R さん プロフィール

  •  
Rさん: Rの日記
ハンドル名R さん
ブログタイトルRの日記
ブログURLhttp://www.studiopico.net/blog/
サイト紹介文私Rが徒歩や自転車、バイクで各地を徘徊し感じたこと、日々の感じることを綴るブログです。
自由文スローライフを目指して。住宅設計専門家、永く住み継ぐ家がテーマ。
調べた漢字・語彙や気になる町並みや建物などを記録しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供172回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2015/01/09 14:55

R さんのブログ記事

  • 木造用制震装置いろいろ
  • 今朝新聞メディア各社が「免震・制震装置」を製造している会社のデーター改ざんの記事を扱っていた。それにしても、いろんなメーカーのデーター改ざんのニュースが次から次へよく出てくる。毎日新聞 KYB「建物、震度7にも大丈夫」 データ改ざんで検証読売新聞 数値改ざん発覚、きっかけは従業員同士の会話 検査データーの改ざんは、企業として儲けを優先させるから時には造ることに、「待ったをかける」ことになる検査は簡 [続きを読む]
  • 鎌倉小町の住宅 8
  • 8月18日。昨日の上棟では屋根の野地板(構造用合板)の施工までは出来ていなかったので、今日の現場監理は主に垂木のあおり止め防止(タルキック)と、屋根野地板の施工状況の確認をしに来た。まずは昨日の上棟時に確認できていない金物の確認。写真は短冊金物の認定品。(短冊金物とは横架材(梁)相互を同一線上でつなげた部分の補強を行う金物)鎌倉小町の住宅は在来工法の3階建てで、フラット35Sの金利Aの耐震等級3と [続きを読む]
  • 長く住みたくなる家
  • 今は過去に造り続けてきた家が世の中に余っている時代。これから私が新たに造る家は、長く使われ続けるという視点から考つもりでいる。長く使われ続ける家は長く住みたくなる家にしていかなければいけない。技術的・意匠的にはできるところから始めていこうと思う。しかし、長く住みたくなる家には技術的・意匠的とは別のハードルもあると思う。その一つは、世の中に浸透している経済活動がある。 以前読んだ心理学の本。ディヴィ [続きを読む]
  • 鎌倉小町の住宅 7
  • 8月17日。埋蔵文化財の確認調査と本調査があり設計・監理契約から11ヶ月後のこの日。鎌倉小町の住宅はようやく上棟となった。上棟の時点では現場監理者として、確認しておかなければならない施工箇所はそれほど多はくない。強いて言えば、上棟時に(その日のうちに)屋根の垂木と野地板まで施工してしまう現場では、「タルキック」の施工状況と、野地板の釘の種類と釘打ち間隔、それとルーフィングが指定の材料かの確認と施工 [続きを読む]
  • 最近気になった自宅近くの普通の住宅
  • 最近気になった自宅近くの普通のお宅。1件目は3年程前に家の周囲全面に足場をかけてリフォームしたお宅。 最近また、家の周囲全面に足場をかけている。 家の近くなので、ゴミ捨てついでに近くにいた職人さんに訊いてみました。 私:「どこをリフォームしているんですか?」 職人さん:「屋根から雨漏りしているのでそれを直すためです」 私:「屋根だけ直すんですか?」 職人さん:「雨が漏ったことにより、大工さんが入って直 [続きを読む]
  • 是枝監督の著作と樹木希林さん
  • 私は是枝監督が造った映画作品を見たことがない。でも最近特に映画化したオリジナルの著作は好きで数冊続けて読んでいる。オリジナルや脚本も書き、複雑な社会問題を娯楽作品として映画にして、興行面でも成功させる。(実際はどうだかわかりませんが)すごい人だなーと思っている。昨晩、台風の雨が当たる音や風の音で寝られなかったので、最近図書館で借りた、映画監督の是枝裕和さんが書いた「歩くような速さで」という本を読ん [続きを読む]
  • 鎌倉小町の住宅 6
  • 8月10日先週の土8月4日土曜日の午後に基礎のコンクリートを打設し、養生期間は打設日を含めて5日間。 工務店には基礎ベースと基礎立ち上がりの2回のコンクリート打設後にシート養生と散水養生を行うように指示してある。 本日は土台敷の確認、今回確認すべきの現場監理の項目はそんなに多くはないが、今回も今確認しておかなければならない重要な項目だ。 今日は上棟に向けて建物外周の足場の設置の作業も行っている。上棟 [続きを読む]
  • 土留めを兼用するブロック塀は注意が必要
