前掛け さん プロフィール

  •  
前掛けさん: 社交ダンスと競技ダンス 前掛けブログ
ハンドル名前掛け さん
ブログタイトル社交ダンスと競技ダンス 前掛けブログ
ブログURLhttp://socialdance.asia/
サイト紹介文社交ダンスインストラクター歴17年の”前掛け”が社交ダンスの魅力、悩み、裏話をぶっちゃけてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供314回 / 365日(平均6.0回/週) - 参加 2015/01/12 09:44

前掛け さんのブログ記事

  • 競技会改革のたくさんのアイデアありがとう!!
  • 先日募集した競技会改革のアイデア。多くの方からいただくことができました。 ダンス愛好家をはじめアマチュア競技選手、プロの役員、見る専の方まで幅広く。 ツイッターとブログを合わせて、いただいた意見を全部ワードにまとめてみたら16ページを超える量に! すっごいです。いろんなご意見、本当にありがとうございます。 競技会を見に行って感じたことがひしひしと伝わってきます。 「こうした方がいい」というアイデアから、 [続きを読む]
  • 安い物で我慢できないなら最初から高い物を買ってしまおう
  • 「甘いものが食べたい」「コンビニで買って来るかい?」「コンビニスイーツの気分じゃないの」「じゃあデパートまで買いに行く?交通費かかるけど」(できれば行きたくないな・・・)「いい?よく聞いて」「はい」「もし私がコンビニスイーツを食べたとする。でも、きっと精神的に満足できない。もやもやして、他の甘いものも食べたくなる。アイスクリームとか。そしたらまた買い物に行くことになるでしょ?それに比べたら、多少交 [続きを読む]
  • 社交ダンスの見る専の方が応援してくれている
  • 最近になって知ったんだけど、ダンス競技会には「見る専」「観る専」と言われるファンの方がいらっしゃいます。#リアル10DANCE舞踏会 以降どっかで使おうと思って使えてない観る専ロゴ。誰か有効活用してくれないかなー。#社交ダンス観る専カード の角っことかどうかなー。 pic.twitter.com/mAFjxzR1ij― 本池 淳 (@jun3_mtik) 2018年8月11日 今まではダンスの競技会を見に来てくれるのは自分の生徒さんと、社交ダンスを習っている [続きを読む]
  • ルンバのヒップの動かし方
  • ルンバのヒップの動かし方についてよく聞かれます。 上手なラテンダンサーのルンバを見ていると、ヒップがくねくねと悩ましくカッコよく動いて見えます。 どうやったらあんな風に動くのか気になりますよね。 気を付けて欲しいのは、ヒップを動かすことをメインに考えないということです。 なぜかというと、ヒップだけを動かそうとするとバランスが崩れたり、背中が曲がったり、頭の位置がブレてしまうからです。 ヒップは体の動き [続きを読む]
  • プロダンサーカードを集めてみる?
  • プロダンサーってどんな人なのか興味ありますよね。 そこで。JBDF東部の本池先生が、プロダンサーカードなるものを作ってくれました。 ちょっとした自己紹介用のカードなんですが、とてもカッコよくて面白いんです↓こういうの作ってみたらと助言を受けて半年以上経ってしまいました。みんなの作る体力無いので各自頑張れ。736×414ptだ。#プロダンサーカード #推しダンサー選手権 pic.twitter.com/8mgDKgjtLO― 本池 淳 (@jun3_mt [続きを読む]
  • 社交ダンスは思いやりの気持ちが大切です
  • 社交ダンスは2人で踊るものです。一人では踊れません。 僕たちは人間だから、いつも同じように踊れるわけじゃないです。 調子がいい日もあるし悪い日だってあります。 男性の調子がいいけど女性の調子が悪い時。女性の調子がいいけど男性の調子が悪い時。 相手の調子が悪いと自分の思うように気持ちよく踊れません。そんな時、なんて言いますか? 「なんでちゃんと踊らないの?」「いつも通りに踊ってよ」「昨日は出来ていたのに」 [続きを読む]
  • 社交ダンスもVR(バーチャルリアリティー)の時代へ
  • 最近はいろんな事がVR(バーチャルリアリティー)で体験できるようになってきています。 自分が実際にその場にいなくても、まるで本当に体験しているかのような感覚になるのがVRの魅力。 そして。ついに社交ダンス界にもVR化の波がやってきた。早速見てみよう。パーティでshall we dance?ゆらゆらホールド楽しいな動画@HSeuchi 瀬内くんスマイル有りガチな試合ホールドだと女性はしっかり左を見るので男性の顔は見えないけど、パ [続きを読む]
  • JBDFジュニアダンスフェスティバルに行ってきました
  • 8月5日 日曜日。 JBDFジュニアダンスフェスティバルに審査員として行ってきました。 初めて見る競技会だったので、どんな感じなのか楽しみにしてました。そしたら予想外にすごくてびっくり。 プログラムの祝辞を見ると、スポーツ庁の鈴木大地長官がトップ。 さらにバルカーグループ代表の瀧澤さんや稲川会長殻の祝辞も。(来賓としてご本人も来られてました) 北海道から九州まで全国からエントリーがあります。想像していたより [続きを読む]
  • 北海道OB・OGダンス競技会(エルムの杜)出場者募集中!
