大倉里司 さん プロフィール

  •  
大倉里司さん: 大倉里司
ハンドル名大倉里司 さん
ブログタイトル大倉里司
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/satoshi_ookura
サイト紹介文首都圏にて開催される展覧会の情報と感想。毎週月曜日に「2015年首都圏にて開催される美術展一覧」を更新
自由文好きな画家はディエゴ・ベラスケス師と円山応挙先生ですが、東洋美術を中心に古代から現代まで幅広く追うようにしております。時折「罵詈雑言モード」として毒を吐きますのでご容赦下さい。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供163回 / 365日(平均3.1回/週) - 参加 2015/01/14 08:44

大倉里司 さんのブログ記事

  • 2017年〜2018年首都圏にて開催される美術展一覧
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 今回の新規分は、「名作誕生 つながる日本美術」(4月13日(金)〜5月27日(日)東京国立博物館)、「ルーヴル美術館展 肖像芸術 人は人をどう表現してきたか」」(5月30日(水)〜9月3日(月)国立新美術館) ********************** [続きを読む]
  • 超絶技巧再び!「皇室の彩 百年前の文化プロジェクト」展
  • 昭和天皇に献上された 御飾棚『鳳凰菊文様蒔絵』(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)光淳皇后に献上された 御飾棚『鶴桐文様蒔絵』(宮内庁三の丸尚蔵館蔵)皆様、お今晩は。東京藝術大学大学美術館にて11月26日迄開催中の「皇室の彩 百年前の文化プロジェクト」展に行って参りました。その感想です。およそ 100 年前。大正から昭和最初期の頃に、皇室の方々の御成婚や御即位などの御祝いのために、当代選りすぐりの美術工芸家たちが技術の [続きを読む]
  • 2017年〜2018年首都圏にて開催される美術展一覧
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「書の流儀Ⅱ ─美の継承と創意」(11月11日」(土)〜12月17日(日)出光美術館) ****************************** ※残り一週間 「練馬区独立70周年記念展 没後20年 麻田浩展 ―静謐なる楽園の廃墟―」(9月 [続きを読む]
  • 2017年〜2018年首都圏にて開催される美術展一覧
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ」(9月16日(土)〜11月12日(日)東郷青児記念損保ジャパン日本興和美術館)http://togoseiji120th.jp/************* [続きを読む]
  • 2017年〜2018年首都圏にて開催される美術展一覧
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「鉄道絵画発→ピカソ行 コレクションのドア、ひらきます」(12月16日(土)〜2月12日(月)(東京ステーションギャラリー)、「生誕150年記念 横山大観 ―東京画壇の精鋭―」(1月3日(水)〜2月25日(日)山種美術館)、「仁和寺と御室派の [続きを読む]
  • 絶対に見逃しては為らない必見の展覧会「北斎とジャポニスム」展
  • エドガー・ドガ作『踊り子たちピンクと緑』(吉野石膏株式会社蔵)葛飾北斎作『北斎漫画』(浦上堂蒼穹堂蔵)皆様、お今晩は。上野の国立西洋美術館にて来年の1月28日迄開催中の驚愕の大展覧会「北斎とジャポニスム」展に行って参りました。その感想です。19世紀後半、日本の美術が、西洋で新しい表現を求める芸術家たちを魅了し、“ジャポニスム”という現象が生まれました。なかでも最も注目されたのが、天才浮世絵師・葛飾北斎(17 [続きを読む]
  • 2017年〜2018年首都圏にて開催される美術展一覧
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規追加分は、「野生展 飼いならされない感覚と思考」(10月20日(金)〜2月4日(日)21_21 DESIGN SIGHT)、「あこがれの明清絵画 〜日本が愛した中国絵画の名品たち〜(10月28日(日)〜12月17日(日)静嘉堂文庫美術館)、「典雅と奇想 明末清初の [続きを読む]
  • わたしには「つまらない」「安藤忠雄展 挑戦」
  • 良く住んでいる人からクレームが上がって来なかったなぁと思う『住吉の長屋』皆様、お今晩は。12月17日迄国立新美術館にて開催中の「安藤忠雄展 挑戦」に行きました。その感想です。元プロボクサー、独学で建築を学ぶ―という異色の経歴で知られる建築家 安藤忠雄(1941年−)は、1969年より「都市ゲリラ」として建築設計活動をスタートして以来、既成概念を打ち破るような斬新な建築作品を次々と世に送り出してきました。1990年 [続きを読む]
  • 2017年〜2018年首都圏にて開催される美術展一覧
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規追加分は、「東京都現代美術館所蔵 近代の写実展」(11月17日(金)〜1月6日(土)東京都美術館)、「レアンドロ・エルリッヒ展:見ることのリアル」(11月18日(土)〜4月1日(日)森美術館)、「没後40年 熊谷守一 生きるよろこび」(12月1日(金 [続きを読む]
  • 「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」展
  • やっぱり巧いと唸ったのは 運慶作『毘沙門天像』(願成就院蔵)皆様、お今晩は。11月26日迄東京国立博物館平成館にて開催中の「興福寺中金堂再建記念特別展「運慶」」展に行って参りました。その感想です。日本で最も著名な仏師・運慶。卓越した造形力で生きているかのような現実感に富んだ仏像を生み出し、輝かしい彫刻の時代をリードしました。本展は、運慶とゆかりの深い興福寺をはじめ各地から名品を集めて、その生涯の事績を通 [続きを読む]
