前ちゃんの奥さん さん プロフィール

  •  
前ちゃんの奥さんさん: いつもさくらといっしょ
ハンドル名前ちゃんの奥さん さん
ブログタイトルいつもさくらといっしょ
ブログURLhttp://ofeeria.blog.fc2.com/
サイト紹介文愛犬さくらと行く旅日記、ときどき日常もね
自由文楽天ブログからFC2ブログへ、スルッとまるごとお引っ越しです
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供8回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/01/15 20:46

前ちゃんの奥さん さんのブログ記事

  • さくらが逝って1年
  • 今でも、さくらの遺骨は手元に置いたまま。それでもペット霊園から年3回届く法要祭へは毎回欠かさず参加しています。 毎日リビングにある祈りの場所にお水を代えて時々さくらの大好きなチキンを添えて(お盆前に、カリカリがやっと無くなったところです)ミニ線香を点けて、おりんを鳴らす、それが私の朝のおつとめ。 夜は寝る時間になると2.5寸の骨壷のそばでLEDキャンドルに灯りをともし2寸のふわもこ骨壷だけ持って寝室へ行き [続きを読む]
  • 今年は初盆でしたが
  • さくらの初盆をきちんとやりたかったのに私がちょうど腰椎椎間板ヘルニアをやらかしてしまって満足にお迎えの準備ができずに終わってしまいました。歩けない、座れない、立っていられない。(>_そんな私を見かねて、お空からさくらがやってきたみたい。ちょっと早めの8月の12日くらいだったでしょうか、私の枕元をのっしのっしと歩く四つ足に気付きました。さくら、キタ━━━(≧∀≦)ノ━━━ !!!!!目を開けると姿こそ見えませんでし [続きを読む]
  • 百箇日を迎えました
  • さくらが逝って100日が経ちました。特別なことは何もしないけど、ちょうど日曜日なのでずっとそばにいてあげることくらいなら出来ます。古い友人からは可愛いさくら色のプリザードフラワーが届き、祈りの場所が、ぱぁっと明るく華やかになりました。 百箇日は「卒哭忌」とも言い嘆き悲しむのは100日でお終い、という意味があるとか。いつまでも立ち直れない人を想っての叱咤激励なのでしょうけれどそう簡単に涙が止まるなら苦労は [続きを読む]
  • 3回目の月命日
  • 毎年この時期になると青森りんごのおすそ分けをくれる友人がいます。彼女のご主人のご実家がりんご農家さんでたくさん送ってくるから食べきれないので手伝って、と私にとってはとてもありがたいお願いをされます。 彼女とは以前の仕事場で知り合い、苦楽をともにしてきた同志でもあって旅行で休みたい時には、いつも助けてもらいました。彼女には今年10歳になる息子さんがいて(ヒト科)当時からさくらのことをヒトの子のように話 [続きを読む]
  • 法要祭に行ってきました
  • ペット霊園から秋の法要祭のご案内が届きました。最後にお別れした時は、テープで録音されたお経が流れていたのですが年に3回行われる法要祭では、実際に僧侶さまがお見えになって生のお経をあげてくださるのだそうです。霊園にお墓を持たない家族でも参加できると聞いたのでキャリーバッグに骨壷をそぉっと詰めて、主人と一緒に行ってきました。 到着した時にはすでに、ひとつ前のグループの読経が中盤くらい。それが終わると次 [続きを読む]
  • 2回目の月命日
  • 毎月2日はさくらの月命日。まだ2回目だけど、月命日よりもさくらが逝った土曜日のほうが、けっこう堪えます。 四十九日をとっくに過ぎた今でも、さくらの遺骨は手元に置いたまま。人見知りのあの子には、ずっと私がついててあげなくちゃ。2.5寸(供養台用)と2寸(持ち運び手元用)の骨壷に分骨してふだんは祈りの場所に、隣り合わせで並べていますが夜になると2寸のほうだけ、寝室の枕元に置いて一緒に寝ています。 2寸を包み [続きを読む]
  • 四十九日を迎えました
  • わんこの世界に四十九日の概念は無いのかもしれませんがこれもひとつの節目と思い、今日のお仕事は休暇をとりました。 さくらがいなくなったのに今日もご訪問くださってありがとうございます。このブログで私の生存確認をしてくれる友人もいるので(苦笑)ひさしぶりに更新してみることにしました。ご心配をおかけしてすみません。 [続きを読む]
