ガーサン さん プロフィール

  •  
ガーサンさん: ガーサンのブログ
ハンドル名ガーサン さん
ブログタイトルガーサンのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/20th0908/
サイト紹介文メダカ飼育、山野草飼育、開花情報、 食道癌亜全摘術後の経過
自由文仕事仲間、趣味のメダカ友達に助けられ、食道癌亜全摘に立ち向かって今があります。

残している人生をすがすがしく、毎日を過ごして行くことを目指しています。

参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供512回 / 365日(平均9.8回/週) - 参加 2015/01/15 22:34

ガーサン さんのブログ記事

  • 今年の桜草
  • 暖冬なので今年の桜草、成長が速い。立派な株に育っています。 暖冬のせいで、鳩も水飲みに現れません。それとも百均のパンケースを、重石代わりに増やしているからなのか、判りません。 [続きを読む]
  • ラメアルビノ楊貴妃天女の舞
  • 室内飼育楊貴妃天女の舞♀とアルビノ楊貴妃天女の舞♂のF2に、ラメアルビノ楊貴妃天女の舞を発見しました。この前横見で紹介しましたが、室内上見でもラメが鑑賞できます。肉眼では、はっきり確認できますが撮影が未熟で判別が難しい。でも今日は紹介したくて、撮ってみました。フラッシュたいたので、水面のごみが一緒になって判りづらい。暖かくなったら、屋外で撮影してアップします。アルビノメダカで横見のラメは、今までもア [続きを読む]
  • 最近のぶどう棚と水仙
  • 昨年は一昨年の虫被害で、新梢が少なかった。新梢の剪定は止めて伸び放題にしました。脇芽も伸び放題にして、茂み優先しました。棚上に脇芽も誘引し、今年の剪定は難しい。葡萄の収穫をするのであれば、剪定は簡単なのですが、アルビノメダカの飼育場を確保するのが主目的なので、今年は一工夫してみます。 脇芽が伸びたものも入れて、幹の並びを考え棚上3列に仕立ててみたい。最近の庭には花がありませんが、水仙が楽しめます。 [続きを読む]
  • 今日は冬空 晴天で風もない一日 楊貴妃の稚魚
  • 昨年の親はすでに★にしてしまいました。そんなことで水連鉢と、発泡容器に分けて飼育しています。今日は気温は低かったが、一日晴天でした。光があると水面に浮いてきて、元気な状態を見せてくれます。楊貴妃の稚魚、寒さに慣れてきたので無事越冬できそうです。 あまざらし状態で越冬させています。こちらは同じ屋外環境の水連鉢は、アルビノ楊貴妃天女の舞の余剰メダカ、元気でいますので、今年からアルビノ飼育場が広げられ [続きを読む]
  • 食道がん亜全摘術後丸6年 肌荒れや便秘とダンピング対策
  • 昨年の晩秋ごろから肌あれに困っていて、液体せっけんを年明けに止めて固形石鹸に切り替えました。切り替えて一週間程度ですが、肌のかゆみも取れ、肌荒れも回復中です。年取って乾燥肌になっているのが原因かな。便秘とダンピング対策、便秘は野菜嫌いを止めて食べることによって快便が続いています。ダンピングは、ゆっくりと食事して半人前の食事量で、よく噛んで食事時間をひとの倍かけていただく。十二指腸がびっくりして、逆 [続きを読む]
  • 室内飼育アルビノ楊貴妃天女の舞にラメ発見
  • 今日は暖かかったといっても最高気温、12度陽だまりでも暖かさは感じなかった。そんなことで今日は波板取っての点検はしていません。この時期、寒さに慣れて突然★にはありません。春前の最高気温17度になるころは、要注意です。餌は与えたくても、辛抱しましょう。触りたくても触れないので、今日も室内水槽のアルビノ楊貴妃天女の舞を撮ってみました。最近気が付いたのですが、アルビノなのにラメが目立ってきた。昨年アルビノ白 [続きを読む]
