スパシーバ  プーチン さん プロフィール

  •  
スパシーバ  プーチンさん: スパシーバ  プーチン
ハンドル名スパシーバ  プーチン さん
ブログタイトルスパシーバ  プーチン
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/iloverosia
サイト紹介文魅力あるプーチン 偽ユダヤによって捏造されたプーチン像と 歴史をくずす 「闇の正体は偽ユダヤ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1354回 / 365日(平均26.0回/週) - 参加 2015/01/08 09:43

スパシーバ  プーチン さんのブログ記事

  • アルツハイマーの記憶を回復   人工血管
  • 10.9 研究者らがアルツハイマー病を患っている際の記憶力を回復させるインドの研究者らは、2つの酵素を活性化させる小さな分子を活用することにより、アルツハイマー病を発症したマウスの長期的な記憶力を、十分回復させることに成功した。この研究で活用された治療用分子は、ジャワハルラル・ネルー先端科学研究所の分子生物・遺伝子学分野のグループによって合成されたもの。以前、同様の措置によって、健康な生き物の記憶力を [続きを読む]
  • ロシアの名画 「第9の波」
  • 10.5 東京にロシアの伝説的名画「第九の波」がやってきた東京富士美術館で10月5日、国立ロシア美術館の所蔵品から40点を選んだ展覧会の開会式が行われた。7日から「ロシア絵画の至宝展 夢、希望、愛ー愛ヴァゾフスキーからレーピンまで」は開催され、19世紀後半のロシア絵画の至宝を味わえる。目玉となる作品はイヴァン・アイヴァゾフスキー作「第九の波」だ。ロシア美術館のウラジーミル・グーセフ館長は、世界的に名高 [続きを読む]
  • ウィグル問題
  • 中国のウィグル問題 - 言及されない側面2018年10月5日F. William EngdahlNew Eastern Outlook ここ数カ月、欧米マスコミとワシントンの政権が、中国北西の新疆で、最大100万人の中国ウイクル人が拘留され、様々な“再教育”を受けさせられているとされる大規模強制収容所とされるものを巡って激しい非難を始めている。嫌疑に関するいくつかの点において、とりわけ、全てが、欧米マスコミや、その信ぴょう性実績が今ひとつ物足りな [続きを読む]
  • マレーシア  死刑廃止へ
  • 10.11 マレーシア、近いうちにも死刑廃止へニュー・ストレーツ・タイムズ紙電子版は11日、マレーシアのマハティール政権の情報をもとに、マレーシアは近いうちにも死刑を廃止すると報じた。マハティール内閣は、死刑廃止の決定を承認し、検討のため議会に提出した。11日、マハティール政権が発表した。死刑廃止の法案は、10月15日に開かれる下院の次回会合で検討されるという。ニュー・ストレーツ・タイムズ紙が伝えた。 [続きを読む]
  • なりすましではない朝鮮は独立と平和を志向する  露朝 
  • 10.10 北朝鮮に対する独自制裁の解除を検討=韓国外相韓国は、2010年3月の「天安沈没事件」を受けて実施している北朝鮮に対する独自制裁の解除を検討している。韓国の康京和外相が10日、明らかにした。聯合ニュースが報じた。聯合ニュースによると、康外相は北朝鮮に対する韓国の独自制裁について「関係官庁と検討中」であることを明らかにした。なおトランプ米大統領は9月下旬、対北朝鮮制裁は朝鮮半島の非核化が完了す [続きを読む]
  • NWOマクロン  催涙ガス  マイノリティ
  • 10.10 パリ警察、抗議デモに催涙ガスを使用【動画】パリで行われた抗議デモでは、暴徒化した参加者を解散させるために警察が催涙ガスを使用した。ロシアのマスコミが報じた。テレビ局BFMTVによると、抗議デモでは4人が拘束された。https://twitter.com/OnlineMagazin/status/1049699861094957058デモでは、黒い服装をした参加者と、暴徒化した参加者を解散させるために催涙ガスを使用した警官の間で衝突が起きた。警察との衝突で [続きを読む]
