石川 さん プロフィール

  •  
石川さん: 日本が日本であるために
ハンドル名石川 さん
ブログタイトル日本が日本であるために
ブログURLhttp://shooota.blog.fc2.com/
サイト紹介文主に政治、経済、時事、国家論についてなどを保守的かつ多面的に論じる論考、および日記。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供103回 / 292日(平均2.5回/週) - 参加 2015/01/16 12:19

石川 さんのブログ記事

  • 国民運動としての活動「よびかけ」休止
  •  先週より、「ただちに15兆円補正予算を求める緊急国民運動」 というのを始めていましたが、ここ一週間あまりの初動を見て「よびかけ」を休止します。 ご協力いただいた数名の方におかれましてはまことに申し訳ありませんでした。 ただ、これはあくまでこの国民運動として多数を動員しようとする「よびかけ」は、やめるということです。「1月の通常国会で10兆〜15兆円の大規模補正予算が必要」 というのは正しいと思う [続きを読む]
  • 15兆円補正予算は多すぎなのか?〜ブル二郎さんへ〜
  •  先日、ツイッターで「ただちに15兆円の補正予算を求める緊急国民運動」を呼び掛けていたときに、 ブル二郎さん という方から「1兆円では少なすぎるが、15兆円は多すぎる。その半分くらいで良いのでは?」 という主旨の指摘を受け、「ブログを書くからご覧ください」 と、言われました。 そこで、そのブログを拝見させていただいたのですが、その経済に関わる部分を引用させていただくと、以下になります。『ラーメン二 [続きを読む]
  • トランプ来日と15兆円補正予算
  •  私は本当に悔しいです。 先日、とうとうトランプ来日がありました。 まず、これに対する首相のニヤケヅラ。 日米EPAに期待してビジネスマンぶる自動車業界。 ザ・アメリカンセレブな嫁と娘にキャーキャー言ってる女たち。 そして、「北朝鮮のミサイルは怖いし、トランプさんになんとかして欲しい」 という、属国根性が3週回って逆に危なっかしい、「属国大衆日本人」 の黄色い猿たち。 しかも! そんな黄色い猿ども [続きを読む]
  • 寄稿募集(政府へ15兆円の補正予算を求める緊急国民運動)
  •  国民視点で「政府に15兆円補正予算を求める」をテーマに文章を投稿してくださる方を募集します。 文字数は200字からオッケーですからお気軽にお願いします。 私はもう何も目新しいことは言いません。 緊縮財政が日本のデフレを長期化させ続けていること。 国債の発行余地は「インフレなるまで」であり、日本国債の破綻などありえないこと。 デフレを抜けるには、政府が国債(カネ)を刷って、政府が支出して、需要を増 [続きを読む]
  • 15兆補正予算ラーメン
  •  お腹がすいていたので、私特性の「15兆補正予算ラーメン」 を作って食べました。  15兆補正予算ラーメンのつくりかたはいたって簡単。 まず500兆円のGDPに政府が15兆円の補正予算を投入します。 すると、政府から事業を受注した事業主を全部足すと、日本ぜんぶで15兆円分のプラスの事業を開始します。 15兆円分の事業がプラスされると、そのうちの何割かは投資や給与に回ります。 で、例えばそれが10兆 [続きを読む]
  • 若者の希望のために「15兆円補正予算」
  •  若者に希望がないということが言われる昨今ですが、それは世の中全体の「需要」が少ないからです。 需要が少ないということは働く者の「席」 が少ないということであり、少ない席を奪い合うということは、「働く者の立場(とくに新人)」 は、低下していきます。 ので、逆に言えば「需要」さえあれば、若者に「席」を与え「希望」を与えることができるのです! しかし、需要は放っておいてできるわけではありません。 需要 [続きを読む]
  • 若者の間で人気の「15兆円補正予算運動」とは?
