たまこ さん プロフィール

  •  
たまこさん: **路地裏を抜けたなら**
ハンドル名たまこ さん
ブログタイトル**路地裏を抜けたなら**
ブログURLhttps://ameblo.jp/tamachandazona/
サイト紹介文路地裏を抜けたならが帰ってきました。 お気にな写真と言葉を綴っていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供148回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2015/01/18 09:39

たまこ さんのブログ記事

  • 人は他人を区別して生きていきます。
  • 忘れたくないものも忘れたいものも忘れちゃいけないものも。今の私にはすべて一緒なんです。訳を聞かれてもごめんなさいとしか言いようがない。人は他人を区別して生きていきます。知らずしらずに。世の中の諸々が残酷にも非情にも思えるときもあるよ。そんなものです。人のこころの内側とかは。つなぎたくとも繋げないときもあるね。このえにしは誰とつながってるんだろうと考えることよりも。一途に好きなものに繋がることだけに [続きを読む]
  • ひとこま、ひとこまに物語がはじまるね。
  • こころが朽ちかけて折れそうだったので霧雨のなか写活にいってきました。枯れ葉のモビール。これ、いいよね。雨の日はあらたな発見ができるから好き。珊瑚のような形と色の木の枝。おもしろい。なんだろう。可愛い感じに紅く染まった蔦。雨であそぶ人がいない遊具。ひとこま、ひとこまに物語がはじまるね。砂でよごれた栗のいがにも。ここでひときわ目立ってた紅葉した樹。ただいま苦手な風景写真の秋バージョン模索しております。 [続きを読む]
  • 来週は少し晴れ間が見えるみたい。
  • こんな蒼空が恋しいです。これは前記事にあげ忘れた裏磐梯、曲沢沼。来週は少し晴れ間が見えるみたい。写活のために今更ながら山ガールファッションを買ってみました。いつもパンツの裾がドロドロになるので、汗ついでにリュック型のcameraバックも欲しいです。自分なりに生きてますが。欲しいものややりたいことがあるのはそれだけでも幸せだよね。主人からはお腹すいたと疲れたとしか思ってないと思われてますが。そんなわけ、あ [続きを読む]
  • 秋を撮りに裏磐梯まで出かけました。
  • 少し思いきった事をしようと思い秋を撮りに裏磐梯まで出かけました。なにをするかはまだ内緒ですが、笑結果がよかったらここでも報告させてください。中津川渓谷。裏磐梯にあるレイクラインの途中にあります。はじめて降りてみました。渓谷まで降りる途中でカラカラって音がして。見上げると落ち葉が大粒の雪みたいに舞いながらゆったりとたくさん落ちてきた。地面を見ると落ちてきた葉っぱが綺麗過ぎてそれが物哀しくて泣きそうに [続きを読む]
  • 雨あがりに雨をふくんだ秋桜を撮ってきました。
  • 雨あがりに雨をふくんだ秋桜を撮ってきました。お寒いですね。前記事とまたその前々記事にたくさんのアクセス、いいね、読者登録等ありがとうございます。私ごとですがいま少しばかり大きな見積り作ってまして。私は打つだけだけど、当たり前ですが。少しずついいねお返ししてきますね。雨で咲き乱れた秋桜も深まりゆく秋の感じがしますね。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 離れ過ぎない距離で僕を見てくれてた。
  • いつ頃からだろう離れ過ぎない距離で僕を見てくれてた。きづきを教えてくれたひと。急ぎ足で変わりゆく世の中で人混みのなかにたった1人で立ちすくんでるような僕だから。そろそろ羽根を拡げ僕は僕の居るべき空へ飛び立つよ。空は晴れ澄みわたってるか。いい風は来てるか。自分で自分の道を見極めながら。ようやくきみが居てくれたことに気づいた。そばに。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 去年につづきコキアみにいってみた。
  • 去年につづきコキアみにいってみた。磐梯山とコキア。すこし肌寒かったけど蒼空が心地よかった。磐梯山と秋桜。ジニア。または百日草。いっぱいに咲いてる姿が、かわいくて大好き。はてない秋桜。ど真ん中にお立ち台もあったよ。園内の気になったものを。ぽつぽつと撮ってきた。数日まえから鼻のてっぺんがひどく痛くて。今日うちに戻って鏡みたら赤くなってた。赤鼻のおばちゃま。これ以上腫れたら恥ずかしくて外、歩けない。にほ [続きを読む]
