一本の葦 さん プロフィール

  •  
一本の葦さん: 一本の葦
ハンドル名一本の葦 さん
ブログタイトル一本の葦
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/satsuki555may
サイト紹介文あんなこと・こんなこと・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供47回 / 365日(平均0.9回/週) - 参加 2015/01/13 20:55

一本の葦 さんのブログ記事

  • 次回、家族旅行の行き先
  • 昨年地植えした、北海道のスズラン ♪昨日は総合病院へ、母の診察日。叔母は一人でデーサービスへ行きました。母も不整脈、心房細動。80歳以上の治験を勧められ、少ない量の薬orプラシボを試すことになりましたが、薬かプラシボどちらになるか分からないのだと母の場合はどうか薬の方でありますよう祈るしかありません。母にはプラシボなんて、関係ないのに!しかし、利点は定期的な無料検査です。そして、無 [続きを読む]
  • ご無沙汰してしまった更新、まとめて…
  • 4月1日、無事に中目黒ウッディシアター「MINI COLLECTION Ⅲ」が終わりました。お越しいただいたお客様、応援して下さった方々、ありがとうございました。お礼が大変遅くなりましたことを、お詫びいたします。次の日、頑張ってTAPダンスレッスンに行ったら、一週間疲れを引きずることに。今年は、落ち着いてお花見もしない間に、我が家の桜もすっかり葉桜となってしまい!ました。今は、山吹、クレマチス、ライラックが咲いていま [続きを読む]
  • 薬の副作用
  •           テーブルに春先月からの話になりますが、母と私の循環器クリニック検査は仲良く不整脈で、私は心房細動もあり(以前にも言われていたのですが)母は入院した時のドクターに、薬を変えた方が…といわれて紹介状をもらって、行ったのも拘わらず、クリニックの先生は、別に変えなくともいいというので、訪問診療の先生にいままで道理の薬を出していただくことになりました。私のほうは、次の日エコーも撮っていた [続きを読む]
  • 「MINI COLLECTION Ⅲ」稽古の毎日
  • 3月29日〜4月1日 6回公演「MINI COLLECTION Ⅲ」〜ミニプレイとモノローグ の稽古が始まっています。休憩時間もそこそこに、超特急で細かく進む稽古、あっという間に時間が経ってしまいます。11:30の稽古日など、お昼を食べ損ねることもしばしば。プロテインバーやエネルギーinのジェリーを、ひそかに食べることにしました。私の出演するミニプレイ「ボンヴォヤージュ」、モノローグ「クリスマス/ヴァレンタインデー」、共に [続きを読む]
  • 素敵な 梅見
  • 先日、友人と湯島天神の梅を愛でに出かけました。まだ咲いていない梅もありましたが、日当たりのよい庭の一角は、丁度見頃でした。     先日、空き時間に行った羽根木公園もきれいでしたが、まだ咲き始めでした。湯島天神は庭の大きさの関係もあり、見頃の梅が集中してあり、華やかでした。まだまだ楽しめそうです。     暖かい日で、日向ではコートを脱いで、軽装で歩いていらっしゃる方もありました。     以前は [続きを読む]
  • 朗読劇「SEVEN セブン」終了,我が家では・・・
  • 中目黒スクエアで公演された、「SEVENセブン」が終わりました。場所は会議室、どれだけの方が来て下さるのか皆目分からず、少し心配しましたが、ほぼ満員のお客様で、皆さん共感して下さっていたようで何人も頷きながら見てくださっていましたので、私たちを通じて7人の言葉が皆さんに伝わっているのを実感しました。私たちが演じた実在の女性たち7人とも、エネルギッシュであきらめない闘う、パワーあふれる各国の活動家ばかりで [続きを読む]
  • 病院に一泊付き添い
  •           駅のPARKING付近に咲く、ヒイラギナンテン          花の少ないこの時期、心温まります昨日の朝、母と叔母は雪のため、早めのデーサービスのお迎えで出かけて行きました。私が一息つき、さて掃除洗濯に取り掛かろうかとしているところ、電話です。番号は、デーサービス。さては母に熱でもあったか、と思いながら受話器を取ると、到着した途端左足が上がらず、呂律が回らないし、涎も…、脳梗塞では [続きを読む]
  • 2月3日 ドキュメンタリードラマ(朗読劇)「SEVEN・セブン」
  •      今回、目黒女性団体連絡会と目黒区との共催で2月3日上演される「SEVEN・セブン」訳・演出 三田地里穂「SEVEN・セブン」は、女性劇作家7人と、世界7か国の女性リーダー7人が出会い、芸術と政治・社会活動との融合により誕生した作品です。教育、DV、女性抑圧の問題などと、闘いながら生きている7人の女性リーダーの姿を、7人の劇作家がインタビュー取材をし、彼女たちが語った言葉だけで創り上げたドキュメンタリード [続きを読む]