  • 今年の冬一番の寒さ
  • 今朝は氷点下3度、今年一番の冷え込みでした。少しの寒さでは凍らなかった水連鉢や、梅壺が凍っていて午後4時になっても融けていなかった。水量の差と水連鉢や、壺など肉厚のものでもここまで冷え込むと凍ってしまう。メダカは底でじっとしていました。 水量が多いと不思議に今回も凍っていなかった。水量の少ない玄関側が凍っていた。 梅壺も今回は薄く凍っていた。寒さに慣れてきたメダカ、しばらくは安心です。 [続きを読む]
  • 室内水槽のダルマが転覆
  • あまりにも短かったので、屋外では転覆するので室内水槽に取り込んでやったが転覆しました。水温26度設定なので、大きくなってきたので餌を増やしたのが原因でしょう。楊貴妃天女の舞♀とアルビノ楊貴妃天女の舞F3♂のF1、9月生まれでダルマが多くできています。 アルビノパンダと同居させていて、パンダの針子も大きくなってきた。 [続きを読む]
  • 梅壺と発泡容器 今朝は氷点下
  • 今朝は氷点下で飼育容器に氷が張りました。しかし、玄関前の発泡容器だけに氷が張っていた。昼過ぎには溶けていました。 波板で覆ったところは、氷結なしでした。玄関に近い所も氷は張っていなかった。 比較的温度が低くなるのではと考えていた梅樽置き場、容器が肉厚なので温度変化が少ないのか、今日は凍ってなかった。今年の種親白光を入れています。 波板も網も被せていません。目が見えて元気に泳いでいるようなので、この状 [続きを読む]
  •  食道がん全摘術後 今年で丸6年 日々はの生活は
  • 毎日の食事、副食中心にしていて、胃が無いので野菜を重用しています。少ないと苦しい便秘が待っています。正月はお雑煮をいただく、今年はトイレすっきりしている感覚、トイレの後さわやかな感覚で、すがしい毎日を過ごせています。ことしは昨年は便秘で苦しみました。メダカも腸が無いので、餌は控えめ、自分も控えめで今年一年頑張ります。すっきり日々が過ごせる、ことしはこんな幸せなことで過ごす毎日をめざします。今日はメ [続きを読む]
  • 明けましておめでとうございます 今年も
  • 今年も懲りづに、アルビノ楊貴妃天女の舞のグッピー化をめざしていきます。少しでも早くF3を採りたくて、室内飼育しているアルビノ楊貴妃天女の舞(楊貴妃天女の舞とアルビノ楊貴妃天女の舞のF2)、まだ小さいのではっきりしないがヒレにも色が乗ってきています。水槽で撮影したのでボケボケですが、雰囲気は解っていただけると思っています。 この系統には、光体形も出ているので今年は楽しみが増えています。普通目の光体形は [続きを読む]
  • 年末の雪
  • 朝起きたら雪がちらついていて、午前中で積雪4?程度になりました。庭の様子ですが、午後3時頃撮った雪はかなり解けていました。 水槽は2日前から蓋していました。 [続きを読む]
  • 食道がん亜全摘術後 丸6年の検診
  • 今年の4月に常備薬がなくなったので、愛知県立癌センターの主治医作成紹介状を持って近所のさくら病院通院しました。5年ぶりにお会いしたこの病院の主治医、6年前に愛知県立癌センターの主治医に紹介状を書いていただきました。そんな御縁で4月からさくら病院に一ヶ月に一度通院しています。4月に決定したことは、7月に胃カメラと血液検査、1月にCTと血液検査を行う。昨日12月の通院日で、1月の予約をしてきました。1月23日血液とC [続きを読む]
  • 今年一番求めていたのは、実はアルビノパンダ天女の舞でした
  • アルビノ楊貴妃天女の舞は、ヒレの形状を向上へ今年は3系統稚魚を採ってみました。体色の向上は昨年から取り組んできたが今年は成果出なかったので、来春継続です。そんな中でアルビノパンダ、希少価値ありと思って昨年から注力していた。我家の飼育環境でアルビノの種親選別時、アルビノパンダ天女の舞発見、不注意で親は★にしてしまったが、別のグループから天女の舞体形が出来た。アルビノパンダ同様、この系統を固定していき [続きを読む]
