nobi-nishii さん プロフィール

  •  
nobi-nishiiさん: セイラビリティ・ハンサセーリング(HANSA Sailing)
ハンドル名nobi-nishii さん
ブログタイトルセイラビリティ・ハンサセーリング(HANSA Sailing)
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/sailability/
サイト紹介文アクセスディンギー(HANSA Sailing)を使ったセーリング普及活動セイラビリティの活動報告。
自由文アクセスディンギー(Hansa class)は、障害を持った人、セーリングの経験がない人でもセーリングが出来る、ユニバーサルデザインのヨットです。全国に普及中の悪銭苦闘の毎日を報告しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供61回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2015/01/10 16:07

nobi-nishii さんのブログ記事

  • INCLUSION SAILING の利点
  • いつの頃からだったかもう思い出せないが、この活動始めてから、しばらくたって ジャッキーさんの書いているテルテール(当時のアクセスディンギの機関紙)の中に、「障害を持っている人が、同じような障害を持っている人たちの中で競い合っても満足はできない」というよ... [続きを読む]
  • INCLUSION
  • この活動の普及を始めた頃は、いろんな人からいろんな事を言われて居た。一番多いアドバイスは、個人商店の活動では長くは続かない。一番なるほどと思ったことは、個人商店でやっているうちは、貴方が出来なくなるとあなたの活動も消えて無くなるよ!あの時は焦ったなぁ... [続きを読む]
  • GBR(イギリス)
  • 広島の大会にはイギリスからの参加もあるようですが、以前、日本から、イギリスでの第一回になっているルットマンの大会に参加したことがある。FACEBOOKのメッセンジャーをつかって、2010年ハンザのワールドの第一回がイギリスで開催されるというので、セイラビリテ... [続きを読む]
  • カナダ
  • 以前から、カナダのキースさんが参加するかも、というメールがあって、どうなるんだろうって思っていたら、先日、参加するという話が決まって、個人的に喜んでいます。キースホッブさん、もしかしたら他にも知っている人がいるのじゃないかと思うのですが、前回あったのは... [続きを読む]
  • トンガ王国
  • 2018ワールド広島の参加国にクリスさんからトンガ王国から参加する人があるって言うメールを見ました。参加国が目標に達しているのかどうか、微妙な所なのですが、クリスさんは最後まで諦めずにいろんな方法で参加国を増やそうと努力している様で、最後まで諦めるなっ... [続きを読む]
  • KIX→SHIN-OSAKA(3)
  • ハルカは新大阪の一番ホームに到着します。終点は京都駅なのですが、自分が乗ったハルカは新大阪でほとんどの乗客はおりました。時刻表を確かめると、ハルカは京都行きと米原行きがあります。広島に乗るには新大阪へ約50分のハルカは途中、天王寺で一度止まるだけで新... [続きを読む]
  • KIX →SHIN-OSAKA(2)
  • 関西新空港駅には外国人の方が多く見えますので、海外の旅行者への対応もできます。外国から来た人たちは、ここで日本の鉄道についての質問もできます。街の中で、聞くよりは正確に情報を得ることができます。改札口のこの看板はどうぞお聞きくださいというを言っていま... [続きを読む]
  • KIX → SIN-OSAKA(1)
  • ハンザ広島ワールドでは、オランダから来る選手の多くはオランダからノンストップで来れるKLMを使って関西新空港におります。関西新空港から新幹線の新大阪まで車椅子の人が安全快適に行けるのか、私は心配になり乗ってみました。これが時刻表です。赤文字が新大阪に... [続きを読む]
  • サーボ補助つきリバティ
  • この10月の広島ワールドで一番と言っていいほどの目玉はサーボ補助つきリバティを多くの人に見てもらえることだ。信じられないくらいの、自分は奇跡が起こると思っているのだが、自分一人で普及をしていた頃、ほんの数年まえには、サーボ補助つきリバティ、(2.3でも... [続きを読む]
  • あと五十日