  • 久しぶりの ウォーキング
  • いつも、母・叔母がいると、目が離せない(2階に洗濯物を干しに行っただけで不安になり、どこかへ行っちゃったのかしら…、そして、雨戸を閉め、鳥籠に覆いをかけて寝かせてしまう)ので、昼食後のお昼寝の時に、お買い物へいく有様。ウォーキングなんて、なかなか行けません。デーサービスに行っている時間は、昼公演の芝居、映画、美術館、レッスン、トレーニング、買い物、家の仕事、など、やりたい事が盛りだくさん。しかし、 [続きを読む]
  • 遅ればせの 初詣
  • 明けまして、おめでとうございます。ブログ、初更新です。今年も、黒豆、栗きんとん、なます、煮物、伊達巻、(伊達巻は忘れていて、4日にやっと作りました)31日は立ちっぱなしで作ったり大掃除したりのせいか、足の土踏まずのあたりが痛くて歩けなくなる、という悲惨な目に会いましたが、湿布の効果があり、元旦の夕方には治りました。一時は、長くかかるのかと憂鬱になりましたが、意外と早く治癒したのでありがたかったです。 [続きを読む]
  • 姉妹ゲンカ
  •      今月、これだけの美術館へ、昼の時間を工面して行っていたにも拘わらず、ブログ更新出来ずにいました。ゴッホも良かったけれど、安藤忠雄氏のデザイン、好きです!やはり、認知症の母と叔母と3人での暮らしは、いろいろな事件やら、しなければならないことが多く、忙しい。おまけに、自分のやりたいこと、舞台俳優業や美術、映画も見たい、など、わがままなので、自分で自分の首を絞めているところもあるかもしれません [続きを読む]
  • 公開稽古場、公開劇場稽古、終了
  •           先月11月に撮影の神宮外苑イチョウ並木     先日、TCワークショップが主催した目黒区民への「 観客のための 『演劇創作プロセス』 鑑賞講座 」 が終わりました。公開稽古場10/27、11/24、劇場稽古公開11/27、とモノローグを計6作品演じました。すべて演出家の三田地里穂さんの翻訳です。新作もありました。昼夜2作品づつで4本。4人の出演者で8本。2作品は続けて演じます。俳優は、きちんと演じ分けが出 [続きを読む]
  • 親孝行企画 4
  • 今回は、初めて叔母を含め、三人での1泊旅行になりました。場所は、犬吠埼。 車で2時間弱です。我が家をゆっくりと出発し、佐原の美味しい鰻屋さんで昼食を摂りました。二人ともうな重を驚くような食欲で、ごはん少しを残して食べてくれました。私の方が残すごはんが多く、参りました。二人とも、元気な証拠!よかった。ホテルチェックイン3時半。海を眺めるのは、やはり気持ちがゆったりします。部屋はベッド2つの部屋と畳の部屋 [続きを読む]
  • 遅ればせの更新 ウィーン・プラハ
  •  ウィーン シュテファン大聖堂久しぶりの更新です。先月になってしまいましたが、娘とウィーン、プラハを旅してきました。ウィーンに友人が住んでいるので、夫と行きたいと言っていたのですが南の島、大好きな夫の希望優先になってしまい、ついに二人で行きそびれてしまいました。一人で1週間行こうかと思っていたのですが、思いついて長女を誘ってみたら二人で行くことになりました。彼女はどうせならプラハにも行きたいんだよね [続きを読む]
  • 「 深水三章朗読劇 with さつき里香 」終演
  •           26日、「深水三章朗読劇 with さつき里香」終わりました。                 深水三章さん、金塚悦子さん、とご一緒に…昼間でないと…と断念された方、予定があってこられなかった方、仕事で来られなかった方、応援をありがとうございました。また、万障繰り合わせてお越しいただいた方々、ありがとうございました。初めての場所で、初めての深水三章さんとの朗読劇、楽しんで演じさせてい [続きを読む]
  • 「和の灯り」に癒される
  • 今年も目黒雅叙園の百段階段での催し「和の灯り」が開催されていることを知り、早速出かけました。ホッとするような空間とほんのりと明るい和の灯りは、涼しさも呼び込むような、静かな別世界に連れて行ってくれました。「まづもろともに輝く宇宙の微塵となりて無法の宇宙に散らばろう」宮沢賢治(農民芸術概論網要より)と入り口の宇宙と馬の灯りの作品に書いてありましたがまさに空間の中で、灯りと共感し合った、素敵な時間を味 [続きを読む]
  • やっと行けた美術館
  • 我が家から電車を乗り継ぎ、バスに乗り、3時間弱。埼玉県東松山市にある、丸木位里(広島県)・丸木俊 夫妻の描いた「原爆の図」がある、丸木美術館。昨年八月、井上ひさし作「少年口伝隊一九四五」の朗読公演に参加した際、稽古中に行きたかったのですが、行きそびれてしまいました。「原爆の図」は、「幽霊」・「火」・「水」・「虹」・「少年少女」・「原子野」・「竹やぶ」・「救出」・「焼津」・「署名」・「母子像」・「と [続きを読む]
  • 8月26日 出演情報!