  • 「独り相撲」の感がある「怖い絵」展
  • この展覧会最大にして唯一の目玉 日本初公開のポール・ドラローシュ作『レディ・ジェーン・グレイの処刑』(ロンドン・ナショナル・ギャラリー蔵)皆様、お今晩は。上野の森美術館にて12月17日迄開催中の「怖い絵」展に行って参りました。その感想です。これまでの絵画鑑賞とは、色彩、タッチ、雰囲気や表現法などをもとに、感性を頼りにして心のままに感じるもの、というのが一般の人々が抱くイメージでした。そんな中、作家・ドイ [続きを読む]
  • 見逃すには余りに惜しい展示「フランス人間国宝展」
  • 今回最も唸ったのはピエール・セミネリさまの折り布細工でした皆様、お今晩は。東京国立博物館にて11月26日迄開催中の「フランス人間国宝展」に行って参りました。その感想です。フランス人間国宝(メートル・ダール/Maitre d' Art)は、日本の人間国宝(正式名称 重要無形文化財の保持者)認定にならい、伝統工芸の保存・伝承・革新を旨として、フランス文化省により1994年に創設されました。本展は、この「メートル・ダール」の [続きを読む]
  • 2017年首都圏にて開催される美術展一覧
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「浅井忠の京都遺産 京都工芸繊維大学美術工芸コレクション」(9月9日(土)〜10月13日(金)泉屋博古館分館)https://www.sen-oku.or.jp/tokyo/program/index.html***** [続きを読む]
  • 「六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信」展
  • 今回の目玉の一つ 狩野元信作『白衣観音図』(ボストン美術館蔵)こちらはヴァージョン違いの 狩野元信作『白衣漢音蔵』(静嘉堂文庫美術館)皆様、お今晩は。サントリー美術館にて11月5日迄開催中の「六本木開館10周年記念展 天下を治めた絵師 狩野元信」展に行って参りました。その感想です。狩野元信(1447?〜1559)は、室町時代より長きにわたり画壇の中心を担ってきた狩野派の二代目です。狩野派とは、血縁関係でつながった [続きを読む]
  • 2017年首都圏にて開催される美術展一覧
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「重要文化財 長谷川等伯障壁画展 南禅寺天授庵と細川幽斎」(9月30日(土)〜11月26日(日)永青文庫)、「単色のリズム 韓国の抽象」(10月14日(土)〜12月24日(日)東京オペラシティアートギャラリー)、 「鏨(たがね)の華 ―光村コ [続きを読む]
  • 「マルク・シャガール 三次元の世界」展
  • 今回はAOKIホールデングス蔵の作品が沢山 マルク・シャガール作『誕生日』(AOKIホールデングス蔵)皆様、おはようございます。東京ステーション・ギャラリーにて12月3日迄開催中の「シャガール 三次元の世界」展に行って参りました。その感想です。シャガールは、画家、版画家として著名ですが、晩年、多くの彫刻を制作しました。本展は、日本で初めてシャガールの彫刻作品を本格的に紹介する展覧会です。関連のある素描や絵画、 [続きを読む]
  • 「生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ」
  • 今回の展示で最も惹かれたのがこの作品 東郷青児作『婦人像(屋上塔)』(個人蔵)皆様、おはようございます。11月12日迄東郷青児記念損保ジャパン日本興和美術館にて開催されている「生誕120年 東郷青児展 抒情と美のひみつ」のブロガー向け内覧会に行って参りました。その感想です。東郷青児(1897-1978)が生誕120年を迎える2017年、全国の貴重な作品を集めた回顧展を2017年7月から2018年4月まで全国4会場で開催します。戦後に [続きを読む]
  • 2017年首都圏にて開催される美術展一覧
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。 ****************************** ※残り一週間 「第20回文化庁メディア芸術祭」(9月16日(日)〜9月28日(木)東京オペラシティアートギャラリー)http://festival.j-mediaarts.jp/「『そこまでやるか』壮大なプロジェクト展 [続きを読む]
  • 驚愕の大展覧会再び!「驚異の超絶技巧 〜明治工藝から現代アートへ〜」展
  • これが象牙細工とは…安藤碌山作『胡瓜』こちらは鹿の骨で作った彫刻 橋本雅也作『ソメイヨシノ』皆様、お今晩は。三井記念美術館にて12月3日迄開催中の驚愕の大展覧会「驚異の超絶技巧 〜明治工藝から現代アートへ〜」展のブロガー向け内覧会に行って参りました。その感想です。近年、明治工芸に対する注目度が急速に高まってきました。七宝、金工、牙彫、木彫、 漆工、刺繍絵画など、これまでアカデミックな美術史の世界では等 [続きを読む]
  • 2017年首都圏にて開催される美術展一覧
  • 皆様、おはようございます。 首都圏にて開催される美術展情報を「主観」で集めてみています。下記の情報については無断で転載・改変バンバンして下さり拡散希望でございます。今回の新規分は、「江戸の琳派芸術」(9月16日(土)〜11月5日(日)出光美術館)、「古代の造形ーモノづくり日本の原点」(9月23日(土)〜12月10日(日)宮内庁三の丸尚蔵館)、「六本木開館10周年記念展 フランス宮廷の磁器 セーヴル、創造の300年」(11月22 [続きを読む]
  • あと4回は足を運びたい「ボストン美術館の至宝展」
  • ウィンスロー・ホーマー作『八点鍾』(ボストン美術館蔵)皆様、お今晩は。10月9日迄東京都美術館にて開催中の驚愕の大展覧会「ボストン美術館の至宝展」を観て参りました。その感想です。 世界屈指の美の殿堂、ボストン美術館の主要なコレクションからえりすぐった、珠玉の80点を紹介します。同館のコレクションによる展覧会はこれまでも繰り返し開催されてきましたが、幅広い内容を総合的にご覧いただく展覧会は、日本では約40年 [続きを読む]