Self-Reflection さん プロフィール

  •  
Self-Reflectionさん: 父親目線の子育て日記
ハンドル名Self-Reflection さん
ブログタイトル父親目線の子育て日記
ブログURLhttp://oyajinokosodateki.seesaa.net/
サイト紹介文2021年の中学受験を目指して家庭学習を続ける娘と父親の日記です。
自由文「にわか小学校受験」の反省をもとに、年長の終わりから四谷大塚の「リトルくらぶ」で家庭学習を開始しました。小4からは引き続き「進学くらぶ」で家庭学習を続けています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2015/01/10 00:37

Self-Reflection さんのブログ記事

  • ITの進展と教育環境の変化(その2)
  • 前回の記事に引き続きITの進展に伴う教育環境の変化です。今回のサービス提供者は通信教育会社です。通信教育会社の場合も(塾や予備校と同様に)既存の紙媒体のサービスとの間でCarnibalaizationを起こすという構造は同じです。しかし、「学習媒体の選択肢拡大」という意味もあり、中学受験塾とは異なる戦略対応を行っているような気がします。すなわちITを積極的に受け入れているように思います。【ベネッセ】まず最大手のベ [続きを読む]
  • ITの進展と教育環境の変化(その1)
  • 〓 塾や予備校での教室における集団授業〓 紙媒体を使った通信教育や自宅学習「個別指導」や「家庭教師」という教育サービスはあったにせよ、20年位前までは上記のような方法が主流であったと思います。しかし、今や集団授業は各種資格試験、大学受験講座レベルでは加速度的に縮小し、映像による授業配信が当たり前の時代になってきました。海外の高等教育においてもCourseraやEdxといったMOOC(Massive Online Open Course)が [続きを読む]
  • 方陣算の難問
  • 応用演習問題集(4年下)にあった「方陣算」の難問です。出所は栄東中学の2012年の入試問題のようです。(1)は三角数の基本問題なので多くの受験生はできたと思います。もっとも、三角数を知らなくても〇が上の段から下の段へ1,2,3,4,・・・と並んでいる法則に気がつけば、50番目は1+2+3+・・・+50=(1+50)×50÷2=1275とすぐに計算できます。現在の中学受験では”当たり前”のように出題される「等差数列 [続きを読む]
  • 反抗期と親の意識
  • 昨日の記事で挙げた「反抗期」の追記です。最近、「反抗期かな?」と思わせる兆候(言動など)が現われています。子供自身もイライラしたり、自分のペースを変えようとしなかったりで、勉強に身が入らない時もあります。中学受験準備が段々本格化する中、やることもずいぶん増えてきており、(予定通り進まないと)親もイライラする局面も増えてきました。一方、読書レベルもここ3ケ月ほどで2段階くらい上がった気がします。何と [続きを読む]
  • 慢心 or 疲労?
  • 今週は総合回(第10回)で組分け週になります。第6回以降の週テストは算数が易化傾向にあることもあり、8~9割をコンスタントにとれており、また昨年週テスト過去問では満点を記録するなど、この所いい感じで推移していました。しかし、先週の第9回の週テストで、本人曰く「史上最低の出来」というほど凡ミスを連発し、またしても組分け試験前に不安が増大しました。最近算数の解き方が雑になる傾向があり、ノートもメモ書きの [続きを読む]
  • 方陣算 入試問題
  • 今日は、応用演習問題集(応用問題B)に収録されていた方陣算の入試問題(桜蔭中学 2011年)です。前半はよくある四角数の問題で、N番目のご石の数はN×Nとなっていることに気がつけば瞬殺です。10×10=100、24×24=576なので、ア=10,イ=24となります。後半の五角数の問題は少し厄介です。左からご石の数は、1,5,12,22,・・・となり、(定石どおり)差をとると(5−1=)4,(12−5=)7 [続きを読む]
  • 方陣算の学習
  • 今週(4年下第9回)の算数は方陣算の学習回。小3の「リトルくらぶ」でも軽く扱われていたテーマですが、娘は何となく苦手意識を持っていたようで、余り食いつきがよくなかった記憶があります。そこで、週テストが終わった先週の土曜日の夜に(日曜日配信の予習ナビに先立って)「高速基礎マスター」にある方陣算の一行題トレーニングを一緒にやり、自信をつけさせることにしました。我家は視力対策目的で、「高速基礎マスター」 [続きを読む]
  • 【非中学受験】予習シリーズ(算数)の教材選択