  • 先日の朝日新聞の社会面に『ブロック塀 対応に差』という見出しで各都道府県で危険なブロック塀が確認された学校数とそれに対する対応済みの学校数の表が載っていた。 私が住む神奈川県には危険なブロック塀を有する学校が283校あり、応急対応策済みの学校が235校と記載されている。 写真は私が住む横浜市戸塚区内の小学校のブロック塀。上の記事が出た数日後に撮影したもの。 ブロック塀の間のアルミフェンスには『注意! [続きを読む]
  • 鎌倉小町の住宅 5
  • 8月3日夕方基礎立ち上がりの確認に行くが、まだ立ち上がり型枠の施工が完了していない。今年は猛暑の影響で外で働く方はいつもより倍の時間がかかっている多くの現場の工事が遅れ気味だそうだ。猛暑の日中同じ現場に立ってみればその大変さがわかる。 自作の仮設テントを張って作業を続けていた。 立ち上がり型枠施工中。やっぱり木製の型枠がいいね。現状一般的に使っている鋼製型枠は問題もある。基礎は「一体の鉄筋コンクリー [続きを読む]
  • 鎌倉小町の住宅 5
  • 8月3日夕方基礎立ち上がりの確認に行くが、まだ立ち上がり型枠の施工が完了していない。今年は猛暑の影響で外で働く方はいつもより倍の時間がかかっている多くの現場の工事が遅れ気味だそうだ。猛暑の日中同じ現場に立ってみればその大変さがわかる。 自作の仮設テントを張って作業を続けていた。 立ち上がり型枠施工中。やっぱり木製の型枠がいいね。現状一般的に使っている鋼製型枠は問題もある。基礎は「一体の鉄筋コンクリ [続きを読む]
  • 鎌倉小町の住宅 4
  • 7月16日、世間は3連休でこの日は海の日だけれど、現場は動いています。 7月11日日に開始した根切(基礎を造るのに所定の位置まで土を掘ること)ですが、現場は元々駐車場で敷地の全面がアスファルト舗装。 しかも駐車場の雨水排水のためだと思いますが、道路から奥に向かって砕石が徐々に厚く盛ってあり、路盤と同様に締め固めてあり、掘削が容易でない状況。根切に時間がかかっています。今日は根切がほぼ終わったので根切 [続きを読む]
  • 鎌倉小町の住宅 3
  • 7月9日(月)、予定通り今日から鎌倉小町の家工事に取りかかります。地盤改良工事の作業。 7月11日(水)今日は現場監理の確認する工程としては「*遣り方」を確認する事になりますが現場の工事としては基礎の*根切底根切底の確認をしています。遣り方:物事をする方法・手段。しかた。(スーパー大辞林3.0による)辞書では以上のような説明ですが住宅の工事用地で工事前に敷地の周囲で木の杭が打ってありその杭に板が取 [続きを読む]
  • 鎌倉小町の住宅 2
  • 昨日、天気にも恵まれ地鎮祭を執り行いました。昨年計画地が、埋蔵文化財の包蔵地だということがわかった段階でこの計画地では深さ60cmを超える深さで工事をする場合は、埋蔵文化財の本格的な調査が必要かを判断するための確認調査をする必要があり、確認調査を申請する段階で、実際に建設する計画図を提出しなければなりません。本格的な埋蔵文化財の調査が必要と判断される場合とは、工事が地盤面下60cmより深い場合なの [続きを読む]
  • 災害に強い家をつくる
  • 昨日、大阪の北部を震源とする震度6弱の地震が発生して、4人の方がお亡くなりになりました。4人のうち、ブロック塀の下敷きにより2名が住宅内で本箱の下敷きにより1名の方がお亡くなりになっています。以前のブログでも「我が家の地震対策は手近なところから始める」というタイトルでまずは簡単地震対策として家具の転送防止から始めましょうと書いています。既存の擁壁や既存ブロック塀の安全性の確認の必要性についてもブロ [続きを読む]
  • 家づくり、もっと自由に出来るんじゃね
  • さっき、スマホでSNSを見ていたら。 『住宅展示場やハウスメーカーに何度も行って打ち合わせするのが面倒ですね。その手間を減らします』 なんていう動画広告が流れてきた。 『VR住宅展示場からお好みの家を探すことが可能。空き時間に手軽にスマホを使って家をシュミレーション何度でも納得のいくまで細部を確認』 という内容。 現在はあらゆる物が消費財となっていてそれは住宅も例外では無いことは皆さんも先刻ご承知のこと。 [続きを読む]
  • 鎌倉小町の住宅 1
  • 鎌倉小町の住宅の工事がもうすぐ始まります。これから住宅の完成まで工事の進捗を書いていこうと思います。 昨日、確認信申請を出していた審査機関に確認申請を受け取りに行きました。現在、工務店が見積もり中で6月末をめどに工事を開始する予定です。 今は工務店が見積もり中なのでブログでは施主との細かい内輪の話を書くことが出来ませんが、現在3社から見積もりを執っていて見積もり期間が終わっても工務店との建物請負契 [続きを読む]
  • 面倒でない家づくりと面倒な家づくり
