にいや徒然エッセイ さん プロフィール

  •  
にいや徒然エッセイさん: にいや徒然エッセイ
ハンドル名にいや徒然エッセイ さん
ブログタイトルにいや徒然エッセイ
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/niiya-mari
サイト紹介文「あめつち」に響く歌声の持ち主、シンガー・ソングライター「にいや」こと「新屋まり」が奮闘の日々を綴る
自由文41才からの遅咲きのシンガーながら、オリジナルは100曲越え、手がけたアルバムも13枚。精力的に活動した時期を経て現在りっぱな50代。楽しみながらボチボチを心情に、日常を赤裸々に綴る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供164回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/01/09 13:30

にいや徒然エッセイ さんのブログ記事

  • 体質改善。驚くべき効果
  • 電気や電流ではなく電子なのだそう。機械とマットがコードでつながれていて座っているだけで電子が作り出す細かい振動が全身を駆け巡る。母を連れて毎日通うことひと月半。30数回通った。ほぼ毎日1時間、楽しい話を聞ける。しかも無料。母の楽しみはデイサービスと目下これだ。眠れるようになった人は多い。私も眠りが深くなった。足腰肩の痛みやしびれが治癒、改善した人は数え切れない。血糖値や尿酸値が下がった人も多いし、 [続きを読む]
  • 師走の激走を前に
  • 電子治療機の無料体験が日課になっているのでばーちゃんが着替えを始めると狸寝入りならぬ犬寝入りの麻呂が察して起き上がり後ろをついてくる。すっかり甘えん坊になりどこへでもついて来たがる。トイレの中へも入ってくる。彼にとっては「散歩」がもはや「ドライブ」と同義語。散歩と言えば排泄に行ったものだが、この頃では「散歩」と声を掛けるなり裏玄関から飛び出して車に直行。ひっぱっても離れようとしない。車に乗っていれ [続きを読む]
  • 同窓生の活躍に触発されるおばさんシンガー
  • さだかではないけれど母校である広島新庄の同窓生は1万人以上いるはず。父を含めて兄弟8人全員が卒業生だ。親戚が集まると母校の話で盛り上がったものだ。この夏、ひょんなことで大先輩とご一緒した。80代の女性だが背筋が伸びて頭脳明晰、とても上品な方。母校の大先輩にはそんな素敵な女性がたくさんおられる。新庄学園は明治末期に創立された。日本女子大の創設に尽力した成瀬仁蔵の薫陶を直接受けた豊留アサ先生が女子大の [続きを読む]
  • 熟女の夜遊び
  • 「熟女」がもはや時代遅れになっていますが、人間=私が若くはないのでこのタイトルで。今では「熟女」ではなくアラフィフとかアラ還と言うのだそうで自身をカテゴライズすると後者でございます。孫もいない代わり夫も子供も存在しない自由の身。フリーダム万歳な身の上のはずが、老母(82歳)と老犬(推定8歳)に気を取られて思うにまかせず。土日が珍しく予定なしとなりまして「たまには遊ぼ」と思った次第。いつも遊んでいる。 [続きを読む]
  • ネットショッピングにはまる
  • 帰宅すると母の頭にホットカーラーがついている。実妹はいつも母の髪の毛がモシャモシャなのを気にしている。我が家に来ると真っ先にセットして安心して帰って行く。実妹はまた母の身なりを気にしている。ある日、上から下までそろえた。エプロンとズボン、インナーそしてジーンズ風のズボン。実妹に似会いそうなファッションだ。母は半ば強要されてそれを半日着た後にインナーのピンクは恥ずかしいと私に譲ってくれた。先日は色違 [続きを読む]
  • 御堂コンサート「生かされて」
  • 高野町比和の圓光寺さんへ。ご紹介下さった大崎さんは本業が調律師。打ち合わせに行って下さり、前日は機材の搬入と仕込み。そして当日は運転手。ありがたや。大崎さんには足を向けて寝ません。あっちこっちに足を向けて寝られなくなった(笑)で、東京遠征中に広島県北部は雪が降った。広島県下でも1、2を争う豪雪地帯の高野町。心配したがノーマルタイヤでも大丈夫だった。比和は出雲と山陽を結ぶ街道筋にあって古くは宿場町だっ [続きを読む]
  • 東京deライブレポ
  • 東京のライブハウス」楽屋(らくや)」さんでライブさせてもらうのも数度目。ネットで中目黒店を見つけて10数年になる。初めて楽屋でライブした日、宮角さんが来て下さった。その2年前、広島の平和イベントのコンサートで歌った時に東京から帰省されていた宮角さんと会ったのが縁。しかも楽屋のオーナーと宮角さんはたまたま知り合い。お互いに「どうしてここへ?」と驚いていた。横浜からご来場下さったIご夫妻との縁も不思 [続きを読む]