  • 前回の記事でコメントをいただいた「中学受験をしない場合の予習シリーズの使い方」について記事にしました。四谷大塚の「予習シリーズ」は、四谷大塚の直営校や準拠塾に通塾中の方のみならず、我家のような「進学くらぶ」生や自宅で中学受験準備を進める家庭、あるいは他塾へ通塾中の家庭などにも利用されています。さらには、中学受験をしないご家庭による使用も考えられます。ところが、予習シリーズの算数には様々な種類の教材 [続きを読む]
  • 新小5に向けて
  • 早いもので10月も下旬になり、来週からは11月に入ります。予習シリーズ小4下巻のカリキュラムも中盤戦に入り、新小5が段々近づいてきました。(受験準備が本格化する)新小4を迎える前は、分からないことが多かったので色々気を揉みました。しかし、いざ始まってみると目の前のカリキュラムをこなすことが精一杯で、気が付くと小4後半を迎えていたという感じです。今後の予定としては、来月3日の全統小には参加する予定ですが [続きを読む]
  • 分数学習・・・今日は軽目に
  • 今週は週の前半に結構集中して学習に取り組めたようで、今日の算数はRoutineの「計算」と「応用演習問題集」の応用問題Bを2問。国語は読解の復習を簡単に済ませ、理科・社会の「まとめてみよう」で終了。学校の宿題を含めて1時間程度の学習でした。最近は集中力が低下気味でダラダラやる(悪しき)傾向が見られましたが、今週は比較的集中して取り組んでいます。集中して取り組めば短時間の学習で済み、娘自身にとっても(自由 [続きを読む]
  • 今週の算数は分数
  • 予習シリーズ4年算数は、先週の「小数(乗除計算)」に引き続き「分数(加減計算)」。計算面では最小公倍数による通分と(計算結果の)約分がメインですが、それだけで終わらないのが進学塾のカリキュラム。〓 小数と分数混合の大小比較〓 分母を指定して、分子が1から99まで小さい順に並べた時の既約分数の数を求める問題〓 部分分数分解を用いた計算問題などが扱われています。今日までに「応用演習問題集」の応用問題A [続きを読む]
  • 重いランドセルの問題
  • 少し古い記事ですが、小学生の重すぎるランドセルに関する記事がありました。(重い持ち物は)子供の発育や成長に悪影響を与える危惧もあるので事は深刻です。現在娘は小4なのでランドセルの重さにもさほど違和感は感じませんが、小1〜小2の頃は重いランドセルに加えて楽器のバックや絵の具など・・・大荷物で登下校する日もありました。当時は周囲の(低学年の)子供たちも同じような状況だったので特におかしいとは思いませんで [続きを読む]
  • 分配算を考える
  • 予習シリーズの4年下第6回では分配算が扱われています。冒頭は以下のようなアラビアの商人の逸話で始まります。昔、アラビアの商人が、「17頭のラクダを長男は2分の1、次男は3分の1、三男は9分の1になるように分けなさい。」という遺言を残して亡くなりました。どのようにラクダを分けたのでしょうか。この話は、算数おもしろ大事典IQ 増補改訂版でも扱われています。さて、分配算の典型問題として以下のような問題があります [続きを読む]
  • 塾選びのフレームワーク(4)
  • 「塾選びのフレームワーク」も今回が最終回になります。第1回 フレームワークの必要性第2回 フレームワークの作り方第3回 フレームワークのサンプル最終回となる今回は「フレームワーク」作成のメリット・デメリットを挙げたいと思います。まずはデメリットから。? デメリット1:費用対効果が低い色々理屈をこねくり回して(?)時間をかけて作成しても、直感で意思決定した結果と同じだったということも十分考えられます [続きを読む]
  • 塾選びのフレームワーク(3)
  • 塾選びのフレームワークの第3回目です。今回の内容は軽目です。前回の記事のステップ1からステップ5までのプロセスを経て「フレームワーク」ができ上がります。以下にサンプルを参考までに掲載しました。サンプルでは、大項目として合格実績の配点を20点、雰囲気・相性を10点、カリキュラムを15点・・・などとウェイト付けし、合計が100点になるように配点しています。また、「素点」はステップ2における1〜10点の点数 [続きを読む]
  • 塾選びのフレームワーク(2)
  • 前回の記事の続きです。塾選びのフレームワークを作るにあたって、具体的には以下のような5つのステップで進めました。? ステップ1:項目列挙塾選びに関係ありそうな項目を思いつく限り列挙します。この段階で重要なのは、どんな些細なことでも、気になることや思いついたことは細大漏らさず挙げてみることです。これが網羅的な判断基準(=フレームワーク)を作る上で大きなポイントとなります。また、「考えられることはすべ [続きを読む]
  • 塾選びのフレームワーク(1)
