ぽんた さん プロフィール

  •  
ぽんたさん: 元競馬ブック記者川田英太の競馬予想ブログ
ハンドル名ぽんた さん
ブログタイトル元競馬ブック記者川田英太の競馬予想ブログ
ブログURLhttp://keibakawata.com/
サイト紹介文元競馬ブック記者川田英太の競馬予想をはじめ、競馬コラム満載のブログです。
自由文元競馬ブックトラックマンにしてアノ有名騎手のエージェントも務めた川田英太による競馬ブログ。競馬の裏側まで見せちゃいます!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供2543回 / 365日(平均48.8回/週) - 参加 2015/01/21 09:16

ぽんた さんのブログ記事

  • オールカマー2018馬券フォーカス
  • オールカマー 3歳以上オープン 2200m芝 G2オールカマーは1着馬に秋の天皇賞への優先出走権が与えられるレース。本番を控えているだけに、休み明けの馬は多いが、結構 面白い顔ぶれが揃った。ここで手応えある内容を残しておかないと、天皇賞で上位争いはできない。※ 展開はどうなる?マイネルミラノがハナを切りペースダウン。ミライヘノツバサとガンコが好位をキープする。アルアインは中位から、レイデオロとダンビュラ [続きを読む]
  • 神戸新聞杯2018馬券フォーカス
  • 神戸新聞杯 3歳オープン 2400m芝 G2神戸新聞杯は上位3頭に菊花賞への優先出走権が与えられるレース。4勝馬が2頭、3勝馬が4頭。賞金面で菊花賞に出走できそうな馬は6頭。エポカドーロ、ゴーフォザサミット、ステイフーリッシュ、タイムフライヤー、メイショウテッコン、ワグネリアン。これらの馬に着順は関係ない。そのあたりを考慮しながら、答えを探り出したい。※ 展開はどうなる?おそらく、エポカドーロがハナを切り、 [続きを読む]
  • 神戸新聞杯2018データ予想
  • 神戸新聞杯 3歳オープン 2400m芝 G 2神戸新聞杯は上位3頭に菊花賞への優先出走権が与えられるレース。過去10年の成績を参考にして、いろんな角度から傾向を分析。※ 1番人気の成績は・ 7勝、2着2回、3着0回。かなりの信頼度と言える。※ 勝ち馬の馬番と枠番は・ 1番〜14番まで。10番と14番が2回出ている。10番より内の馬が8回も出ている。・ 枠番だと、5枠が3回、3枠と8枠が2回、1枠と4枠と6枠が1回。この10年では [続きを読む]
  • オールカマー2018データ予想
  • オールカマー 3歳以上オープン 2200m芝 G 2オールカマーは1着馬に秋の天皇賞への優先出走権が与えられるレース。第60回は新潟で施行されているので、過去9回の成績を参考にして、いろんな角度から傾向を分析。※ 1番人気の成績は・ 3勝、2着4回、3着1回。勝率はそんなに高くないが、連対率はかなり高い。ここ9回の成績は、1、2、2、1、4、3、?、2、1、2 着。※ 優勝馬の年齢は・ 4歳馬2勝、5歳馬4勝、6歳馬2勝、7 [続きを読む]
  • 【競馬コラム】3日間競馬の余波
  • 秋競馬の番組表を眺めると、9月半ばと10月初めに3日間競馬が組まれています。JRAにしてみれば、年間の開催日程数を消化するためのひとつの手段。ファンにとっても、3日間の競馬は楽しいことでしょう。しかし、厩舎陣営、マスコミ、競走馬にとっては厄介な行事なのです。一年を通してみれば、そのことがよく分かります。土日が競馬、月曜日は全休、火曜日から金曜日までで出走を整えるための調教。勿論、馬の運動は土曜、日曜日も続 [続きを読む]
  • 【神戸新聞杯2018出走馬・騎乗騎手徹底分析】
  • いよいよクラシック3冠最終戦、菊花賞へ向けてのトライアル神戸新聞杯が阪神競馬場で発走となります。今年の注目はなんといってもダービー馬ワグネリアンと皐月賞馬エポカドーロの対戦。果たして秋初戦を制して菊花賞の最有力候補へ名乗りをあげるのはどちらなのか気になるところではありますが、3冠最終戦への出走を目指し優先出走権を虎視眈々と狙っている馬もいるでしょうし一角崩しの可能性もあるだけに出走馬をしっかりとチェ [続きを読む]
  • 【オールカマー2018出走馬・騎乗騎手徹底分析】
  • 今週末の中山競馬場のメインレースはオールカマー。天皇賞秋をはじめとした秋のG1レースへ向けての注目レースとなりますが、今年は昨年のダービー馬レイデオロ・皐月賞馬アルアインが顔を揃えての対決は見ものとなりそうです。とはいえここはまだ前哨戦。まずは重賞制覇を狙ってここに勝負をかけてくる馬もいそうなだけに出走各馬をしっかりとチェックしておきましょう。オールカマー2018注目出走予定馬レイデオロ 57 ルメール昨 [続きを読む]
  • 【東京記念2018予想】大井競馬を徹底予想!
