山中 一人 さん プロフィール

  •  
山中 一人さん: 人は株のみで食べていけるか?
ハンドル名山中 一人 さん
ブログタイトル人は株のみで食べていけるか?
ブログURLhttp://hitorisengyou.seesaa.net/
サイト紹介文コミュ障・無友人が45歳で早期退職して専業投資家になりました。
自由文友達0人の人見知り人間です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/01/12 10:46

山中 一人 さんのブログ記事

  • 貴方は落ちて来るナイフを掴む派ですか?拾う派ですか?
  • ↑ して頂ければより鮮明になります。日本株も秋らしい急落相場となっており、自分がよく見る往復株でも年初の高値から半値ぐらいにまで下げた銘柄がゴロゴロ出てきました。日本の往復株は大抵、景気循環株ですので、ちょっと業績に陰りが見えればすぐこうなります。短期間に急落した株は一旦底入れすると急反発しがちですから、バーゲンハンター達は皆が投げ売りしている中を果敢に買い向います。そんな時によく言われる、 [続きを読む]
  • 本日、ドラフト会議がありました。←で?
  • 根尾を引き当てた与田監督←根尾って誰って聞いたらダメな雰囲気かな?今日、テレビでワイドショーを見てたのですが、どの局も今日プロ野球のドラフト会議があるという話題ばかりをやってました。正直、野球に全く興味の無い自分には、未だにドラフト会議の意味がよくわからないし興味も無いので、チャンネルを変えると他局も同じ話題をやってて、逃げ場が無くて腹が立ったのですが、それが地上波テレビですからしょうがないです。 [続きを読む]
  • いよいよ70歳定年時代が来るよw
  • 男性の健康寿命が72歳ってツライね企業の継続雇用「70歳に引き上げ」首相が表明安倍首相は22日、議長を務める未来投資会議で、高齢者が希望すればこれまでより長く働けるよう、企業の継続雇用年齢を65歳から70歳に引き上げる方針を表明した。働く高齢者を増やすことで、人手不足を解消するとともに年金制度などの安定を図る。政府は、関連法改正案を2020年の通常国会に提出する方針だ。10/22(月) 21:35配信 読売新 [続きを読む]
  • 性別は生まれ持った生殖器によって決定します!←当たり前だろw
  • 某地区のサウナで、よく見かける日常の風景・・・性別は「生まれつき不変」で男女に限定、米トランプ政権が定義付け検討10/22(月) 13:07配信  【AFP=時事】よりトランプ米政権が「ジェンダー(社会的性別)」の定義について、生まれ持った生殖器によって決まる生物学的性別に限定し、不変なものと位置付ける法案を検討中だと報じた。トランプ政権は性的少数者(LGBTQ)の権利保護を少しずつ後退させる政策を推進している。トラン [続きを読む]
  • アーリーリタイヤーは、死んでも本音を言ってはイケマセン。
  • 全てのアーリーリタイヤーの代弁者昨日たまたまアリタリヤブログ巡回をしてるうちに、またまた悲劇を発見してしまいました。  ↓家族に早期リタイアを反対された夢見る父さんのコツコツ投資日記様のブログですが、主さんが娘さんに「退職したらのび太みたいに毎日昼寝していたい」と本音を告げられたところ、カンカンに怒られたとの事です。もちろん奥さんにも鼻で笑われたとのこと。「アウトーーー!」間違いなくアウト×デラッ [続きを読む]
  • なんちゃって自営業のススメ
  • 脱サラ組に大人気の焼き鳥屋(意外と一人店主の前職が銀行員とか居たりします。)先日、大切な読者様とツイッターのDMで会話していた中で、億り人は何故、独身が多いんだろう?という話になった所、やはり金目の女しか寄って来なくなり、そんな女にむしり取られるのが嫌なのでは?という結論に落ち着きました。確かに、紀州のドンファンのような結末になるのはマジ勘弁ですからね(^-^;ならば、億り人を隠して付き合えばいいんじ [続きを読む]
  • 死ぬまでバレないウソは真実と同じの法則
  • 10/17(水) 13:33配信 TBS NEWSより引用KYBデータ改ざん、東京都庁214本が基準適合していない疑い16日、油圧機器メーカーのKYBとその子会社は、2000年から検査データを改ざんして、基準を満たしていない「ダンパー」と呼ばれる免震・制振装置を全国986か所の建物に納入していたことを公表しました。またも、上場企業の検査データ改竄問題が露見しました。おかげで、今日のKYB株はストップ安比例配分という株 [続きを読む]
