hiromari さん プロフィール

  •  
hiromariさん: 旧東ドイツの小さな村で
ハンドル名hiromari さん
ブログタイトル旧東ドイツの小さな村で
ブログURLhttps://hiromari.hatenablog.com/
サイト紹介文日々の備忘録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供135回 / 365日(平均2.6回/週) - 参加 2015/01/16 01:49

hiromari さんのブログ記事

  • 42歳の誕生日
  • 昨日は誕生日。日本時間で28日になったとたん、母からおめでとうメールが。母はいつも一番に誕生日のメッセージをくれるのがとても嬉しい。夫は素敵な花束を買ってきてくれました。そしてこの日、ちょうどよいタイミングで日本から友人が遊びにきてくれ、誕生日の夜は賑やかに。普段、よその人がくると怖がって逃げてしまううちの猫も彼女にだけは大丈夫。こんな彼、初めてみました。相手の醸し出す空気で判断するのでしょうか。本 [続きを読む]
  • アイルランドの旅2 (ダブリン)
  • アイルランドの旅、後半はダブリンで過ごしました。私にとって見るものがほとんど初めてだったのですが、アイリッシュ・ブレックファスト。すごいボリューム。グリルトマトの上に写っているブラックプディングも初めて食べるもののひとつでした。お腹がいっぱいになったところで、国立美術館へ。こちらの立派な美術館、パーマネントの作品は無料で鑑賞できます。レンブラントやフェルメール、カラヴァッジョなどのほか、アイルラ [続きを読む]
  • アイルランドの旅1(ドネゴール州Meenagowna )
  • 夫の仕事に便乗してアイルランドへ。夫は先にダブリン入りして用事を済ませ、数日遅れて到着した私を空港でピックアップ。そのままレンタカーを借りてアイルランド北西部のドニゴール州のMeenagownaへ。私たちの宿はAirbnbで見つけた一軒家。隣に宿主の家があり、焼きたてのスコーンやオートミールパンを作って出迎えてくれました。スコーンは甘さ控えめでふんわり。宿は15分も歩けば海が広がります。海までの道も馬やロバのいる素 [続きを読む]
  • 大変だった美容院
  • 今日は美容院へ。ドイツの美容院は本当に苦手! ジプシー状態で今日も新しいお店へ。茶色に染めているので、数ヶ月もすると生え際の黒い毛が気になり、今回も少し明るく染めてもらうつもりでした。「全部染めるよりも、黒い毛を残しながら、明るくして、自然な感じにしたほうがいいと思う」と美容師さん。私はその話を聞いて、てっきり明るい色を使ってメッシュをしてくれるのだと思い込み、お願いしました。ところが雲行きが怪し [続きを読む]
  • 猫の催促
  • うちの猫、庭につながるテラスのドアから家の中に出入りしているのですが、家のなかにいる人に向かって「ニャー」というときは、「家に入れて」か「外であそぼ」のどちらか。この区別、なかなか難しい。外で遊びたいときは、扉を開けてあげると「違う!」という顔で後ずさりする。放っておくと、あきらめて、どこかへ遊びにいくのだけど、ものの数分で戻ってきて、また「ニャー」と催促。その繰り返し。外に一緒に出てあげると、張 [続きを読む]
  • 手打ちパスタ
  • ときどき手打ちパスタを作ります。ときどきといっても、大学があるときはとてもできないので、夏休みや冬休みの間だけ。手打ちパスタを食べると決めたら、前の日からパスタづくり。私はいつも笹島シェフのレシピを参考にしています。シェフ曰く、1日寝かすのがいいそうです。www.kyounoryouri.jpこのパスタ、冷凍保存もできるので、突然予定が変わっても大丈夫。今回、食べる日が1日ずれてしまったので、作ったパスタを冷凍庫へ [続きを読む]
  • チューリンゲンの森へ
  • 一泊二日でThüringer Waldへ。チューリンゲン州にある大きな森です。冬はクロスカントリーを楽しむことができますが、この季節はひたすら歩く。Rennsteigという全長約170kmの道があり、写真の「R」の文字をたどって歩いていくというもの。といってもコースは多彩にあり、私たちは行きは約25kmのコース、帰りは約17kmのコースを歩きました。初日は22kmで力尽き、ちょうどバスがあったので、ズルしてバス移動。歩いている間、ところ [続きを読む]
  • 茄子いろいろ