  • 去年開催して好評だった北海道のOB・OGダンス競技会。 学連出身者であれば道内の大学に限らず誰でも出場できる大会です。 今年は9月2日に開催されます。アマチュアだけじゃなく、プロも参加できるのが面白いところです。 アマチュア同士のセクションと、プロ・アマミックスのセクションがあります。 大会終了後には楽しいダンスタイムと懇親会を用意していますよ。 ダンス部の仲間って卒部すると合う機会が少なくなっちゃうんです [続きを読む]
  • スタンダードは男子は軸足を使って動くと女性にリードが伝わる
  • スタンダードを踊る時、男性は体重が乗っている足を使ってから動き始めます。 体重が乗っている足を使うことで、「どれくらい動くのか?」という情報が女性に伝わるんです。 足をどう使うのかはいろんな言い方があります。・膝を前に出す・足のすねを前に倒す・重心をつま先に移動する すべて体重が乗っている足の上でする動作で、女性に情報を教えるための動きです。 逆に。ステップする足だけを出しても女性にはうまく伝わりませ [続きを読む]
  • 若者・ばか者・よそ者が社交ダンス界に変革を起こす
  • 有名なマーケターの方がツイッターで言ってました。 「若者・ばか者・よそ者が変革を起こす」って。これを見て僕はすごく納得できたんです。 若い人はアイデアが豊富です。ばか者は既成概念にとらわれず、奇抜で大胆なアイデアを出します。よそ者は途中から入ってきた人です。 僕は競技ダンスを引退してから、運営側の仕事をするようになりました。 仕事をしているうちに「あれ?こうした方がいいんじゃないかな?」って思うことが [続きを読む]
  • 社交ダンスが上手くて踊りやすいって感じる女性の特徴は
  • たくさんの人と社交ダンスを踊っていると、「すごく踊りやすいな〜」って感じる人がいるのは事実です。 ふと。「踊りやすいって感じるポイントは何だろう?」って気になりました。 スタンダードが上手で踊りやすいという感覚を文章におこしてみました。・自分のバランスがある自分のバランスで立っている人は踊りやすいです。相手に寄り掛からず、ひっくり返らず、自分の足の上にしっかりとバランスがある人。 バランスが良ければ [続きを読む]
  • 社交ダンスは3年間は続けてみよう
  • 社交ダンスを始めたら3年は続けて欲しい。 3年続けると、かなり踊れるようになるから。踊れるようになるし、いろんな知識も付いてきて仕組みが見えてくる。 最初はよくわからないし、自分がうまく踊れないことにモヤモヤするかもしれないね。 「なんで足型覚えられないんだろう?」「組んだらうまく踊れない」 習い事だし人と踊るものだから、うまくいくこともあるしうまくいかないこともあります。 僕もそうだったよ。 大学でダ [続きを読む]
  • 天国からも応援してもらってるような感覚
  • 土曜日に新しい生徒さんが入会してくれました。 どうしてうちの教室に来てくれたのか聞いてみたよ。 昔、マイスターダンス競技会に出ていたときにうちの教室の生徒さんがドレスを着るのを手伝ってくれたんだって。他にもいろいろと良くしてもらったとのこと。 それから数年間ダンスを休んでた。最近落ち着いたからまたダンスを始めようと思って、うちの教室を思い出してくれたらしい。 「良くしてくれた生徒さん」が誰なのか気にな [続きを読む]
  • ブログを読んでもらうために意識していること
  • こんにちは。 札幌も30度以上の気温が続き本格的な「夏」が来た感があります。 今日はブログに関してのお話です。僕がブログを書く時に気を付けていることを紹介します。 ブログは基本的には読まれないものです。読んでもらうためには工夫が必要なんですね。 工夫の中でも大事なのが、「超わかりやすく書く」ことです。 小学生が読んでも理解できるくらいわかりやすく。難しいことを書いても読んでもらえないんですよ。 こんな経験 [続きを読む]
  • パソドブレは男性が主役のダンス