  • ミャンマーに群がる 自称日本人なりすまし
  • 10.8 公明代表、ロヒンギャ帰還を支援 スー・チー氏と都内で会談 公明党の山口那津男代表は8日、ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相と東京都内で会談し、隣国のバングラデシュに逃れたイスラム教徒少数民族ロヒンギャ難民の帰還を支援する考えを伝えた。 「日本でも懸念する声がある。着実な帰還を後押ししたい」と表明。スー・チー氏は「平和的な国づくりを進めたい」と述べた。問題への対応が不十分だとする [続きを読む]
  • ヒトラーの血縁者は メルケルに好意
  • ☆ なんともシニカルな インタビューという企画と 記事ですね。10.9 独紙がヒトラーの血縁者にインタビュー メルケル首相やトランプ大統領について語る独ビルト紙が、米国に住むアドルフ・ヒトラーの異母兄の孫アレクサンダー氏にインタビューを行った。同氏は、メルケル独首相の政策は肯定的に評価し、トランプ米大統領の政策は否定的に評価した。現在、米ロングアイランドには、ヒトラーの異母兄の孫3人が暮らしている。な [続きを読む]
  • サウジ皇太子を批判していたコラムニストが殺害された可能性
  • ☆ 粛正といっても 本当の粛正は なされないという 危惧があります。黒幕という 大きな存在は 結局は無事だろう。バチカンと エリザベス ビルゲイツは すでに 有罪です。けれど 何事もなかったような 忖度が許される。これでは 市民が 声を上げても 日本の犯罪者は 痛くもかゆくもない。サウジは ペトロダラー つまり 石油の取引をドル決済するために 「都合の良い王」が作られた。都合の悪い王は 亡くなり  [続きを読む]
  • オランダの策略  スパイ事件
  • 10.8 オランダでの「スパイ」をめぐる状況は、注意をそらすための策略=ラブロフ外相ロシアのラブロフ外相は、化学兵器禁止機関(OPCW)へのサイバー攻撃を試みたとしてオランダがロシアを非難している状況について、EUとNATOの問題から注意をそらすための「策略」の一例だと指摘した。ラブロフ外相は「この4月の話は、NATO外相会議を前に意図的に引っ張り出された」と語った。またラブロフ外相は「スパイ行為で非難されているロ [続きを読む]
  • スズメさん 歌を学習
  • 10.6 野生のスズメに歌を学習させることに成功【動画】カナダの研究チームは、スピーカーで再生したメロディを繰り返すよう野生のスズメを学習させることに成功した。研究成果は学術誌『 Current Biology』に掲載された。ウィンザー大学のダン・メニル教授は「スピーカーを研究対象の鳥の声を装うため利用した。その鳥は(スズメ目)クサチヒメドリだ」と述べた。研究では太陽光バッテリーで動くスピーカー40台を設置。スピーカ [続きを読む]
  • トランプ大統領 大量逮捕に向かうか?
  • トランプが、深層国家の大逆犯たちの大量逮捕と軍事裁判を計画中(前半)米連邦官報から写した文書が、下にリンクされている転載元) 創造デザイン学会 18/10/6http://www.dcsociety.org/2012/info2012/181006.pdf Daniel Newton, www.neonnnettle.com September 24, 2018 下に引用された記録文書を見ると、トランプ大統領が、深層国家の大逆犯たちの大量逮捕を実行すべく、腹を決めていることがわかる。 これら深層国家のスパイ [続きを読む]
  • 英に「サイバー攻撃」の証拠を要求  日英同盟TPP
  • 10.8 ロシア大使館、英に「サイバー攻撃」の情報共有を要請在英ロシア大使館は英外務省に、ロシアが英国にサイバー攻撃を試みたという批判の根拠となる情報の即時共有を要求する書簡を送ったと発表した。英政府はさらに4日、ロシア軍諜報機関が「英国の小規模なテレビ局の電子メールハッキングと情報盗難」に対して責任を負っているのは「ほぼ確実」だと発表した。ドイツも英国とオランダに続き、ロシアのサイバー攻撃を批判。ド [続きを読む]
