bnvn06 さん プロフィール

  •  
bnvn06さん: やまなしの自然余聞
ハンドル名bnvn06 さん
ブログタイトルやまなしの自然余聞
ブログURLhttp://bnvn06.blog.so-net.ne.jp/
サイト紹介文甲府盆地を中心に山梨の自然のあれこれをスケッチしてます
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供153回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2015/01/17 21:43

bnvn06 さんのブログ記事

  • ムラサキシジミ
  •  ちょっと小高い位置で、クリの葉の上にとまっていました。ムラサキシジミだと思われます。ピントが手前のクリの葉に合ってしまっているようです。もう1カットと思ったときには、飛び去ってしまいました。(撮影:2018.6.7 笛吹市御坂町上黒駒・御坂さくら公園の外れにて) [続きを読む]
  • ガビチョウの幼鳥
  •  今月7日の撮影でしたが、それが何鳥であるか、見きわめるまで少々時間を要しました。本日、もしやと思い、その画像を拡大してみての結果で、ガビチョウの幼鳥だと確定させました。やはり「くちばしが黄色い」、でもそれがすぐにわからなかった私のくちばしもまだ黄色で、尻も青い!(撮影:2018.6.7 笛吹市御坂町上黒駒・戸倉川の畔にて)《参考》ガビチョウについての当ブログの過去記事  1)「たいへんな鳥が・・ [続きを読む]
  • カクムネベニボタル
  •  珍しい(見慣れなかっただけかな?)甲虫の仲間をアジサイの葉の上で見ました。名前に「ホタル」がつきますが、ホタルのように発光はしないベニボタル科の1種なんだそうです。メスは触角が鋸歯状ですが、オスはこの写真のように櫛歯状の触角をもつということです。 なお最初に名前の確認のために、「櫛のような触角の甲虫」といった感じにネット検索したところ、同じベニボタル科のクシヒゲベニボタルがヒットしましたが、どう [続きを読む]
  • ナシの若い実
  •  緑の葉に包まれて、その存在がまだよくわかりにくい、いまごろのナシの実です。 いや「有りの実」です。音が通じる「無し」をきらって「有り」という言葉遊びですね。スルメを「あたりめ」と言うがごとしです。(撮影:2018.5.12 甲府市下向山町・米倉山山腹の農園にて) [続きを読む]
  • 柑橘類の花
  •  あるいは、ユズの花かもしれませんが、花だけではわかりにくいですね。いずれにしても柑橘類の白い花でありました。 ご近所さんの畑のなかに植えられている柑橘類の木の全体像です。どんな実がなるか、いままで注意して見たことがなかったのですが、たまたま花にひかれて、しばし見入りました。(撮影・2018.5.12 甲府市下向山町・米倉山の一角で) [続きを読む]
  • ハルタデの花
  •  田んぼで見た「あかまんま」のようなの、確かアカマンマは春じゃない気がして図鑑を見ればハルタデだといことが理解できました。同じタデ科ですが、ハルタデは、4〜10月が花期となっていました。(撮影:2018.5.10 甲府市下向山町にて) [続きを読む]
  • 雨を受けた赤いバラ
  •  ゴールデンウィークの終わりまでは、好天が続きましたが、今日は朝から雨。日中一旦は止んだのですが、夜になってまた雨音が聞こえています。 写真は、朝までの雨で、たくさんの水滴をつけたバラの花です、わが家の庭の…。(撮影:2018.5.8 甲府市下向山町にて) [続きを読む]
  • ど根性スミレ
  •  アスファルト舗装された山道の脇のガードレールの下に、スミレが咲いていました。ええっ、こんなところに? って感じです。 舗装の隙間のわずかな土壌に根をおろし、ここまで盛んに花を付けているど根性のあるスミレ、たぶんタチツボスミレです。(撮影:2018.4.7 中央市大鳥居にて) [続きを読む]
  • クロモジの花
  •  黄色の小さな花がいっぱい。何の花だろう・・・。 ちょっと手が届かなかったので、マクロズームで撮影したのですが、ぼんやりの写真でした。手元の図鑑で確認すると、クロモジだとわかりました。もう少しすると、もっと黄色が濃くなるのでは・・・。(撮影:2018.4.7 中央市大鳥居・山の神登拝道にて) [続きを読む]
  • ヒトリシズカの花咲く
  •  山道に沿って、このヒトリシズカが多く見られ、密やかに花盛りを迎えていました。 それにしても変わった花ですね。手元の図鑑には「花弁も萼もなく白い花糸が目立つ」との説明がありました。(撮影:2018.4.7 中央市大鳥居・山の神社登拝道にて) [続きを読む]
  • ウグイスカグラの花
  •  時折、ウグイスの鳴き声が聞こえる山道で、ウグイスカグラの花に出会いました。「ウグイスがさえずりを始める頃、薄紅色の花を下向きに咲かせる」との説明が手元の図鑑にありましたが、正にそのとおりの状況で見てきました。(撮影:2018.4.7 中央市大鳥居・山の神社登拝道にて) [続きを読む]
  • ハナモモが咲いて
  •  桃色というよりは、赤に近い色で、ハナモモが咲いていました。ずっと背後には、一面の桃畑のピンクが広がっている中で、独特な存在感をしめしていました。(撮影:2018.4.4 笛吹市一宮町・甲斐国分寺跡周辺にて) [続きを読む]