  • 家を造るとはホントに面倒なことだ。土地を探して、どんな家にしたいか考える。 家づくりのパートナーである設計者も探さなければいけないし、 設計者とはどんな家にするか何度も何度もお互いの意見を出し合い話し合わなければいけない。 将来の家の使い方などというよくわからないことまで考えなければいけないし、どんな物を使いたいのかも施主としての考えも示さなければならない。 あー面倒だ。 ましてやオープンシステム(分 [続きを読む]
  • 成功する間取り作り3
  • 敷地内に・駐車スペース・駐輪スペース・物置・植栽や菜園などの外部スペースと家の位置のおおよその配置が出来たら次は建物内部の間取りの準備に取りかかります。間取り作り、成功への手順 建物内を各ゾーニングに分けました。・パブリック(家族空間:ポーチ、玄関、廊下、階段、バルコニー居間、ダイニング、学習スペースなど)・プライベート(個人空間:寝室、子供部屋、書斎、趣味の部屋など)・作業空間(台所、ユーティリ [続きを読む]
  • 成功する間取り作り2
  • 昨日のブログで間取り作りにテーマを与えたいと書きました。テーマに沿った間取りを意識する テーマを決めるときに、新しい家での生活をイメージする場合に自宅で出来る趣味がある方はその趣味をしていることをイメージしてそれを間取り作りのテーマとしてもいいと思います。 家の間取り作りは家のテーマを意識しながら進めます。 そして、いくつかの新しい家での生活のシーンを思い浮かべそれをつなぎ合わせるイメージを持ちな [続きを読む]
  • 家づくりのテーマとゾーニング
  • 昨日のブログで間取り作りにテーマを与えたいと書きました。テーマに沿った間取りを意識する テーマを決めるときに、新しい家での生活をイメージする場合に自宅で出来る趣味がある方はその趣味をしていることをイメージしてそれを間取り作りのテーマとしてもいいと思います。 家の間取り作りは家のテーマを意識しながら進めます。 そして、いくつかの新しい家での生活のシーンを思い浮かべそれをつなぎ合わせるイメージを持ちな [続きを読む]
  • 満足できる家の間取り作りに欠かせないこと
  • 家の間取りを考えるときどこから手をつけたらいいのか?どう始めれば満足のいく間取りが出来るのか。 どなたも間取りを作る前にはどんな部屋が必要かは事前に考えると思います。 今までの家の不満と生活の仕方を考えてみる。 どんな部屋が必要か考える事にプラスして今までの家でどのような暮らしの仕方をしてきたか思い返してみましょう。 そして、今まで住んでいた家にどんな不満があったのかを挙げて整理してみましょう。 新 [続きを読む]
  • 満足できる家の間取り作りに欠かせないこと
  • 家の間取りを考えるときどこから手をつけたらいいのか?どう始めれば満足のいく間取りが出来るのか。 どなたも間取りを作る前にはどんな部屋が必要かは事前に考えると思います。 今までの家の不満と生活の仕方を考えてみる。 どんな部屋が必要か考える事にプラスして今までの家でどのような暮らしの仕方をしてきたか思い返してみましょう。 そして、今まで住んでいた家にどんな不満があったのかを挙げて整理してみましょう。 新 [続きを読む]
  • 成功する間取り作り1
  • 家の間取りを考えるときどこから手をつけたらいいのか?どう始めれば満足のいく間取りが出来るのか。 どなたも間取りを作る前にはどんな部屋が必要かは事前に考えると思います。 今までの家の不満と生活の仕方を考えてみる。 どんな部屋が必要か考える事にプラスして今までの家でどのような暮らしの仕方をしてきたか思い返してみましょう。 そして、今まで住んでいた家にどんな不満があったのかを挙げて整理してみましょう。 新 [続きを読む]
  • オープンシステム(分離発注)を成功させる方法
  • 当事務所が勧めているオープンシステム(分離発注)ですが、Webサイトで「住宅 分離発注」で検索してみました。 驚くべきことに、オープンシステム(分離発注)での家づくりについて書かれているブログでは、多くの失敗例が語られていました。 例として、・工事金額が当初予定していた金額とかけ離れている。 ・設計事務所の書いた図面のつじつまが合っていなく、現場で専門工事業者が困っている。 ・設計者が各専門工事業者 [続きを読む]
  • オープンシステム(分離発注)を成功させる方法
  • 当事務所が勧めているオープンシステム(分離発注)ですが、Webサイトで「住宅 分離発注」で検索してみました。 驚くべきことに、オープンシステム(分離発注)での家づくりについて書かれているブログでは、多くの失敗例が語られていました。 例として、・工事金額が当初予定していた金額とかけ離れている。 ・設計事務所の書いた図面のつじつまが合っていなく、現場で専門工事業者が困っている。 ・設計者が各専門工事業者 [続きを読む]