モネ子 さん プロフィール

  •  
モネ子さん: うつ病の波をだんだん小さくする。
ハンドル名モネ子 さん
ブログタイトルうつ病の波をだんだん小さくする。
ブログURLhttps://s.ameblo.jp/nerori88/
サイト紹介文13年間うつ病で寝込みました。心の休めかた、しんどくない人間関係や心によい食事について書いています。
自由文ヨガ 断捨離 ダイエット うつ病 ストレス 家族 母 夫 モラハラ 朝ごはん アダルトチルドレン カウンセリング
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2015/01/23 19:33

モネ子 さんのブログ記事

  • 「騙し絵の牙」を読みました。白か黒か思考の危険。
  • 〈心にささる一文〉でも所詮、人間なんか真っ白にも真っ黒にもなられへん。みんなグレーや。いい人とか、悪い人とかいうんは、とどのつまりグレーの濃淡の話や。騙し絵の牙Amazonうつ病になりやすい人の特徴のひとつとして、白か黒か、100か0か決めたい性質があるらしいです。私も御多分にもれず、まさしくそうで。例えば、自分の左側に白の棚、右側に黒の棚があるような感覚。なんでもかんでもすべて、この2つの棚にきっちり振り [続きを読む]
  • 「働く男」を読みました。働くという事について。
  • 久々の更新になってしまいました。留守の間も、訪問やいいね、読者登録してくださった方々に感謝です。働く男 (文春文庫)Amazon「働きたくない」この、いかにも不穏なひとこと。働く男、というタイトルにも関わらず、この文庫化に寄せて加筆された冒頭で語られています。文庫化される前、この単行本の初版の帯には、「どれだけ忙しくても、働いていたい。ハードすぎて過労死しようが、僕には関係ありません」と書かれていたと。そ [続きを読む]
  • 「ずぼらヨガ」を読みました。自律神経にだいぶ効きます。
  • SNSで見かけて気になっていたこの本。著者は4年前に、ウツで起き上がれず漫画業もできなくなっていたそう。そこからヨガに通い始めて1年、徐々に体調が良くなり家事やバイトまでできるように。そして遂には8年間飲んできた精神科系の薬も辞めることができたというお話です。ここでは、マットの上じゃなくとも、家やファミレス、トイレでもできる簡単なヨガのポーズが、「リラックス」「元気が出る」「リフレッシュ」の目的ごとに紹 [続きを読む]
  • 無理をすることが、愛情だと思いこんでいました。
  • この暑さになかなか慣れず、こんなんで8月なんて迎えられるのか弱気になるという、先々を心配するよけいな癖が出ちゃっているこの頃。 出かけるのが億劫な中、高校時代の地元の友達が、近くに用事があり会いに来てくれて。ひとしきりお互い近況報告。「そうだ、同級生会の企画してよ」今、家にいるんでしょ、となり。ここ数年、年に2回ほど同級生6人で集まっています。言われた瞬間は、ただただズーンと気が重く。みんな本当にこ [続きを読む]
  • 怒り続けることで、相手に罰を与えようとしていた。
  • 恒例行事のように、夫とよく大ゲンカをしていました。 昨年の年末年始に最大のケンカをして以来、お互い気をつけるようになり、この半年は波風立たせずにやっています。 女性がキレる話でワイドショーはもちきりですが、人ごとではない自分です。 ケンカばかりの日々に悩みまくり、アンガーマネジメントの本で勉強しても、染みついたクセはなかなかなおらず。 ケンカが始まると、夫を次々責めます。 その口に出した言葉が、 [続きを読む]
  • 今ここにいる。それは、自分を諦めなかったということ。
  • あれ、もしかしてもう治ったのかも、と今までに何度も何度も思いました。多少体調がいい日があると、ここぞとばかりに用事を済ませたり、日頃やりたくてもできず山積みになっていることを片したり、とにかくめいっぱい自分を働かせます。そして、予期せぬタイミングでズーンと落ちる。ぬか喜び→ズーンと落ちる、これを数えきれないほど繰り返しているうちに、「また落ちて戻れなくなるんじゃないか」「また何年も寝こむんじゃない [続きを読む]
  • うつ病発症したことを、ただの「失敗」で終わらせないために。
  • 昔、「旅に出て自分探し(死語ですね)」というフレーズが流行っていたころ、お金を貯めては旅行していました。1番最初の旅は、20歳の時。ニューヨーク、NY、エヌワイという響きにただただ憧れ、しかも旅行ではなく住むように過ごしてみたい、と。英語力ゼロの身分で、望みだけは高かったあの頃。そして飛行機の往復チケットだけとり、ホテルも予約せず友達と2人で飛び出すという。ただただ勢いのあるアホでした。当時はネットがな [続きを読む]
  • 眠剤断薬への道。その2。3歩進んで2歩下がる。
  • 先日、睡眠導入剤のマイスリーを卒業できたと書きました。その時の記事はこちら↓眠剤断薬への道。2度寝の喜び。できた!と心に勝利宣言したのも束の間。モヤモヤを溜めこまないようにと気をつけつつ、いつしかまた眠れない日々へ突入してきて。睡眠の質をあげるべく、思いつくまま試して。・朝タンパク質をとる。(日中にセロトニンが作られる)・起きたらすぐ日の光にあたる。(窓から1メートル以内で15秒以上)・半身浴をする。 [続きを読む]
  • 今ならわかる。寝たきりの時代から這い上がるための、ひとつの特効薬。
  • うつで13年間寝たきりの状態だった時の話です。母は、人の美醜にとてもこだわりが強い人で。テレビを見ては「この女優さん、ほんと綺麗で見惚れちゃうー」これはわかる。モヤモヤするのは、「◯◯さんのお嬢さんって、ほんとに美人よね!ね?!そう思わない?!」と、そのお嬢さんの前でも私に言いまくり、「綺麗についての話」がやたら長い。モテるでしょーう、とか、ご主人自慢なんじゃない、とか。確かにお綺麗だけれども。モテ [続きを読む]
  • ”小林麻央さんの訃報をきいて(7コマ)”
  • どうしても書かずにはいられませんでした。正直、この訃報は残念で仕方がありません。小林麻央さんが日々その病と闘う姿に、圧倒され、憧れて、そして、たまこさんと同じく、祈るような気持ちでブログを読ませていただいていました。常に、自身の苦しさよりも家族を思いやる姿に、襟を正す思いでした。私には子供はいませんが、まだ小さなお子さんたちを残していかなければいけない、そのお気持ちはどんなにか無念だっただろうかと [続きを読む]
  • 岩盤浴。石が心と体を溶かす。
  • 岩盤浴に行ってきたお話です。室内の温度は40度超え、湿度はかなり高い(湿度計もあったので、確かに見たはずだけど暑さで即座に忘れるという)環境。そこでさらに、熱い石の上に寝そべるというもの。部屋に入った瞬間、この空気感知ってる、なんだっけ、そうだ最近ご無沙汰しているホットヨガだと。一瞬湧き上がる、ヨガさぼってる自分を責める苦い思いを勢いで振り払い、岩盤浴おすすめの方法と外に書いてあったやり方を思い出し [続きを読む]