もみじ さん プロフィール

  •  
もみじさん: 両側二次性変形性股関節症と共に歩んだ半生記
ハンドル名もみじ さん
ブログタイトル両側二次性変形性股関節症と共に歩んだ半生記
ブログURLhttps://ameblo.jp/momiji941008/
サイト紹介文両側二次性変形性股関節症のために、今までに8回も手術を受けてきました。
自由文リハビリ目的で始めた水泳、カヌー、アーチェリー、卓球等のスポーツ関連。障害年金請求顛末記、就労に関する体験や意見などを投稿しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供117回 / 365日(平均2.2回/週) - 参加 2015/01/14 01:39

もみじ さんのブログ記事

  • 慢性疲労症候群と線維筋痛症と身体症状症
  • タイトルにあげた3つの病気は、境界線があいまいだと最近気づきました。 私が診断された病気は、このうち線維筋痛症と身体症状症です。 この3つの診断基準は、どれも明確な気質損傷がないこと。とされ、患者が罹った医師の専門分野により、3つの病気のどれかに分類されるのではないかと私は考えます。その根拠を述べます。 私の線維筋痛症の主治医は、身体症状症と線維筋痛症は、同じ病気。といいましたが、今年受診したK大学病院 [続きを読む]
  • 暴言に土下座! 深刻化するカスタマーハラスメント を見た
  • 昨日のクローズアップ現代+の番組を見て、あ〜これって私のことだ!と思いました。 最近、怒りっぽくなっているのは自覚しています。そして、怒っていることをブログに書くと、まああまり良い反応のコメントをいただいたことはありません。なぜならば、私が悪いからです。 この番組で少し言っていましたが、格差社会も一因ではないか?ということでした。「うっ憤を貯めてる人が、より弱い立場の店員さん等に、八つ当たりしている [続きを読む]
  • 会則変更
  • 11月に私のサイトに共感してくださった方とOFF会を実施する予定です。その前に、会則を改定することにしました。 そうそう、OFF会参加したい方いらっしゃいますか?いらっしゃるのならば、コメントしてください。部屋何とかなるのかな? 今年は、熊本観光がメインです。ついでに、熊本は震災に遭われているので、少しですがお金を落そうと思いました。 まずは、私のサイトの紹介から。http://www7b.biglobe.ne.jp/~momiji-info/in [続きを読む]
  • ”見直して!!細かすぎる小学校の漢字教育”
  • 1つ目の会社に入社する時に、「処遇は嘱託社員です」といわれたので、そんな処遇では働きたくないと思い、お断りの電話を入れた時に、人事部の人から、「我が社が正社員として採用するのは、国立大学卒業者だけです。ご理解ください」といわれたので、それじゃあ私のような低学歴の人は、嘱託社員でも仕方がないか、と思いました。 この言葉が、入社後私が処遇に関して不満を抱えることになる、1つの理由でした。 なぜ、不満に思 [続きを読む]
  • うつ病じゃない?
  • 10月11日にK大学病院のメンタルクリニックを受診しました。その時の結果は、既にブログに書いています。その他に、勉強になったな〜と思ったことをこのブログに書こうと思います。 1つ目は、身体表現性障害という病名が、身体症状症あるいは、身体症状性障害と変わったという、ことです。 2つ目は、身体症状症と線維筋痛症は、別の病気だと聞かされたこと、です。 3つ目は、診察時に言われたことではありませが、ブログを書くに [続きを読む]
  • 身体症状症には、薬が効くというエビデンスはない?
  • 10月11日にK大学病院のメンタルクリニックを受診しました。その時の結果はこちらのブログに書いています。 受診時に、勉強になるな〜と思ったことがありますので、ブログを書こうと思います。 1つ目は、身体表現性障害という病名が、身体症状症あるいは、身体症状性障害と変わったということです。 2つ目は、身体症状症と線維筋痛症は、別の病気だと聞かされたこと、です。 3つ目は、診察時に言われたことではありませが、ブログ [続きを読む]
  • 症状にとらわれている?
  • 昨日ブログを書きながら、身体症状症を説明するサイトを読んでいると、次のような文章を発見しました。身体症状症の人は自分の症状にとらわれており、そのような症状と健康に関する懸念に時間とエネルギーを過剰に費やします。身体的な病気が否定されてからも依然として症状にとらわれ、心配が続く場合、または身体的な病気に対する反応が異常に強い場合、この病気の診断が下されます。この文章に接した時、今までなんとなく違和 [続きを読む]
  • 身体症状症と線維筋痛症は違う病気?
