Konnichiha さん プロフィール

  •  
Konnichihaさん: 女一人旅と自然の楽しみ
ハンドル名Konnichiha さん
ブログタイトル女一人旅と自然の楽しみ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/saidakyoko
サイト紹介文定年後、生きる力をためすため一人旅、里山ハイキング、自然にしたしんでいます。
自由文家族はみんな独立していって、老いた母の介護と仕事にはげむ体力の落ちて来た夫への配慮の生活。自分の世界を築いて、ストレスを解消することをもとめて、里山に親しみ、神社仏閣教会を歩き参拝して、鳥や草花に心を和ませでいます。歴史が大好きで、ほぼ毎日、古代史や西域、宗教関係の本に楽しんでいます。友人の輪をもっと拡げることが課題ですが、引っ込み思案中です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供49回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/01/10 10:56

Konnichiha さんのブログ記事

  • 集中豪雨 京都賀茂川の現在
  • 今日 仕事の途中で 賀茂川の様子を見に行った川が増水しているのに、様子を見に行って流されて亡くなる方がいるが、つい賀茂川は流れて 桂川と合流 大阪湾まで流れる桂川は溢れそうで避難勧告中今日の賀茂川の様子 13時ごろ自然の猛威は本当に怖い地球に炭酸ガスをいっぱいつくり出して地球を温暖化させた復讐昨日から何度も何度も警戒警報で 携帯電話がなるもう少し氾濫危険場所をピンポイントできれば より安全になるだ [続きを読む]
  • 人工甘味料について 血糖値への影響
  • CARE NET より引用人工甘味料は血糖値に影響しない可能性提供元:HealthDay News公開日:2018/06/23 http://www.carenet.com/common/images/common/ico_print.pnghttp://www.carenet.com/files/news/20180607142707-0.jpg 人工甘味料は砂糖の代替として飲料や菓子などの食品に広く用いられているが、人工甘味料を摂取しても血糖値には影響を及ぼさないことが、29件のランダム化比較試験(RCT)を対象に行ったメタ解析で示された [続きを読む]
  • オオヤマレンゲの八経ヶ岳
  • 7月1日 トラベルギャラリーのツアーに参加した台風が西の海に近づいている小雨の降る日霧で幻想的な森を登る大峯奥駈道の出会いまでひと登り古の行者さんたちを思いロマンを感じるやがて尾根道へ風が涼しい弁天の森からは 美しいバイケイソウの近くを歩くこの花が咲いているのは初めて見たがなかなか美しい緑がかった白いお花の林やがてひと登りすると弥山小屋へ着いた荷物を置いてお弁当を食べる霧が深い近くの弥山頂上の弥山 [続きを読む]
  • 京都観世会6月例会から 感動の能「小督」「杜若」「融」
  • 今年は観世会の会員になって6枚の切符を入手、今日は6月定期公演に行ってきました 音阿弥生誕620年会場は満員3つ演能があり、まず「小督」これは女性が二人出ておられました女性として応援しますが、声が小さくて震えていたりして、プリマになるには女性はまだ努力がいるという感じ小さな か弱い女性に対する男性はがしっかりして大きな声で謡う、演技の強い男性が近づくと、襲うのでは? などという錯覚に襲われたり、、 [続きを読む]
  • 春の北海道の旅 4 野付半島 オジロワシとタンチョウ
