう。 去年の目標、『いつもの仕事以外の仕事で月5万円収入アップ』は、ぎりぎりですが、目標 [続きを読む]
  • アウトプットの重要性
  • 私の友人で、大変お喋り好きな人がいます。誰とも友達にもなれるし、誰とも話を合わせることができる人です。彼女を観察していると分かったのが、とにかく雑学知識が多い。そしてそれを物知り顔で語る。最初は「いろんなことをよく知っているなぁ」と思ったけどよくよく聞いてみると、そんなに理解しているわけでも内容に信憑性があるわけでもない。でも、会う人に必ず話を合わせることができるほど、まるで自分の知識にしてしま [続きを読む]
  • 慣れって怖い
  • LAでは様々な映画のイベントがあり、監督や俳優さんが上映の前や後に会場に出てきてくれるものがあったりします。来る場所は普通の映画館であることが多いです。 さて、数日前にある劇場の臨時ニュースレターで「ジェイク・ジレンホール特集上映!明日とあさって!本人も登場」というメールがきました。(日本語ではギレンホールと表記されていることが多いですが、発音は「ジレンホール」です。)ジェイクは私の好きな俳優トッ [続きを読む]
  • UCLAのヘイトスピーチについての講演に行ってきた
  • UCLAで、NYホロコースト記念博物館主催の「公民的な談話とは:表現の自由とヘイトスピーチ」という題目のパネルディスカッションがあり、無料で誰でも観れるというので行ってきました。パネラーは、LA Timesの編集者や、UCLAで法学を教える教授、活動家や歴史家など4人が来ていました。 予定時間より少し遅れて始まり、4人で1時間もない時間を割って話し合ったので一人ずつの意見はとても短いなと感じましたが、近年、大学で [続きを読む]
  • 衆議院選挙の投票に行ってきた
  • 海外に住んでいる人が投票できるのを在外選挙投票と言います。私はサンフランシスコ・ベイ・エリアに住んでいる頃から参加できる投票には行っています。今回はLAに越してきてから2度目の投票となりました。 選挙に出馬する人が公示された次の日から投票が可能になります。日本の人からすると「早い!」と思われるかもしれません。投票できる期間は5日間。その間に会場まで足を運んで投票しなければなりません。サンフランシスコ [続きを読む]
  • ウクレレフェスティバルに行ってきた
  • 私の家族には、クラシックギターを弾く人が数人います。そんな彼女たちを見て、私も何か楽器を弾けたら楽しいだろうなと思うようになりました。クラシックギターはネックの幅が広くて手首が痛いので、両手が腱鞘炎の私でもウクレレならできるのでは?と思い始めました。でも飽き性なので続くかもわからないものに投資するのには勇気がいる。しかも種類が多いのでどれを買えばいいのか分からない。そんなある日、すぐ近くで「イン [続きを読む]
  • ギフトとは
  • 以前にも書きましたが、私は人にギフトを贈るのが苦手です。色々考えすぎて、しんどくなるからです。こんなギフトじゃ駄目よね、気に入ってくれるかしら、安すぎ?高すぎ?などなど…。でも、「あげてしまえば、後は相手次第」という考えで、最近は気も楽になってきました。 アメリカ生活が長かった友人が日本へ完全帰国するというので、引越しを手伝った時のこと。日本へ持っていく荷物とアメリカに置いていく荷物を整理していた [続きを読む]
  • 皮膚科に行ってきた 請求額にビックリ
  • 健康って大事よね、身体のメンテって大事よねと思い、ここ数年気になっていた足の痒みを皮膚科に行って診てもらうことにしました。一番近くの病院を選んで、まずは予約です。次の予約は1か月後になります、と言われましたが、別に急ぐこともないのでそれで決定。当日病院へ足を運ぶと、クリニックは空いていてすぐ通されました。お医者さんもナイスで、「これは〇〇だと思う。念のため顕微鏡でみます」とさっさと見てくれて、5 [続きを読む]
  • あっという間のカナダ旅行
  • カナダから戻って参りました。5泊6日の旅行でしたので、あっという間でした。この短い間で、東と西の端っこへ行ったり来たりしたので移動にも時間ががかり、一か所に居たのはほんの数日だったのですがそれでも行ったことのない場所へ行ってウロウロするのは楽しかったです。 まずはモントリオールに行きました。フランス移民が昔から定住しており、比較的歴史が長い街です。モントリオールがあるケベック州はフランス語が公用語 [続きを読む]
  • カナダに行ってきます
  • 今晩10時半の便で飛んで、一度デトロイトで乗り換えて明日の朝カナダのモントリオールに着く予定です。今、夕方の6時20分。私の家からLAXまで30分しかかからないので、今出ても早すぎるし、もう荷造りも出来てるし、ソワソワしています。国際便に乗る人は念のため3時間早く空港にくること、とよく言われますがそれでも10時半の飛行機の3時間前は7時半ですからねぇ。あと1時間家で何をしよう・・・と思って、ふとブロ [続きを読む]
  • 7月は足が痛かった話
  • え!最後のエントリーから一ヶ月も経ってたの?! お久しぶりです。何もしていないのに日がどんどん経っていくと感じるのは歳を取ったからでしょうか。41歳の夏。私は夏のビーチシティに住みながら屋内で一人篭って仕事をする日々です。それなりに元気なのですが、7月は足を痛めて大変でした。8月の今もこの痛みを少しだけ引きずっております。 特に転んだとか何か運動をしていたわけでもなく、普通に歩いていると、左足ふく [続きを読む]
  • 映画と本の類似点と違い
  • 世の中には、本や詩、絵画に彫刻、音楽や食べ物、洋服や家具、演劇やダンス、他にも色々なアートのかたちがありますが私がその中で一番好きなのは映画です。次にテレビドラマでしょうね。本好きな人が本をむさぼり読むように、私は映画とドラマをむさぼり観ます。(映画は月に約15本くらい、TVドラマシリーズもその間にどんどん観ています)時々、映画と同じように読書を楽しむことができれば世界も広がるし楽しみも増えるのに [続きを読む]
  • 価値は人それぞれ
  • ものやサービスに、いくらお金を払うのが妥当か。もったいないのか、お得なのか。そういうのは個人によってバラバラなんだと思います。みんなおそらく、○○にはこれくらい払ってもいいな、でもXXにそんなに払うなんてもったいない!と思っていることがあると思います。 私は、普段は妙にケチなところがありますが映画鑑賞とストリーミングサービス、あとはパソコン系のものには比較的に何も考えずにお金を使う方です。そ [続きを読む]
  • 後回し癖
  • 私は仕事の最中に、ポッドキャストを聞いたり映画やTVドラマを観るのが楽しみのひとつです。もちろんそうなると、オーディオブック(本の朗読)にも興味が湧くのですがCDで聴くとなると1冊につき10枚とかザラなので、面倒だなと思っていました。ところが最近、図書館を通して無料でインターネット上でオーディオブックを聴けると知ったのです。(図書館はミニマリスト天国。所持品として溜まらないし、しかも無料。)ここ数 [続きを読む]