  • 食道がんと診断され抗がん剤と闘って丸6年
  • 右も左も分からず、化学治療を受けていた日々を思い出します。この時期は生死に関係なく、病魔に立ち向かっていた。最近この時期お腹に入れていた、アサリやシジミの味噌汁をいただいたが、当時の感触と味が異なる。触感が変化したようです。味噌汁も大切に味わいたいと思って、最近食しています。喫茶店に行っても退院後、アイスコーヒのみにして誤嚥防止しています。徐々にならしながら、味を術前に戻したい。術前の味、追い求めていま [続きを読む]
  • 室内飼育を楽しむ(アルビノパンダ・楊貴妃天女の舞とアルビノ楊貴妃F3とのF1)
  • F1は普通目天女の舞、アルビノパンダはルビーアイなので同居させています。しかし、アルビノパンダの稚魚はアルビノが生まれているが、無視して同居飼育継続で楽しんでいる。アルビノパンダの稚魚は、10月生まれで仔魚段階をベランダでパンケースで飼育していたので、室内に取り込んでからは順調に成長しています。一昨年、室内で卵から育てたとき成長が遅かった。生まれて間もない時は、屋外でのバクテリアが成長にかかせません。 [続きを読む]
  • 今年は暖冬 ヤマアジサイ他
  • 今年は暖冬なので、葉が落ち葉にならない。このままだと、早春を迎えそうです。ヤマアジサイ例年は、葉は落下し幹のみですが、今年はいまだに葉がついています。 例年は南天の実も鳥に食べられていて、さみしい状況ですが今年は小鳥も食べ物が豊富なのか南天の実は充実しています。 この時期の桜草、例年はもっともっと小さいのですが、隣のジャガイモと一緒に大きくなっています。 ぶどう棚は葉は落ちて、冬眠状態なのにまだ先 [続きを読む]
  • アルビノ天女の舞 リアルスケルトン系
  • 今日は曇り空、風もないので日中メダカは水面に浮いてきていた。餌は上げません、消化不良で★にしてしまうので。120匹以上入れているのに、夏場の様に姿は見せません。グリーンフォータになっていて、底の方は見えません。今年の稚魚、アルビノ天女の舞。 横も藻が付いていて、見えにくい。メチレンブルーを入れていたのに、水はグリーン化、藻はつかないと想定していたので残念。でもメダカは★になっていません。 [続きを読む]
  • アルビノ楊貴妃の親子 
  • 最高気温15度で曇でしたが、メダカは水面に浮いていました。親子ともども順調に越冬しています。今年の親   今年の稚魚そのⅠ、大きいグループ体色が上がっているのは♀がほとんどです。  今年の稚魚そのⅡ  今年の稚魚そのⅢ そのⅡとそのⅢは、ほぼ同じ大きさですが二ヶ所に分散しています。 [続きを読む]
  • 今年遅めの稚魚 白光
  • 白光の系統、光体形のわりに背曲がりが少ないので累代飼育しています。ミルキーフォワイトの普通体形から出てきた光体形を固定して13年目になります。一度別の血を入れて、骨曲がりに気が付かなかったので、体形を崩しました。知識不足で、適当に親を決め卵採っていました。今では、背曲がりやヒレの小さいものは親にしていません。今年も遅くなったが稚魚をとっておきました。 この時期なのに元気に泳ぎまわっています。 [続きを読む]
  • アルビノ楊貴妃天女の舞系
  • アルビノ楊貴妃天女の舞♂(アクアライフ賞F2)と楊貴妃天女の舞のF2、室内水槽に取込み楽しんでいます。それとベランダ水槽のアルビノ楊貴妃天女の舞(アクアライフ賞F2)、水槽飼育なのに体色が上がってきた。どちらの系統が我家のアルビノ楊貴妃に近づくか楽しみにしています。室内水槽  ベランダ水槽   アルビノ楊貴妃とアルビノ楊貴妃天女の舞のF1、♀1匹★になったが来春も卵採る予定。 [続きを読む]