papa4kid さん プロフィール

  •  
papa4kidさん: 京の杜
ハンドル名papa4kid さん
ブログタイトル京の杜
ブログURLhttps://kyonomori.exblog.jp/
サイト紹介文「木の家」に関すること、好きな音楽や身の回り周辺のことについて書いていきたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供38回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2015/01/19 13:17

papa4kid さんのブログ記事

  • 大正初期の名建築「櫻谷(おうこく)文庫」が特別公開されます。
  • 「櫻谷(おうこく)文庫」とは、明治から大正初期にかけて活躍された日本画家 木島櫻谷(このしま おうこく)の旧邸です。大正初期に建築された和館、洋館、画室の3棟からなり、いずれもが、京都市指定文化財、国登録有形文化財、京都市景観重要建造物に指定されています。 今回、名建築を楽しむことを通して建築の素晴らしさを伝えたいと京都府建築士事務所協会が公開をお願いし、各関係者のご協力を得て、特別公開されることに [続きを読む]
  • Banksy のストリートアート
  • シュレッダーで切断される Banksy の「少女と風船」をニュースで何度も見た。この絵が1億5000万円もするのかと正直思ったし、同じ構図のシルクスクリーンも見ていると思うが、あまり、印象に残ってはいない。が、昨晩見た 「池上彰の現代史を歩く」 の中での Banksy には、すっかり魅了された。額縁に収められた絵より、街中に描かれたストリートアートに、Banksy の、Banksy たる所以が見られる。海外のアーティストに見られて、 [続きを読む]
  • The Blow Monkeys/It Doesn't Have To Be This Way(1987)
  • 最近、80年代の曲を聴くことが多い。曲の傾向ではなく、80年代当時に聴いていたものを、つい捜してしまう。曲に限らず、当時、眺めていた雑誌を捜し求めることもある。何故か鮮烈な記憶があり、今、手にしても新鮮に思う。The Blow Monkeys(ブロウ・モンキーズ)の「It Doesn't Have To Be This Way(1987)」もそんな曲のひとつ。当時、よく見ていた「カーグラフィックTV」の中で、車のデモ映像のバックに使われていた。氷上を疾 [続きを読む]
  • 検査で見つけたもの part45
  • キッチン横に、中庭が計画されていました。リビングの延長上に貼られたウッドデッキは、リビングに開放感をもたらし、広々と見えるだけでなく、室内の延長のような気軽さでアウトドアや憩いの時間をもたらします。また、スリット状の吹き抜けも計画されていました。リビングに差し込む光が穏やかなのは、吹き抜けの天井に貼られた無垢の羽目板に反射する光だからでしょうか?『光が弾む穏やかな家』均等に渡された梁のピッチが、イ [続きを読む]
  • 冬野菜の植え付け2018
  • 日曜日、妹の旦那に畑を鋤いてもらい、大根、シュンギク、ホウレンソウ、カブの種を播き、カリフラワー、ブロッコリー、タマネギ(早生)の苗を植え付けた。例年なら9月半ばには終えている作業だが、今年は豪雨、台風の影響で1ヶ月遅れとなったが、うまく収穫出来ればと思う。 [続きを読む]
  • 「フランス国立図書館版画コレクション ピカソ」展を見に行った。
  • 京都伊勢丹内にある美術館 「えき」 KYOTOに 「フランス国立図書館版画コレクション ピカソ」 展を見に行った。フランス国立図書館所蔵のコレクションから、厳選された89点を見ることが出来た。ピカソは70年以上に及ぶ創作活動に於いて、版画だけでも2,000点以上を制作したとあったが、版画の技法も、銅版、石版、リノカットなど多岐に及ぶ。私は銅版画が最も好きだが、多くのリノカット作品が展示されており、その良さも認識でき [続きを読む]
  • 「 安全大会」が開催されました。
  • 10月3日(水)、平成30年度の「安全大会」が開催されました。家づくりに携わる職方さんやメーカーの皆様、90社、総勢91人にご参加頂きました。特に品質管理に優れ、安全に対して多くのご助言を頂いた協力業者様の表彰が行われ、建災防の講師による安全講習は、「安全管理を通じて見た中国の建設事情」という内容で、普段、あまり知る事もない貴重な情報を知ることが出来ました。関西は台風被害がものすごくて、職方さんも、我々社 [続きを読む]
  • ZEH(ゼロ・エネルギーハウス)について part5
