還暦おやじ さん プロフィール

  •  
還暦おやじさん: 還暦おやじの漫遊記
ハンドル名還暦おやじ さん
ブログタイトル還暦おやじの漫遊記
ブログURLhttp://mannyuu.blog.fc2.com/
サイト紹介文車中泊による漫遊旅・気軽なぶらり旅など・・ 津々浦々をめぐります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供268回 / 365日(平均5.1回/週) - 参加 2015/01/17 10:40

還暦おやじ さんのブログ記事

  • 春の車中泊 ⑥絶品なり! 山梨の桃畑。
  • ♪? なつが〜 く〜れば おもいだす〜・・ はるかなぁ おぜぇ〜・・・じゃ、なかった・・・ 山梨の桃〜・・・ だった。その季節になれば、必ず思い出させてくれる桃・・・食べる方は忘れなくても、花の方はどうしてもサクラに主役を奪われてついつい忘れがちになってしまうのが本音・・・でも今回は、しっかりとスケジュールに組み込まさせてもらっているので、さてどのあたりの桃畑を見させてもらおうか・・・先ずは笛吹市 [続きを読む]
  • 春の車中泊 ⑤やっぱり平日狙いだね!わに塚のサクラ。
  • 2018年4月、気持ちの良いお天気の中・・・念願の「わに塚のサクラ」に、ごたいめ〜ン!ここまでの道のり・・・正直言って、細い道をしばらく走ることになります。そして・・・駐車場として停めることのできる数も、それほど確保されていません。ですから・・・その季節には渋滞必至!場合によっては、車窓からサクラを眺めるだけで終わることも覚悟して出かけなければなりません・・・10数年前のおやじが、そうでした。わに塚のサ [続きを読む]
  • 春の車中泊 ④五稜郭の龍岡城、さらには松原湖に寄り道し南下中・・・
  • 晴天に恵まれた2日目・・・朝一で出会えたのも何かのご縁かと、「ぴんころ地蔵尊」にお参りを済ませて南下して行きます。やがて佐久市郊外・・・龍岡城の看板が目立ち始めてきました。北海道の五稜郭は有名だけれど、こちらの五稜郭は知名度がもう一つ・・・二つしかないと言われている五稜郭跡ならば、こちらももう少し有名になって欲しいなと思いながら訪ねてきました。こうして見ると、こちらもきれいな星形。城跡の多くが公共 [続きを読む]
  • 春の車中泊 ①桜吹雪の小幡城下を散策 
  • 2018年4月3日(火) 1日目(294日) 天気:  走行190キロ 累計190キロ当初は4月に入ってすぐに出かける予定でいたのだけれど、何かと用事が入り出発できたのは3日になっていた。それでも、出発できたことに感謝!ただですねぇ〜・・・ここまであまりにも晴天が続き過ぎていたので、週末あたりにはお天気が崩れそうなのですよ。それをどこでやり過ごすか・・・どこにでも気軽に移動できるのが車旅の良さですから、その辺は臨機 [続きを読む]
  • 旅から帰ると、我が家の庭も花盛りに!
  • 4月の3日から出発した今年の春旅。わずか9日間ほどの旅でしたが、旅先では寒さに震えながら三度ほど車中泊を諦めて宿に避難した日もありました。3月半ば過ぎから季節外れの暖かさと晴天が続いていたので、”春の訪れ”を実感していたのですが、どっこい・・・そうは問屋が卸してくれなかったですね。出発する頃にはこちらの桜は散っていましたが、それでも今回旅させてもらった場所によっては”見頃の桜”を見せてもらったり、雪の [続きを読む]
  • ずいぶんと通ったものでしたよ!奥利根・上野原高原
  • ** ダイジェストの最終版となりますが、ひきつづき本編もお付き合いお願いいたします。 **さて・・・昨日は、宿泊としては10数年ぶりに訪れた上野原高原の民宿・並木山荘。高校生のころからスキーで訪れていた宿なのですが、先代のおやじさんが平成22年に亡くなられたあと、お線香をあげに日帰りで立ち寄ったことはあったけれど、宿泊は16年ぶりくらいだと思う。初めて訪れた頃の上野原高原は、スキー場と言うよりも、ただの [続きを読む]
  • まだまだ桜の見られる場所も、そして通行止めもアリ!