  • 夫が好きな食べ物のひとつに茄子カツ丼があります。タモリさんのレシピだと思うのですが、茄子に衣をつけてあげて、カツ丼風に仕上げるというもの。ジューシーで食後感が重くなくて、ときどき作るのですが、昨日も茄子を買いにReweへ。が、茄子が見当たらない。よく見てみると、ありました。が、いつもより小ぶりなものと紫色が鮮やかな長細い茄子の2種類。同じ茄子でもこうも別人なのかと、びっくりしてしまいますが、もっとびっ [続きを読む]
  • 冷凍肉をドリップさせずにおいしく焼く方法
  • 肉を室温において解凍すると、ドリップしてしまって、美味しさが逃げてしまう。そこで、時間がないときは、氷水につけて解凍していましたが、先日、夫がもっとすごいワザを見つけてきました。冷凍したまま焼いちゃうという方法。写真は、先日、お買い得だったイベリコ豚。冷凍保存しておいたので、それをカチカチのままフライパンへ。多少、油がはねるので、気をつけないといけないけれど、すぐに表面は溶けて、焼け目をつけること [続きを読む]
  • 食べられるりんごのストロー
  • 歯ブラシを買いにUnverpacktのお店へ。お目当てはこちらの歯ブラシ。プラスチックではなく竹製。エコなコンセプトとデザインが気に入って買ってみたのがきっかけでしたが、使ってみると、ブラシの柔らかさが心地よく、プラスチックに戻れなくなりました。そして、同じお店で見つけたのが ”eatapple”という食べられるストロー。プラスチックストローが廃止されて行く今、こんなストローが登場していることに驚きました。いちご味 [続きを読む]
  • 皮付き豚バラ肉でトンポーロー
  • 中国の豚肉料理、トンポーローを作りました。作り方はシンプル。皮付きの豚バラ肉を生姜といっしょに5分ほど茹でて、お酒と醤油のタレに漬ける。漬けたお肉を油で揚げてきつね色にしたら、深皿にのせて、先ほどのタレと茹で汁を混ぜたものと八角を加え、蒸し器で2時間蒸して完成(私は圧力鍋で1時間にしちゃっていますが)。「茹で、揚げ、蒸す」の3つの工程があるので、少し面倒にも感じるけれど、調味料もシンプルで、たくさんの [続きを読む]
  • グロピウスな日々
  • この夏、書かなければいけない大学のレポートは2本。1本目がアンドレ・マッソンのオートマティスムについて、2本目はヴァルター・グロピウスが建てた建築物について。ここ数日、グロピウス漬けだったけれど、ようやく終了。あとは提出といきたいところだけれど、外国人学生はもうワンクッション、文法チェックをしてもらわないといけない(強制ではないけれど)。私は偶然、お隣さんがドイツの国語の先生で、彼女がいつもチェック [続きを読む]
  • りんごのお礼とウイリアム・テル
  • りんご酵母で今日もパンを焼きました。粉と水と酵母と塩だけ。ドイツのビールも麦とホップと水と酵母だけ。そう考えると、ドイツ人がビールのことを「液体のパン」というのもわかる気がする。このパンは、りんごをくれた夫の同僚へ、りんごのお返しです。りんごといえば、今、再話の仕事で「ウイリアム・テル」を書いています。ウイリアム・テルが息子の頭に乗せたりんごを、みごとに射落すスイスの英雄のお話。架空の人物説が有力 [続きを読む]
  • ポツダム
  • 週末を利用してポツダムへ。目的はバルベリーニ美術館で開催されているドイツ人アーティスト、ゲルハルト・リヒターの作品展。www.museum-barberini.comひとりでサクッと美術館にだけ行くことも考えていたのですが、せっかくなのでと夫がポツダム観光&湖畔キャンプをセットにした旅を企画してくれました。キャンプはゼッディナー湖のほとり。昼間はもちろん泳げます。夜の湖もとてもきれいでした。近くには湖を臨むレストランも [続きを読む]
  • これも朝顔
  • 今日、またひとつ朝顔が咲きました。種をくれたお友達曰く、江戸朝顔なのだそう。変化朝顔のひとつで、切咲なのだとか。朝顔、いろいろな種を植えると本当に楽しいです。にほんブログ村 [続きを読む]
  • りんご酵母でパンを焼く
  • 夏の盛りも過ぎて、過ごしやすくなってきた今日この頃。夫がひまわりをかってきてくれ、部屋がパッと明るくなりました。夫が同僚からもらったりんごを酵母にしたので、まずは全粒粉と混ぜて中種を作りました。今回の酵母は元気がよくて、中種もスムーズにぷくぷく膨らみました。生地を発酵させて焼き上がり。 よい感じに焼けました。夏に入ってからずっとうまくいかなかったパン作り。どうしてうまくいかないかはわからないままだ [続きを読む]
  • 鳥居と流星群