  • 今、若者のあいだで「政府は15兆円補正予算出せ!」というツイートが流行っているらしいです。 「政府は補正予算で15兆円出せ運動」に参加するのはとてもお手軽です。1 「政府は補正予算で15兆円出せ!」と思ってみる。2 「政府は補正予算で15兆円出せ!」と発音してみる。3 「政府は補正予算で15兆円出せ!」とSNSに書き込んでみる。すると血行がよくなって気分が爽快になります。 [続きを読む]
  • 2ヶ月で『国民的15兆補正予算請求大運動』を起こそう!
  •  世の中いろいろありますが、今11月から1月の通常国会までの短期間、もっとも必要な具体的な政治課題は、「政府に補正予算を15兆円出させる(財源は国債で)」 ことです。 北朝鮮情勢や日米EPAの脅威など、いろいろ気になることはありますが、とにかく1月の通常国会までは、「政府は、15兆補正予算を出せ!」 という言葉を、一人でも多くの国民から、一単語でも多くの発信で「炎上的」に目立たせる必要があります。 [続きを読む]
  • 『15兆円補正予算を求める国民運動』とかどうですか?
  •  国民運動として、「15兆補正予算を求める国民運動」 のようなものが起きないものかなーと思う。 根拠は以下の藤井聡内閣官房参与の記事。https://38news.jp/economy/11247  簡単にまとめると、1 来年の当初予算は、今年の6月の骨太の方針でだいたい固まってしまっている。(からショボい)2 当初予算に影響を与えるためには、来年の6月の骨太でプライマリーバランス目標を撤廃しなければならない。3 でも、来年の骨 [続きを読む]
  • 私の街のスターバックス
  •  くだらない話で恐縮ですが、私が住む街にスターバックスができました。 何やら、地元企業の社長の婦人が「この街にはスターバックスがひとつもない!」 とて、スターバックスを誘致する活動を行ったそうです。 それで首尾良くできあがると、もうみんなで有り難がっちゃって大変な繁盛らしいですよ。 まさに田舎の滑稽さを絵に描いたような話でしょ。 そういえば私が高校生くらいの時、『木更津キャッツアイ』ってドラマがあ [続きを読む]
  • 選挙後、2017年衆議院選挙について
  •  今回の選挙。 よかったのは、「希望の党」のおふざけが急速に失速したことです。 あの風が順風に進み、非自民政権ができあがった可能性は充分にあったのであり、そうなれば本当にメチャメチャになっていたでしょう。 また、これで「風」 という直接民主主義が多少なりとも軽蔑されればいいなと思いました。 その一方、「立憲民主党」がよく頑張って議席を伸ばしました。 今回の立憲民主党は、 一方では「リベラルの受け皿 [続きを読む]
  • 選挙後、北朝鮮有事という肌感覚
  •  選挙が終わったばかりですが、選挙前から「選挙後に、アメリカの北朝鮮に対する行動があるのではないか」 というふうに言われてきました。 というか逆で、「アメリカの北朝鮮に対する行動が決定しているから、先に解散して選挙を済ませておいたのではないか」 と言うことでしょうか。 もちろん、そもそも北朝鮮のミサイルの射程の問題を考えれば、トランプがもう行動を起こす時も遠くない可能性が高い……くらいは理屈でわか [続きを読む]
  • 台風とナショナリズム
  •  超大型の台風19号が日本列島を襲っています。 今回の台風は超巨大と言われ、軌道が伊勢湾台風に酷似しているという話も聞かれて、大変すさまじい心持ちがしました。 と言うのも、私の住む愛知県尾張地域はかつて伊勢湾台風で甚大な被害を受けた所なのです。 もっとも、私は伊勢湾台風の時代に生まれておりませんし、我が親戚筋も関東におりましたので、(残念ながら)土地への埋め込まれ性は弱くはあります。 それでも子供 [続きを読む]
  • 2017年衆議院選挙を前にして(3)