  • 木造戸建住宅の強化外皮基準(UA値)、太陽光発電量を邸別に一覧にしてみました。デザオ建設では、提供する建物に一定以上の性能を持たせるための「標準仕様」を定めています。この「標準仕様」のなかのひとつ、強化外皮基準(UA値)を今期、大きく変えました。UA値が全棟0.56以下、0.5前後となる断熱仕様を標準としています。UA値がどの程度の偏差で分布するのか、中央値は幾らなのか。また、どの程度の太陽光発電量でZEH、もしく [続きを読む]
  • 検査で見つけたもの part44
  • いいと思えるものは、誰が見ても「いい」と認める絶対的なものだと思う。感じ方や受け取り方に多少の違いがあっても、どんなに価値観の多様性を言ったところで、いいものには誰しもが共通した認識を持つことができる。バランスや質感、カラーリングの選択に優れたものがあり、素晴らしいと思わせるものがある。「住まい」を引き立てるにはコーディネートが必要です。そして、コーディネーターには、いいか悪いかを判断できる公平な [続きを読む]
  • 検査で見つけたもの part43
  • キッチンに貼られたタイルの色使いがとても素敵。最近では見ることが少なくなったL型キッチンですが、背面も天井までのカップボードを置くのではなく、がっつりと収納庫を造作するのでもなく、ごくシンプルな棚が二段と家電収納が取り付いているのみです。但し傍には一畳半くらいの収納量たっぷりなパントリー、ここも全てオープン棚でした。シンプルでいて、センスあるご家族のライフスタイルが垣間見えます。「風景のある住まい [続きを読む]
  • 前沢のパッシブハウス part3
  • 前沢のパッシブハウスで最も感心したのは、何より 「住み心地」 がとても良さそうだという事。宿泊できるとも聞いたので、機会があれば体感してみたい。冷暖房がとてもシンプル(床下を暖房専用、2階を冷房専用とし、2台のエアコンを順次切り替えて家全体を25℃に保っている。)で、空気の質感も高いように思えた。「冷暖房」と「換気」の組み合わせが適切で、良好な室内気候を作っているのだと思う。 [続きを読む]
  • 前沢のパッシブハウス part2
  • 北陸の冬でも太陽エネルギーを取得しようと南面の窓は掃出しの大開口とし、また、豪雪地であることから、一部を高基礎としたスキップフロアが採用されていました。水廻りは玄関ホールと同一レベルにあり、階段を5段ほど上がって南面に展開するLDK、さらに階段を折り返し、12段ほど上がって2階には3居室が計画されていました。このスキップフロアの採用と階段室近くに冷房専用のエアコンを設置したことが、部屋毎や上下階の温度ムラ [続きを読む]
  • 前沢のパッシブハウス part1
  • 黒部市前沢にある“パッシブハウス”を見学しました。施主はYKK不動産で、日本で初めて国産サッシ(YKK、APWシリーズ)を使って、ドイツにあるパッシブハウス研究所の認定を取得した“パッシブハウス”いたるところに温湿度計、サーモカメラが設置されており、24時間、365日、温湿度を測定しています。建物中央の床下に2.8kw(10畳用)のエアコンを1台設置し、冬はこのエアコンのみで無垢の床を暖めます。温風の一部は、リビング [続きを読む]
  • 黒部のパッシブタウン part4
  • 全体のランドスケープデザインは、宮城俊作が担当パッシブタウンは、異なる設計思想により、パッシブデザインを使って街区を構成しようとした取り組みですが、マスタープランがしっかりしていたのでしょう、緑が豊かで、素晴らしいものがあります。既存鉄筋コンクリート造賃貸住宅にリノベーションした第三期以外は、駐車場を地下に計画しています。とてもコストが掛かる手法ですが、これによって豊かな景観が実現しています。遊歩 [続きを読む]
  • 黒部のパッシブタウン part3
  • 第三期は、森みわが担当。単身者用の既存鉄筋コンクリート造賃貸住宅にリノベーションと減築を試みたものです。実は、この建物のモダンなデザインに最も感心しました。外観は、ブルーグレーに吹き付けた階段室部分と、杉板の反復がとてもモダンで綺麗。見学できたのは開放的な間取りのフラットタイプですが、単身者が生活するにあたっての「場の取り方」が実にうまい。造作デスクや仕切りのデザイン、室内の色使いなどにも美的なセ [続きを読む]
  • 黒部のパッシブタウン part2
  • 第二期は、槇文彦が担当。各階を2戸に抑えることに拠って、各住戸の3面が外部に開かれる居住環境が実現しています。カーボン入りのEPS断熱材を外貼りした鉄筋コンクリート造ですが、外断熱の武骨なイメージはなく、非常に端正な外観の建物です。(既に居住されており、正面の写真は撮影していません。)配置計画と住戸のプランニングに於いては、前 真之准教授による採光と通風のシミュレーションを元に設計されたと聞きました。 [続きを読む]
  • 黒部のパッシブタウン part1
