一本の葦 さん プロフィール

  •  
一本の葦さん: 一本の葦
ハンドル名一本の葦 さん
ブログタイトル一本の葦
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/satsuki555may
サイト紹介文あんなこと・こんなこと・・・
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供32回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/01/13 20:55

一本の葦 さんのブログ記事

  • ジャズダンス ??
  •       一昨日、大門のメルパルクホールにジャズダンス芸術協会のフェスティバルに行ってきました。沢山のスタジオ作品を見て、たくさんのパワーをもらいました。各スタジオの個性あふれる振付とダンサーたちの個性が、客席にビンビン伝わってきました。私もジャズダンスフェスティバルではないけれど、メルパルクホールの舞台で踊ったことがあるのを思い出しました。5年ほど前からタップだけ習っているますが、またジャズダ [続きを読む]
  • 落雷 と 停電の中・・・
  •      昨日は、埼玉県武蔵嵐山の女性教育館での「男女共同参画フォーラム」、の中で朗読劇を使ったワークショップがありました。7カ国で活動している7人の女性たち(貧困、教育、DV、政治腐敗、女性の地位向上等と戦う女性たち)を、7人の作家が取材し、その方達の言葉だけで書かれた脚本「SEVEN・セブン」を、朗読形式で上演するのです。今回は米国の作家に許可を得て、7人のところを3人にした台本を演出家・脚本家である三田 [続きを読む]
  • 縄文
  •  国立博物館の「縄文」を観てきました。土器も土偶も、凄いです。国宝となっている物もありましたが、私にとっては全て国宝級でした。素晴らしい美的センス。こんなにもきちんとした形で発掘され、再現された土器、土偶、縄文時代の人々の生活や文化を思いながら、感動しました。どんな生活、どんな祭事まつりごとが行われていたのでしょう。神に祈り、感謝し、日常を楽しんで、暮らしていたように想像します。考えられないほど長 [続きを読む]
  • 男女参画フォーラム への参加
  • 台風が過ぎ去ったら、またしても酷暑が帰ってきました。2月にも公演したドキュメンタリー・リーディング、「SEVEN・セブン」のPRを書兼ねてのワークショップの仕事を、演出家から依頼されました。「SEVEN・セブン」は、女性劇作家7人と、世界7か国の女性リーダー7人が出会い、芸術と政治・社会活動との融合により誕生した作品です。教育、DV、女性抑圧の問題などと、闘いながら生きている7人の女性リーダーの姿を、7人の劇作家 [続きを読む]
  • 最近の ビックリはん たち
  •           今年は一粒芽を出し、元気に毎朝花を増やしている青朝顔です 最近の母と叔母がらみの、不思議な事です。母と叔母がデーサービスに行った後、鳥かごの水を確かめて仰天!水ではなく、カフェオレが入っていたのです。母の仕業。早速綺麗な水に替えましたが、死ぬことはないにしても・・・鳥さん、カフェオレ飲むかしら。夜は、鳥さんを寝かせた後、母は水を替えようと布をめくり、水を出すとともにケージを開け [続きを読む]
  • ひとり逃避行
  •    これはヤブキリ?足も長いし、触覚もながい。車に飛び乗ってきました。  ドライブしたいの?先日、8月の私の入院3泊4日のために、母たちに新しいデーサービスのお試しショートステイ2泊3日に行ってもらうことになりました。すかさず、私も逃避行。五浦に泊まることを目的に、北茨城の古峯神社に車を走らせました。到着寸前にすごい雨で前が見えないくらいになり、心配になりましたが到着時にはすっかり止み、神社も、庭園 [続きを読む]
  • 笑う夢
  • 昨夜、笑って目覚め、起きてからも夢のことで、寝がえりしながら、笑ってしまう。変? 怖い夢で叫んで目覚めるよりいいですよね。あれは、ほんと怖い!最近はそんなことはないのですが。昨日は楽しかった!昼間は忘れていたけれど、そういえば朝方、愉快な夢を見たな、と思い出しました。しかし、内容は忘れていたので、「夢占い」で調べてみることにしました。楽しい気分だったのに、「笑う夢」は、抑圧された感情 や 現実逃避願 [続きを読む]
  • 川村美術館庭園
  • 忘れぬうちに、更新。先日、母たちをデーサービスに送りだした後、そろそろ大賀ハスが咲いているころと思い、家の用事を急いで済ませ、川村記念美術館庭園へと車を走らせました。午前中は人も少なく、アジサイも綺麗でしたし、水連の池にはめずらしい、白鳥が一羽、のんびり行き来していました。白鳥は、いつもは美術館側の大きな噴水のある池に、優雅そうにしているのですが。孤独を楽しみたかったのでしょうか。日傘をさしながら [続きを読む]
  • 雨上がりの散歩
  • 今日はTAPdanceのレッスンに行きましたが、暑さが半端なかったですね。昨日は、午前中は雨が降り、午後からとても良い天気になりました。それを見越して、お昼前に洗濯し、晴れを待つ。大正解!洗濯物を干し、母と叔母3人でお昼を食べ、二人がお昼寝をすると言うのでその間に、歩きに行くことにしました。雨上がりの散歩は、気持ちのいいものでした。  蝶々も雨上がりの食事に忙しい  私の好きな、ヒルガオが雑草に絡みつきな [続きを読む]
  • 勝浦の 「花の辺の里」
  •   今年一番に咲いた、八重のあさがお先週のこと、私のアンテナに初めて受信された、勝浦「花の辺の里」。6万株の紫陽花?行ったことがなかった! で、興味津々、早速友人を誘い、ドライブ!雨上がりで、里山の緑も綺麗、紫陽花も元気で満開でした。里山の頂上付近で、友人の手作りのおにぎりをほおばりながら、休憩しているとどこからともなく、篠笛の音が風に乗って流れて来ました。目を凝らすと、下の方に篠笛を吹いている方 [続きを読む]
  • 尾瀬の水芭蕉?