  • さくら旅立ちました
  • 9月2日土曜日15時25分、さくらが逝きました。12歳と2ヵ月でした。昨日、最後のお別れをして、とても小さくなってしまったけれどひとかけらの骨塵も残さず一緒に帰って来ました。これまでさくらを可愛がってくださって、ありがとうございました。とてもお返事が出来る状態ではないため、コメント欄は閉じさせていただきます、ごめんなさい。 [続きを読む]
  • 「ゲストハウス サンディーズ」(朝食編)
  • いよいよGW旅行記最終回です。いつもながら、とっても長くかかってしまってごめんなさい お宿は剣ヶ峯ペンション村にあるから周りは可愛いペンションがいっぱい。 他にもわんことお泊まりできるお宿がいくつかあるので朝んぽ中のワンズにたくさん出会いましたよ。 思い切り避けてるけど。 ほとんどお写真を撮れなかったけど、フレンチブルちゃんに出会った時はどこにお泊まりか尋ねてみたらすぐ近くの [続きを読む]
  • 「ゲストハウス サンディーズ」(夕食編)
  • GWの裏磐梯には、まだ溶けきれない雪の残骸が。   お宿の駐車場のはじっこで、サンディくんと仲良く?お散歩も出来ました。 フロントの右側通路の先には、内鍵施錠タイプの貸切家族風呂があります。 以前は2カ所あったのですが今はこちらの1カ所だけになっていました。 無くなったほうはどんなお風呂だったか、もう記憶にないのですがお気に入りだった十和田石とヒバ材を使ったお風呂が残ってて嬉しい。ほのぼのわん [続きを読む]
  • 「ゲストハウス サンディーズ」お泊まり(2回目)
  • 往路と同じ福島県に中継宿をとったのは8年ぶりに訪れることにした「ゲストハウス サンディーズ」さん。是非もう一度行ってみたい、と常々思ってはいたけどやはり福島は遠くて、他にも泊まってみたいところがあって、となかなかタイミングが合わないでいたんです。オーナーさんのこだわりがいっぱい詰まったこちらのお宿にやっと、来ることが出来ました さくらが玄関で立ち往生くらってるのは ここに看板犬のセントバーナード [続きを読む]
  • そば処「おおほり」わんことランチ
  • 東北道で朝を迎えてからずっと助手席で焼きたてパン屋さんのあるSAPAを探し続けていた私。こうゆうときスマホって便利ですよねっ。(長いあいだ意固地になってガラケーを持ち続けたくせに)フェリーに乗る前は酔いそうだったので、私だけ夕食を食べられなかったんです。そしてやっとこさ、鶴巣PA(上り)でパンGET(^^♪ まずは、熱々カレーパンから。 鶴のマークのプレミアムあんぱん? 生クリームがぎっしり!うんまい そういえ [続きを読む]
  • 津軽海峡フェリー「ブルーマーメイド」(函館港発)
  • 復路のフェリーも往路と同じくらいの22時過ぎの出港を希望したのですが「海割ドライブ」では、気が付いたときにはすでに満席。海割プランじゃなかったら空いていたんですけどね、お安いほうの料金重視で、ひとつ前の20時15分の予約をとることに。 早めに到着して受付を済まし、前回は到着ギリギリで立ち寄れなかった函館ターミナルを見学。お土産やさんや飲食店が、青森港に比べて充実しています。 乗船予定の「ブルーマー [続きを読む]
  • 函館ふたたび
  • 洞爺湖に別れを告げて、フェリーに乗るために函館へ向かいます。最後に、まだまだお土産買うのも忘れていませんよ。 洞爺湖から函館までは2時間半くらい。大沼公園インターを下りたところで渋滞に遭いました。 主人には、こんなの渋滞のうちに入らないと一蹴されましたが。そうなんです、全体的にGWだというのに渋滞知らずの旅でした。ええ、ここまでは?(^^; 街なかに入った途端、ネイビー色のキャラバンがやたら汚ないこと [続きを読む]
  • ザ・レイクビューTOYA「乃の風リゾート」(朝食編②)
  • 2泊目の朝がずいぶん早起きだったのは名残り惜しくも北海道最後の日だったから。 今年のGWは5/1と5/2に年休を加えて合計8日間の長期休暇だったけど往復とも本州に1泊ずつ入れたら、北海道での宿泊はたったの3泊しか取れませんでした。 まだまだ他に泊まってみたいお宿があったのにぃ。北海道まで来るのにこんなに長い時間と費用がかかるのだから、やはり2週間くらいお休みが欲しいですねぇ。 この風景ともお別れかぁ。もうね [続きを読む]
  • ザ・レイクビューTOYA「乃の風リゾート」(夕食編②)