  • 月足チャート必勝法で生活する方法
  • 月足チャート必勝法をお読み頂いた読者様から、「資産的には十分でも、株式投資の収益が安定していないことから、株で独立までに踏み切れない」とのコメントを頂きました。まさに仰られる通りで、株式投資の収益は本来、非常に不安定です。よく投資本で、株式の複利効果を喧伝する例えとして毎年20%づつの殖やしていけば10年後にはなんと6倍にまで増えます!みたいな煽り文句がありますが、現実の株の動きはそんな単純にはい [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(最終回)
  • このブログが自由への扉を開く鍵にならん事を。本投資法の肝は徹底した逆張り投資にあります。それも、損切り無用・10年間塩漬け上等!という究極の背水の陣を敷いた非常にエキセントリックな手法です。業績も悪化しており、悪材料満載のお先真っ暗で、世間ではクソ株と笑われているような株を買うのは大変勇気が要るかもしれません。しかし、誰もが買いたがらないからこその底値であり、故に、一番下値不安が少ないのです。もし [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第15回)
  • 【月足チャート必勝法】 Q&AコーナーQ 買い材料が無いのに買って、本当に上がりますか?A 株価は経営者の通知表でもあるので、それが数年来の安値に落ちているという事は、毎日、経営者失格の罵声を浴びせられているのと同じです。いくら、日本の上場企業のトップが、サラリーマン経営者だといえども流石にこれには耐えられず、必ず改善策を命じざるを得ません。系列企業、金融機関の支援等を受けながら、思い切ったリスト [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第14回)
  • 日経225最強伝説w今回は、続・月足チャート必勝法の理論的根拠を解説します。前回は何故、株は同じ価格帯を上下動するかを説明しましたが、前回の理由に加えて株が激しく上下動するもう一つの理由があります。それは、株価を決める大口のプレイヤーの多くが短期間で結果を出さなくてはいけないという制約がある事です。大口のプレイヤーと言えば、ヘッジファンドやアクティブ系投信や証券ディーラーですが、彼らは絶えず決算ま [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第13回)
  • 日経平均株価超長期チャート今回は、月足チャート必勝法の理論的根拠を解説します。株式相場で一番単純でありながら絶対的な法則があります。それが、安値からスタートして上げ始めた相場が天井を打った場合、いつの日か必ずまた昔の安値に戻ってくるという法則と、逆に過去の最高値はいつの日かまた取りに行くという法則です。株式投資はこの法則を知っているか知らないかというだけで、全然変わって来ます。相場巧者の多くは意識 [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第12回)
  • 約10年間も低迷したのに、上げる時はたった1ケ月で4倍化した低位株あるあるのチャート今回は、前回に引き続き月足チャート必勝法の優位性(後編)を解説します。証券会社のステマ広告には、経済の成長に伴って長期的に見れば株式の価値が上がる為、株式はプラスサムゲームなのですと、さも投資家の全員が儲かるかのように勧誘しています。しかし、30年移動平均をずっと下回っていて、アベノミクス相場の最近になってようやく [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第11回)
  • 9302 三井倉庫の週足チャート9302 三井倉庫の月足チャート今回は、月足チャート必勝法の優位性(前編)について解説します。それでは、何故、一般的に使われる日足や週足チャートでなくあえて月足チャートを使うのかについて説明します。答えは、日足や週足チャートだとあまりに短期的で中途半端な所でエントリーするリスクが高いからです。例えば、上記チャートは三井倉庫の週足チャートと月足チャートを比べたものですが、週足チ [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第10回)
