にいや徒然エッセイ さん プロフィール

  •  
にいや徒然エッセイさん: にいや徒然エッセイ
ハンドル名にいや徒然エッセイ さん
ブログタイトルにいや徒然エッセイ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/niiya-mari
サイト紹介文「あめつち」に響く歌声の持ち主、シンガー・ソングライター「にいや」こと「新屋まり」が奮闘の日々を綴る
自由文41才からの遅咲きのシンガーながら、オリジナルは100曲越え、手がけたアルバムも13枚。精力的に活動した時期を経て現在りっぱな50代。楽しみながらボチボチを心情に、日常を赤裸々に綴る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供143回 / 365日(平均2.7回/週) - 参加 2015/01/09 13:30

にいや徒然エッセイ さんのブログ記事

  • チームにいや
  • 秋晴れの気持ち良い日、呉市音戸町の専教寺さんへ。山から下山するので海が見える街には永遠のあこがれがある。青い空と鏡のように穏やかな瀬戸内海。変化に富んだ地形。運転しながら安芸の国はなんて素晴らしいんだろうと改めて思った。そして問題の坂道へ。下見に来ていたおかげで予定通り到着。キーボードの香織さんはお寺の前の急な坂道に案の定大苦戦したようだ。音響の大崎さんも無事到着。仏教婦人会の方々にはお世話下さ [続きを読む]
  • 空港にお見送り。
  • 東京在住の写真家・宮角孝雄さんが奥様のトモちゃんとフランス人を伴い広島に来られたのはつい先日。被爆2世として「グラウンドゼロ」を撮り続けておられる。出身地である庄原市長さんと広島市長さんに会ったそう。テレビカメラが入ったと聞いた。その直後に広島空港で落ち合うことに。案外、飛行機まで時間があると気づいたので空港近くの日本庭園へ行くことにした。和風庭園で厳島神社の作りに模している。フランス人のヌーイ [続きを読む]
  • 舞台公演へ友情出演
  • アレルギーで喉が炎症を起こして3日。前日声が出るのを確認した。炎症部分は喉の深いところ。歌う時の息を口内の上にあてればいけると思った。プロの端くれにいる新屋まりですから。本当に端くれだけど(爆)車内で発声練習をしながら戸河内ふれあいセンターへ。スタッフ、音響、照明は我が北広島町の地元の人たちで完全なる手作り公演。キャパ500くらいのホールを音響、照明の業者不在で敢行するって正直なところ不安だった [続きを読む]
  • 喉の不調
  • ファスティング3日目の夕方。無性に大根おろしが食べたくなった。機械でおろしたものをスプーンで口にいれたら物凄く辛かった。異常なほどだ。強烈なのはファスティングで味覚が変わったせいか?と思いながらやめれば良いものを我慢して3、4さじ食べた。喉が痛くてたまらない。そのうち喉が閉まってきた。アレルゲンだっ!これまで何ともなかったけれど。理由は分からない。今朝起きたら喉がまっかっかではないか。腫れてもい [続きを読む]
  • 腸内改善
  • ファスティング(酵素断食)から1年。長年の便秘が改善していたが食べ過ぎからか復活。つまった感じの耳鳴りも気になる。腸内の悪玉菌が増えたのだろう。腸内を改善しなくては。完全な断食を丸2日やったことがある。倒れそうになりながら決行しても翌朝バナナ2本で体重が戻りなかったことになってしまった。3日間は1、2食に抑えて4日目から固形物を断つ。完全に発酵させた無添加酵素食品のみでファスティングした。丸4日食事をと [続きを読む]
  • プチ旅行気分de下見
  • 呉市音戸の専教寺さんの仏教婦人会で歌わせて頂く。その下見に伺った。音戸と言えば瀬戸内海の街。平安末期、船が通るのに難所だった海峡を平清盛が掘削して広げた場所。難工事だったようだ。傾き掛けた太陽を清盛が扇で招くとまた登ったという「日招き」伝説や石に経文を書いて埋めたという「一石一字」の逸話がある。私のオリジナルで歌う場があまりなくてお蔵入りしている「安らけく平らけく」を歌うチャンス到来。清盛のテーマ [続きを読む]
  • リゾート気分〜周防大島篇
  • 先日、カラオケ(マシン)大会へ遠出した。あれから秋雨前線や台風接近でずっとぐずぐずのお天気だが周防大島行は素敵なドライブ日和だった。青空に青い海で気持ち良かった〜〜。片道2時間。山並みや里山、海辺を走り抜けていくので変化に富んでいるコース。野っぱらがにぎわっていた。何をしているんだろうと思えばかかしのファミリーだった。カービングをしている。山口県に関係あるのかな?海風に吹かれ、素敵なカフェでお茶をし [続きを読む]
  • ラジオ出演余波
  • RCCラジオの「おひるーな」に出演叶った。おだしずえさんは、さすがでした。ご配慮に感謝。生放送でけして上手とは言えないギター弾き語りは緊張する。カポの付け方がまずくて2弦目あたりがキンキンしたのでイントロをやりなおした(爆)「秋日和」を歌った。母の歌。ラジオを聞いたという人から「涙がとまらない」というラインをもらった。たまたま聞いた人「楽しかった」という人今月14日の戸河内公演のチケット予約も入っ [続きを読む]