  • 翌日は晴天尾岱沼(おだいとう)の海岸の散歩はそこそこに20分もドライブすると野付半島に入る半島入り口の右手の緑の小高い丘は「チャシ」と言われ アイヌの人々の心の拠り所であったと上に登ると遺跡があるとか この地方のアイヌの人々と江戸幕府の和人との最後の戦いに関連とアイヌ文化と抵抗の歴史の勉強は次の機会に行くことにして半島をしばらくドライブしていると オジロワシがいるではないか!海岸でお魚を食べている [続きを読む]
  • 春の北海道の旅 3春別川
  • 第2日目の夕方 東北海道をほぼ縦断して根室よりは北で、知床半島の付け根との半分ぐらいにある尾岱沼(おだいとう)までドライブ広大な北海道の農業の様子、広〜い草原、サイロのある牧草地などを眺めながら東岸の春別川(しゅんべつがわ)の河口へ出たゆったりと流れるさざ波を打つ川 心静まる風景春別というのはアイヌ語の当て字で、シュム は西、 ベツ は川を意味すると何を基準にして西なのかは不明であった尾岱沼 とい [続きを読む]
  • 春の北海道の旅 2釧路湿原の春はおぼろ
  • 翌朝、レンタカーで釧路湿原へ春の湿原は若緑湿原の入り口に湿原展望台と全長2、5kmの遊歩道(一部は木道)がある湿原の西端にあり 入り口を入るとエンレイソウの白い花が咲き乱れているエゾエンコグサ?や コスミレ、コザクラも可愛い遠くには白いおしりを見せて エゾジカが群れている湿原内には 釧路川が流れていて その澄んだ水は雲や空を映して美しいサルポ展望台へも登ってみた 湖がよく見えた有名な釧路湿原をご紹介 [続きを読む]
  • 春の北海道の旅 1 釧路の街と夜
  • 夫婦二人で まるで旧婚旅行のように北海道を旅した 金婚式のはずであるが、、新千歳から釧路へとんだ 2月頃から旅割75%の航空券を買っていた釧路空港でレンタカーを借りた釧路川河口周辺釧路へは 夜の街が賑やかだった 釧路川と港に近い末広町界隈にはたくさんの飲み屋さんや料理屋さんが並んでいた地元の人々で賑わっていた タベログで点数が高かった「絹」と言うお店に入ったウニの一皿 ホッキ貝やつぶ貝 貝柱のお刺 [続きを読む]
  • 京都城南宮のしだれ梅 満開
  • 先週の木曜日 3月8日垂れ梅で有名な京都の城南具へ行ってきました初めて見たしだれ梅あたりに香りが、、、友人は梅干しの料理を思い出したとか平安の中頃ぐらいまでは 花 といえば 梅のこと城南宮への行き方 京都地下鉄竹田駅より東へ徒歩17分〜20分近くに鳥羽離宮跡や安楽寿院跡など 平安から鎌倉にかけての遺跡があります [続きを読む]
  • ふくらヒヨドリ ついに降りてきた
  • 先日 2月18日の朝裏庭に ついにヒヨドリが餌を食べに降りてきたアオジのために撒いている餌の小さな草の実たち(つがいのアオジ 手前がオス)いよいよ食べ物の木の実が なくなってきたのだ虫が出てるくのにはまだ早い(ヒヨドリ)ふっくらと膨らんで 暖かそうな羽毛この日は 零下2度雪が残っていた秋には騒々しい鳥であるが 冬は鳴くこともなくひとりぼっちアオジやキジバトはつがいになっているのに このヒヨドリは ま [続きを読む]
  • 京都北野天満宮の梅 そろそろ
  • 2月16日金曜日 ぶらぶらと北野天満宮へ朝比較的早いので人もまばら入り口近くの紅梅はほぼ満開他はちらほら咲きの白梅梅の香りは近づかないと まだ匂わないあと7日ぐらいかしら?天満宮の建物の飾りが美しく朝日に輝いていたお守りの「矢」を一本買って門前のお店で 江戸時代から続く京漬物を売出しているそこで 大根の漬物を買って帰った これはかなりおいしかったので もう一度満開の梅を見るために出向いて買って帰ろう [続きを読む]
  • 京都府立植物園の梅一輪と山野草、鳥