  • 伊那でのホテル泊まりは大正解でした。夕方の手配だったのでルームチャージのみ・・・そんなわけで7時過ぎにはチェックアウトしたのですが、駐車場に着いて相棒君のフロントガラスを見てビックリ!なんと、霜が降りているじゃないですか(@_@;)車中泊していたら、寒さでさぞかし寝つきが悪かったかも・・・そんな気候の信州中部?だから、まだまだ桜の季節は続いているんですねぇ〜伊那から少し走った辰野では、今が見ごろとなっ [続きを読む]
  • やっぱりなぁ〜・・・、花の郷へ行くのは朝一だよね。
  • さて、今日からは折り返しの旅開始。この間、田原市で食事をした時に気になった地元記事があったので、そちらへ向かうことに・・・その途中に足助があるので、寄り道することにします。こういう町並みがあると素通りできないんですよねえ〜・・・軽くひと歩きのつもりで立ち寄ったのだけど、どんどん路地に入り込んでしまって・・・どうしても、ハマってしまうんです。で・・・これが、このあとの大失敗になるのですよ!街歩きに時 [続きを読む]
  • 日間賀島で島旅の練習を
  • 今日は知多半島の先端、師崎に宿をとっこともあり、車中泊旅を卒業した時の練習を兼ねて島旅らしき事をしてみようと思う。まっ、ただ単に歩くだけなんですが・・・ということで、一番手ごろな日間賀島へ渡りました。どこで降りても一緒の料金らしいですが、一番早く着いた東港で下船です。特産品の蛸が出迎えてくれてました。どの港にもありましたけどね・・・で・・・下船後はのんびりと島を一周。海沿いを歩いたり・・・路地を歩 [続きを読む]
  • 渥美半島から知多半島へ
  • 土日のお天気で、できるだけ雨を避けたいと思って渥美半島に避難してきたわけでして・・・浜松で雨が降り出してきていたけど、田原市に入る頃にはその雨も小雨となってきて、道の駅に着いた時には上がってくれていました。雨の方は何とかなってきたけど、風が強いんですよね(>_車が揺さぶられる揺さぶられる・・・正面から風を受けるような位置に移動したけど、風向きが一定していなかったみたいですね・・・で・・・渥美半島の方 [続きを読む]
  • 昨日は「清水の次郎長」、今日は「森の石松」
  • 昨日は旧清水市を通りましたので、”街道一の大親分”のお墓詣りをさせてもらってきました。とは言っても、お花や線香を手向けることなく、ただ手を合わさせてもらっただけなんですけどね。で・・・今日は、森町がすぐ近くにありますので、石松さんの墓前で手を合わさせてもらってきました。こういうことで、お参りされる方が結構いるようなんですよね!お墓の写真をアップするのもどうかと思いましたが、もう”歴史上の人物”です [続きを読む]
  • 山梨から静岡へ
  • 3日目のダイジェスト版・・・晴れ男のはずなのですが、どうも雲行きが怪しい朝です。今まで長いこと晴天が続いていたもので、これも自然の摂理・・・受け入れることにして出発しましょう。ということで、少しでもお天気がよさそうな場所を求めて山梨県から静岡県へと向かいます。通り道には枝垂れ桜の久遠寺がありますので立ち寄り。もちろんお参りもさせていただきますよ!真言宗の檀家なのですが、一応どこの神仏にも手を合わさ [続きを読む]
  • 山梨の1本桜へ・・・
  • 昨夜は佐久市の道の駅で車中泊。(さくらの)季節外れのせいか、同宿者は6台ほど・・・ICの近くと言うこともあり、大型車の方が多かったですね。そんな佐久市から、南下して山梨へと向かいます。でね・・・おかげさまで道路の方は空いていて快調な走りなのですが、どうもも桜に恵まれませんねぇ〜・・・北海道の五稜郭は有名だけど、実はもう一つの五稜郭があるので見事な桜とともにお届けしようtと立ち寄ったのですが、・・・なん [続きを読む]
  • とりあえず車中泊に出発・・・
  • 春の車中泊旅・・・本来ならば、今日は3日目の旅となっていたはずなのですが・・・1日に急な用件ができてしまい、それをしっかりとこなしたところで「さぁ、2日には出発できるぞ!」そう思って、家に帰ってきてみたらさらに次の用件が待っていて・・・そんなわけで、3日になってやっと出発です。根尾の淡墨桜を楽しませてもらうつもりでいたのですが、あちこちを回りながら行くとなると見頃をすぎてしまいそうな感じになってしまっ [続きを読む]
  • つくば道の散策 ④筑波山へと続く道は、なかなかの険しさなり
  • 神郡の集落から田園地帯を過ぎると、また新たな集落が出現する。たぶん臼井と言う集落だと思うが、筑波山の裾野あたりに位置する集落のようで、その家々は傾斜地に建っているのがわかっていただけるかと・・・なかなかの傾斜のつくば道を歩むこと、30分ほど・・・やがて、筑波神社の一の鳥居が見えてくる。そのすぐそばには、このような道標が・・・神郡集落のどこを起点にしているのかわからないけれど、わずか1,2キロの道のりを3 [続きを読む]