  • 10月11日に、県内の大学病院(K大学病院と今後は略す)のメンタルクリニックで診察を受けました。その結論は、既にブログに書いています。こちらを参考にしてください。 その時に、勉強になるな〜と思ったことを書こうと思います。昨日は、病名が身体表現性障害から身体症状症あるいは、身体症状性障害に変わったことを書きました。 今日はタイトルの通り、線維筋痛症の主治医からは、身体表現性障害と線維筋痛症は同じ病気と聞 [続きを読む]
  • 身体症状症?
  • 10月11日に、県内の大学病院のメンタルクリニックを受診しました。その時の結論は、こちらのブログに書いています。 その他で、勉強になるな〜と思ったことがありましたので、このブログに書こうと思います。 以前の診断名は身体表現性障害でした。私も2011年にT大学病院で診断された病名は、身体表現性障害でした。しかし、近年はタイトルにあるように、身体症状症あるいは、身体症状性障害と呼ぶのだそうです。 詳細は、こちら [続きを読む]
  • 精神科診察初診
  • 夏に認知行動療法を受けている時に、この療法にも限界があると気づき、他の治療を探していると、EMDRという療法を知りました。 国立精神・神経センターで認知行動療法を受けていたので、精神科医の診察時に、このEMDRについて質問したところ、「この療法はPTSDの治療に使われる療法ですが、もしかしたらもみじさんにもあうかもしれません。私はお勧めします」といわれました。 早速、自宅近くでこの療法を受けられる [続きを読む]
  • AIロボットは疲れを知らない
  • テレビを見ていて、そうか!と思ったことがありました。 それは、AIロボットと会話が成立していると思っていても、それは人間の気持ちに共感しているのではない、ってことです。 例えば、人間が疲れたという言葉を発した時、その言葉を聞いた人間は、自分に疲れた経験があるので、その経験から相手の疲れを想像することができますが、ロボットは疲れを知らないので、ディープラーニングで得た会話から最適な返答を選んでいるだ [続きを読む]
  • ”うらやましい”を嫌だと思わないこともある
  • 少し前に、私がリハビリに利用していた障害者のための施設(センターってみんな呼んでます)で知り合った女性のブログにコメントしたところ、返信がありました。 このブログはリブログができない設定になっているので、引用は避けますね。 このコメントに私の叔父のことを書きました。 叔父はベーチェット病が原因で、40代の時に全盲になりました。その叔父と話がしたいと思って、車を運転して1人で会いに行きました。すると、叔 [続きを読む]
  • 心理検査結果の作り直しが届いた
  • 9月17日に心理検査を実施してくださった臨床心理士さんに電話して、心理検結果の一部訂正をお願いしました。 その詳細は、こちらのブログを参照してください。 ざっと読んだところ、私が不快だといった部分を削除しただけでした。 これでは、完全な心理検査とは言えないと思いました。なぜならば、心理検査で出ている部分 例えば、私が実際に東大君の悪口を言ったことや政治家に対する否定的な意見を書いたことや検査結果でミスし [続きを読む]
  • 電話して良かった!
  • 昨日、臨床心理士さんと電話で話をして、ブログを書いた後も寝るまではイライラした気持ちが治まっていませんでしたが、朝起きてみると昨夜のイライラが解消されていることに気がつきました。 迷いましたが、昨日電話して良かったです。 臨床心理士さんから質問されたから答えた私の元上司に対する悪口を、こんなふうに曲解するなんて・・・。と怒っていました。今後、心理検査を受ける人には、決して悪く口を言ってはならない、 [続きを読む]
  • 電話した
  • 8月のブログに書いたように、国立精神・神経センターで受けた心理検査の結果の中で、1部納得できない部分がありました。そして、そのことで私は更なるイライラを抱えていることに気がついたので、今日思い切って電話をして、心理検査を実施した臨床心理士さんと直接お話しをすることができました。 1.権威ある人に論争を挑みがち、について私が心理検査を受けた時に悪口を言った人は、私の元上司の東大君なので、きっと東大君の [続きを読む]
  • #私たちは女性差別に怒っていい
  • 東京医科大 女性のみ一律減点 のテレビ報道をみて、この事実で、女性を相当怒らせているに違いないと思っていました。 私は、今のズル賢さのまま生まれ変わることができたら、薬剤師ではなく医師になりたいと思っていましたので、この事に驚くと共に、お先真っ暗な気持ちになりました。どう転んでも、女性差別とは縁が切れないのですね。あ〜あ。 本日 東京医大 女性 というキーワードで検索したところ、タイトルのハッシュ [続きを読む]