  • 昨日、連休の3日目晴れ曇りなので 山に登るにはちょっと天候が危ない京都府立植物園へ〜〜梅が咲き始めていないだろうか?山野草は咲いているだろう北側の入り口から植物園にはいると梅はまだ蕾の状態あと二週間ぐらいかな 今年は寒いから遅れているかも仕方がないので 小鳥を追っかけてシジュウガラ、イカル、コゲラなどを撮る残念ながらカワセミはいない(コゲラ)山野草の咲いている場所には人々が集まっておられてセツブン [続きを読む]
  • 愛宕山 滑る滑る
  • 今年始めての愛宕登山(924m)登りたいと思いながら寒さで勇気がなくなっていた1昨日は晴れ、市内は9度 えいやっ!と 堂承川沿いの道の小瀧が氷瀑となっていて美麗空也の滝へ向かう半分凍っていて滝につららが沢山できて、、月輪寺への登り口の道ではお寺の庵主さんが倒木を切っておられた「このまま置いておけば」というと「暗くなってから降りてくる人に危ないので」とおっしゃって大変ご苦労なことだ 感謝 感謝月輪寺か [続きを読む]
  • 節分 松尾大社で石見の神楽奉納
  • 冬の寒い日2月3日 節分の日友人に誘われて 京都の松尾大社へ出かけた節分ということで、島根県益田市から石見神楽保存会の人々による神楽が奉納された4つの演目があった声がよく聞こえずで 演目内容はよくわからなかったが「八幡」、仲哀天皇と武人が悪魔を退治するお話、スサノオの大蛇退治が演じられた庶民的で動的、サービス満点の演技(スサノオ)(おろち)歌舞伎や能とのつながり昔の日本とチベットや中国の関連 など  [続きを読む]
  • 冬の京都 鳥が戻ってきている
  • 今年は強い寒さで早く始まったがそろそろ緩みだした今日は1月18日 来週になるとまた寒くなるはずだが、、昔は大寒に入ると 門付けに回ってこられるお坊さんたちがあった今でもこのあたりは 青い衣を翻しながら寒さに赤くなった素足で高い下駄を履いた大徳寺あたりのお坊さんがお経を唱えながら修行で歩いておられる(ユリカモメ)賀茂川にはユリカモメが舞っているヒドリガモやオナガガモ達は いつものように食べるのに夢中だ [続きを読む]
  • 神倉神社 熊野のゴトビキ岩
  • お正月休みを利用して 連れ合いと二人で1月4〜7日まで和歌山県 紀州の半島を一周した順不同でご紹介します以前に友人4人で旅して感動した 新宮市の神倉神社ここは 熊野大社の熊野川河口にある速玉大社(本来の熊野神社)の元宮神武天皇が熊野へ上陸した時 ここへ参ったというひょっとすると この辺りにあった縄文系統?の女王国の巫女を長とする部族が祀っていた岩?前回来た時にはとても辛く思った長い急な石段も晴天であ [続きを読む]
  • 神戸港 大震災の傷跡と鳥たち
  • 先日 神戸ハーバーランドへ行った港の一部には 阪神淡路大震災の残す傷跡があったここだけが残されているが 神戸の壊れる、燃える様子のビデオもあった6000人以上の人々が亡くなったことを思うと 深い悲しみが蘇る(震災当時の港の海岸線 震災遺跡)でも 港の岸壁には チドリやイソヒヨドリが餌をついばみツバメが自由気ままに飛んでいたそして 毎日 麻薬や海の犯罪の取り締まりに「あんじん」と言われるパトロール船 [続きを読む]
  • 上賀茂神社から新年おめでとう
  • 1月元旦今年も元気でお正月を迎えた8時半頃から 京風の白味噌仕立てのお雑煮と手作りのささやかなお煮しめで夫婦と母と3人のお正月を祝った息子や娘家族は帰ってこないお餅も以前のようには食べられない10時頃から京都の北にある上賀茂神社へお参りしたまだ少し早かったので 近隣の駐車場へ車を入れて歩いて行った100歳の母は もうそんなに歩けないのでお留守番沢山の人々がお初詣 団体旅行で初詣の人々も初詣も年々、 [続きを読む]
  • 神戸港 ハーバーランドの世界一のクリスマスツリー