  • 明日3日。ラジオ出演。
  • 明日になった。水曜日RCCラジオ「おひるーな」に出演させていただく。番組自体は12時開始。私の出演は14:05〜14:20。出演の経緯は思いがけない。夏に、母校「新庄学園」同窓会の関西支部からオファーをもらい大坂まで歌いに行った。昨年も歌わせてもらった。新庄学園には遠方からの入学者もいて、時々、自宅が海外という子もいる。現在一番遠いところはドバイ。昨年の同窓会で我が家の目と鼻の先というほど近い同郷 [続きを読む]
  • カラオケ大会de惨敗。
  • 広告でみつけたカラオケ大会に出場した。決勝まで進んだらプロデビューもあるそうだ。周防大島まで片道2時間。結論。玉砕しました。本番15分前に会場に着いた。ついに1度もカラオケで練習しないまま来た。そしてエントリー曲のタイトルをまちがえてなかなか思い出せない自分よね(爆)こんなんで良く参加したな私、と思った。着いた早々に帰りたくなった。本番直前の練習で、初めてカラオケマシンで歌った。マシンの点数で決ま [続きを読む]
  • 生ゴミ?
  • 空き缶や壊れたステレオや掃除機古い鎌や細々したブラスチック製品、着なくなった衣類などなど、いつの間にか不用品が溜まっていく。やっと母の用事を終えたというタイミングでまたまた別の用事をみつける母。私のライブが入るとわざとのように用事を思いつく人。ライブ準備と精米はセットになっている。重たい機材と米を持ち上げる羽目になりあたしの腰が砕けそうになること度々だ。で、またしてもゴミ出し。ま、ライブはちょっ [続きを読む]
  • 母あらため鬼母。白菜植えの陣
  • ポット苗の白菜が土から葉を出したがじめじめした日陰の場所なので何日経ってもひ弱いまま。苗がなかなか育たないと母が気をもんでいたので私が気をきかせて日向に移動した。2種類のうちのひとつはどんどん元気に育ってきたが、もう1種類はクタッとなった。日向に置いた私のせいだと母は言う。ずっと白菜のことを気にしている母。もとい、鬼母。苗が苗が・・とうるさいので鬼母を伴い健康な苗を買いに行った。帰ったら植えようと [続きを読む]
  • 足腰強化の夢
  • コンサート会場でKさんとばったり。会場で別のお仕事中だった。その後、同会場で今度はAさんとばったり。「あら。さっきここでKさんと出くわした」というと驚いていた。そのAさんと待ち合わせていたある日も、さっきKさんとばったり出会ったと言っていた。我々の導線はどこかでセットになっているみたい。で、Aさんと晩御飯をしようということになった。最近どう?と聞けば10月と11月に歩くという。その距離なんと80 [続きを読む]
  • 審査員
  • 過去2回、カラオケ大会の審査員として呼ばれたことがある。大掛かりなカラオケ大会だった。マイクの持ち方やお辞儀など、みなさん相当歌い慣れている。猛練習をされた人に対して失礼ながら初めての審査でした。しかも演歌。司会者はテレビでよく見かける人だった。無名の私が審査員として歌うことになっていて、ハードル高いですよ、大丈夫ですかね?みたいな紹介のされ方だったが、無理もない。もうひとつは県民文化会館が会場 [続きを読む]
  • テーマ。歌をたのしむ(2)
  • お陰様でこの秋もオファーを頂いている。10月はあの南一誠さんがゲストの舞台と、お寺の行事に出演させて頂く。11月にはイベント出演をさせて頂き、遠征のソロ・ライブも。ほか、年内にソロ・ライブの企画が進行中だし10月3日ラジオ出演のお話を頂いた。その為に置いてけぼりになる母と息子。おかげで母の内臓は元気だが時々脳が機能停止してぼ〜〜っとするらしい。何回も同じことを言うのはみな同じだが誰かが母の報告を聞 [続きを読む]
  • テーマ。歌を楽しむ
  • 何気なくテレビをつけたら「ぼくりり」が突然活動を停止すると報じていた。たいていの大人は知らないが、義理妹が大ファンで北海道や東京までライブに駆けつけるほど。「ぼくのぼうよみのりりっく」がシンガー名。棒読みのリリック。リリックとは歌詞の意味で英語。言葉を操るという上で天才的なシンガーだ。誰にも影響されていない。・・というと新屋まりも一時期そう評されたが(笑)「ぼくりり」はこれまでのシンガーに見当たら [続きを読む]
  • 人生の目標に思いを馳せる
  • 母と妹のお誕生日は1日違い。ふたりのお誕生日が近いと気づいてお祝いのランチをしようと言う話になった。古民家を改装したイタリアンは大人気。アクセスしようと「チャウチャウ」を検索したらヒットしなかった。妹から来たラインを良く見たら「チャオチャオ」だった。似ているけれど、犬の名前とイタリア語という大きな違いが。スイーツが絶品だった。妹がリクエストしていたそうで、二人のお皿に「Happy birthday」とチョコで書 [続きを読む]
  • 活動の方向性は・・?