  • 黒部のパッシブタウンと前沢のパッシブハウスを見学する機会を得ましたので、感想等をここに記しておきます。黒部のパッシブタウンは、YKK不動産が進めている商業施設、保育所を含む複合型賃貸集合住宅プロジェクトです。第一期から始まり(2015年1月)、現在は第三期まで完成しています。最終的には、第六期、約250家族が居住可能なプロジェクトとなります。現在は、約100家族のYKK社員を中心に、社員以外の方も居住することがで [続きを読む]
  • 6月18日に発生した地震について
  • このたびの大阪府北部を震源地として発生した地震により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。また、現場で復旧作業にあたって頂いている皆様、ありがとうございます。一日も早い復旧をお祈り申し上げます。地震発生後、お客様から様々なお問い合わせ・相談等を頂きましたが、当社に於きましては、「クロスの割れ、タイルに亀裂が走った。」 というのが、最も大きな被害でした。多かったのは、「キッチンの扉のロ [続きを読む]
  • 畳の表替え
  • 「離れ」 の畳の表替えをしました。「琉球畳」と呼ばれる縁(へり)のない畳です。私が子供の頃は、お盆前などに畳を全て取り外して、庭で虫干しをしたものです。畳の表を互いに内にして三角形を作る形で干します。合わさるところには、かまぼこの板を挟んでいたように思います。また、戻す際、元あった場所が分かる様に、畳の四隅に東西南北や数字が白墨で書かれていました。今では畳を外すこともありません。我が家では、廃れて [続きを読む]
  • デジタルオーディオ part3
  • Macintosh C48にはUSB-DAC機能が搭載されている。エレクトリのHPからMcIntosh USB Audio Windows Driver A v2.0 をダウンロードし、PCにインストールする。PCとC48をUSB Type A-USB Type Bのケーブルで繋いでやると、PCの音源がJBL L300から聴こえてきた。手始めに聴いたのはYou tubeだが、ホワイトノイズが多少気になったものの、思ったより素直に聴けた。最も大切なアルバムのひとつであるSade Adu(シャーデー・アデュ)の「Pro [続きを読む]
  • 夏野菜の植え付け2018
  • 日曜日、朝から妹の旦那に畑を鋤いてもらい、夕方、奥さんと二人で夏野菜の苗を植えた。トマト、ナス、キュウリ、シシトウ、ピーマンと例年通りだが、オクラは、もう少し大きな苗が手に入るようになってから植えようと思う。昨年、土が随分と粘土質になってきたように思い、竹炭を大量に入れた。効果が出て来たのか、土に鍬を入れれば、サラサラと崩れる。支柱を立て終わった頃、雨がぽつぽつと降って来た。とても充実した一日だっ [続きを読む]
  • 検査で見つけたもの part42
  • 訪れる人の目を楽しませ、その気配を感じる庭。和室とダイニングキッチンの双方から眺めるスギゴケとモミジの庭。クロチクを眺めて楽しむお風呂の専用庭。この「住まい」は、3つに庭を中心として間取りが計画されています。光や風、季節の移ろいや室内の光や影が変化していく様子が感じ取れることでしょう。また、其々の庭には、昔あった建物の庭石や鬼瓦が配されていました。祖先から受け継がれたものが、また、継承されていきま [続きを読む]
  • 検査で見つけたもの part41
  • 家全体から醸し出される雰囲気が違う。大人の「色」を感じるのは、京都の街中で暮らすという文化に対する成熟度が、インテリアにも関係しているのでしょうか。素材が異なるものでも、彩度や明度を近くすればバランスの良い色の風景が実現します。常日頃から伝統的な建物や工芸品の色の使われ方に目を配られている。 …そんな 住まい手 だから実現した 「住まい」 だと思いました。 [続きを読む]
  • 検査で見つけたもの part40
  • 市内中心部に建つSE構法の3階建て住宅です。家を考えるとき、外と内を調和させて自然な心地良さをつくりだそうとしますが、この家の場合は、外と遮断し、インテリアやライティングによって心地良さをつくりだそうとしたことが伺えます。 日本の伝統的な家屋では、シンプルな空間=モノ をあまり置かない感性が「美」とされてきました。そのDNAもあってか、私たち日本人は、和室に比べて洋室のしつらえがあまりうまくありません。し [続きを読む]
  • チビちゃん達は二人揃って大学に進学しました。
  • この春から、チビちゃん達は二人揃って大学に進学しました。二人とも希望していた大学に進学することが出来ました。良かったね!下の写真は2003年に撮影したものです。あれこれ15年が経ちました。これからは勉学に励むも良し。止めて仕事に就くも良し。自分自身で選択すれば良いと思っています。大学生になったら…、昔、良く見ていたブロガーが書いていたことですが、大学時代にするべき事はたった一つで、それは、「何かで一番に [続きを読む]