  • あすはお正月でちょっとじせつが遅れていますが、、先日友人と神戸港で行われたクルスマスツリーを見に行きましたなかなか面白い企画どうせ伐採される予定の樹木だったとか富山県氷見市から運ばれてた樹齢150年の大きな檜 子供達が檜の肌に触れていたりして(根は付いていましたよ!)昔は檜林とかあってこういう樹木が和風の家にたくさん使われていたのですね。(神戸港ハーバーランド)「世界一のクリスマスツリー」このプロ [続きを読む]
  • 電子タバコと喫煙 若者
  • 電子たばこは若者を喫煙に導く喫煙開始のリスクは非使用の約7倍 2017年12月14日 06:45 記事をクリップする 63コメントプッシュ通知を受取る 日本でも加熱式電子たばこを巡る議論が活発になっているが、この論争をさらに盛り上げそうな米国の研究がAm J Med(2017年12月10日オンライン版)に発表された。紙巻たばこの喫煙経験がない若者が1年半後に喫煙者になるリスクは、電子たばこ使用者では非使用者の約7倍に上ったという。 [続きを読む]
  • 有馬温泉へ行ってきましたよ
  • 今年の秋ももう間もなく終わる例年 行っている同窓会 女性が6人のみで今年は「有馬温泉」へ京都からは 阪急で間違って神戸高速まで行ったが 有馬電鉄に乗るには新開地まで行かなくてはと 地下道を神戸駅から新開地駅まで歩いた有馬は紅葉の盛り と言うか ほぼ終わりに近いゆるい上り坂を瑞宝寺公園へと歩き 公園内の紅葉を楽しんだ古い温泉町で風情がある たくさんの面白いお店おもちゃ専門のビル 和菓子屋さんが何軒も [続きを読む]
  • 晩秋の比叡山:秋の終わりの時雨
  • 昨日 11月16日 お天気が怪しいが 紅葉が終わりになると思って、、いつものように「きらら坂」から登る紅葉はもう終わりかけている散ってしまった木々も多いかなり寒くて北風が強い四明広場では大勢の人々がガーデンミュージアムやあたりの景色を楽しんでいた雪がチラチラ 北風がビューン凍えながら大比叡頂上 848m 到着そして いつものように聖徳太子遺跡「椿堂」参拝(浄土院 最澄御廟)今回の目的は西塔の「釈迦堂」へ [続きを読む]
  • 晩秋の庭の美 万両とツワブキ
  • 今年も秋が訪れました千両も万両も今年は少し早めにいっぱいの実をつけていますこぼれ落ちそうな万両の実ですきっと鳥たちがいつの間にか食べてしまうのですが その代表格は雉鳩ツワブキは毎年下に生える草を覗いて肥料をやっておくと秋には美しく咲いてくれますそろそろ餌の種類を買いに行こうと思っているうちに今年もたくさんのアトリたちがやってきました紅葉も枝の実?を食べているみたいですこの紅葉は メス なので 毎年 [続きを読む]
  • お久しぶりです 百寿を迎えて
  • 美しい秋の1日、久しぶりに1日家でのんびり10月には母の100歳のお誕生日、京都市長と事もあろうに内閣総理大臣安倍晋三という名前の表彰状をいただいた。140万都市;京都市の今年の百寿者は54名とか。百寿記念 を親戚というか、彼女に関連する直属の子孫とその配偶者、合わせて22人を京都に招待して(交通費、宿泊補助なし)お祝い会を開いた東京、九州など全国から集まった。場所は京都西陣の料亭「万重(マンシゲ [続きを読む]
  • ヤマガラのご挨拶
  • ブログが何によるのか不明であるが 9月25日以後Yahoo の都合で?壊れてしまっていたもう諦めていたところ先日から何もしないのに再び動き出した。ちょうど100000回の訪問者がお見えるになる直前であったのでとても残念だったでも勝手に壊れて勝手に修復してくれて嬉しいYahoo はアメリカで随分たくさんの登録者の情報が盗まれたというがそれに関連していたのだろうか??今日は夕方一服して本を読んでいると「ツッツッツ [続きを読む]