  • つくば道の散策 ③いよいよ本来のつくば道へ
  • 北条のふれあい道路を歩い行き・・・裏堀の用水路を越えると、やがて「つくば道」の道標があらわれます。近くで見るとデカいっすよ!台座からの高さは3メートルくらいあるのじゃないでしょうかね。ここから4キロほどの道がつくば道と呼ばれる街道・・・「ヨシッ!」 と、気合を入れて歩き始めることに。すると、すぐにダラダラとした上り坂が・・・筑波山への参詣道と言うことを考えれば当たり前なのだけれどねぇ〜上り坂から平坦 [続きを読む]
  • つくば道の散策 ②平沢官衙遺跡から北条のふれあいロードへ
  • 小田城跡を散策した後で、早めの昼食。道草吾郎さんから教えていただいた情報では、つくば道に入ると食事できる場所が極端に少なくなるとのことだったので、まずは腹ごしらえをシッカリとすることにしましょう。で・・・食後には、これも教えていただいた体育館の駐車場に車を置かせてもらって、いよいよ街道歩きに出発です。体育館裏には”大池”なるものが広がっていました。訪れたのが3月半ばころだったので、桜の蕾もまだまだ [続きを読む]
  • サクラ満開につき、いつもの公園へ
  • どちらの地域でも、今年は桜の開花が早いようでして・・・おやじのところでも日曜日あたりが満開だった様子なんですよ。お隣の若夫婦が行ってきたとのことでしたが、それこそ花とともに人出も満開だったとか・・・「何もそんな時に行かなくても・・・」と考えるのは、どうやら年寄りだけみたいですね。若者は、そういう人混みの中を歩くのが楽しいのだそうで、屋台の品物を食べ歩きしながら桜を眺めてきたそうです。満開と聞けば、 [続きを読む]
  • つくば道の散策 ①小田城跡
  • わがふるさと野田市。その北東方向にそびえる、標高877メートルの筑波山。さほどの標高があるわけでもないけれど、周囲が関東平野と言うこともあり富士山と対比して「西に富士、東に筑波」と称されるほどの展望の良さから、小学校高学年の遠足の定番の山ともなっています。おやじのところからも、気軽に行ける場所でもあるので筑波山に関しては何度かブログに登場していますが、先日、道草吾郎 さんのブログ八十八(無職男・42日間 [続きを読む]
  • 春の車中泊は、更に日程縮小か・・・
  • 九州の、仕上げの旅となる予定だった今春の車中泊旅。それが、お目出たい事情、嬉しい事情により見送りすることになりました。そうは言っても、やはりお出かけには最適の春。花々が咲きそろい、気候も穏やかなこの季節には日本の美しさを楽しみたい・・・やはりこの季節の日本は、何と言っても”サクラ”ですよね!で、今回は”根尾谷の薄墨桜”をターゲットに、本巣市のHPを参考にしているのですが、年度によって見頃の時期は大き [続きを読む]
  • 会津若松はすっ飛ばし、宇都宮餃子でうっぷん晴らし!
  • はい、会津若松駅到着。まっ、想像通りの雨ですね・・・車窓に見える雨粒は、駅前に降り立てば無くなっているかな?・・・なんて、期待していたのですが、そう上手くは運ばないものでして・・・会津若松では七日町通りを歩くつもりでいたので、しばらくは駅前でウエザーニュースを見たり・・・こんなものを撮りながら迷っていたのですが・・・雨は上がりそうもないので、町歩きは中止して11時8分発の郡山行きに乗ることにします。 [続きを読む]
  • 越後からの山越えで、会津へと向かうことに。
  • 新潟のビジホで目覚めるも、雨の朝は変わらず・・・当たって欲しくない天気予報というものは、よく当たる感じがしますね(>_これも「アルアル」の一種なのかも・・・雨でも、よほどの大雪でもないかぎり、きちんと運行してくれる日本の鉄道は凄い。今日の第一乗車は磐越西線直通の快速あがの、これで一気に山越えし会津若松まで進むことにします。え〜とっ、9番線は・・・おやおや・・・、だいぶ端の方ですね。阿賀野川に沿って走る [続きを読む]
  • 村上の町屋めぐりを終えて、宿へと向かう。
  • 食事処の一鰭がある”大町文庫”なる施設は、地元・村上高校卒業の瀬賀さんという方が建てた”私設図書館”みたいなものらしい・・・その瀬賀さんが、高校在学中におおきな影響をうけた3人の先生がたの蔵書をおさめる予定で建てられたのだとか・・・あいにくと、今回はその蔵書に触れる機会を持つことができなかったけれど、村上で2〜3日の逗留できる時が来たならば是非とも立ち寄ってみたい場所の一つでもありました。食事を終え [続きを読む]