  • 後知恵バイアス(BIAS) 後悔
  • 前に書いたブログで、後知恵バイアスという言葉を紹介しました。 私だって人間ですから、後知恵バイアスがかかった思考をしてしまいます。 それが、 父の放火という犯罪を未然に防ぐことができなかったか?であり、何でこんな会社に入ってしまったのだろうという後悔であったりします。 私は、ある会社に入社すると決めた時に遡って考えたことがありました。その結果、 国立大出身の人を過大評価してしまっていたこと。思ったより [続きを読む]
  • 後知恵バイアス(BIAS)
  • 認知行動療法を受けている時に、ボブヘアー心理士さんから様々なことを教えていただきました。その1つに”後知恵バイアス”という言葉があります。 この言葉は、PTSDで苦しんでいる方向けの心理療法で使われるそうで、例えば地下鉄サリン事件などの経験をされた方や、不幸にも亡くなられてしまったかたのご遺族たちは、「なんであの地下鉄に乗ってしまったのだろう。あの地下鉄に乗らなければ、こんなひどい目に合わなかった [続きを読む]
  • 認知行動療法を受けて、期待外れだったこと
  • 認知行動療法って、どんなもの?という疑問が湧くと思います。私も最初はそうでした。そこで、私が受けた認知行動療法を詳細にブログに書いてきました。そのシリーズの最後のブログです。 なお、私が受けた認知行動療法は、慢性疼痛に特化した療法であり、認知行動療法自体はもっと多くありますので、ご了解ください。 慢性疼痛向けの認知行動療法を受けて、期待外れだと私が思ったこと 1.服用している薬の量、種類共に減らせな [続きを読む]
  • 最近怒りっぽくて・・・
  • 昨日、市内のメンタルクリニックに併設されている心理相談室に行ってきました。しかし、臨床心理士さんと喧嘩になり、帰ってきました。 喧嘩の理由1.予約時間から10分近く経ってからカウンセリングが始まったこと。7000千円/50分という私にとっては高額なカウンセリング料なので、時間は守って欲しかったです。 2.同じ質問を2度したこと。認知行動療法を受けてどうでしたか?これを2度認知行動療法では、どんなことをしましたか [続きを読む]
  • 心理検査結果についての私見
  • 今回受けた心理検査の結果をブログにしましたが、今回はその結果に対する私の私見を書きます。 権威のある人に対して、論争を挑んでみがちで、ストレスを受けると抑うつ、興奮状態を感じて、反抗的な態度を取りたくなることもあったよううです。もみじさんの場合、「自分自身の能力をきちんと認めてもらえていない」と感じたときに強い怒りを感じることが多かったようです。 臨床心理士さんからは上記のようなコメントがありまし [続きを読む]
  • 心理検査結果報告書が届く ②
  • 心理検査結果報告書のまとめ部分を書きます。 まとめ 全体的な知的水準は同年代の”平均の上”水準でした。得意不得意ついては、「言語での理解・表現」「習得知識」「視覚情報の処理」「シンプルな聴覚情報の処理」が得意な一方、「複雑な聴覚情報の処理」は、不得手な傾向がみられます。 性格検査からは、悲観的な考え方をしやすい傾向がうかがえ、上手くいかないことがあると、周囲と比較して自分に自信を持ちにくくなるようで [続きを読む]
  • 人工股関節定期検診
  • 今日は、人工股関節の定期検診でした。 以前から気になっていた再置換のことを質問しました。 「再置換で両側同時手術はあり得ますか?」「右が緩んでいた時、左も少しゆるみがある。という場合は、両側同時手術をします。しかし、左が全く問題ない時は、一生もってしまう可能性があるのに、再置換することはもったいないのでしません」「はあ、そうですか。実は左人工の手術の時にうつ病になってしまいました。手術を受けるのは [続きを読む]
  • 心理検査結果報告書が届く ①
  • 6月14日、15日に実施された心理検査結果報告書が届きました。 人の検査結果など興味がないわ、という方はスルーしてください。 検査を実施してくださった臨床心理士さんによる口頭での報告と書面の報告を選べたので、私は書面での報告をお願いしました。口頭で結果を聞いても忘れてしまう可能性を心配したからです。書面で報告してもらえると、夫などに読んでもらえるメリットもあります。なお、線維筋痛症の主治医には、別に報告 [続きを読む]