  • 1年越しの作曲にピリオド
  • 作曲を受けて1年くらいになろうか。タイトル「大間の漁師(おとこ)」。はい、演歌です。「出雲の女(ひと)」にメロをつけたらとても気に入ってもらい。私が歌ってレコーディングはしたが、ミックスダウンは作業途中レベル。「デモ音源です」と釘はさしたがYさんは大喜びでCDRにした10枚を知り合いに配ったそう。「みんなにええ歌だとほめられる」そうで、すこぶる評判が良い。1年前のお正月の初競りでまぐろ一匹が2千万円だっ [続きを読む]
  • 秋深し
  • 四季折々に色づく山里。霜月も半ば。確実に朝晩の冷え込みが厳しくなっている。紅葉の赤が朝日に照らされてきれいだったのは数日前。野に出ると葉は茶色になり、道は落ち葉で埋もれている。木の枝枝がまとっていたとりどりの葉の数は、昨夜のにわか雨で散り、残り数枚とはかなくなった。この季節、稲刈りを終えてからは木を切り炭を焼いた父。薪を割り、栗を拾い畑の大根や渋柿を干して、炭のこたつを用意して・・。厳しく長居冬に [続きを読む]
  • 冬支度
  • 2年前の冬にリフォームした。田舎の家にしては居間が狭くて母が居間のこたつとテレビを陣取り、身の回りの物を手の届く範囲に並べるので、まるで介護部屋。ほかの人間が座るにもままならない状態に辟易していた。あるいは両膝が人工関節になって、膝が曲がらなくなった母は、畳から立ちあがるのに一苦労。はたまた、居間のテレビをダイニングから見る時は、中途半端に開けた障子戸から眺めるのです。居間の押入れやダイニングの食 [続きを読む]
  • 西伊予へ。笑顔に会いに(2)
  • 「日吉夢産地」でのイベント出演を終えてほっ。宿泊先の宇和島ユースホステルへ向かう途中で、なじみの喫茶店に立ち寄った。前夜、そこで数個で100円のみかんを買ったら、おいしかったので買い占めに寄った。「お金はいらない」と言ってありったけを袋に詰めてくれた。ありがたく頂いた。行くたびに思うのだけれど、伊予の皆さんは本当に親切。宇和島ユースホステルまで40分。「日本一行きにくいユースホステル」と謳っていた気が [続きを読む]
  • 西伊予へ。笑顔に会いに(1)
  • オリジナルのカラオケCDRを忘れ掛けたが忘れなくてホントよかった〜、と思いながら愛媛県鬼北町へ出発。惰性で高速道に入ったが、反対方向に向かっている自分を発見。Uターンしなくては!と思ったけれど、そのまま山陽道からも行けると気づいた。福山西までの料金は3300円。「しまなみ海道」までのルートは2つあるが、中国道ルートだと600円。三次までの1000円を足しても1600円!ちょっとしたミスで倍の金額を [続きを読む]
  • プロorアマ
  • photo宮角孝雄先日テレビで見た。ショッピングセンターの女王がいて、今急速に人気が出ているそうだ。「下積み17年」というテロップを見て私と同じだと思った。世間的には下積み中のシンガーにいや。さすがプロですね〜と誉めて頂くこともあるし、プロですか?と聞かれることがある。一時期意識したこともあるけれどソモソモは自分の思いを形にして達成感を味わいひいてはそれを喜びとしたいから続けている。歌活動で生活して [続きを読む]
  • 一喜一憂 
  • 日々、時々刻々、小事件が勃発している。一喜一憂する「シンガーにいや」。だが日常はシンガーから遠い。「この家のいかず」であり「シズコの娘」かつ「麻呂のママ」が目下「主流の立ち位置」でありましょうか。電子椅子の無料体験に通って2週間。担当者の話術と本気度に感動する。今日は特に感動テキなことがあって、カバンからハンカチを出して涙を拭ったほどだ。何人も泣いていたネ。体験会場通いが今や母にとっての生き甲斐だ [続きを読む]
  • ライブ、イベント出演スケジュール
  • photo 宮角孝雄秋の大収穫まつり&ゆずまつりin日吉夢産地日にち 11月3日(祝) 10:00〜15:30場所 日吉夢産地 (愛媛県北宇和郡鬼北町下鍵山54)出演時間 1st 13:15  2nd14:30※気持ちは雲ひとつない秋晴れですが、万が一の雨天でも決行。  主催 日吉夢産地/秋の大収穫まつり&ゆずまつり実行委員会新屋まり歌会 in宇和島ユースホステル日時 11月3日(祝) 19:00〜20:00(予 [続きを読む]
  • めったに会わない。熱い人
  • 電子椅子無料体験に通っている。8月から毎日400人もの人が来ている。健康に関することをわかりやすくおもしろおかしく話してくれる。ゆみちゃんは医学的な知識が豊富で進行のテンポが良い。授業だったらさぞ生徒は喜ぶだろうし要点がどんどん頭に入るんではなかろうか。スター教師になれそう。82歳の母でさえ「西洋医学は入れる、電子椅子は出す」「万病一元血の汚れ」とすらり言えるほどだ。目下、母と私の関心事は食と健康。そし [続きを読む]
