nachi777 さん プロフィール

  •  
nachi777さん: TO SEE THE WORLD 登山女子の山あれこれサイト
ハンドル名nachi777 さん
ブログタイトルTO SEE THE WORLD 登山女子の山あれこれサイト
ブログURLhttp://hiker-nachi.blogspot.jp/
サイト紹介文登山に関することを初心者登山女子目線でお送りするブログです。山道具の感想や、山行日記、山の写真など。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供0回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2015/01/19 15:49

nachi777 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 女子サッカー界のレジェンドを見て来た!
  • 山ブログなんですが、前々から生で見てみたい!と思っていた人に会ってきました!女子サッカー界のレジェンド!澤穂希選手です!!!年齢が近いのも有りますが、不遇の時代からひたむきにサッカーを続けて世界一まで上りつめた凄さに尊敬と憧れを抱いていました。先日の引退会見を見て、目の前でプレーする姿を見る機会は今後永遠に来ない!と思い立ち、慌ててチケットを取って現在行われている「皇后杯」の準々決勝を見に行ってき [続きを読む]
  • 山岳小説のあれこれ
  • 最近、山に行けていません。。。だからなのか、山岳小説を読みあさっています。まずは、来年早々に公開される映画から。「神々の山嶺」夢枕獏本屋で上巻/下巻を1冊にまとめた合本を見かけて、その異様な太さにニヤつきながらw購入。エヴェレスト 神々の山嶺 (角川文庫)新品価格¥1,404から(2015/12/17 00:41時点)一気読みしてしまいました( ・∇・)※合本の迫力に引いてしまった人は、上・下巻の方をオススメします。神々の山嶺 [続きを読む]
  • 大型ザックデビュー
  • 山小屋泊1泊なら30-40ℓのザックで十分ですが、テント泊となると、諸々の装備を詰め込むため60ℓは欲しいところです。自分は荷物が少ない方だし、詰め方にも自信があるから大丈夫という人でもぜひ大きめをおススメします。テント泊の場合、荷物の整理を全て野外で行わなければならず、雨など降っていた場合は綺麗にたたんで仕舞う・・・ということもなかなか難しい状況になります。とりあえずザックに詰めて、出発!という状況に [続きを読む]
  • シュラフマットって必要?・・・必要です!
  • テントで寝るなら寝袋が要るというのは、わかると思います。だけど、シュラフマットって本当にいるの?と思いませんか?寝袋ってふかふかしてて、それだけで快適に眠れるんじゃないの?いえいえ、絶対ダメ。寝袋って布団みたいに分厚くないですから。見た目はふわふわでも、人間が入ると簡単に背中側はつぶれます。だから、シュラフだけなら地面の上に直に寝てるのと大差ないんです。いくら丁寧に整地しても、小石があれば痛いです [続きを読む]
  • シュラフ(寝袋)の体感温度の男女差
  • シュラフって、聞き慣れない言葉ですよね。シュラフは、寝袋のことです。ツタンカーメンになった気分を味わえるアレです。寝袋ならなんでもいいじゃん。いやいや、そんなことはないんですよ。使われているダウン(羽毛)の種類や量によっては、全く役に立たず寒くて眠れない夜を過ごす事もあり得るのです。中の綿の部分の素材には大きく分けて2つあります。天然の鳥の羽のダウンと、化繊です。化繊は、安くて濡れに強く洗濯も出来 [続きを読む]
  • 山小屋<テントでしょ・・・?