  •  もっとも、今回の選挙には、「小泉郵政選挙」や「民主党政権交代選挙」のような風は吹かないでしょう。 何故なら、『選択感』が薄いからです。 希望の党は政権を取るには候補者不足だし、小池百合子は不出馬とのことですから、市民的大衆人たちの多くは家で寝ているのではないでしょうか? でも、すべての市民的大衆人たちが家で寝ているというふうにもいかないでしょう。 で、そういう連中の多くは、目新しさで、おふざ [続きを読む]
  • 2017年衆議院選挙を前にして(2)
  •  例えば、このたびの選挙も同様です。 みなさんが現政権を支持しているか不支持しているか、何党を支持しているか……は存じませんが、まず我々の一人一人には、1「具体的な政策」2「誰が首相なのが良いか」 といったものを直接選ぶケンリなどないのです。 まず我々は普段の仕事が忙しいのであり、このように膨大な国家の複雑に互いが絡まり合う諸政策について、全体的に把握し、具体的な政策論を適切に構築できるようなヒマ [続きを読む]
  • 2017年衆議院選挙を前にして(1)
  •  平成29年(2017年)衆議院議員選挙の候補者が10月10日に公示されました。 そう言えば、私が選挙のあるたびにいつも注目するのは「投票率」です。ただ、こう言うと絶対に誤解されると思うので言っておくと、私は「投票率が高いことを願って、投票率に注目している」のではありません。 私の注目の仕方は、「投票率が低いことを願って、投票率に注目している」 のです! 世の中では何か、「投票率の高い方が民主主義的で良い」 [続きを読む]
  • 寄稿募集の募集
  •  最近、『進撃の庶民』様というよそ様の媒体に週1で寄稿させていただいているのですが、私としてはこうした活動をさらに広く行って認知度を高めていきたいと思っています。 そこで、社会、国家、政治、経済、エッセイなどの文章を、寄稿させていただける場を募集したいと思います。 この『日本が日本であるために』ブログに書いているような内容を載せても良いという雑誌、Webなどの媒体をお持ちの方(あるいはそうした方を [続きを読む]
  • 21世紀の世代間格差の性質(改)
  •  今日は「21世紀の世代間格差の性質」について述べようと思います。 私が最近「世代間格差」というものに焦点を当てて論じているのは理由があります。 それは昨今、「全世代型の社会保障」 というチープなものがインテリ界隈で流行っているように思え、これがムカつくからです。 果ては、安倍首相までもが選挙で「全世代型の社会保障」を大義に掲げて戦おうとすらしているシマツ。 そう言えば、今年イギリスの保 [続きを読む]
  • ベーシックインカムは世代間格差を縮めない
  •  昨今、ベーシックインカムの議論が盛んにされているようなので、このことについて。 まず私は、ベーシックインカム=最低所得保証 という考えに大反対です。 どうして反対かという全体はいずれ論を積み重ねて整理しようと思いますが、まずここでは特に「世代間格差」という角度から見ていきたいと思います。 というのも、世の中でベーシックインカムと関連付けられるのは1 人口減少と世代間格差2 AI(人工知能)にデ [続きを読む]
  • 経済政策の大義
  •  ◆ 逆らうことと大義 ここでは経済政策とは何のためにあるか、すなわち「経済政策の大義」というものだけについて考えてみたいと思います。迂遠な議論に感じられるかもしれませんが、こういう類の問いをことあるごとにねちっこくし続けるのが、私という人間のタチなのです。 とは言え、それは別に私が大義に対して清廉潔白な人間として生まれたから備わったタチ……というわけではありません。その性質のいきさつを辿ってみる [続きを読む]
  • IT産業の発信力
  •  産業ごとにいろいろな特質のあることは、経済全体を考える上でも忘れてはならないことでしょう。 今日は、発信そのものを生業とする産業が元から持つ発信力というものは、やはり他の産業とは違うということを考えたいと思います。 ◆ たとえば、マスコミ産業は、大量の消費者に対して情報を発信することが生業だから、その発信にはマスコミそのものの価値や社会観を下支えするような発信に、どうしてもなります。 だから、そ [続きを読む]