  • ファスティングのすごさ
  • 丸六日は完全に固形物を取らなかった。前後合わせると8日のファスティング。終えて白米を食べたのは1回。発酵食の講座に参加して、美味しい漬物と白米を頂いた。ご飯は物凄く食べる方。以前の私なら2、3杯おかわりしただろうがここで気を引き締めて体と脳に量と質を覚えさせたい。今までは幸せになる為に「食べる」という発想がメインだったけれど、「食べない」もその道の延長にあると知る。肉体的にしんどかった分、これまで [続きを読む]
  • 桃源郷〜世羅高原
  • 久しぶりに晴れたので母がうずうず。私の帰りを待っていたようで「どっかへ行こうか?」と言う。雨天続きだし台風が接近中。洗濯したいし布団も干さねば・・と私なりに計画していたがさっさと出かける。ウトウトしていた麻呂もいきなり起きて俺を連れて行けとばかり吠える。2人と1匹で世羅高原を目指す。世羅高原は大農園が多い。稲作から果物や花作りに大きく転換したそうで当初は相当な苦労があったよう。何年も掛けて開拓さ [続きを読む]
  • 断食明け
  • ファスティング(断食)終了。固形物は土曜日お昼から食べず仕舞で翌週の金曜日の朝を迎えた。お味噌汁のお汁だけ軽く飲む。おいしかったこと!断食する2日前から準備。1、2食に押さえただけで2キロ体重が下がった。どんだけ食べていたんでしょ。土曜日からは酵素食品のペーストとドリンク、そして麦芽をお湯に溶かしたものと水で過ごす。空腹は覚悟の上なので案外我慢できるけれどイライラがね〜。そして肉体に様々な反応が。 [続きを読む]
  • 体質改善中
  • 体質改善のファスティング中。友人に自慢しようとしたら週末は食べない・・とこともなげに言う。野菜を食べればよいだけと言われて負けた気がする。でも時間をかけて食事を改善するというのは私の場合は嘘になる。短期決戦で行くことにした。食事は酵素食品と酵素ドリンク、そして見かけはコーヒーに似ている麦芽をお湯に溶かしたものを摂取するのみ。50年以上胃腸を酷使した。休ませつつたまっているであろう毒素を出さねば。長 [続きを読む]
  • 柿のはずれ年
  • 我が家の柿の木は丸裸。今年は不作の様だ。からすにほとんどもって行かれた。色づいてきたなと思ったのとほぼ同時に食べられてしまい4分の1しか残っていなかった。豊作だったおととしは取れ過ぎだったので友人が3、4人来て大喜びで持って行ったけれど。今年の収穫はこぶりのざるに一杯のみ。甘くない柿も混じっていて、私が食べたのは数個のみ。むしろカラスが食べ散らかしたのを拾って食べたらおいしかった。カラスの食欲は旺 [続きを読む]
  • ドライでいくか、ウルウルでいくか?
  • 白内障手術と同時に多焦点レンズを埋め込んで3か月。おかげで裸眼視力は1、2と1、0になった。スマホの小さな文字も見える。先日、眼科のアンケートで5段階を聞かれたので4か5と答えておいた。目の表面にコンタクトレンズと似た違和感はあるが強度のドライアイなのでしかたない。老化現象だそう。目薬を流し込むようにしているが辛い。パソコンやスマホを使うと瞬きが減るから。それ以外にも人の眼には感知できないくらいのか [続きを読む]
  • 迷子になった母
  • 母に対して、どうして?と思うほど頭にくることがある。反抗期が永く私自身も辛かったが、10年前から更年期が加味されており、たいしたエネルギーを発揮するのです。先日、些細なことで切れました。ドアを2,3たたきつけても怒りがおさまらない。ゴミ箱を蹴飛ばした。すっきりしないが、割れなくて安心している自分。ばかばかしいこと甚だしい。母に対しての怒りの根本には「過干渉」に対する息苦しさと、コントロールされる苛立 [続きを読む]
  • ライブ・イベント出演スケジュール
  • ■11月3日(祝)「秋の大収穫まつり&ゆずまつり」会場は愛媛県鬼北町。「日吉夢産地」にて10時〜15時。2ステージ出演です。10年くらい前にもエフエム愛媛の公開録音番組で歌わせてもらった。メインゲストは「雅夢」の三浦和人さん。地元関係者と番組スタッフ、こちらからは2人同行。前日は大勢で宴会になった。メジャーなシンガーだけれどとてもフレンドリーな人で、三浦さん作曲の「千年の恋」は私のずばり好み。その後、鬼北町 [続きを読む]
  • 新ユニット
  • 夏、にわか結成の初バンドでサポートしてもらった。あまり歌わない初期のオリジナルを中心に歌った。歌う方も聞く方も、「ストレスのない歌」がまた楽しかったバンドならではのオリジナル曲が鳴りを潜めて10年少々。「フレンズ」でギターを弾いてくれた西本祐太郎さんとならバンド系の歌も出来ると知った。新ユニットでデビューチャンス到来私の客層とはやや違って会場は元スナック、開始が夜。観客は記録更新に迫るほど少数だ [続きを読む]