大橋むつおのブログ さん プロフィール

  •  
大橋むつおのブログさん: 大橋むつおのブログ
ハンドル名大橋むつおのブログ さん
ブログタイトル大橋むつおのブログ
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/ryonryon_001
サイト紹介文思いつくままに、日々の思いを。出来た作品のテスト配信などをやっています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1924回 / 365日(平均36.9回/週) - 参加 2015/01/11 07:10

大橋むつおのブログ さんのブログ記事

  • 高校ライトノベル やくも・06『マップメジャー・2』
  • やくも・05『マップメジャー・2』 今日も杉野君と二人。 マップメジャーで遊んでいる。 いろんな地図で試しては、小さく「へー」とか「ほー」とか言っている。 そんなに面白いというわけでもないんだけど、こういうことに程よく熱中していた方が距離がとれるし、ひょっとしたら可愛げのある女子と思われるかもしれない。 程よい可愛げというのは大事なんだ。ハミゴはごめんだし、へんにベタベタされるのもいやだ。ち [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・乃木坂学院高校演劇部物語・46『雪の三丁目』
  • まどか 乃木坂学院高校演劇部物語・46   『雪の三丁目』 家についたらまた雪だるま。 駅でビニール傘を買おうかと思ったんだけど、里沙も夏鈴も両手に荷物。女の子のお泊まりって大変なんだ。 で、わたし一人傘ってのも気が引けるので、三人そろって「エイヤ!」ってノリで駅から駆け出した。 大ざっぱに言って、駅から四つ角を曲がると我が家。再開発の進んだ南千住の中でこの一角だけが、昭和の下町の匂いを残している [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・ここは世田谷豪徳寺・54《あかぎ奇譚・1》
  • ここは世田谷豪徳寺・54(惣一編)《あかぎ奇譚・1》 なにから話せばいいだろう。 まあ、どこから話しても、めでたい話と何一つ記録も証拠も残っていない話なので、気楽にいこうか。 まずは、めでたい話から。 あのボースン(熟練下士官)の杉野曹長が結婚した話から。 陸に上がると、杉野曹長は杉野さんだ。なんといってもメンコ(在職年)が違う。オレは、この四月に二尉に昇進したけど、メンコは防大を入れても六年にし [続きを読む]
  • 高校ライトノベル やくも・05『マップメジャー・1』
  • やくも・05『マップメジャー・1』 今日も図書委員の仕事だ。 図書委員の仕事というのは放課後の図書室当番だ。 中学の図書室というのは司書の先生が居ない。 いちおう図書部というか図書係の先生がいて、いちおう責任者なんだけど、管理責任ということだけでカウンター業務とかは図書委員が交代で当番に当たっている。 男女二人一組の当番なんだけど、女子の当番が三日連続で休んでいる。 それで、繰上りだかなんだ [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・かの世界の片隅へ:80『遭遇戦・2』
  • 高校ライトノベル:かの世界の片隅へ:80     『遭遇戦・2』 信じられないことに雲に擬態した融合体は霧消した。 ブリュンヒルデのツインテール攻撃が効いたのだろうか……いや、違う! 霧のように飛び散ったシリンダーは、四か所で再び融合し始め、それぞれ特徴を持ったメスシリンダーに化けた! 北のそれは玄武(頭はドラゴン尻尾は蛇の巨大な亀)に、南のそれは朱雀(巨大な火の鳥)に、西のは白虎(巨大な [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・ここは世田谷豪徳寺・53《一発でOKが出た》
  • VARIATIONS*さくら*53(さくら編)《一発でOKが出た》        コップの氷がコトリと音をたてて、それが合図だったように由香が切り出した。「はるか、あんた東京に戻りたいんとちゃう?」 お母さんのパソコンの音が一瞬途切れた。わたしは完ぺきな平静を装った。「どうして?」「……ああ、あたしの気ぃのせえ。はるかと居ったら、いっつも楽しいよって、楽しいことていつか終わりがくるやんか。お正月とか、クリスマス [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・トモコパラドクス・91『絶崖の聖杯・2』
  • トモコパラドクス・91 『絶崖の聖杯・2』      三十年前、友子が生む娘が極東戦争を起こすという説が有力になった未来。そこから来た特殊部隊によって、女子高生の友子は一度殺された。しかしこれに反対する勢力により義体として一命を取り留める。しかし、未来世界の内紛や、資材不足により、義体化できたのは三十年先の現代。やむなく友子は弟一郎の娘として社会に適応する「え、お姉ちゃんが、オレの娘!?」そう、友子 [続きを読む]
  • 高校ライトノベル やくも・04『街灯』