  • 社交ダンスは女性が主役なのが基本です。男性は女性を綺麗に踊らせてナンボ、みたいな。 でもパソドブレだけは違って男性が主役です。ド派手な上着を着て踊るでしょ? 振り付けも男性が目立つものが多いです。ジャンプしたり、膝をついたり。 ちょっと昔の選手になるんだけど、アラン・トーンズバーグのパソが大好きです。ビデオテープが擦り切れるほど何回も見てました。 当時の動画がYouTubeにあってから紹介するね。画質は悪い [続きを読む]
  • スタンダードで覚えておくといい豆知識
  • スタンダードのステップには右回転と左回転があります。 右方向に曲がっていくステップと左方向に曲がっていくステップ。 車で言えば右折と左折だね。 社交ダンスは回転の方向によって体の使い方が違うから覚えておくといいよ。 今回説明するのはプロムナードポジション(PP)について。 プロムナードポジションとは男子と女子の位置関係の一種ね。 「男性の右側と女性の左側がコンタクト(接触)し、反対側がV字型に開いた形」のこ [続きを読む]
  • 情報発信は続けることが大事
  • 情報発信は続けることが大事です。例えば僕のブログ。 今年で4年目になるけど、ほぼ毎日更新してます。「これ知ってたらダンスの役に立つかも」という情報を記事に書くようにしてます。 ナイス情報を見つけたら忘れないように、メモ帳に書き込んだり、スマホで写真を撮ってネタをため込んでるよ。(メモしないと忘れちゃうんで・・・) たまには、社交ダンスと全然関係ない話も書くけど^^; 最近はツイッターも始めて、毎日に5〜 [続きを読む]
  • 気になるレッツ・トライ・ダンシングの状況は?
  • 土曜日に会議がありまして。 今、北海道内のダンス教室で実施しているレッツ・トライ・ダンシングの話になりました。 みんな一番気になっているのが「何人くらい来てる?」ってこと。 少しでも多くの人に参加してもらって、社交ダンスの楽しさを知ってもらうのが目的だから、他教室の様子が気になるよね。 「うちは1人かな」「5人くらい」「11人来ました」「15人くらい来てるよ。若い人ばっかり」おお〜。「20人来たって教室もある [続きを読む]
  • 東部で競技会観戦ツアーがはじまってる!
  • 最近はじめたツイッターが面白いです。 人同士がつながって、イベントがリアルタイムで進んでいく過程を見ることができます。 つい先日、東部の小野先生が競技会観戦ツアーを開催することが決まったよ。 プロダンサーが競技会の見方や応援の仕方をお客様に教えてあげて、一緒に見てダンスの話をして楽しもうっていう企画。 プロが語る競技会の見方って聞いたことないでしょ?面白いと思うよ。 一人で見に行く人や、見る専の人、観 [続きを読む]
  • 競技会で真っ先に落ちてしまう人の共通した特徴
  • 競技会で真っ先に落ちる人には共通した特徴があるよ。 それは「動きがブレてる」ってこと。 動きがブレてるっていうのは、頭がグラグラしたり、体がゆらゆらしている状態。男性と女性の動きが噛み合ってないとも言えるかな。 例えば。男性がまだライズしてるのに女性がもうロアし始めてたり。 女性が後退するよりも早く男性が前進して衝突してたり。 動きがブレてる人は見たらすぐわかるよ。比較だとなおさらわかりやすいね。1位の [続きを読む]
  • 社交ダンスにおけるパーソナルスペースの違い
  • 社交ダンスは男女がかなり近づいて踊ります。 パーソナルスペースって聞いたことがある?他人が近づいても気にならない距離のことね。 このパーソナルスペース、人によって全然違うんだよね。数メートルから数センチまである。 パーソナルスペースが狭い人は他人との距離が近くてもあまり気にならない。 例えば。会話をする時に、グッと近づいてきます。「近っ!」って思わず一歩引いてしまいそうになるくらいの距離。社交的な人に [続きを読む]
  • 社交ダンスが上手くならないと悩んだときは
  • 社交ダンスの練習をしていると、落ち込むことがあります。 ・教わったことが全然できなかった・以前に習ったこととまったく同じことを言われた・自分が踊っているダンス動画を見た その度に「だめだ〜」って落ち込みます。自分はうまくなっているんだろうか?って疑問を持つこともしょっちゅうだよ。 しかも、そういう時って他の人が良く見えちゃうんだよね。「あの人はセンスがあっていいな〜」とかね。 でもね。進歩は必ずしてい [続きを読む]