もみじ さん プロフィール

  •  
もみじさん: 両側二次性変形性股関節症と共に歩んだ半生記
ハンドル名もみじ さん
ブログタイトル両側二次性変形性股関節症と共に歩んだ半生記
ブログURLhttps://ameblo.jp/momiji941008/
サイト紹介文両側二次性変形性股関節症のために、今までに8回も手術を受けてきました。
自由文リハビリ目的で始めた水泳、カヌー、アーチェリー、卓球等のスポーツ関連。障害年金請求顛末記、就労に関する体験や意見などを投稿しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供110回 / 365日(平均2.1回/週) - 参加 2015/01/14 01:39

もみじ さんのブログ記事

  • 親の悪口を言ってはいけないの?
  • 認知行動療法を受けていると、臨床心理士さんたち2人から同じことを言われました。「親を選んで生まれることはできない」 まったくその通りです。しかし、配偶者は選べます。 だから、私は親の悪口は言っても良く、反対に配偶者の悪口はいってはいけないと考えています。 配偶者は選べます。更に失敗したなと思ったら離婚もできます。だらかこそ、夫の悪口を言う人には、「離婚したら」といってしまいます「もみじちゃんは、私の [続きを読む]
  • 慢性疼痛の論文を読んでの感想
  • 慢性疼痛 と 男女差 というキーワードで検索した結果、次のような論文がヒットしました。 この論文を読んでみると、 慢性疼痛の症状,病因,疫学の概観慢性疼痛の定義 痛みは,身体的な危険を警告して,自己を保全する ためのシグナルとして有用であると考えられており, 多くの場合,一過性で損傷の治癒とともに次第に減弱, 消失していく。通常,このような痛みが急性疼痛と呼ばれている 痛みの原因が軽減,あるいは除去さ [続きを読む]
  • 認知行動療法セッション4回目/全8回
  • 7月11日は、認知行動療法の4回目でした。 前回の宿題は、なにかしようとした時に、ペース配分を考えよう。というものでした。 私は、お風呂掃除について、宿題を実行しました。しかし、1回しかできませんでした。 実行日は、7月14日(土)で、まずは、髪の毛を染めようと思ったけれど、染毛剤がないことに気づいたところから始まります。仕方がないので、テレビを見ていましたが、お風呂のことが頭をよぎるので、テレビを消してお [続きを読む]
  • 頑張り過ぎる傾向の対策は?
  • 7年前にT大学病院にて、認知行動療法を受けていた時の医師の言葉が気になっていました。 「もみじさんは、問題に真正面から立ち向かってしまう。ここがもみじさんの稀有な特徴です。今後は、問題を回避することを学んでゆきましょう」というものです。もう何度もブログに書きましたので、耳にタコの方もいらっしゃると思いますが・・・。ごめんなさい。 この言葉にとても傷ついていました。まるで、「一人で勝手に頑張ってしまう [続きを読む]
  • 認知行動療法セッション3回目/全8回
  • 7月4日は、認知行動療法のセッション3回目でした。 前回の宿題は、何かをした時のことを日記に書いてくる。というものでしたが、ところが先週は、とても引きこもりとは思えない程忙しくて、チョコレートケーキを作ることしかできませんでした。 1週間がどんな感じかというと、水曜日:セッション2回目木曜日::疲れてお休み金曜日:精神科医による診察(検査結果を教えてもらう)土曜日:夕飯を作る。チョコレートケーキを作る。 [続きを読む]
  • 線維筋痛症受診12回目
  • 7月2日(本日)は、線維筋痛症の受診日でした。 現在受けている認知行動療法の病院に紹介状を書いていただいたクリニックです。 認知行動療法のことを報告し、私の最大の事件である「寝たきりになってもおかしくない」と精神科医師に言われたことを報告しました。主治医が、「なんで?」と聞くので、「長い年月股関節痛に苦しんできたことと、仕事に差しさわりが出てからも30年以上が経過した時間の長さからです。それでも頑張っ [続きを読む]
  • 認知行動療法外来診察
  • 6月29日は、臨床心理士さんによる検査の結果を、初診医師から教えてもらう診察日でした。 結果は、知的レベルは高いけれど、その反面作業の正確さやスピードは遅い。抑うつ傾向がある。というものでした。もっといろいろ教えていただきましたが、忘れてしまいました。 この検査結果は、文書を発行してもらうことにしましたので、その文書が届いたところで、夫や線維筋痛症と診断した医師などに読んでもらおうと考えています。 「 [続きを読む]
  • 認知行動療法セッション2回目/全8回
  • 6月27日は、認知行動療法のセッション2回目でした。 1回目の宿題は、日記を書いて行くことでしたが、毎日同じ内容ばかり。つまりは、朝起きる時の2〜3時間を、「起きたくない、でも起きなくちゃ」という感情の間でぐずぐずした後に、ようやく起きるというものです。 1つだけ違うのは、ベッドシーツを交換したことです。終わった後の、安堵感とさらさらのシーツが気持ち良い。ということを日記に表現しました。そんなことだけでも [続きを読む]
  • ベーシックインカムは格差の固定化を解消するのか?