  • 深水三章 朗読劇with さつき里香   50回記念新作2本立て  亀山賢一 作 「憧れのセカンドハウス」  金塚悦子 作 「ネコなふたり」場所 新宿三丁目 リトリート倶楽部            新宿区新宿3-7-9 新宿土地建物第6ビル2F            03-5269-3038open19:00 開演 20:001ドリンク付き 3,000.-作家・金塚悦子さんのご紹介で、深水三章さんと [続きを読む]
  • 釧路ひとり旅
  • 釧路湿原に行って来ました。母と叔母は、デーサービスにお泊り。二人はお泊りを楽しんでもいます。ありがたいです。お蔭で、長年憧れていた、釧路湿原行きを実現させました。目的は、湿原をカヌーに乗って、大自然を、風を太陽を感じることでした。予定外の事もありました。昔、7月の北海道公演で乗り継ぎ乗り継ぎで何ヶ所か回ったことがありましたが、バス移動中、寒くて震えていたことがありました。それで、セーターや厚手のパ [続きを読む]
  • 微笑ましい姉妹
  •   宿根向日葵 2年目です。毎日暑いですね。最近、母があまり長いお喋りができなくなったのですがそのぶん叔母が色々喋っています。余りに微笑ましかったので書いておくことにました。昨夜、叔母がテレビを見ながら、母に話しかけていました。テレビは、CMを流し始めていました。夏期講習のCMでかき氷が食べたい!とハイジが言うのを聞いて叔母が母に、外国にはかき氷なんてないんでしょ。ねぇ〜。この頃は食べるようになったの [続きを読む]
  • 川端龍子(Kawabata Ryushi)を追った1日
  • 先ずは大田区の川端龍子記念館へ行き、始めにアトリエと自宅を案内付きで見学予定でしたが、電車を一台乗り遅れて、案内時間に間に合わず、残念なことをしました。次回の楽しみにいたします。 趣味が建築で、住まいや記念館は、龍子自身で設計したらしい。才能豊かな方だったのですね。「ホトトギス」の同人で、俳人としても活躍。 記念館では、油彩から日本画に変更した当初の作品「白日夢」の生き生きとした野菜畑の中の雄鶏 [続きを読む]
  • 小雨の中・・・?
  • 今朝は、小雨。デーサービスの休みの日で、退屈そうな母と叔母の顔を見たらさつきデーサービスをしたくなり、雨の似合う大賀ハスを見に行くことにしました。6月末からが見ごろのはず。目指すは、川村記念美術館の庭園です。例のごとく、出かけるまでにかなりの時間がかかりましたが、仕方ない。急がなければならないこともなし、笑いながら待ちます。庭園内での 雨の似合う花はもう一つ、紫陽花 も出迎えてくれました。蓮池に行く [続きを読む]
  • 佐原までドライブ ・私のデーサービス
  •  母も叔母も今日はデーサービスのお休み日。天気も良いので、佐原の水生植物園、今は佐原あやめパークと呼ぶようですが母・叔母を連れてハナショウブ・あやめ を愛でに行きました。出がけにも、母は雨戸を閉めて寝ようとしていましたが、出かけると言ったらいそいそと支度を始めました。出かけるまでに、バッグを探しをしたり相変わらず、時間がかかりました。(苦笑)我が家からは1時間15分位(高速道路でも1時間7分)のドライブ [続きを読む]
  • 悲喜こもごも
  •           我が家の紫陽花が綺麗に沢山の花を咲かせています。先月、受けたアロマテラピー検定、2級、1級の結果通知が、今日の午後わが家のポストに投函されました。2級 1級とも、合格認定証が同封されていました!1級合格はちょっと不安だったのですが、ほっとしました。     どんな試験でも、合格は気持ちいいですね。(単純!)老健で非常勤職員として受けた、健康診断の結果が先日送られてきましたが、昨 [続きを読む]