大倉里司 さん プロフィール

  •  
大倉里司さん: 大倉里司
ハンドル名大倉里司 さん
ブログタイトル大倉里司
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/satoshi_ookura
サイト紹介文首都圏にて開催される展覧会の情報と感想。毎週月曜日に「2015年首都圏にて開催される美術展一覧」を更新
自由文好きな画家はディエゴ・ベラスケス師と円山応挙先生ですが、東洋美術を中心に古代から現代まで幅広く追うようにしております。時折「罵詈雑言モード」として毒を吐きますのでご容赦下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/01/14 08:44

大倉里司 さんのブログ記事

  • 「ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより」
  • 唯一写真撮影可能で最もエロティックだったオーギュスト・ロダン作『接吻』(テート蔵)皆様、お今晩は。6月24日迄横浜美術館にて開催中の「ヌード NUDE ―英国テート・コレクションより」展に行って参りました。その感想です。ヌード――人間にとって最も身近といえるこのテーマに、西洋の芸術家たちは絶えず向き合い、挑み続けてきました。美の象徴として、愛の表現として、また内面を映しだす表象として、ヌードはいつの時代に [続きを読む]
  • 2018年首都圏にて開催される美術展一覧 
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「酒器の美に酔う」(4月24日(火)〜6月17日(日)静嘉堂文庫美術館) ****************************** ※残り一週間 「猪熊弦一郎展 猫たち」(3月20日(火)〜4月18日(水)Bunkamura ザ・ミュージアム)http:/ [続きを読む]
  • 2018年首都圏にて開催される美術展一覧 
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「細川家と中国陶磁−名品でたどる中国のやきもの−」(2月10日(土)〜4月11日(水)永青文庫)http://www.eiseibunko.com/「東京⇔沖縄 池袋モンパルナスとニシムイ美術村」( [続きを読む]
  • 【本】原田マハ著『アノニム』角川書店刊 
  • 皆様、お今晩は。原田マハさまの『アノニム』角川書店刊を読了致しました。その感想です。ジャクソン・ポロック幻の傑作「ナンバー・ゼロ」のオークション開催が迫る香港。建築家である真矢美里は七人の仲間とともにオークション会場へ潜入していた。一方、アーティストを夢見る高校生・張英才に“アノニム”と名乗る謎の窃盗団からメッセージが届く。「本物のポロック、見てみたくないか?」という言葉に誘われ、英才はある取引に [続きを読む]
  • 「リアル 最大の奇抜」展(前期)
  • 今回のメインビジュアルとなった円山応挙作『鯉魚図』(個人蔵)皆様、お今晩は。府中市美術館にて5月6日迄開催中の「リアル 最大の奇抜」展の前期に行って参りました。その感想です。リアルに描くことは美術の基本……そう考えている人は少なくありません。明治時代の欧化政策を背景に、近代以降、西洋の画法をあらゆる美術の基本とする考え方が日本に定着したからでしょう。しかしそれは、言うまでもなく近代の話であり、きわめ [続きを読む]
  • 2018年首都圏にて開催される美術展一覧 
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「暁斎・暁翠伝 ─先駆の絵師魂!父娘で挑んだ画の真髄─」(4月1日(日)〜6月24日(日)東京富士美術館) ****************************** ※残り一週間 「世界を巡る 古今東西の品々を集めて」(1月13日(土 [続きを読む]
  • 2018年首都圏にて開催される美術展一覧 
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「生誕140年記念特別展 「木島櫻谷」PART2 木島櫻谷の『四季連作屏風』+『近代花鳥図屏風尽し』(4月14日(土)〜5月6日(日)泉屋博古館分館)、「建築の日本展:その遺伝子のもたらすもの」(4月25日(水)〜9月17日(月)森美術館)、「シ [続きを読む]
  • 2018年首都圏にて開催される美術展一覧 
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」(12月1日(金)〜3月21日(水)東京国立近代美術館)http://kumagai2017.exhn.jp/ 「ヘレンド展 皇妃エリザベートが愛したハンガリー [続きを読む]
