還暦おやじ さん プロフィール

  •  
還暦おやじさん: 還暦おやじの漫遊記
ハンドル名還暦おやじ さん
ブログタイトル還暦おやじの漫遊記
ブログURLhttp://mannyuu.blog.fc2.com/
サイト紹介文車中泊による漫遊旅・気軽なぶらり旅など・・ 津々浦々をめぐります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供300回 / 365日(平均5.8回/週) - 参加 2015/01/17 10:40

還暦おやじ さんのブログ記事

  • 熱海でヨイショ ⑪念願の江ノ電に乗車する
  • 1月24日、今日はヨイショ旅の最終日となるわけでして・・・カミさんの希望としては・・・まず、起き抜けに朝湯をいただき、朝食もしっかり摂らせていただいたあとでもう一度湯をいただいてからノンビリ出発しようという段取りだったのですが・・・じつは、おやじの希望として・・・せっかく電車での旅なので、この際だから”江ノ島電鉄”に乗ってみたい!まっ、そんな気持ちが強く湧き上がってきましてね・・・朝食後のお風呂だけ [続きを読む]
  • 熱海でヨイショ ⑩町歩きあれこれ
  • 來宮神社のお参りを済ませてから町中を歩いて来たわけですが・・・その途中に起雲閣や糸川の桜並木などがあったわけですね。しかしながら、熱海の町中には他にもいろんなスポットがありまして・・・たとえば、この双柿舎。日曜日しか公開されていないようでして拝見することができなかったけれど、坪内逍遙が、1920年(大正9年)から1935年(昭和10年)に亡くなるまでの15年間を過ごした住居なんですって・・・樹齢300余年と言われ [続きを読む]
  • 熱海でヨイショ ⑨起雲閣・和室編
  • 1919年(大正8年)に別荘として築かれたという起雲閣も、1947年(昭和22年)に旅館として生まれ変わり、熱海を代表する宿として多くの客人を迎えることになったという。そうはいっても、山本有三、志賀直哉、谷崎潤一郎、太宰治、舟橋聖一、武田泰淳など、日本を代表する文豪たちにも愛された宿ともなれば、おいそれと普通の人が泊まれるような宿ではなかったのだろうが・・・旧字体によって綴られた営業許可証にも、年代を感じさ [続きを読む]
  • 熱海でヨイショ ⑧起雲閣(ブロ友さんと再会)
  • 立春らしく、穏やかな晴れ間が広がる昨日・・・久しぶりにブロ友・たびいくひとさんとお会いすることができました。今回は、たびいくひとさんが1月末に大洗港に上陸後、鹿児島まで南下する途中でお会いする段取りになっていたわけでして・・・7月に北海道でおもてなしを受けて以来ですので、およそ半年ぶりの再会。しかも今回もまた、お土産までいただいてしまいまして・・・、どうも、ありがとうございました m(__)m折からの日曜 [続きを読む]
  • 熱海でヨイショ ⑦糸川遊歩道の桜並木
  • ということで・・・やって来ました、糸川の遊歩道へ。熱海桜というものがあるとは露知らず・・・熱海には、こんなにも早く開花する桜があったんですねぇ〜桜まつりは始まったばかりのようですが、見た目は4分咲きくらいまでなってる感じ・・・陽当たりが良い枝はもっと咲いていて、八分咲きってくらい(@_@;)こういうのも残っているから、しばらくは楽しめそうです。木肌は見ないことにして、この花びらだけを見るとソメイヨシノ [続きを読む]
  • 熱海でヨイショ ⑥パワーをいただきに來宮神社へ・・・
  • 熱海梅園をひとまわりした後で・・・桜並木を歩く前に、來宮神社へパワーをいただきに行くことに・・・来宮駅の方向に戻るかたちになりますが、その途中では市街地越しに駿河湾も遠望できます。梅園から歩くこと、15分ほどで到着。まずはお参りさせていただくことにしましょう・・・ご縁起は、平安初期の征夷大将軍坂上田村麻呂公は戦の勝利を神前で祈願したことに始まり、その後各地に御分霊を祀ったとも伝えられ、現在では全国四 [続きを読む]
  • 熱海でヨイショ ⑤中山晋平記念館と韓国庭園
  • 昨夜は皆既月食ということで盛り上がられた方も大勢いらしたようですね。ミーハーなおやじもご多分に漏れず、少しだけ見上げさせてもらいました。19時前の天気予報では、うす雲が現れるかもしれないとのことでしたが、お蔭さまでおやじの頭上では綺麗な”赤い月”を観ることができましたよ。23時前のお月さまでしたが10分ほど眺めさせてもらって・・・、身体の方も冷え込んできたのできたので、その後はお風呂にザッブ〜ン・・・た [続きを読む]
  • 熱海でヨイショ ④熱海梅園