  • 今週の南関東競馬の注目レースは伝統の重賞、東京記念。大井2400mの長丁場をめぐって地元馬で連覇を狙うサブノクロヒョウやトライアルを制したシュテルングランツだけでなく、名古屋のカツゲキキトキトや北海道のステージインパクトなど実力馬が各地から集いJBCクラシックへ向けても注目の1戦となりそうです。その大混戦を制するのは果たしてどの馬なのか?出走馬をチェックしていきましょう。東京記念2018注目馬1枠2番 ステージイ [続きを読む]
  • セントライト記念2018馬券フォーカス
  • 中山 セントライト記念 3歳オープン 2200m芝 G 2セントライト記念は上位3頭に菊花賞への優先出走権が与えられるレース3勝馬4頭を中心にして、権利を狙う2勝馬が熾烈な闘いを演じる。少なくとも、持ち賞金が900万円の馬は、メイチの競馬になる。※ 展開はどうなる?ハナが切りたいケイティクレバーだが、タニノフランケルは引き下がらない。ジェネラーレウーノ、ショウナンラーゼンが直後に位置し、ギベオン、コズミック [続きを読む]
  • ローズステークス2018馬券フォーカス
  • 日 阪神 ローズS 3歳牝馬オープン 1800m芝 G 2ローズステークスは上位3頭に秋華賞への優先出走権が与えられるレース。オークス組の好走が目立ち、1番人気の信頼度も厚い。持ち賞金が少ない馬は、3着を目指しての競馬となる。※ 展開はどうなる?ハナを切るのはラテュロスか。その後にカンタービレが続く。出走権利を狙う馬ばかりなので、前半から無理をせず、テンは速くならない。中団に位置する、オールフォーラヴ、 [続きを読む]
  • 【競馬コラム】馬と水
  • 9月初めに起こった北海道の震度7の地震は、いまだに余震が続き、いろんなところで影響の波紋を広げている。電気はなかなか回復せず、道路は寸断され、通行止めの所も多い。地震が起きた時、JRAは各調教師に、北海道の牧場に預けている馬に対し、「 馬房から出さないよう、すぐ連絡!」のオサタを出したとか ⁉?実は、その後でも、馬は死活問題の試練が続いている。それは、思うように水が手に入らないこと。馬には毎日の運動が必 [続きを読む]
  • ローズステークス2018レース解説
  • ローズステークスは上位3頭に秋華賞への優先出走権が与えられるレース。フルゲート18頭に対し、登録馬は18頭。その中で、3勝馬はサトノワルキューレの1頭。2勝馬は10頭、1勝馬が7頭での構成内容。持ち賞金を見ると、1000万円以上の馬は7頭いるが、秋華賞出走に確約できそうな馬は、アンコールプリュ、カンタービレ、サトノワルキューレの3頭だけ。他の4頭は、このままでは秋華賞に出走できるかどうか分からない状況。それだけに、 [続きを読む]
  • セントライト記念2018レース解説
  • セントライト記念は上位3頭に菊花賞への優先出走権が与えられるレースフルゲートは18頭、登録馬は17頭。3勝馬は4頭、残るは2勝馬での闘いになる。現在の持ち賞金で菊花賞に出走できそうな馬は、アドマイヤアルバ、オウケンムーン、ギベオン、グレイル、ジェネラーレウーノの5頭では。残りの馬は、ここで3着以内に入る必要がある。レベルが高いとは言い難いが、力は拮抗して各馬にチャンスがあるレース。1番人気の馬の勝率が低いの [続きを読む]
  • ローズステークス2018データ予想