  • やくも・04『街灯』   あのお厨子は一晩で無くなった。 本格的な解体工事が始まるようで、生け垣の一部が取り壊され怪獣みたいなショベルカーが入っていた。 お厨子は、ショベルカー入れるのに邪魔なんだろう、三本ほどあった庭木といっしょに無くなっていた。 当然五十メートルの崖道を迂回して学校に行く。 裏側に出た時には、もう、バリバリと音がして母屋が取り壊される音がした。 その音が恐ろしくて、視界の [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・かの世界の片隅へ:79『遭遇戦・1』
  • 高校ライトノベル:かの世界の片隅へ:79     『遭遇戦・1』 ポチーーーーーーーーーー! 叫んでみたけど、ポチの姿はすぐに小さくなって見えなくなってしまった。「落ち着いたら帰って来るさ」 ロキの頭をワシャワシャ撫でて慰めてやる。ケイトも「こんなこともあるさ」と言って、ロキに付き合って空を見上げてやっている。「ポチは我が使い魔でもある。必ず戻って来るぞよ」 中二病全開だけど、ブリュンヒル [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・ここは世田谷豪徳寺・52《半日留学》
  • ここは世田谷豪徳寺・52《半日留学》 コップの氷がコトリと音をたてて、それが合図だったように由香が切り出した。「はるか、あんた東京に戻りたいんとちゃう?」「カット!」 ああ、これで四度目のNGだ。 大阪弁は、方言指導の先生も入ってくださって「完ぺき」のお墨付きをいただいたが、雰囲気が大阪の高校生ではないという難しいダメだった。監督やら、原作者が、何か相談している。身の縮む思いだ。「由香のシーンは、明 [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・トモコパラドクス・90『絶崖の聖杯・1』
  • トモコパラドクス・90 『絶崖の聖杯・1』         三十年前、友子が生む娘が極東戦争を起こすという説が有力になった未来。そこから来た特殊部隊によって、女子高生の友子は一度殺された。しかしこれに反対する勢力により義体として一命を取り留める。しかし、未来世界の内紛や、資材不足により、義体化できたのは三十年先の現代。やむなく友子は弟一郎の娘として社会に適応する「え、お姉ちゃんが、オレの娘!?」そ [続きを読む]
  • 高校ライトノベル やくも・03『フフフフ』
  • やくも・03『フフフフ』 例えて言うと合わせ鏡。 鳥居の下に、わたしは居て、前と後ろにも鳥居がある。 鳥居は前後にいくつも続いていて無限に小さくなって、鳥居の朱色と夕闇色に溶け込んでいく。 合わせ鏡と違って、前後の世界にわたしは居ない。 これはヤバイ。 鳥居一つが一つの世界で、一歩でも動いてしまったら別の鳥居に行ってしまいそうで、そうすると、もう元の世界には戻ってこれないような怖さがある [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・かの世界の片隅へ:78『ポチの冒険・2』
  • 高校ライトノベル:かの世界の片隅へ:78     『ポチの冒険・2』 上昇気流に乗って尾根を越え、勢いのまま雲を突き抜けるとシリンダーの群れが居た。 ポチはシリンダーの幼生であるが、ごく小さいころからロキたちヴァィゼンハオスの子たちと暮らしてきたので、大人のシリンダーを見ても親近感などは湧かない。 ヤ、ヤバイところに出てきてしまった! とっさに思ったのは、このままUターンして尾根一つ戻っ [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・ここは世田谷豪徳寺・51《クランクイン》
  • ここは世田谷豪徳寺・51(さくら編)《クランクイン》         クランクインは大阪だ。 まあ、舞台の大半が大阪なんだから、当たり前。 最初は鶴橋駅でのシーンから。 はるかが初めて母といっしょに鶴橋の駅経由でアパートに帰る道すがら。 ホームにまで、立ちこめる焼き肉の匂いに母子もお腹の虫もびっくり。「日本で一番おいしい匂いのする駅だ」 はるかの独白から始まる。で、エスカレーターの乗り方が東京と逆 [続きを読む]
  • 高校ライトノベル・トモコパラドクス・89『S市Bブロックから』
  • トモコパラドクス・89 『S市Bブロックから』         三十年前、友子が生む娘が極東戦争を起こすという説が有力になった未来。そこから来た特殊部隊によって、女子高生の友子は一度殺された。しかしこれに反対する勢力により義体として一命を取り留める。しかし、未来世界の内紛や、資材不足により、義体化できたのは三十年先の現代。やむなく友子は弟一郎の娘として社会に適応する「え、お姉ちゃんが、オレの娘!?」 [続きを読む]
  • 高校ライトノベル やくも・02『お屋敷の中へ……』
  • やくも・02『お屋敷の中へ……』 お風呂掃除をかってでた。 お爺ちゃんもお婆ちゃんも、お母さんだって「なにもしなくていいよ」と言ってくれた。 でも、こんなに立派な家に住まわせてもらって、何もしなくていいというのはかえって気づまりだ。 それで、頭をグルンとめぐらせて「お風呂掃除をやらせて」と頼んだんだ。 お風呂掃除なら学校が終わった夕方で間に合う。庭とか家の周りの掃除も考えたんだけど、近所の人 [続きを読む]