  • 自分の不格好な歩き方が気になってこれでもウオーキングに通った。田んぼのあぜ道を歩きながらウオーキングを意識する。肩を後ろにひいて膝をこすりあわせるつもりで、腕は前に振らないでひざ下を曲げないで、テンポよく歩く。たかがウオーキング。されどウオーキング。私はたったの5回しかレッスンを受けていないから残念ながら身についていないけれどテレビで歌うレベルの人で妙な歩き方をする人はいない。谷村新司が舞台奥か [続きを読む]
  • 秋晴れ〜草刈りの変
  • 草刈りですったもんだすること数十年。母のことです。やっと諦めたもよう。自分の代わりにこの家の長女にお鉢が回ってきた。この家の長男夫婦も畦の草刈りをがんばっているが家の周りは草刈りの計画から外れているようで手つかず。そんなに気合を入れるほどの面積ではない。が、手をつけたら1時間以内の作業なのに、暑すぎない時間を狙っていたらなかなかその時間が取れない。そうこうするうちに台風とか地震とか、ま、北海道だか [続きを読む]
  • 珍なるメンバーで超プチ旅行
  • 東京の大学へ通う甥が帰省したが5日間だけ滞在して帰っていった。大学生ならば冬休み、春休み、夏休みもあって年間に何か月もの休みがあるはずだがゆっくり帰省したことがない。勉強レベルも高度なのだけれど大学生になっても勉強の忙しさは変わらず明け方まで勉強していたりする。せっかくなので彼を連れてどこかへ出かけよう。ばーちゃんと出かける算段をしていたらまっさきに麻呂が車に乗り込んだ。「どこへ?」と言う甥。行 [続きを読む]
  • 女子供のパワー
  • 8年前に声を掛けてもらって「きたひろしまミュージカル」実行委員会に参加した。何十年も前に私が卒業した小学校が練習会場になった。廃校になってからは時々地域の催しに使われている程度だったが練習日には色とりどりの車がずらっと駐車してこの地域に彩を添えてくれた。練習の歌声が地域に響き渡るって素晴らしい。サマースクールと称して催しをした時は、指導者の生徒さんが都会から来て合同レッスンをしたりカレーライスを食 [続きを読む]
  • みどりのまちの音楽会
  • 安芸太田町加計のホールで行われたコーラスグループ「おたまじゃくし」さんの発表会にゲスト出演させてもらった。お客様の多さにびっくり。教育長さんが挨拶に立たれた。長年、地道に活動してこられたそうだ。発表会です、そんなにたいしたレベルではありませんと、代表者が私に言われたけれど堂々たる歌いっぷりだった。指揮もまた素晴らしくてあたくし、おみそれしていました。本番前に指揮者の方が母校の同窓生と知って親近感。 [続きを読む]
  • もうすぐ稲刈り
  • 炎天下、田んぼに向かった。どうしても稗取りするんだと妹が言い張ったのは午前10時。この猛暑。本来ならばやめる時間帯にさっさと着替えて出て行った。初心者ひとりではだめでしょ。慌てて水を持って後を追いかけた。猛烈な暑さだった。先日の稗取りで焼けた肌にしっかり日焼けが定着してしまうが仕方ない。先日の稗取り4時間後、顔面が凝った。暑さと足腰の軋みで、眉間にしわを寄せて稗取りをしたせいだ。顔面の懲りのせい [続きを読む]
  • 平成30年 秋冬ライブスケジュール
  • ★10月14日(日)「風に舞う羽衣」友情出演会場 戸河内ふれあいセンター(安芸太田町戸河内759−1)時間 11時開演 2000円特別ゲスト 南一誠★10月17日(水)専教寺 法座 昼席(呉市音戸町)時間 13時30分サポート 倉田香織(キーボード)喜捨★11月4日(日)「ハートフォトコンテスト」ステージ出演会場 旧日銀(広島市中区)時間 13時〜15時入場無料  ※写真展同時開催10時〜17 [続きを読む]
  • 何の為に生きるか
  • 人生は遊ぶためにあると思うことにした。勉強ばっかりしていたらあっという間に10代が終わった。「勉強ばっかりしていた」は大げさだが20代まで遊んだ〜〜〜!!という記憶がない。中学生の時から頭痛と肩こりが酷かった。高校2年生のある日、平衡感覚がおかしくなりついにまっすぐに歩けなくなった。自律神経に異常をきたした。対処法は気分転換することと寝ること。数日間、コンコンと寝た。大学時代も頭痛肩こりは酷かった。 [続きを読む]