モチギイクオ さん プロフィール

  •  
モチギイクオさん: 水彩画は楽しい!!
ハンドル名モチギイクオ さん
ブログタイトル水彩画は楽しい!!
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/190-mochimochi
サイト紹介文水彩画は楽しい!! 水彩画1日1枚を目標に描いてます、私なりの描く手順も日々公開しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供175回 / 365日(平均3.4回/週) - 参加 2015/01/13 21:57

モチギイクオ さんのブログ記事

  • 「 ティンプーの街角から 」
  • 「ブータン風景」絵の仲間6人でブータンへ6泊7日でスケッチ旅行ってきた。Bhutan sketch travel首都ティンプーの目抜通りには信号ひとつなく、時々現れるお巡りさんが交差点で手信号で自動車を誘導していた。そこから少し歩くと広い商店街に出る、中央分離帯に車が走り左右に植え込みと歩道が続く。坂にある商店街のショッピングは、前の歩道の数段の階段を上がり下がりながらということになる。そんな通りの片側を描いてみた。 [続きを読む]
  • 「 靄のパロ 」
  • 「ブータン風景」絵の仲間6人でブータンへ6泊7日でスケッチ旅行ってきた。Bhutan sketch travelその日は満月だった、パロ・ゾン(城塞)の内部は満月の日に一般公開されていて、Ugenさんの案内で見学をしてきた。その行き帰りに見た小高い丘からの眺望、パロの街並みと背景の山々が靄で霞み幻想的な風景だった。、 撮ってきた写真から1枚描いてみた。#2018070ブータン・スケッチ旅 20 「 靄のパロ 」Bhutan Sketch Trip 2 [続きを読む]
  • 「 棚田のマニダル 」
  • 「ブータン風景」絵の仲間6人でブータンへ6泊7日でスケッチ旅行ってきた。Bhutan sketch travel4日目。現地のUgenさんの案内で、普通のツアーでは行けそうもない絶景なスケッチポイントへ行き、仲間とスケッチした後、更に山を車で移動ダワカ村(お月様の村)の質素で素朴な一軒家を訪ねた。夏休みで帰ってきていた可愛いくて綺麗な娘さんや両親と写真を撮ったりして交流を深め昼食を頂いた後、山を下る途中に見た風景。段々畑 [続きを読む]
  • 「 ドブジ・ゾン遠望 」
  • 「ブータン風景」絵の仲間6人でブータンへ6泊7日でスケッチ旅行ってきた。Bhutan sketch travel4日目。現地のUgenさんの案内で、普通のツアーでは行けそうもない絶景なスケッチポイントへ行った。それは凸凹道を車に揺られ揺られたどり着いたドブジ・ゾン(城塞)が一つの山の頂に建つ姿を遠望できるスケッチには恰好なポイントだった。ティンプーやプナカやパロなどの様に巨大豪華な佇まいはないが、山間の愛おしさを感じるド [続きを読む]
  • 「 パロ・ゾン(城塞)遠望 」
  • 「ブータン風景」絵の仲間6人でブータンへ6泊7日でスケッチ旅行ってきた。Bhutan sketch travel4日目。ティンプーのホテル プンツォペルリからパロのオラタンホテルに移動。パロ市内からオラタンホテルへ行く途中の少し高台に立つと、小さなパロ空港を見下ろす絶景ポイントがある。左に目をやると移動中の車から幾度となく見てきたパロ・ゾンを遠望することができる。田畑の中の民家越に見えるパロ・ゾン(城塞)を描いてみた [続きを読む]
  • 「 パロ・ゾンと山の天気 」
  • 「ブータン風景」絵の仲間6人でブータンへ6泊7日でスケッチ旅行ってきた。Bhutan sketch travel4日目。ティンプーのホテル プンツォペルリからパロのオラタンホテルに移動。パロへの移動途中、パロ・チュ(川)の川沿いに白い綺麗な建築物が見えてきた、巨大な建築物パロ・ゾン(城塞)だ。雨季のシーズンこの日も午後3時頃ににわか雨に出会う、それも部分的な降雨で移動中の車のフロントガラスにはポツポツとという感じだが、 [続きを読む]
  • 「 静寂のプナカ・ゾン 」
  • 「ブータン風景」再開絵の仲間6人でブータンへ6泊7日でスケッチ旅行ってきた。Bhutan sketch travel2日目、8時40分ホテルを出発。標高2300メートルのティンプーから出発し50分、3150メートルのドチュ・ラ峠に到着。峠では108基のチョルテン(仏塔)やドゥクワンゲルラカン(寺院)を見学。移動途中、モ・チュとフナツァン・チュという川の合流地点に築かれた巨大な建築物プナカ・ゾン(城塞)が見事だ。肥沃な谷の川縁に建つプ [続きを読む]
  • 「 パリのカフェ 11 」
  • 「ブータンスケッチ旅」を一時中断して、今回からは去年の1月から投稿した「パリのカフェ」シリーズを再投稿することにした。パリ18区のモンマルトルの丘にあるサクレ・クール寺院から、少し歩くとテルトル広場(仏: Place du Tertre)がある。広場の入口に位置するカフェ ラ・ボエムは、カフェが多く点在するなかでも歩き続けた観光客が休憩するには格好の場所だ。オープンカフェでテルトル広場の画家たちが思い思いに絵を描き、 [続きを読む]
  • 「 パリのカフェ 10 」
  • 「ブータンスケッチ旅」を一時中断して、今回からは去年の1月から投稿した「パリのカフェ」シリーズを再投稿することにした。「 パリのカフェ 10 」木陰のカフェ"Cafe in Paris 10" Cafe under tree shadow透明水彩(watercolor on paper)ARCHES紙 31×41cm [続きを読む]