  • ハートの葉っぱたちがひしめきあってた。
  • 秋のはじめなのにすでにたわわに実った銀杏の実が私を待っててくれた。このblogおなじみの銀杏並木もそろそろ見頃だね。なんとなく誰かに見惚れられてる気がしててんを見上げたらハートの葉っぱたちがひしめきあってた。黄色く色づきながら。今はやりのシーグラスって赤や黄が珍しくて高価らしいけど。子どものころはよく拾ってた。昨日の朝焼けは見事だった。とうとう赤や黄が溢れる季節になったんだね。嬉しくて、心躍るよ。にほ [続きを読む]
  • 此処を訪れてくれるあなたはどんなタイプの女子なのかな。
  • 秋薔薇を愛でにいきました。兎に角、綺麗でした。薔薇ってひとつひとつに表情があると言うか。自己アピが強い花だよね。匂いといい色といい形といい。どれをとっても。実は幼いころはあまり好きな花じゃなかった。庭に在ったけど。私は幼きころから自己主張が強いひとが苦手で。特に女子、笑私のことわかってくれるひとはわかってくれるよねって心意気でした。今でもそうだけど。まあ自分の在り方って個人の自由なので、なんとも言 [続きを読む]
  • いつもの癖でそのへんのもの撮ってきました。
  • 秋薔薇を撮りに出かけました。でもいつもの癖でそのへんのもの撮ってきました。狂い咲きな紫陽花。紫陽花のきみのあのこは今ごろなにしてるのかな。cameraの楽しさと厳しさを教えてくれたフォトグラファー志望のあのこ。写真とか言葉には余韻があったほうがいいよね。ってさいきんきづいた。おそっ。きっと含みを持たせることで何倍もの魅力が備わるはず。さいきんお近づきになった隣県bloggerSンさんの影響で。川のせせらぎ。まだ [続きを読む]
  • 金沢、能登半島の旅いってきました。
  • 金沢、能登半島の旅いってきました。ただいま戻りました。旅でいちばん感動して綺麗だった能登島大橋からの朝やけ。金沢、ひがし茶屋。暑くて柚子のかき氷を掻き込みました。兼六園。ちらっとな。金沢の朝さんぽでたまたま見つけた尾山神社。ギヤマンが小洒落てて素敵でした。日本で唯一車で砂浜を走れる。なぎさドライブウエイ。のと里山街道途中にあります。白米千枚田。少しばかり稲が刈り取られてました。焦ったわ。ツインブリ [続きを読む]
  • 新潟、糸魚川市の夕焼け。
  • 日本海側にきてます。日没まじかの新潟、糸魚川市の夕焼け。綺麗だったなあ。太平洋側とは違って穏やかで優しげな海。途中なにげに寄った道の駅の蟹屋さんのおばちゃんの。夏に頑張ったんだね。のひとことに主人がすごく感激してた。逢ったこともない旅人のかもし出す何かを汲み取れるってすごい。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 再見。
  • 数年まえにblogを通して知りあえた弟のような息子のような存在だったbloggerくんがまたここでblogを書きはじめてて。すごくびっくりしたけど。勇気をだしてメッセを送ったよ。たわいのない返事だったけどすごく嬉しかった。たぶん返事を書くのは容易じゃなかったと思われ。あの頃は姉のようないまは母のような心もちでハラハラどきどきしながら見てる。迷った気持ちも楽しかった想いも辛かった出来事も全部ぜんぶやっぱりここに封 [続きを読む]
  • ふつか続けて同じような写真ですみませぬ。
  • ふつか続けて同じような写真ですみませぬー。どうしても書いて抜け出したい事項があって。今日はカラーしに美容院へ朝はやくからお出かけしてたのだけど。お昼前ぐらいに終わって買い物して帰宅したら。ほこたメロンの4Lとシャインマスカットがキッチンに鎮座してました。ちーん。おまけに主人の車があるのに居ない。おとーさんとおかーさんが来たみたい。しかもみんなでお昼たべに行ってるっぽい。みんなが戻ってきてからとりあえ [続きを読む]
  • 何気ない日常のひとこまが変わる日。
  • たぶんそんなに未来を期待したわけじゃなかった。思い描くのはほそぼそとした夢の実現でよかった。他人はそのひとを変えるね。何気ない日常のひとこまが変わる日。何かを遺さないといけないと想った朝。朝方からけたたましくスマホに届く緊急速報。この先これが何遍届くのだろうと思うやるせなさと。なにも遺せないのは無念ほかならないと言う想いと。きっと持って逃げれるものは限られてるから。下手っぴな写真と淡々とした言葉を [続きを読む]