  • 尾瀬の水芭蕉を楽しみに、山ということを恐れながら行ったにもかかわらず花は、今年は早く5月末に咲いてしまったとか。聞いてないよ〜〜。と、しばし涙。循環器の先生に、始め登りで帰りが降りるのなら、ダメだと思ったら引き返せばいい。と言われて、行ったけれど、尾瀬は山の上の方までバスで行き、湿原まで降り、帰りに登るのだ!と、バスの中で聞く。え〜〜。                         どんどん降り [続きを読む]
  • 秩父高原牧場
  • 友人に情報を聞き、運転するからと日帰り観光を決めました。「天空のポピー」を見に、ドライブ。6月8日までで、その後は閉鎖になってしまう、というので急遽、6月5日に決行。 素晴らしい眺めでした。   時折、風に揺れるポピーは、圧巻でした。  青空と緑とポピー、「美しい!」「ああ、綺麗!」「素晴らしい!」を何回言ったことでしょう。 この景色を眺めながら、木陰の木のベンチに腰かけ、近くで鳴く鶯の声に耳を傾けな [続きを読む]
  • またまた久しぶりの更新
  •                タチアオイの花が咲き始めました話題にすることには、事欠かない生活をしてはいるものの、なかなかブログを書く気力が出ず、ストレス解消にドライブに出かけたり、美術館、映画を見に出かけたりはしていたのですが、家に帰れば元の木阿弥。先月末、叔母の付き添いで総合病院へ。先週の金曜日には二人を連れて、病院へ。叔母の治験検査、と診療結果を聞き、叔母も仲良く不整脈、心房細動。母は治験の [続きを読む]
  • マロニエの花
  •  「マロニエの花」 ゴッホ新国立美術館で見た「マロニエの花」、パリに行かないと見られないのかしらと検索してみると、なんと都内で見られるではありませんか。そして、季節もちょうど今。ということで、レッスン後、マロニエの花を見に浅草橋まで、行きました。     昨日、一昨日と「浅草橋 紅白マロニエ祭り」が開催されていたようです。iphoneでお祭りの様子を見ましたが、とても賑やかな下町らしいお祭りです。さて、マ [続きを読む]
  • 絵画〜 道楽 〜
  • このところ、1〜2日置きに美術館に行っています。そろそろ、企画展が、終わりに近づいてきていたからです。          7日で終わった「ピュールレ・コレクション 〜 至上の印象派展」ああ、幸せな時間を味わいました。ルノワールの「イレーヌ」は本当に可愛かった!あまりにもよかったので、絵葉書は買う気になれませんでした。モネの「ヒナゲシ畑」、ゴッホの「マロニエの花」、シニャック「ヴェネチア 朝」これらは、 [続きを読む]
  • カメラ片手に…??