  • 2018年首都圏にて開催される美術展一覧 
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「チャペック兄弟と子どもの世界 〜20世紀はじめ、チェコのマルチアーティスト」(4月7日(土)〜5月27日(日)渋谷区立松濤美術館)、「光琳と乾山」(4月14日(土)〜5月13日(日)根津美術館)、「人間・高山辰雄展――森羅万象への道」(4月1 [続きを読む]
  • 2018年首都圏にて開催される美術展一覧 
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「写真都市展 ウィリアム・クラインと22世紀を生きる写真家たち」(2月23日(金)〜6月10日(日)21_21 DESIGN SIGHT )、「百花繚乱列島 江戸諸国絵師めぐり」(4月6日(金)〜5月20日(日)千葉市美術館)、「縄文―1万年の美の鼓動」(7月3 [続きを読む]
  • 2018年首都圏にて開催される美術展一覧 
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「横浜美術館コレクション展 全部みせます!シュールな作品 シュルレアリスムの美術と写真 」(12月9日(土)〜3月4日(日)横浜美術館)http://yokohama.art.museum/exhibit [続きを読む]
  • 「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」展
  • 今回異彩を放っていたのがコレ!  野々村仁清作『白磁円孔透鉢』(MIHO MUESUM蔵)皆様、おはようございます。サントリー美術館にて4月8日迄開催中の展覧会「寛永の雅 江戸の宮廷文化と遠州・仁清・探幽」展に行って参りました。その感想です。17世紀初め、江戸幕府が政権を確立すると戦乱の世は終わりを告げ、泰平の時代がおとずれました。時を同じくして文化面でも新たな潮流が生まれます。それが寛永年間(1624〜44)を中心に [続きを読む]
  • 2018年首都圏にて開催される美術展一覧 
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「リアル 最大の奇抜」(3月10日(土)〜5月6日(日)府中市美術館)、「ターナー 風景の詩」(4月24日(火)〜7月1日(日)(東郷青児記念損保ジャパン日本興亜美術館)、「ガレも愛した〜清朝皇帝のガラス」(4月25日(水)〜7月1日(日)(サント [続きを読む]
  • 2018年首都圏にて開催される美術展一覧 
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「細川家と中国陶磁−名品でたどる中国のやきもの−」(2月10日(土)〜4月11日(水)永青文庫)、「『光画』と新興写真 モダニズムの日本」(3月6日(火)?5月6日(日)東京都写真美術館)、「没後200年 大名茶人・松平不昧公展」(4月21日(土 [続きを読む]
  • 「アニマルワールド」@加島美術
  • 皆様、お今晩は。東京京橋にある加島美術さんで2月25日迄開催中の「アニマルワールド」に行って参りました。行って驚いたのですが円山応挙先生やそのライバルであった曾我蕭白、脱力系琳派の旗手中村芳中先生の作品、新しいところでは上村松園や去年ここでの展示がブームになって再評価された渡邉省亭の作品が売買されていたんですね。お金が無くて買う事は儘なりませんがガラスケース越しじゃなくて観られるのは非常に貴重な機会 [続きを読む]
  • 2017年展覧会ベスト10
  • 皆様、お今日は。2月に入ってから久しいですが、去年の展覧会ベスト10を発表致します。1位「北斎とジャポニスム展」絶対に見逃しては為らない必見の展覧会「北斎とジャポニスム」展 https://blogs.yahoo.co.jp/satoshi_ookura/15888404.htmlこれを一位にすることは最初に観た時から決まっていました。何と申しても驚いたのがバルセロナのカタルーニャ国立美術館からも3作品借り入れている事なんです。文字通り世界各地の美術館や博 [続きを読む]
  • 2018年首都圏にて開催される美術展一覧 
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「生誕60周年記念 くまのパディントン?展」(4月28日(土)〜6月25日(月)Bunkamuraザ・ミュージアム) ****************************** ※残り一週間 「鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらき [続きを読む]