  • 猪苗代町へ蕎麦の花と磐梯山を見に行ったよ。
  • 猪苗代町へ蕎麦の花と磐梯山を見に行ったよ。生憎の空模様だったけど何処までも続く蕎麦畑しばし見惚れてしまった。蕎麦の花は白いだけで魅力は少ないかもだけど素朴で寡黙で純真な感じが好きで毎年かならず撮りに出かけてる。今年は思いきって広大な蕎麦畑が広がる猪苗代町まで行ってみた。想像してたよりもぜんぜん綺麗で感動的だった。何処までも連なる蕎麦の花の道と磐梯山。私にとっては失くしたくない故郷の風景なんだよね。 [続きを読む]
  • オレンジ色の小さめなかぼちゃは食べれるのかな。
  • 昨日の午後から叔母夫妻がやってきてかぼちゃともろもろな夏野菜他を置いてったのだけど。このオレンジ色の小さめなかぼちゃは食べれるのかな。ただ見て楽しむ飾りなんだろうか。それと主人に昔のひとはてふてふと言っていたのかって聞かれて。そんなわけないよねって思った私。たしか昔は話し言葉と書き言葉があっててふてふは書き言葉なのかな。それとも蝶々をそれ以上に表現しきれなかっただけなのかな。朝っぱらからどうでもい [続きを読む]
  • 向日葵と風車と蒼空のコラボを見に。
  • 郡山市にある布引風の高原へ向日葵と風車と蒼空のコラボを見にいってきました。猪苗代湖をBackに。蒼空と雲が気持ちよすぎ。結婚式の前撮りで花嫁さんと花婿さんも写真撮りきてました。此処で前撮り出来るなんてこれから先、幸せになること間違いなしだよね。秋桜もちらほら咲いてた。幸せのおすそ分けもいただいたしhappyな日でした。にほんブログ村 [続きを読む]
  • かくかくしかじか。あなた様。
  • かくかくしかじか。あなた様。ハンバーグに入れる玉ねぎを刻んでたらそばで愛犬レタスがあたまをぷるぷるしてました。玉ねぎが目にしみたんだね。いつも待ってるだけよね。とお義母さんがぽつりと私に言ったけど。それでもいいのよ。関係を終わらせたくなければ待つだけだっていいと思える。待って待たせてそれだけでも。待つことが自分にとって意味のあることならば。判断は自分次第よね。他人まかせの生き方にこそ意味があるとは [続きを読む]
  • お蔵入りしてるレンズがあったらぜひに使ってみて。
  • どどどっと流れ落ちる川の流れを撮りに出かけたのだけど。なぜか蝶々とか蜻蛉を撮ってました。そんなことって、ある、ある。昨日cameraの撮り方の小技集みたいな本を買ったのだけど。意外にも望遠レンズって使えるのね。え。知ってたよって。む、む、むー。思った以上に綺麗に撮れてるし。撮りはじめたら楽しくて仕方なかった。もしも、お蔵入りしてるレンズがあったらぜひに使ってみてください。蜻蛉の飛ぶ姿ってなんとなく秋っぽ [続きを読む]
  • 髪の毛を切りに美容院行ったんだけど。
  • 昨日さ髪の毛を切りに美容院いったんだけど。なんとそこでん10年ぶりぐらいに前に勤めていたところのかたと偶然に再会しました。と言うかこの前その美容院に行ったときもそのかたと会ってたんだけど。遠目に見たのですごく似てるかただなあと思ってはいたのだけど声はかけないでいたの。今日は偶然にも隣に座ってそのかたが喋られてたので声を聞いてご本人だと確信しました。のでもしかしてTさんですか?と思いきって声をかけてみ [続きを読む]
  • 明日は二十四節気で処暑なんだって。
  • 明日は二十四節気で処暑なんだって。意味は夏が終わる日だそうで。でもでも、あっちい、よね。夕方愛犬レタスと散歩いってのぼせそうになりました。何かしたとか何処かへ行ったという夏ではなかったけど。私なりに自分の持ち分をやり遂げた夏になった気が致します。本当の意味で私なりの夏でしたね。そう言えば主人が愛犬レタスに乳をやろうとしてました。何かを訴え表現したかったのでしょうか。夏の終わりかけにボーナスいただき [続きを読む]
  • あさいちで朝顔を撮りに出かけました。
  • しとしとと降り続く夏の霧雨のなかあさいちで朝顔を撮りに出かけました。霧雨のなかの、もの憂い感じの朝顔をが撮りたくて少し冒険してみたり。こちら福島ではすでに秋の虫がりんりんと鳴いてます。でも鈴虫って夏に飼ってたような覚えが。うん、確かにそうだよな、笑日照不足のせいか朝顔は今からっぽいかな。東北勢が頑張ってる甲子園を見つつ。夏が盛り下がったり盛り返したり季節感ずれまくりな気忙しい夏でしたね。ほんとに久 [続きを読む]