  • 最近ベーシックインカムについて有識者が議論するNHKの番組を見ました。その番組を録画していますので、それを見ながら番組の紹介や私の意見を述べたいと思います。 格差を固定化させないためには、子育てや教育費にお金を使うことの方が、ベーシックインカムより効率的だ。と反対派の人はいいます。結果の平等よりも、機会の平等の方が大事だというのです。 反対意見としては、機会の平等が担保されても、人が入れ替わるだけ [続きを読む]
  • ベーシックインカムについて再度考える
  • 最近ベーシックインカムについて有識者が議論するNHKの番組を見ました。その番組を録画していますので、それを見ながら番組の紹介や私の意見を述べたいと思います。 私は20代の頃から、社会保障に大変関心を寄せてきました。その理由は、やはり、18年もの長期にわたり父が若年性認知症で精神科に入院していたからです。 障害を抱える娘が、父の入院費を負担するなんて、なんて残酷なのだろう。そう思っていました。 父の入院費 [続きを読む]
  • 認知行動療法の宿題
  • 認知行動療法を受けるにあたり、臨床心理士さんによる2回検査があったことは、以前ブログに書きました。 その時出された宿題の、私の回答について少しお話しします。 私の子供時代は・・・という言葉の後に私が自由に書き込むものです。私の子供時代は、幸せではなかった。 「子供の頃は、やがて本当のお父さんとお兄さんが私を迎えに来てくれると想像していました」と臨床心理士さんに答えました。 父は・・・という言葉の後に結 [続きを読む]
  • 認知行動療法セッション1回目/前8回②
  • 6月20日は、認知行動療法のセッションの1回目でした。 まずは、今朝の状況を聞かれました。それをボブヘアー美人医師が表のようなものに書き写していました。 どんな状況で朝起きる時 その時頭に浮かんだことは起きなきゃこのまま寝ていると、同じ姿勢が続いて更に腰が痛くなってしまう。 その時の体の状況は腰が痛い その時の気分は眠い だるい 体が重い その時どう行動した?またはし損なったことは?起きなきゃ、でももっと [続きを読む]
  • 認知行動療法セッション1回目/前8回①
  • いよいよ、6月20日は、認知行動療法の第1回目でした。 その報告の前に、気がついたことをお知らせします。 19日の夜にふと気がついたのですが、ブログでしつこいくらいに書いていた、東大君のことを思い出さないのです。ふと頭をよぎることはあっても、直ぐに別の考えが頭に浮かび、気持ちが切り替えられていることに気が付きました。 これは、つきものが落ちたようで、とてもうれしかったです。こんな30年以上も前に経験し、もう [続きを読む]
  • 人は好き勝手にいうもの
  • 人って、自分の意見を好き勝手に言うものです。 福島の原発が事故を起こしたことで、自主避難された方には、「放射能の影響なんて限定的。それなのに、父親と離れて母子で自主避難するなんて、夫や子供がかわいそう」 自主避難しなかった人には、「子供への放射能の影響が心配ではないの?子供がかわいそう」 などと、自分の意見と反対の行動をした人に好き勝手にいうものだと、私は考えています。 私の場合も 「そんなに体調が悪 [続きを読む]
  • 人を信じていない
  • T大学病院では、「もみじさんは、人を信じていない」といわれました。「どうしてわかったのですか?」「それはこっちに置いといて・・・」言われたので、私を観察した結果の結論ではなく、一般論だと思います。何気なくいったところ、「当たっちゃった」というところでしょうか。 さて、心身医療科の医師がいうとおり、私は人を信じていません。それで、自分で頑張り過ぎてしまったのかな?と考えたりします。 その理由は、22歳 [続きを読む]
  • 認知行動療法のための検査
  • 6月14日と15日は、臨床心理士さんによる検査でした。 14日は、私の得意、不得意を調べる検査で、暗算やブロックを見本と同じように組み立てる等の理数系統の検査に加えて、言葉の意味を私に答えさせるなどの文系系統の検査までさまざなでした。約2時間。とっても疲れました。 私の不得意は暗記です。文章が出され、これに暗算で答える問題は、計算している内に問題はなんだったっけ?となり、降参したこともありました。メモが取 [続きを読む]
  • 言いたいことは、きちんと言えばよかった・・・
  • 今の最大の後悔は、東大君にもっとはっきり言えばよかった。ということです。 私が働いている事業所の全員が集まったところで、私の仕事について「いいかげん!!」といいったり、 私が「そんな実験やっても意味がない」私がいったとたんに東大君が怒ってしまったこと、 等を、管理職を交えて3者で話し合う機会を持つべきでした。東大君が私にイエスマンになることを求めていたとは、全く知りませんでした。そうであるならば、仕 [続きを読む]
  • 頑張り過ぎは、線維筋痛症の患者の特徴?