  • 吸血鬼ニャンコ かわいい   チャールズの先祖
  • 10.7 吸血鬼の牙を持つ黒猫がネット上のスターにネット上で、「モンク」という名前の黒猫のインスタグラムの人気が高まっている。モンクは不正咬合により通常よりもはるかに大きな犬歯を持っている。なお米ニューヨークに住むモンクの飼い主によると、大きな犬歯がモンクを悩ませていることはないという。飼い主は、モンク用に歴史の中で最も有名な吸血鬼ドラキュラの衣装を入手した。墓石を背景にした「撮影」は、完璧なイメージ [続きを読む]
  • 66才の誕生日
  • 10.7 プーチン大統領66歳の誕生日 伊から祝福の言葉イタリア大手銀行インテーザ・サンパオロのアントニオ・ファリコ会長は「アリーナ・ディ・ヴェローナ」の舞台で、ウラジーミル・プーチン露大統領の誕生日を祝福した。プーチン大統領は10月7日、66歳の誕生日を迎えた。ファリコ氏は、「ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ! お誕生日おめでとうございます。我々の世界に大きな変化をもたらしたお仕事を今後も続けられる [続きを読む]
  • ロイヤル・イエズス会 ロシア敵視の戦争や サイバーを口実
  • 10.7 英国防省、大規模サイバー攻撃を検討 ロシアの「侵攻」に備える狙い同紙によると、英国防省において、同国がロシアとの軍事衝突に対応可能な十分な兵器庫を有していないとの懸念の声がささやかれている。英政府はこれを受け、大規模なサイバー攻撃こそが核弾頭の使用に代わる、ロシアによる侵攻に対応可能な唯一の手段との結論に至った。同紙はまた、ロシアによる侵攻が行われた場合に「モスクワの電力を断絶」するため、英 [続きを読む]
  • トランプ・カバノー  vs  世界の戦争や
  • 〇 スタンフォード大学精神医学教授プレイジー・フォード博士の正体(続)CIA大学院インターンシップ・プログラム・インストラクター。人工的な記憶の創造による嘘発見器をパスする催眠術の研究者。ヒラリー・クリントン、オバマと同じロシアマフィア、戦争屋の協力者。https://twitter.com/CIAWilloughby/status/1047973903845314561〇 トランプ氏:反カバノー氏デモ参加者、ソロス氏の「雇われプロ」https://www.bloomberg.co.jp [続きを読む]
  • カバノー氏 承認される
  • 10.6 米上院 カバノー氏、最高裁判所判事最終承認へ米国の上院議員は、米連邦最高裁判所判事に指名されたブレット・カバノー氏の候補に関する審議を打ち切り、最終承認に移行することを賛成多数で可決した。上院議員51人が賛成、49人が反対した。最終承認は上院で6日に予定されている。マスコミが報じた。トランプ米大統領は投票結果を歓迎し、ツイッターに「米上院が、ブレット・カバノー判事の承認手続きの継続に賛成した [続きを読む]
  • 猛毒入り封書  プーチンもターゲット
  • 10.6 プーチン大統領もターゲットに? 猛毒リシン入り封書送付の米容疑者が自供米政府高官宛てに猛毒リシンが抽出可能なヒマ種子を含む郵便物を送付した容疑で逮捕された米退役軍人が、「有毒な」郵便物をウラジーミル・プーチン露大統領宛、および英国のエリザベス国王にも送付していたことを明らかにした。今月2日、米国防総省、ホワイトハウス、連邦捜査局(FBI)宛に猛毒リシンが含まれているとみられる不審な郵便物が送ら [続きを読む]
  • 米ドル利用 イラン・露・トルコと米ドル  露ドル決済放棄  仮想通貨
  • 9.15 露外相 米国は懲罰の手段としてドルを利用セルゲイ・ラブロフ露外相は露国営テレビ局「第1チャンネル」で、米国は同国にとり不都合な国家に対しての「懲らしめ」の手段として米ドルを使用しているとの考えを示した。「もっとも明白な一例がドル基軸通貨体制だ。これは正しいであろうか?思うに、正しい。世界各国がそれに同意を示し、数十年にわたり現体制下で生活してきた。米国が世界の基軸通貨発行国としての責務を果た [続きを読む]