モネ子 さん プロフィール

  •  
モネ子さん: うつ病の波をだんだん小さくする。
ハンドル名モネ子 さん
ブログタイトルうつ病の波をだんだん小さくする。
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/nerori88/
サイト紹介文13年間うつ病で寝込みました。心の休めかた、しんどくない人間関係や心によい食事について書いています。
自由文ヨガ 断捨離 ダイエット うつ病 ストレス 家族 母 夫 モラハラ 朝ごはん アダルトチルドレン カウンセリング
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供22回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2015/01/23 19:33

モネ子 さんのブログ記事

  • 自己肯定感低いんです選手権での優勝を、いつのまにか狙っていた。
  • 今年から仕事を再開しています。短期の派遣の仕事で現在2社目が終了し、GW明けの昨日から別の1社に勤めています。仕事を始めると、いやでも自分の仕事のやり方、考え方がグッと浮き彫りになりまして。例えば「データを集計する」という仕事の場合、供給されるデータ量にばらつきがあり、データがこない時があります。ぶっちゃけ半日以上、なんにもやることがない、やることほんとゼロの時間が生まれて。ここだけ考えるとただただ「 [続きを読む]
  • ペース配分がわからなくなりがち。
  • 久しぶりの投稿になりました。今年は1月から仕事をしています。期間限定の1〜2ヶ月の仕事で、現在2社目。この先の身の振り方に悩み中です。話は変わりますが、ナスDという人をご存知でしょうか?「陸海空地球征服するなんて」という番組で無人島ロケをしている姿で知りました。丸3日間まず寝ない。そして最初の方は飲まず食わずで。食料は素潜りで魚類をとり、自分で火を起こすところから調理。しかも家(!)にもこだわり、手作業 [続きを読む]
  • 親戚の集まりにて。人と比べるにもほどがある。
  • この年末年始で、親戚の集まりがありました。ちなみになんですが、私は人に引かれるほど晩婚なんです。(いきなりなんの話)結婚式や披露宴もなんもせずここまで来たので、親戚の人々と会う機会を逃していました。在米の夫の弟さんなんですが、奥さんが子供連れて帰国するから会うことになったんだけど、と夫。愚痴になります。すこぶる無口な夫にとって私はまるで便利な小道具と言わんばかりに、友人や職場の集まりまでも同伴させ [続きを読む]
  • 「いい一日」というパズルを完成させる、2018。
  • 2018年ですね。新年あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いします!半月ぐらい前から始めていることがありまして。簡単と言えば簡単で、ほんの数秒でできることなんですが。朝いちばんの、頭がボンヤリしている時。体も頭も活動し始め、あれこれいらんこと考え出す前に、「今日はいい一日になる」と決める。ただ、これだけで敢えて言うのも気が引けます。そんなの誰でもやってることなんじゃ、と。冷えた部屋 [続きを読む]
  • 「ダメな自分を受け入れる」 龍たまこさんの記事を読んで。
  • 龍たまこさんをご存知の方も多いと思いますが、「そうだそうだ、そうだった!」と原点に帰らせてくれるこちらの記事。昔々、20代のころ。同じ中学出身のある先輩の発言で。「元気な時しか彼氏に会わない」というのに驚愕した時があって。その先輩カップルというのが、中学校ではとにかく有名で人気者の2人。美男美女、スポーツができてオシャレで社交的、それはそれはメジャー感の塊で。そして卒業後も10年ぐらい続く交際という、 [続きを読む]
  • ヨガはやっぱり体調が良くなるという話。良くなり過ぎとも言う。
  • まずはさかのぼること数年前、ホットヨガを始めたてのころ。あまりに楽しすぎて通うペースが増え、体力ないのに、ついには仕事帰りに3日連続で通いました。真冬だったのもあってか大風邪をひき、仕事にだいぶ支障をきたしまして。その後は大事をとって週1ペースで通いつつ、引っ越しを機に1年以上のブランク後、今年の夏から復活。月4のコースに入っているにも関わらず、先月はヨガ熱が冷え切っていて、もうここらで辞めようかと思 [続きを読む]
  • 「二度寝で番茶」を読みました。うつ病への共感心について。
  • 更新が久々にもかかわらず、いいねや読者登録をしていただいていて本当にありがとうございます。 以前、こちらの記事で紹介した「昨日のカレー、今日のパン」の著者、木皿泉さんのエッセイ。 二度寝で番茶 (双葉文庫) Amazon うつ病を発症していた時のことについて、こう書かれています。 普通という状態を、とてもはっきりと認識できたのは初めてで、これは私にとってショックでした。 波立たない心というものが、どれほどあ [続きを読む]
  • 「騙し絵の牙」を読みました。白か黒か思考の危険。
  • 〈心にささる一文〉でも所詮、人間なんか真っ白にも真っ黒にもなられへん。みんなグレーや。いい人とか、悪い人とかいうんは、とどのつまりグレーの濃淡の話や。騙し絵の牙Amazonうつ病になりやすい人の特徴のひとつとして、白か黒か、100か0か決めたい性質があるらしいです。私も御多分にもれず、まさしくそうで。例えば、自分の左側に白の棚、右側に黒の棚があるような感覚。なんでもかんでもすべて、この2つの棚にきっちり振り [続きを読む]
  • 「働く男」を読みました。働くという事について。
  • 久々の更新になってしまいました。留守の間も、訪問やいいね、読者登録してくださった方々に感謝です。働く男 (文春文庫)Amazon「働きたくない」この、いかにも不穏なひとこと。働く男、というタイトルにも関わらず、この文庫化に寄せて加筆された冒頭で語られています。文庫化される前、この単行本の初版の帯には、「どれだけ忙しくても、働いていたい。ハードすぎて過労死しようが、僕には関係ありません」と書かれていたと。そ [続きを読む]
  • 「ずぼらヨガ」を読みました。自律神経にだいぶ効きます。
  • SNSで見かけて気になっていたこの本。著者は4年前に、ウツで起き上がれず漫画業もできなくなっていたそう。そこからヨガに通い始めて1年、徐々に体調が良くなり家事やバイトまでできるように。そして遂には8年間飲んできた精神科系の薬も辞めることができたというお話です。ここでは、マットの上じゃなくとも、家やファミレス、トイレでもできる簡単なヨガのポーズが、「リラックス」「元気が出る」「リフレッシュ」の目的ごとに紹 [続きを読む]