  • 2泊目の夕食は、19時ではなく早めの18時からいただくことにしました。なんと大食漢の夫婦が、この日は朝食だけにしてお昼抜きだったんです。お腹がちょっとくらい空腹のほうが、豪華ディナーは美味しく食べれますもんね 心配ご無用ですよ。2泊分のお茶菓子を、ちゃっかりいただいてます。 前日と同じ「レストランウィズ」へ。 他に2組のゲストがいらしたけど、2泊目の私たちは前日とは全く違くお品書き。 主人だけ、アルコ [続きを読む]
  • ザ・レイクビューTOYA「乃の風リゾート」(朝食編)
  • 洞爺湖で清々しい朝を迎えました。 湖面に逆さ(蝦夷)富士がくっきり見えます。 いざ、お散歩に出かけよう。     お部屋のテラスを出発地点として左の方向へ、ずんずん歩いて行くと「洞龍の足湯」があります。早朝だったので、まだお湯が張られていませんでした。 こちらは「湖渡る風」という作品だそうです。このような彫刻作品が洞爺湖の周辺にはたくさんあります。 記念切手のような写真スポットがありました。 こら、 [続きを読む]
  • ザ・レイクビューTOYA「乃の風リゾート」(夜の探検編)
  • お散歩がてら館内へ探検に行きました。昼夜でガラッと雰囲気の変わる玄関通路。 宿泊の人たちは花火鑑賞を終え、今頃お部屋や温泉で寛いでいるのでしょうか、ロビーにはほとんど誰もいませんでした。 わんこ連れにはちょうどいい閑散具合ですよ。 ここは、到着した時にいっぱい椅子が並んでいたところ。椅子はもう無くなっていました。 ここは、羊蹄山が真正面に見えていたセレクトギャラリー。 今は当然真っ暗闇ですが。 [続きを読む]
  • ザ・レイクビューTOYA「乃の風リゾート」(夕食編)
  • さくらの晩ゴハンの時間は、ふだん18時くらい。 お泊まりのときは、ほぼ時間どおりあげられます。 私たちの夕食は時間を選べたので、ちょっと遅めの19時からにしました。レストランは館内にいくつもあるのですがわが家はもちろん、さくらと同席できる「レストランウィズ」を選択。お部屋と同じフロアにあるから、往復には便利です。 後ろもちゃんと撮っといてよね。 なんとこのお宿でも館内利用券をサービスいただいちゃ [続きを読む]
  • 「乃の風リゾート」(お散歩編①&温泉)
  • 洞爺湖畔の美しい風景に誘われ溜め込んだ疲れもすっかり忘れて、すぐにお散歩に繰り出しました。「お天気のいい今のうちに写真を撮ろう」が口癖でしたが北海道に居た3泊4日の全てが、素晴らしく良いお天気だったんです。 テラスからひょいと湖畔に出れますが 残念ながら外から鍵をかけれないので全員でここから出かけることはできません。 テラスから専用庭。 その先には囲いや仕切りが無くて、いきなり地元の方や観光客が行 [続きを読む]
  • 札幌ちょこっと観光
  • 忘れちゃいけないんだけど、定山渓温泉って札幌市南区にあります。定山渓温泉から札幌駅のある街中までは、車で50分の距離なんです。ホントは小樽まで行きたいところだけどそこはぐっと我慢して、近いほうの札幌観光スポットをささっと見て回ることにしました。札幌駅地下駐車場にマイカーを置いて迷子になりそうになりながら、地上に這い上がってきましたよぅ。 まずはテレビ塔のある大通公園。さくらと来るのは2回目だけど [続きを読む]
  • 「定山渓温泉ぬくもりの宿ふる川」お泊まり(朝食編)
  • 定山渓温泉は渓谷と森に囲まれた「札幌の奥座敷」。温泉だけでなく、ちょっと足を伸ばせば景観の美しい幾つもの滝や吊り橋、ダムにも出会えるらしい。 でも2度目の今回も、わが家はのんびり温泉街のお散歩だけ、それはそれで贅沢なことかもしれませんけどね。 あちこちで宿から宿へ、こいのぼりが連なっていました。お宿同士が協力し合って街を盛り上げようって気持ちが伝わってきます。 残念だったのは、「 [続きを読む]
  • 「定山渓温泉ぬくもりの宿ふる川」お泊まり(夕食編)
  • さくらの晩ごはん。おなかの調子が宜しくないので、旅行前に病院で出してもらったお薬を追加します。 元気に食べてくれて、ほっと一安心。 18時半から、楽しみにしていた夕食の始まりです。ゆっくりと、お部屋でいただけますよ。 わんこは畳の上がNGになっています。ゲージの中で待っててね、と言っておいたのにいつのまにか、さっき私が使ったマッサージチェアに移動していました。 おいおい、寝ちゃったよ。 よもぎ豆腐 [続きを読む]