  • 今週はレッスンがお休みだったし、先々週は私の私用でお休みしたので身体が反応し、天気のよい今日は朝から、決め、母と叔母の昼食後のお昼寝時間に、カメラ片手にウォーキングに出かけました。住宅街を通り抜け、貸農園を通り抜け、竹藪の道を通り抜け、田園風景の開けたところへ出ると、青空の下、田植えの終わった田んぼにはシロサギが沢山いました。鳥たちは、用心深いので、あまり近づけませんが、息をとめつつ、手振れでモ [続きを読む]
  • 花や旅、小鳥の癒し
  • 癒し・・・以前、癒し、癒しというけれど、そんなにみんな疲れてるの?と聞いてこられた方がいらっしゃいましたが、ストレス抱え、みんな疲れていますよね!自然や動物やホッとする話に癒されつつ、日々生活しているのです。かく云う私も、花に癒されつつ日々の行動力を発揮しています。  今年も咲いた、ガーデンガーベラ 赤先日は、現実逃避して海岸をドライブし、1泊一人旅してきました。夫と行きたいと言っていた海外の候補地 [続きを読む]
  • 次回、家族旅行の行き先
  • 昨年地植えした、北海道のスズラン ♪昨日は総合病院へ、母の診察日。叔母は一人でデーサービスへ行きました。母も不整脈、心房細動。80歳以上の治験を勧められ、少ない量の薬orプラシボを試すことになりましたが、薬かプラシボどちらになるか分からないのだと母の場合はどうか薬の方でありますよう祈るしかありません。母にはプラシボなんて、関係ないのに!しかし、利点は定期的な無料検査です。そして、無 [続きを読む]
  • ご無沙汰してしまった更新、まとめて…
  • 4月1日、無事に中目黒ウッディシアター「MINI COLLECTION Ⅲ」が終わりました。お越しいただいたお客様、応援して下さった方々、ありがとうございました。お礼が大変遅くなりましたことを、お詫びいたします。次の日、頑張ってTAPダンスレッスンに行ったら、一週間疲れを引きずることに。今年は、落ち着いてお花見もしない間に、我が家の桜もすっかり葉桜となってしまい!ました。今は、山吹、クレマチス、ライラックが咲いていま [続きを読む]
  • 薬の副作用
  •           テーブルに春先月からの話になりますが、母と私の循環器クリニック検査は仲良く不整脈で、私は心房細動もあり(以前にも言われていたのですが)母は入院した時のドクターに、薬を変えた方が…といわれて紹介状をもらって、行ったのも拘わらず、クリニックの先生は、別に変えなくともいいというので、訪問診療の先生にいままで道理の薬を出していただくことになりました。私のほうは、次の日エコーも撮っていた [続きを読む]
  • 「MINI COLLECTION Ⅲ」稽古の毎日
  • 3月29日〜4月1日 6回公演「MINI COLLECTION Ⅲ」〜ミニプレイとモノローグ の稽古が始まっています。休憩時間もそこそこに、超特急で細かく進む稽古、あっという間に時間が経ってしまいます。11:30の稽古日など、お昼を食べ損ねることもしばしば。プロテインバーやエネルギーinのジェリーを、ひそかに食べることにしました。私の出演するミニプレイ「ボンヴォヤージュ」、モノローグ「クリスマス/ヴァレンタインデー」、共に [続きを読む]
  • 素敵な 梅見
  • 先日、友人と湯島天神の梅を愛でに出かけました。まだ咲いていない梅もありましたが、日当たりのよい庭の一角は、丁度見頃でした。     先日、空き時間に行った羽根木公園もきれいでしたが、まだ咲き始めでした。湯島天神は庭の大きさの関係もあり、見頃の梅が集中してあり、華やかでした。まだまだ楽しめそうです。     暖かい日で、日向ではコートを脱いで、軽装で歩いていらっしゃる方もありました。     以前は [続きを読む]
  • 朗読劇「SEVEN セブン」終了,我が家では・・・
  • 中目黒スクエアで公演された、「SEVENセブン」が終わりました。場所は会議室、どれだけの方が来て下さるのか皆目分からず、少し心配しましたが、ほぼ満員のお客様で、皆さん共感して下さっていたようで何人も頷きながら見てくださっていましたので、私たちを通じて7人の言葉が皆さんに伝わっているのを実感しました。私たちが演じた実在の女性たち7人とも、エネルギッシュであきらめない闘う、パワーあふれる各国の活動家ばかりで [続きを読む]
  • 病院に一泊付き添い
  •           駅のPARKING付近に咲く、ヒイラギナンテン          花の少ないこの時期、心温まります昨日の朝、母と叔母は雪のため、早めのデーサービスのお迎えで出かけて行きました。私が一息つき、さて掃除洗濯に取り掛かろうかとしているところ、電話です。番号は、デーサービス。さては母に熱でもあったか、と思いながら受話器を取ると、到着した途端左足が上がらず、呂律が回らないし、涎も…、脳梗塞では [続きを読む]
  • 2月3日 ドキュメンタリードラマ(朗読劇)「SEVEN・セブン」
  •      今回、目黒女性団体連絡会と目黒区との共催で2月3日上演される「SEVEN・セブン」訳・演出 三田地里穂「SEVEN・セブン」は、女性劇作家7人と、世界7か国の女性リーダー7人が出会い、芸術と政治・社会活動との融合により誕生した作品です。教育、DV、女性抑圧の問題などと、闘いながら生きている7人の女性リーダーの姿を、7人の劇作家がインタビュー取材をし、彼女たちが語った言葉だけで創り上げたドキュメンタリード [続きを読む]