  • 今回の燕岳登山では、初のテント泊をしました。テント泊のメリット・個人の空間が約束される・着替えている所を見られない・食事のタイミングや出入りなど基本自由テント泊のデメリット・荷物が格段に重くなる・購入代金が結構かかる私は単純に、山でテント泊できたらかっこよくね?という浅はかな願望でしたが、いつも一緒に行くK氏は、山小屋で他人に気を使わなければならない感じが窮屈で嫌だという理由からでした。例のごとく [続きを読む]
  • いつもYouTubeで見てるから知り合いだと思っちゃダメ
  • 登山初心者の方なら、一度は目にした事があるかもしれません。「バック○ントリー○高」のYouTube登山講座動画。私も登山を始めた頃は、よく検索して勉強させていただきました。先日、念願の初アルプス・燕岳に行き、下山後に穂高駅を通るのでお店に寄ってみようということになりました。動画に映っているお店の雰囲気がとてもステキで、他の登山ショップとは明らかに一線を画す店構えなので、一度是非行ってみたいと思っていたの [続きを読む]
  • 憧れのアルプスへ【燕岳・テント泊】5
  • 途中、何度かテントのチャックを開ける音や、ガスッと脇腹を蹴られる感触があったりしたのですが眠気が勝って起き上がれず。完全に目を覚ましたのは、夜中の3時頃。 K氏はがっつり起きていました!私「寝ないの?」K「寝れない」私「何してたの?」K「持ってきたワイン飲んだり、星見たり、散歩」私「このクソ寒い中、散歩・・・」K「でも、山小屋だったら電気も付けられないし、自由に外にも出られないから寝れてないけど快適だ [続きを読む]
  • 憧れのアルプスへ【燕岳・テント泊】4
  • 燕山荘到着は、PM12:30頃。テント場の受付をするために燕山荘に入りました。 燕山荘の中はレトロ感あふれる風情で、入って右側に受付があり、左手にはお土産コーナー、その奥が食堂、乾燥室で2階へ続く階段も見えました。受付でテント場の利用料一人700円を支払いオレンジの札を受け取ります。同時に夕食も注文しました。これまたレトロ感のある絵柄の切符みたいな紙に夕食だけマジックで書き込みされ、渡されました。夕食は [続きを読む]
  • 憧れのアルプスへ【燕岳・テント泊】3
  • 第一駐車場から登山口の中房温泉まではコンクリートの道を歩きます。夜の間に吹いた風でいろんなものが道の上に散乱していました。歩くこと10〜15分くらい。人もまばらにいる中、お手洗いに行って、いよいよ出発。AM8:30アルプス三大急登と言われる道を、テントを担いで登ります。道は土というより石ころが多い印象です。そして、やっぱり傾斜が急。段差をひたすら登っていくような感じです。30〜40ℓくらいのザックで登っ [続きを読む]
  • 憧れのアルプスへ【燕岳・テント泊】2
  • さて、登り始める前に、今回の装備を載せておきます。初テント泊ということもあり、気合い入れまくりで重かったです(^_^;)【装備一覧】★燕岳・テント泊(一泊)・ザック(50-70ℓ)・ザックカバー・登山靴(重登山靴)・スリッパ(K氏はビーチサンダル)・レインウェア上下・レインハット・スパッツ(別名ゲイター)・ヘッドライト(予備電池1本)・時計・サングラス・着替え(インナー上下(メリノウール)、Tシャツ、靴下)・ [続きを読む]
  • 憧れのアルプスへ【燕岳・テント泊】1
  • 念願の北アルプスに行ってきました!!アルプスの入門編とよく言われている「燕岳」にテント泊で挑戦です!10/1(木)PM3:30頃、自宅出発。最寄りのICから高速に乗り一路、安曇野ICへ。途中で日暮れを迎え、濃霧にも遭遇。私が驚いて声をあげるも、今回の相方で運転手役のK氏は突然のことで声も出せず必死に前を凝視。ライトの光を反射するので本当に視界がなくなって怖かったです。天候も悪く、雨風が車を打ち付ける中、安曇野IC [続きを読む]
  • はじめての富士登山【山頂】
  • 随分、間が空いてしまいました。m(_ _;)mもう今シーズンの富士登山は終わってしまったかと思いますが・・・。来年登られる方の参考になれば、と。普通は夜中に山小屋を出発して、山頂でご来光を見るというのが一般的かと思いますが、山小屋にいる時点で、いくつものツアーの団体さんがいたので私たちは山小屋でご来光を見て、日が昇ってから山頂を目指しました。朝は寒かったのですが、日が出ると暑いくらいに感じます。レイヤリン [続きを読む]
  • 過去の記事 …