  • 中学受験を考える現3年生のお子さんをお持ちのご家庭では、そろそろ小4からの塾選びを検討する時期になりました。思い起こせばちょうど昨年の今頃、我家でも複数の塾について(通塾の有無も含めて)検討していました。娘と家庭学習を一緒にするようになってから、中学受験関係の情報を収集する中で「塾選び」に関する様々な情報にも触れてきました。しかし、何となく「違和感」を感じていました。といっても、「どこの塾が良いの [続きを読む]
  • 第6回組分けテストを終えて
  • 今週末に公開会場で受けた組分けテスト(第6回)の結果がでました。合計点数で見ると前回比で若干下がったものの誤差レベル。可もなく不可もなく・・・という結果でした。しかし、内容的には良くありません。というのも、算数ではケアレスミスによる失点、国語では記述や知識問題の失点が多く、算数・国語の点数が冴えないためです。【算数】算数は前半のケアレスミスによる失点が響きました。週テストと違ってさほど難しくない試験 [続きを読む]
  • 4年下第6回〜第10回
  • 予習シリーズの『4年下』のカリキュラム第6回から第10回(総合回)の予定は以下の通りです。【算数】第6回:分配算、第7回:小数(2)、第8回:分数(2)、第9回:方陣算、第10回(総合)となりますが、我家の今回の最重要単元は第6回の分配算と考えています。もっとも、計算の先取りをあまりやっていなかったご家庭の場合、第7回・第8回あたりが結構ハードなように思います。というのも、小数や分数計算ができることが [続きを読む]
  • 国語力5000 & 語彙演習2000完了
  • 「予習シリーズ」の学習の合間を縫って取り組んでいる高速基礎マスターですが、今般「国語力5000」と「語彙演習2000」が完成しました。これで一応、7000語の語彙をマスターしたことになります。毎日取り組むことはできなかったものの、休み期間中(春休み/GW/夏休み)や土日を使って進めることで比較的短期間で終了することができました。Web教材については賛否両論あると思いますが、少なくとも我家では非常に重宝しています [続きを読む]
  • 【お勧め】算数読み物
  • 我家では(時間の都合や本人の趣向もあって)低学年の教材の中でも算数のパズル系問題集に取り組むことはほとんどありませんでした。しかし、算数の面白さを伝えることは意識していました。その主たる手段が読書です。算数(数学)関係の本を読んだからと言って算数の力がアップするわけではありませんが、算数に対する興味を高めてくれるという点では効果があったように思います。何といっても「好きこそものの上手なれ」。好きに [続きを読む]
  • 低学年の試験と小4の試験
  • 小4のスケジュールも後半に入り、今週末は後期最初の組分けテストがあります。秋は各塾で低学年の模擬試験も盛んに行われますが、昨年11月に書いた外部試験に関する記事を思い出しました。記事を書いから1年近く経つと、小4の状況もかなり分かってきました。低学年との比較なども交え、当時書いた記事の補足をしたいと思います。【低学年の試験】試験の利用機会という点では小1 〓 小2 〓 小3と徐々に増えていくはずですが、 [続きを読む]
  • 表面積の問題
  • 先ほどから大分風雨が強まってきました。今日は台風接近のため外出を控えたこともあり、少し時間ができました。そこで、SAPIXの「パワーアップトレーニング4年」の復習が少し進みました。夏休みに取り組んだ時にはできなかった表面積の問題(予習シリーズでは小4下巻第16回の学習項目)ですが、今日は問題なくできていました。以下のような直方体の一部が欠けた立体の表面積を求める問題ですが、面移動によって直方体の表面積に [続きを読む]
  • 【再掲】小4進学くらぶと1週間の学習(2)
  • ※ 本記事は、先日誤って削除してしまった公開記事に加筆して再掲するものです。2回に分けて掲載しています。前回の記事の続きで、小4の「進学くらぶ」を利用した現在の1週間(組分け週以外)の学習内容です。今回は、国語・理科・社会の学習です。赤字は必ず取り組む内容、黒字は時間があれば実施する内容です。【 国語の学習 】? 日曜日 ① 予習シリーズの学習:読解(問題は解かず) ② 予習シリーズ(漢字とことば) [続きを読む]
  • 【再掲】小4進学くらぶと1週間の学習(1)
  • ※ 本記事は、先日誤って削除してしまった公開記事に加筆して再掲するものです。2回に分けて掲載します。【進学くらぶの特徴】四谷大塚の進学くらぶでは、「予習シリーズ」を使って各週の学習を進め、週末に自宅で「週テスト」に取り組み、その後「週テスト」の復習を行うという学習スタイルになっています。また、予習シリーズの学習では「予習ナビ」が、週テストの復習では「復習ナビ」が映像授業として配信され、理解できるま [続きを読む]