  • 6月6日に認知行動療法の研究参加の説明を受けた時、7年前にT大学病院でいわれたことと同じことを言われました。 頑張り過ぎる傾向がある。普通の人は、困難な行動を避けるのに、もみじさんは、率先して立ち向かってしまう稀有な傾向がある。 T大学病院で言われたことは、この傾向は私だけの稀有な特徴なのか?それとも線維筋痛症(身体表現性障害)の患者の特徴なのか? もしくは、教科書に書かれた特徴であり、私の症状や生育 [続きを読む]
  • 認知行動療法研究への参加の説明
  • 昨日は、国立精神・神経センターに行って、認知行動療法に対する研究への参加の説明を受けてきました。 時間は当初予定時間の1時間を超えてしまいました。前回と同じく、楽しかったです。 なぜ私が選ばれたのか?今回の研究目的は、前回の研究よりも短時間で実施しても同じ効果が得られるのか?というものです。その被験者としては10名を予定していましたが、まだ10名に達していません。認知行動療法を受けたいと希望する患者がそ [続きを読む]
  • 今のストレスってなに?
  • 認知行動療法の初診の医師からは、「極端な性格の父や妹は既に亡くなり、仕事も辞めている。昔に比べてストレスは減っているはずなのに、痛みが増しているのはなんでしょう?」と質問され、「今、頭が暇になると繰り返し思い出すのは、仕事をしていたの上司の言葉です。あの時、なんでいい返さず、心に収めてしまったのだろう。管理職に上司との関係を相談すればよかった。」などと考えています。既に終わった過去であり、それも3 [続きを読む]
  • T大学病院の認知行動療法に納得できなかった
  • 国立精神・神経センターにて認知行動療法の初診を受けました。 本日電話がかかてきて、「私を研究対象としたい。」といわれました。何がメリットでデメリットはないのか?について説明していただくために、6月6日に再度病院に行ってきます。 さて、7年前にもT大学病院にて認知行動療法を受けた経験があります。今回初診前に、アンケートが取られました。その中に、「過去に認知行動療法を受けましたか?」という質問があったので [続きを読む]
  • 認知行動療法初診
  • 5月23日は、国立精神・神経医療研究センターの初診日でした。 精神科の初診ということで、7年前の東北の大学病院(以下T大学病院と略す。決して東北大学ではありませんよ。)の初診の時とつい比較してしまいましたが、率直に言ってT大学病院の時に比べて楽しかったです。 診察時間は同じくらいの約2時間でした。 T大学病院の時は、例えば片道1時間を車で通勤しているといった時に、医師が驚きました。首都圏では通勤に1時間は [続きを読む]
  • 線維筋痛症受診11回目
  • 5月22日は、線維筋痛症の11回目の診察でした。 「症状はどうですか?」「お陰様で痛みが軽くなりました。」「そうですか。ところで認知行動療法の受診はどうですか?」「明日が初診です。」「そうですか。初診までそんなに待たされるのですか。」「先生、前回相談した女性と午前中に会いました。股関節周囲だけが痛いそうです。飲んでいる薬は私とほぼ一緒でした。薬は最初の内は効いていたけれど、最近は効かないといっています [続きを読む]
  • ベーシックインカムは労働意欲を削ぐ?
  • 最近ベーシックインカムについて有識者が議論するNHKの番組を見ました。その番組を録画していますので、それを見ながら番組の紹介や私の意見を述べたいと思います。 ベーシックインカムを導入すると、人は働かなくなると主張する人がいます。 私はその意見には反対です。 むしろ労働意欲を高めるとベーシックインカム推奨派はいいます。 経済的な安定が得られると、挑戦的な考えが生まれ、企業へと人々は向かうというのです。 [続きを読む]
  • ベーシックインカムは格差解消に有効?それとも不十分?
  • 最近ベーシックインカムについて有識者が議論するNHKの番組を見ました。その番組を録画していますので、それを見ながら番組の紹介や私の意見を述べたいと思います。 ベーシックインカムを推奨する人たちの中には、シリコンバレーにある企業の代表もいるそうです。そして、彼らがベーシックインカムを推奨する理由の1つが格差解消に有効というものです。 しかし、ベーシックインカムを否定する人たちは、格差解消には不十分だと [続きを読む]