  • 過去の値嵩株が低位株になってしまった野村證券今回は、強制的100株単位化により低位株がほぼ消滅した今後の相場についての対策ですが、2通りの方法があります。一つ目は、合理的に考えれば、ただ、株価が見かけ上の値嵩株になっただけなので、単純に本当は10分の1(5分の1)の株価だと仮定して以前と全く同じように売買するという方法です。幸い、今は全般上げ相場という事もあり、値頃が同じ水準になった過去の低位株が [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第9回)
  • 大体300円〜400円前後で底値を打つ、分かり易い月足チャート銘柄です。今回は買い方の解説をします。拙過疎ブログの貴重な読者様から「アベノミクスで優良株が長期的に高値で固定されている今のような状況では使いづらいと思うんですが、何とかなりますか?」とのコメントを頂きましたが、心配ありません。株は1部上場企業だけでも2,000社以上あり、それに新興市場まで加えると3,600社以上もあります。平均株価が [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第8回)
  • (株式併合の為、本来は10分の1の株価です。)今回は売り方について詳しく説明します。前回は、月足チャートの過去高値を目途に利食いするといいましたが、実際は上記チャートのように、前回高値を更に上抜いて上がり続ける銘柄もあれば、逆に前回高値に届かず、失速して天井を打つ銘柄も出てきます。それにも関わらず、機械的に前回高値で売ろうとすると、売れた株に限って早く売り過ぎて十分に儲けられず、手元にはまた元の値 [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第7回)
  • 「月足チャート必勝法」本手法は投資期間、売買タイミング判断、銘柄選別の全てにおいて、月足ベースで考える事が肝となります。基本的には、20年以上の月足チャートのみを見て売買します。上記チャートは自分の大好きな銘柄の一つである、クラボウの月足チャートですが、本来はこれの10分の1の価格でしたので、大体100円〜130円位が底値で、200円〜400円位が高値のBOXを描く分かり易い往復株です。先ずは、長 [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第6回)
  • まさか、こんな奴ら相手に家庭用ノートパソコン1台でたいまん張ろうとしてないよね?まさか、ねw前回までが、戦略篇だとすれば、今回からは具体的にどう売買するかの戦術編に入ります。手前味噌になるかもですが、実際に株だけで食べてる専業投資家で具体的な売買手法を開陳するのは、たぶん珍しいのでは無いかと思います。少なくとも、低スペックサラリーマンでも家族を養い、一軒家を持って、アーリーリタイア出来る位の資産な [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第5回)
  • 図書館で昔の株式投資本を読むと物凄い歴史の勉強になります。投資の本なんてまるで大外れだったという過去の歴史のです(-。-)y-゜゜゜?我々弱小個人投資家が目にするような情報は大口、相場巧者には既に周知の事実でありそれを基に判断するのはまるで無意味である事を理解する事。では、上記?について前回の続きを書きます。何故、2回に分けたかというとそれ程、情報についての考え方が個人投資家の株式投資にとって大事だから [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第4回)
  • 貴方が信じてる爆上げ必至の好業績企業は実は、もう終わってたりして・・・今回は知っているだけで勝ち組に回れる事実の?についての解説をします。?我々弱小個人投資家が目にするような情報は大口、相場巧者には既に周知の事実でありそれを基に判断するのはまるで無意味である事を理解する事。すべからく、人は自分の利益の為に行動します。故に情報は常に発信者の利益の為に発信されているという当たり前の事実を理解して下さい [続きを読む]
  • 内向型人間が贈る株式中級講座(第3回)
  • まさか、こんな経済学の最初のページにあるような図が相場必勝法だったとは・・・では前回に引き続いて、今回は?についての解説をします。?天井付近が一番業績も良く、将来バラ色な好材料に溢れており、逆に底付近では倒産さえ意識される程のダメ決算と将来さらに悪くなるような悪材料しか見当たらない事。人間とは常に今が全てと思いがちな生き物です。そして未来は今の延長線上にあると勝手に想像します。故に、好業績企業は永 [続きを読む]