  • 昨日は夫の友人宅へ。日本文化(特に建造物)に興味を持つ彼。なんと、家の庭に鳥居を作ってしまいました。インターネットで見つけた画像をもとに見よう見まね。20時間ほどで完成したそうです。なんて器用な。以前「鳥居につけるしめ縄が欲しい」との相談を受け、夫が日本から職人さんの手作りを取り寄せました。その額2万円。何人かでお金を出し合い、お誕生日プレゼントとして贈りました。しめ縄が加わり、急に雰囲気が引き締ま [続きを読む]
  • 技あり暑中見舞いと夏かん
  • 昨日、ポストを覗くと、コースターが2枚。誰かのイタズラ!?なんて思ったけど、裏面を見ていると、日本語の文字。ケルンの友人が日本語で書いてくれた暑中見舞いでした。確かによく見ると、どちらのコースターもケルンの絵柄。これ、コースター型のポストカード。大きさも材質もまさにコースター。こういった形のものも郵送できるんですね。ただ小さ過ぎたみたいで、2枚に渡って書いてあり、1枚あたりの送料が1.45ユーロ。定形外 [続きを読む]
  • エルダーベリーの季節
  • エルダーフラワーが終わり、ベリーに変身。エルダーフラワーというのは、体にもいいけど、目でも楽しませてくれて、庭にあったらいいなぁと思う植物のひとつ。昨日は大学に行ったので、バス停から家までの帰り道、自生していたベリーを少し摘んでみました。といっても摘んだのは初めて。おとなりさんに「何にするの?」と聞かれ、「何ができるかな?」と聞くと、「ワインもできるし、ジャムもできるし」。でもどうみてもどちらも作 [続きを読む]
  • 種と色違い
  • 今朝、別の種から育った朝顔が咲いていました。今まで我が家で咲いていたのは、下の鮮やかなピンク色。hiromari.hatenablog.comそして今朝、咲いたのが、深い紫色。どちらもとてもきれいです。種から育てたこの朝顔。種は一見、見た目も大きさもそれほど違いがなかったのに、発芽してからはずいぶん差がでました。元気な子、か弱い子、普通の子。本葉が出てからは、品種の違いもひとめでわかるように。葉の形が似ていても、茎が [続きを読む]
  • グリーンカレーとかぼちゃの意外なマリアージュ
  • ドイツでもタイカレーのペーストは手軽に購入できるので、ときどきグリーンカレーを作ります。ペーストを炒めて、ココナッツミルクを入れて、好きな野菜やお肉と煮込んで、仕上げにお砂糖とナンプラーを加えてできあがり。このお砂糖とナンプラーでぐっと味が引き締まるのがふしぎ。もともとグリーンカレーが好きで、タイに住んでいた頃も頻繁に食べていたので、味はわかるのですが、野菜が違う。たけのこは鉄板だけど、ナスはちょ [続きを読む]
  • マッソン漬け
  • 7月の第2週目で授業&テストが終わり、次の冬学期が始まる10月の2週目まで大学は休み。とても長い夏休みのはずだけれど、学部によってはこの期間はレポートに終われます。美術史の学生も然り。レポートの内容はゼミによって異なり、ゼミで発表した内容をさらに掘り下げて書いていくというのが一般的。私がゼミで担当したのは、シュールレアリスムの画家、アンドレ・マッソンのオートマティスムという技法を使った作品について。一見 [続きを読む]
  • りんごをたくさんもらったので
  • いまの季節、りんごがよくとれるようで、夫が同僚から庭でできたというりんごを大量にもらってきました。赤くなく、青リンゴ。といってもそこまで青くもなく、黄色っぽくて、かなり小ぶり。かじると、あまりみずみずしくなく、ちょっと物足りない感じ。ジャムを作ろうかと考えていましたが、夫の同僚曰く、この季節のりんごは、ジャムには向かないそうで、夫はせっせと食べていますが、追いつかず、リンゴ酢づくりに挑戦中です。そ [続きを読む]
  • 地下におこもり
  • この暑さはなんなんでしょう。昨日、60歳のドイツ人マダムが、今まで経験したことのない人生で一番暑い夏といっていて驚きました。今日も朝から快晴。というか、南ヨーロッパの強い日差しを思い出します。透き通るきれいな川か湖が近くにあればいいのになぁという気分。明日はさらに暑くなるそうで、ドイツっぽくない強い日差しと気温に、我が家の猫もこの様子。毛布なんてみたくもないーという感じで、床に寝そべっています。こん [続きを読む]
  • お隣さんの庭で
  • おとなりさんの庭に遊びに行ったら、先客が。うちの猫、じつは私よりここの常連。ごはんもくれるし、やさしいし、多分、仲間だと思っているよう。おとなりさんと庭でひなたぼっこ。このくつろぎっぷり。にほんブログ村 [続きを読む]