  • 「 パリのカフェ 9 」
  • 「ブータンスケッチ旅」を一時中断して、今回からは去年の1月から投稿した「パリのカフェ」シリーズを再投稿することにした。パリ第8区を横切る長さ約3km、幅70mの大通りがシャンゼリゼ通りだ。マロニエ(マロンの木)の並木道が続く東はオベリスクのあるコンコルド広場から、西は凱旋門のあるシャルル・ド・ゴール広場(旧エトワール広場)までの間の左右には多くのカフェがある。その一つ凱旋門に向かって右手のカフェ・ジョルジ [続きを読む]
  • 「 パリのカフェ 8 」
  • 「ブータンスケッチ旅」を一時中断して、今回からは去年の1月から投稿した「パリのカフェ」シリーズを再投稿することにした。パリ12区のメトロ ルドリュロラン駅からすぐのカフェ&レストラン ル・スクエア・トルソー(Le Square Trousseau)。 テラス席が何ともパリっぽい。「 パリのカフェ 8 」ル・スクエア・トルソー"Cafe in Paris 8" Le Square Trousseau透明水彩(watercolor on paper)VIFART紙 F4 [続きを読む]
  • 「 パリのカフェ 7 」
  • 「ブータンスケッチ旅」を一時中断して、今回からは去年の1月から投稿した「パリのカフェ」シリーズを再投稿することにした。パリのカフェシリーズ7作目は、サン・ジェルマン・デ・プレのカフェ・ボナパルト(RUE BONAPARTE)。この地区ではカフェ・ド・フロールやレ・ドゥ・マゴという老舗が有名だが、サン・ジェルマン・デ・プレ教会の裏手にあるカフェ・ル・ボナパルドは手ごろな値段でカフェを楽しむことができるようだ。テン [続きを読む]
  • 「 パリのカフェ 6 」
  • 「ブータンスケッチ旅」を一時中断して、今回からは去年の1月から投稿した「パリのカフェ」シリーズを再投稿することにした。モンパルナスの半木陰のカフェ「 パリのカフェ 6 」オデッサ"Cafe in Paris 6" CAFE ODESSA透明水彩(watercolor on paper)WATER FORD紙 F4 [続きを読む]
  • 「 パリのカフェ 5 」
  • 「ブータンスケッチ旅」を一時中断して、今回からは去年の1月から投稿した「パリのカフェ」シリーズを再投稿することにした。老舗カフェ「レ・ドゥ・マゴ(LES DEUX MAGOTS)」と戦前からのライバルで、サン・ブノア通りを挟んだ所にある「カフェ・ド・フロール(CAFE DE FLORE)」も芸術家・文人達が多く通ったカフェだ。カフェ・ド・フロールはギャルソンを昔から右利きのフランス人男性を採用してきたが、十数年前に外国人を採用 [続きを読む]
  • 「 パリのカフェ 4 」
  • 「ブータンスケッチ旅」を一時中断して、今回からは去年の1月から投稿した「パリのカフェ」シリーズを再投稿することにした。サン ジェルマン デ プレ教会に面した1885年創業の老舗カフェ「レ ドゥ マゴ(LES DEUX MAGOTS)」の店内装飾は、数々の文人・芸術家が使用した赤いレザークロスの長椅子やマホガニーのテーブルなど今も昔と変わらず健在だという。黒と白の制服を着たギャルソン達もこの歴史的な装飾の一部のようだ。ギャル [続きを読む]
  • 「 パリのカフェ 3 」
  • 2018年10月11日 10時43分39秒 | 水彩画「ブータンスケッチ旅」を一時中断して、今回からは去年の1月から投稿した「パリのカフェ」シリーズを再投稿することにした。パリの南モンパルナス(Montparnasse)のメトロの駅ヴァヴァン(Vavin)から地上に出ると、赤い陽射し(テント)とオープンテラスが目に入る。1903年創業、パリの中の有名な老舗カフェの一つカフェ・ラ・ロトンド「La Rotonde」だ。1900年初頭、モンパルナス界隈は町外 [続きを読む]
  • 「 パリのカフェ 2 」
  • 「ブータンスケッチ旅」を一時中断して、今回からは去年の1月から投稿した「パリのカフェ」シリーズを再投稿することにした。横断歩道のラインを横から縦(縦から横?)に変える実験がパリの一部であった。横断歩道を無視することの多いパリッ子はどう思っているのだろうか、冷ややかな声が聞こえないでもない。パリには他にもいろいろなラインがあるようだ。2枚目は、そんな変わった横断歩道の先にある小さなカフェを描いてみた。 [続きを読む]
  • 「 パリのカフェ 1 」
  • 「ブータンスケッチ旅」を一時中断して、今回からは去年の1月から投稿した「パリのカフェ」シリーズを再投稿することにした。パリでは通りや公園にはトイレがほとんどなく、近くのカフェへ飛び込み用を足し澄まして出てきたり、勿論客となってお借りしたり、カフェで思うようにオーダーができず苦労したことなど思い出がある。そんなことでパリでのカフェ風景は結構写真に収めてあるのでパリのカフェ風景を描くことにした。1枚目は [続きを読む]
  • 「 パリのカフェで 1 」
  • 「ブータンスケッチ旅」を一時中断して去年の今日から投稿した「パリにカフェ」シリーズを再投稿することにした。パリの街角のスナップより。カフェのオープンテラスで会話をしながらコーヒーを飲むご婦人を盗み撮り。「 パリのカフェで 1 」”At the cafe in Paris 1 ”透明水彩(watercolor VIFART紙 B5  [続きを読む]