KONASUKEの部屋 さん プロフィール

  •  
KONASUKEの部屋さん: KONASUKEの部屋
ハンドル名KONASUKEの部屋 さん
ブログタイトルKONASUKEの部屋
ブログURLhttps://blog.goo.ne.jp/konasuke_2012
サイト紹介文笠間での日々と風景 出会った生き物 映画やテレビの感想など 時々政治
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1361回 / 365日(平均26.1回/週) - 参加 2015/01/15 14:02

KONASUKEの部屋 さんのブログ記事

  • オオムラサキ初齢幼虫?2018/07/08
  • フェンスにいた頭が茶色、体が緑色の幼虫。体長わずか数ミリ。トリミングしてみると、背中にわずかながら突起が見られる。もしかして、とは思っていたけど。どうやらオオムラサキの初齢幼虫のようです。散々検索して、結局、最初の勘が正しかったという(笑)初齢では、あの特徴的な頭のツノはないんだね。2齢になる時、茶色いヘルメットの下から、ツノがひょっこり立ち上がるという。一度、観てみたいものだ。アカボシゴマダラと [続きを読む]
  • ルリヒラタゴミムシ2018/07/10
  • ルリヒラタゴミムシ。写真ではよく分かりませんが、瑠璃色の翅を持つゴミムシです。頭・胸は黒っぽい紺色で、前翅の方が瑠璃色が強い。触角や脛節、ふ節はオレンジ色。樹上性のゴミムシですが、この時は床にいました。分類:コウチュウ目オサムシ科ナガゴミムシ亜科ヒラタゴミムシ属体長:8〜9.5mm分布:北海道、本州、四国、九州   平地〜山地成虫の見られる時期:4〜9月          成虫で冬越しエサ:小動物 [続きを読む]
  • アブラゼミ抜け殻2018/07/13
  • アブラゼミの抜け殻。まだニイニイゼミの勢力が強いせいか、鳴き声は確認していません。アブラゼミの抜け殻の特徴は・・・①全長26mm以上②前脚の腿節にある前歯と中歯は接近する③触角には毛が多く、第3節は第2節の1.5倍の長さ例年より1週間ばかり早いかな?このコの前脚が黒いのは汚れ?病気? [続きを読む]
  • ユリクビナガハムシ成虫・幼虫2018/07/10
  • ユリクビナガハムシ。幼虫は、自分の糞を背負って身を隠します。幼虫もオレンジ色。何でだろう?ユリに含まれる成分が関係するのかな?分類:コウチュウ目ハムシ科クビボソハムシ亜科体長:8〜10mm分布:本州、九州   ※分布は局地的成虫の見られる時期:4〜7月エサ:タカサゴユリなど栽培のユリ科   野生植物については不明。参考:ポケット図鑑日本の昆虫1400②(文一総合出版)ほか [続きを読む]
  • 201803下旬の植物
  • ハッカクレン(八角蓮)。メギ科ハッカクレン属。掌っぽく見えるけど、ヤマイモです。これは・・・?むむっ、シイタケでした。アオキのツボミ。アオキ科アオキ属。ムスカリ。ユリ科ムスカリ属。風信子。ヒヤシンス、って読むんだね。ユリ科ヒヤシンス属。ホトケノザ。シソ科オドリコソウ属。カシワバアジサイの葉。ユキノシタ科アジサイ属。これは何の葉だろう?黄色い花かと思った。チューリップ。ユリ科チューリップ属。オウバイ [続きを読む]
  • トガリシロオビサビカミキリ2018/07/10
  • トガリシロオビサビカミキリ。前翅の先が割れていて、形が特徴的。前翅の根元の部分が盛り上がってる、ってことなんだけど、横からの写真を撮り忘れたので、ちょっと分かりませんねぇ。7月10日、灯りに飛んで来ました。分類:コウチュウ目カミキリムシ科フトカミキリ亜科サビカミキリ属体長:12〜16mm分布:北海道、本州、四国、九州   平地〜丘陵成虫の見られる時期:5〜10月          幼虫で冬越し(非 [続きを読む]