  • 十月に開催する、2018広島ハンザワーリドが、時の流れとともに近づいてきた。同時に予想していた様な予想していなかった様なことが起こってくる。きっと自分だけじゃない、大会に関係する人の周りに起こって居るはずで、みんなよく頑張って居ると思う。他の人たちと... [続きを読む]
  • 日本のセイラビリティ
  • 此活動の普及を始めた頃、そして、グラームさんとジャッキーさんとクリスさんに活動の紹介をされた頃、此舟のセーリングのイメージを、相変わらず何にも考えてなかったので、イメージは何にも持たなかったと言うのが、真実だ。だから普及の戦略を考えなくてはならなかっ... [続きを読む]
  • Blind Sailing by Hansa
  • ハンザはユニバーサルデザインの優れたボートです。実際にいろんな人に乗ってもらっています。ほとんどの場合は、シングルハンドつまり一人でセーリンする事が可能です。そうです!!可能なんですが、いろんな障害の中で、今まで視覚障害の方たちにはシングルハンドでセー... [続きを読む]
  • Small is Beautiful
  • 学校を卒業した頃だったとおもう、いやもう少し後だったのか。よく流れていたテレビのコマーシャルで「大きいことは良いことだ」と、なん度も繰り返していたことがあった。世の中に流されやすい当時の自分は信じていたんだと思う。だがそのうち大きいことは決してバラ色... [続きを読む]
  • セイラビリティの数
  • 時々、しばしば、今日本にどれくらいのセイラビリティがあるのですかって、聞かれることがある。この質問に出会うたびに、戸惑いを感じてしまうのです。セイラビリティプログラムって定義があるのかって聞かれても、その成立要件さえ、活動を始めた自分さえわかって居な... [続きを読む]
  • 不動智
  • 千手観音には手が千本あるが、もし、その弓を持つ手に、心がとまったなら、残る九百九十九本の手は、用に立たなくなるであろう。 一本の木を見ても、その花に心が止まると、葉は見えぬようになる。どこにも心を止めぬと、木全体が見える。千手観音の千本の手は心さえ不動... [続きを読む]
  • 10年前の東京で展示会
  • 10年以上前の写真が出てきた。東京湾のどこかで展示ができるというので、学生さんに手伝ってもらって運び込んだけれど、何しろ天井が低いのでマストの代わりに竹竿かなんかをさして、セールがあるように見せた。(当時は長いマストしかなかった!)こんな事、考え付... [続きを読む]
  • キールボート ハンザ
  • ハンザを知った最初の頃、アクセスディンギーと、紹介された。2.3の前の方に ACCESSIBLE という文字を浮かび上がらせていたような気がする。アクセスディンギーという名前は、いかにもセーリングするのに取り掛かりやすそうだというのを説明しやすくって、セーリング... [続きを読む]
  • セーリングの才能
  • 昔、ヨット用のカッパやら手袋やらでEの文字の上に王冠が描かれているブランドがあった。(今もあるのかもしれない)それはヨットの神様、エルブストレームのブランドだった。なんでもオリンピックのセーリングで4連覇したという、誰が挑んでも彼の前は帆走できない、ヨ... [続きを読む]
  • セイラビリティ P クラブ
  • 土曜日にシーボニアへの納品を済ませた後、今回は車で来ていたので、東名に乗るためには江の島を通るので、毎週土曜日に通常活動をしていると聞いていたセイラビリティ P クラブがいるのかもって思って電話してみたが、でてこなかった。寄ろうかなとも思ったが帰りの道... [続きを読む]
  • シーボニア
  • 今日はハンザ2.3の5隻の納入でシーボニアを訪問したのです。まぁ電車で神奈川に出かけた時は三崎にあるシーボニアに行く事は難しい。納入が終わって海の方を見るとハンザが五隻セールを出して、沖にある浮き桟橋に並べてあった。聞いてみるとこれから体験希望者が集... [続きを読む]
  • 今日のつぶやきについて!
  • 毎朝、パソコンに触れるときは、Facebookに今日のつぶやきというのを書いている。以前は、このブログを書いていた、できるだけ多く!それもネタ切れになるし、第一根気が続かない。ベトナム旅行に行った時に、このFacebookを勧められて始めたけれど、あの頃は別のSNSを... [続きを読む]
  • 価値観の違い
  • グラームさんが日本で自分と一緒にセイラビリティをの立ち上げに一緒に動いてくれた頃、いろんな壁に突き当たっていた。彼は日本語がほとんどわからないので、相手が拒絶していようと、相手にしないと言っていても、ほとんど理解していなかったけれど、日本人の相手の人は... [続きを読む]