  • 阪神 ローズS 3歳牝馬オープン 1800m芝 G 2ローズステークスは上位3頭に秋華賞への優先出走権が与えられるレース。過去10年の成績を参考にして、いろんな角度から傾向を分析。※ 1番人気の成績は・ 4勝、2着2回、3着1回。勝率も連対率も悪くない。ここ10年の着順は、3、2、4、1、1、1、6、2、1、6 着。※ 勝ち馬の馬番と枠番は・ 馬番は 1〜18番まで。その中で6番が3回出ている。10番より内の馬は7勝している。・ [続きを読む]
  • セントライト記念2018データ予想
  • 中山 セントライト記念 3歳オープン 2200m芝 G 2セントライト記念は上位3頭に菊花賞への優先出走権が与えられるレース。第68回は新潟で施行されているので、それを除いた過去9年の成績を参考にして、いろんな角度から傾向を分析。※ 1番人気の成績は・ 2勝、2着2回、3着1回。勝率は高くないが、連対率はマズマズ。ここ9回の成績は、2、4、4、3、1、13、?、7、1、2 着。※ 勝ち馬の馬番と枠番は・ 馬番は3〜17番ま [続きを読む]
  • 【戸塚記念2018予想】川崎競馬を徹底予想!
  • 今週の南関東競馬注目レースはS1の戸塚記念。3歳秋のCSとしてダービーグランプリへと続く地方競馬のシリーズレースにも位置づけられている注目の1戦。1着賞金3000万円をかけて春のクラシック戦線で活躍してきた馬と夏を経て力をつけてきた馬とのぶつかり合いからは目が離せません。注目の出走馬をしっかりとチェックしておきましょう。戸塚記念2018注目馬1枠1番 チャイヤプーン今年の岩手ダービーの勝ち馬が南関東へ移籍しての初戦 [続きを読む]
  • 【セントライト記念2018出走馬・騎乗騎手徹底分析】
  • 菊花賞トライアル、セントライト記念が今週末中山競馬場で発走となります。春のクラシック、皐月賞・ダービーで活躍した馬も顔を揃える中で最も注目を集めそうなのはレイデオロの弟、3戦3勝の無敗で臨んでくるレイエンダがどんな走りを見せるのかファンは注目することでしょう。果たして遅れてきた大物となるのかどうか、まずは出走馬をしっかりとチェックしていきます。セントライト記念2018注目馬レイエンダ昨年7月に衝撃のデビ [続きを読む]
  • 【ローズステークス2018出走馬・騎乗騎手徹底分析】
  • 今週末、阪神競馬場では秋華賞へ向けても注目もローズステークスが発走となります。オークス馬アーモンドアイの参戦こそないものの、この秋に活躍が期待されるサトノワルキューレをはじめ、カンタービレやトーセンブレスといった春の牝馬クラシック戦線をにぎわせた馬が顔を揃えるだけでなく、夏の上がり馬も加わって秋華賞の優先出走権を競い合います。ローズステークス2018注目馬サトノワルキューレ春はフローラステークスからオ [続きを読む]
  • 京成杯オータムハンデ2018馬券フォーカス
  • 中山 京成杯オータムH 3歳以上オープン 1600m芝 G 3 ハンデ戦1番人気は2割の勝率、トップH の馬は散々の結果が出ているレース。5歳馬の活躍が目立ち、差し、追い込み馬が幅を利かせている。※ 展開はどうなる?ハナを切るのは、ショウナンアンセムかベステンダンク。おそらく、ミュゼエイリアンとウインガニオンは、競り合いを避けて控えるはず。好位には、ミッキーグローリー、ヤングマンパワー、ロジクライ。ロード [続きを読む]