  • ミヤマカミキリ2018/07/10・11
  • ミヤマカミキリ。8日夜〜9日夜にかけて、一斉に発生したようです。毎年、この時期に、一斉に羽化するようです。ウチの施設やその近所のコンビニでは、灯りに集まって帰れなくなり、コンクリで焼かれて死んでいく個体の、何と多い事か。周辺は栗畑だらけなので、発生源はその辺でしょう。分類:コウチュウ目カミキリムシ科カミキリムシ亜科ミヤマカミキリ属体長:32〜57mm分布:北海道、本州、四国、九州   平地〜山地成 [続きを読む]
  • キオビツチバチ(死骸)2018/06/26
  • キオビツチバチ。「帯」と言ってもこの個体では「紋」。類似種のアカスジツチバチは、頭部にも黄色い斑がある。これも実際には「赤筋」ではなく「黄斑」だが。分類:ハチ目ツチバチ科ツチバチ亜科ツチバチ属体長:♂11〜20mm ♀15〜25mm分布:北海道、本州、四国、九州   平地〜山地成虫の見られる時期:7〜10月          成虫で冬越しエサ:成虫・・・花の蜜   幼虫・・・コガネムシの幼虫参考: [続きを読む]
  • 稀勢の里休場
  • 稀勢の里は今場所も休場ってことで。回復してるのかな?っていう感じもあっただけに、残念だけど。まぁ、中途半端に出るより、納得いくまで回復させた方がいいでしょ。待ってるよ。 [続きを読む]
  • アカマダラメイガ?幼虫2018/06/26
  • アカマダラメイガの幼虫?よく見ると、カワイイ単眼があるね。メドハギの上の方に、葉を糸でつづった巣があり、中にいました。アカマダラメイガのデータ分類:チョウ目メイガ科マダラメイガ亜科翅を広げた長さ:22〜28mm分布:北海道、本州、四国、九州   平地〜丘陵成虫の見られる時期:6〜8月エサ:幼虫・・・メドハギ   成虫・・・不明参考:みんなで作る日本産蛾類図鑑V2ほか [続きを読む]
  • アオイラガ2018/06/28
  • アオイラガ。メロン色って感じの薄緑が美しい。類似種のクロシタアオイラガとかヒロヘリアオイラガに比べると少ないようで、資料が少ないです。前翅の先の茶色部分が薄く、こげ茶色のハッキリした筋模様が見える。そのうち二カ所で頭の方に盛り上がる部分があるという話も。分類:チョウ目イラガ科イラガ亜科翅を広げた長さ:29〜32mm分布:本州、四国、九州成虫の見られる時期:6〜7月エサ:成虫・・・不明   幼虫・・ [続きを読む]
  • サラサリンガ2018/06/28
  • サラサリンガ。分類:チョウ目コブガ科リンガ亜科翅を広げた長さ:31〜39分布:本州、四国、九州成虫の見られる時期:6〜7月エサ:成虫・・・?   幼虫・・・クヌギ、ナラ、カシ参考:茨城の昆虫生態図鑑(メイツ出版)   みんなで作る日本産蛾類図鑑V2 [続きを読む]
  • カノコガ交尾2018/06/26
  • カノコガの交尾。分類:チョウ目ヒトリガ科カノコガ亜科翅を広げた長さ:30〜37mm分布:北海道、本州、四国、九州   平地〜山地成虫の見られる時期:6月、8月          幼虫で冬越しエサ:成虫・・・花の蜜   幼虫・・・タンポポ類の葉、昆虫の死骸参考:茨城の昆虫生態図鑑(メイツ出版)   ポケット図鑑日本の昆虫1400①(文一総合出版)   かたつむりの自然観撮記        [続きを読む]
  • シロテンハナムグリ2018/06/26
  • シロテンハナムグリ。類似種のシラホシハナムグリとの違いは、頭の先の形なんですが、泥にまみれて確認できません。凹むのがシロテンハナムグリ。凹まずに弧を描くのがシラホシハナムグリ。もう一つの違いは、前翅の中央寄りの模様。これが点状、あるいは二つの塊になるのがシロテンハナムグリ。一つの大きな白い紋になるのがシラホシハナムグリ。シロテンハナムグリと同定しましたが、果たして?分類:コウチュウ目コガネムシ科ハ [続きを読む]