  • 一夜明けて、24日はまばゆいばかりの朝・・・この日は、本来ならば車で来て駿河湾を眺めながら伊豆半島を一周する予定でした。でも・・・今日は車もないことだし、こうなりゃ歩くしかないですね。チョイとばかり風もありますが歩くには支障がなさそうだし、汗ばまなくていいかも・・・幸いなことに、宿の循環バスが運行されているのでこちらを利用させてもらうことにしましょう。熱海駅前から乗せてもらって、来宮駅まで向かうこと [続きを読む]
  • 熱海でヨイショ ③安価料金設定の中、さらに特割を狙って宿泊
  • 熱海の横丁を歩くつもりで宿を出たけれど、横殴りの雨には勝てず・・・明日の行動も考えて、あまりに足元が濡れないうちにと宿へと引き返すことにしましょうかね。カミさんが大浴場にでも行っていると部屋の前で待ちぼうけになりますので、念のためケータイを鳴らしてみたら・・・丁度風呂から上がってきたとのこと・・・アーケード街を通り抜け、宿へと歩き・・・部屋に入ってみると・・・温泉地でありながら、駅前の立地というこ [続きを読む]
  • 熱海でヨイショ ②雨より雪の方が良かったかも・・・
  • 雨の熱海に到着・・・正しく表現するならば、横殴りの雨の熱海ということになるのですが・・・カミさんは、ゆっくりと湯あみをしたいということで部屋に残り、おやじはひとり昼下がりの熱海散策へ。”夜の熱海散策”じゃないところが、おやじらしいッショ!駅ビル・ラスカの方は買い物客や乗車待ちの客で混雑しているけど、駅前アーケードの仲見世通りには人影もまばらな状態。チョイとばかり気になる看板があったのでお店を覗いて [続きを読む]
  • 熱海でヨイショ ①大雪の日が出発となり・・・
  • 気ままな車中泊の旅に、いつも快く送り出してくれ・・・そのうえ、シッカリと留守番をしてくれているカミさん・・・そんなカミさんに日頃の感謝を込めて、毎度の安宿ですが熱海へのヨイショの旅を用意していました。予約をしたのが、今月の10日・・・22日からの2泊3日で申し込みをして、中日の23日には伊豆半島をドライブする予定でいたのですが、まさかこのような大雪になるとは想像もできない中での予約。空き部屋の検索をしてみ [続きを読む]
  • 帰ってみれば、想像以上のダメージでした・・・
  • お早うございます。3日ほど留守にしていたのですが、帰ってみたら想像以上の雪の量が・・・22日からの3日間が、まさかこんな日になるとは予想していなかったもので、カミさんと出かける予定を入れていました。車での行動を電車に替えてのものでしたので、ひとまず当初の目的はクリアーできたのですが、昨夜家に帰りつき、今朝がた雪の被害状況を確認してみたら想像以上の積雪にガックリ・・・金キャラには雪が覆いかぶさり、半円仕 [続きを読む]
  • ブロマイドのマルベル堂
  • ? お詫び ?ただいま、留守にしています・・・そんなわけでして、皆さまへの訪問・またコメントのお返しが滞っておりまして、誠に申し訳ございません。 m(__)m帰りしだい、順次訪問させていただくようにいたしますので、どうかよろしくお願いいたします。本日も予約投稿となっていますが、お付き合いいただけますようよろしくお願いいたします。さて・・・浅草の路地歩きも、今日が最終版。となれば、おやじにとっては青春の1 [続きを読む]
  • 手形の浅草公会堂と伝法院通り
  • 浅草公会堂がある一画。ここの伝法院通りも、古着屋さんや舞台衣装のお店などが並んでいるので、おやじとしては好きな通りなんですよ。足寄に行ったときには、市民の皆さんの”足型”に驚かされましたが、ここ浅草公会堂の前には、多くの著名人の手形が並んでいます。お気に入りのスターと、手を合わせるのも楽しいかもしれませんね!立派なお店も立ち並びますが・・・伝法院通りに並ぶお店のなかで、味わいのあるのはこういう露天 [続きを読む]
  • 喜劇人看板が連なる六区へ
  • 浅草寺とチョコッと浅草神社をお参りしたあと、演芸ホールまで歩いてきました。この近くには大衆演劇の木馬館やレストランシアターのゆめまち劇場などもあり、浅草娯楽の中心地ですね。だいぶ様変わりしてきて、お値段の張る飲食店なども多くなってきたようですが、大衆酒場、大衆食堂が並ぶ一角でもあります。浅草演芸ホールと言えば、落語の定席小屋の一つ。落語がメインで漫才や奇術も披露される寄席です。一方のフランス座演芸 [続きを読む]
  • 浅草寺と浅草神社
  • ということで・・・七福神めぐりを終え、隅田川を渡って台東区へとやって来ました。初詣からの流れでしょうかね・・・こちら側の方が、人の出が多い感じですよ。仲見世通りから観音様へと歩いて行きますが、相変わらずの賑わい・・・見たところ西洋人は2割くらいのようでしたが、東洋系の外国人も多い感じだなぁ〜・・・三が日が過ぎたとはいえ、まだまだ初詣に訪れる人の波は途切れませんね。本堂前の常香炉には、同級生らしき年 [続きを読む]
  • 牛嶋神社と隅田公園
  • 三囲神社から墨田の郷土資料館横を通り、やがて牛嶋神社へ到着。七福神様のお参りは済んでいますが、この神社も変わった鳥居があるということなのでお参りしていくことにします。三ツ鳥居というものらしいですが、本来の鳥居の両脇に、小規模な2つの鳥居を組み合わせたものですが・・・チョッとわかりにくいですか???あまりにも簡単に紹介を済ませてしまいましたが、この神社は本所地域の総鎮守として崇敬を集めているという社 [続きを読む]
  • 孫とお出かけ
  • 浅草の路地歩きをする前に、ちょっと一服・・・一週間ほど前のことなのですが、孫が二泊ほどしてくれましたのでそのことを・・・4月の末で3歳になるのですが、遊び方も少しづつ変わってきてますね。今までならば暖かな室内でオモチャで遊んでいましたが、この頃は外へと出たがります。そうさせてくれるかどうかはわかりませんが、いつか一緒に旅をしたいと思っているおやじとしてはありがたい傾向・・・これ幸いにと、二人だけで出 [続きを読む]
  • 霜の朝
  • 各地に大雪をもたらした冬将軍・・・こちらでも雪こそ降りませんでしたが、連日の霜に見舞われています。日中のお天気が良くて、風が吹かない夜を過ごした次の日の朝は、芯まで冷えて特に大霜の洗礼を受けることに・・・そんな大霜が植物にまとわりつくと、ふだんは見られない紋様を見せてくれたりしますよね。こういう”霜の花”を見るのも楽しいものですが、これって朝陽があたるとすぐに融けちゃうじゃないですか・・・だから、 [続きを読む]
  • 三井グループの守り神、三囲神社 ⑥大國神⑦恵比寿神
  • 隅田川沿いを少しばかり散策して、三囲神社へと向かいます。堤防から下りる階段には、昔の隅田川風景を描いたものがありました。人力車に乗ってお花見に訪れたのは良家の奥様か・・・、それとも墨田の芸者衆か・・・やがて、三囲神社に到着。リサーチ不足で、この神社ならではの数々のものを撮り忘れてきてしまったけれど、どうやらこの神社は”三井家”のそして現代では”三井グループ”の守り神として崇められているとのこと。理 [続きを読む]
  • 七福神の中で、唯一の実在とされる・・・ ⑤布袋尊
  • 七福神さま、唯一の女性である弁財天さまをあとにして・・・次に向かったのは・・・七福神さまのなかで、唯一実在したとされる布袋尊さまに会いに行くことにしましょう。布袋尊さまがいらっしゃる弘福寺は、弁財天さまの長命寺からすぐのところ・・・道中の町並みを撮る間もなく到着です。布袋尊さまは、中国の戦国時代の禅僧で名を契此(かいし)といい、諸国を放浪して預言、託宣を行い、優れた予知能力から弥勒菩薩の化身とされた [続きを読む]
  • 七福神の紅一点! ④弁財天
  • 百花園の隣には公園があり、健康づくりのための”ラジオ体操”会場になっていました。ラジオ体操の思い出と言えば、おやじにとっては小学生のころの夏休みでしょうか・・・眠い目をこすりながらも、友達に負けないように毎日参加していたこと。それと同時に、最終日にノートやクレヨン・鉛筆などがもらえるのが楽しみの毎日でした。今から思えば、あの品々は地元の篤志家の寄付であったような・・・早寝早起きの習慣を身に付けさせ [続きを読む]
  • 向島百花園 ③福禄寿尊
  • 楽しかった孫との3日間も、先ほど車で送って行って終了となりました。楽しませてくれたり手こずらせたりと、更なる孫の成長を感じることができた3日間・・・この次に会えるのは、”おにいちゃん”になった時かな???ひょっとしたら”幼児返り”しているかもしれないけれど、その日を楽しみに待つことにしましょう・・・ということで、七福神めぐりの旅へと戻りま〜〜〜す!白鬚神社からは、ほんの200メートルほど歩くだけで百花 [続きを読む]
  • ご町内おじゃまします・・・②寿老人
  • 多聞寺で毘沙門天さまをお参りさせていただいたので、次へと向かうことにしましょう。と、その前に・・・多聞寺さんのことで”狸塚”に触れるのを忘れてしまいましたので、追加ですm(__)m山門を入るとすぐ左手にこの塚があるのですが、東京都寺社案内の文献を引用させていただくと・・・?むかし、江戸時代が開かれる前の頃、今の多聞寺のあたりは隅田川の河原の中で、草木が生い茂るとても寂しいところでした。そこには、大きな池 [続きを読む]
  • ぶらり旅は、七福神めぐりから・・・ ①毘沙門天
  • 昨日・4日は箱根駅伝も終わり、高校サッカーも休養日ということで中継も無いので、2018年の”ぶらり旅”活動を開始することに・・・その前に・・・復路で東洋を逆転した青学が総合優勝4連覇を達成して見事な優勝。それにしても、強かったですね〜そして、記録も凄かった!(大発会の株価も凄かった(@_@;))コースの変更などもあり一概に比較できるものではないけれど、2位の東洋でさえ”大会新記録”で走破してきているのに、そ [続きを読む]