中元 俊也 さん プロフィール

  •  
中元 俊也さん: 俺のぬし釣り
ハンドル名中元 俊也 さん
ブログタイトル俺のぬし釣り
ブログURLhttp://pochihiko-inunosuke.hatenablog.com/
サイト紹介文102種類を目標に、あちこちで淡水魚から海水魚までを狙い、釣具や釣り方を写真と共に紹介するブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供30回 / 365日(平均0.6回/週) - 参加 2015/01/22 01:09

中元 俊也 さんのブログ記事

  • 釣り餌の感想。 切り身編
  • ぬし釣りシリーズ(たぶん全て)には、餌画面にちょっとした機能がある。ボタンを一度押すことで、餌の付け方を変えられるのだ。例えば、イソメのところでボタンを押せば、『カットする』か、『房掛け』にするかを選べる。同様に、魚系の餌のところでもボタンを押せる。すると、『丸ごと』か『切り身』かを選択できるようになるのだ。この切り身で、ゲーム内でどれほどのカサゴを釣ったことか。そういうことで、数年前か [続きを読む]
  • 投げ釣りポイント探し 僕の方法編。
  • つくづく思うが、やっぱり投げ釣りが楽しい。遥か彼方へ仕掛けを飛ばす爽快感。目に見えぬ獲物を待つ昂奮。そして釣れた時の喜び。投げ釣りに限った話じゃねーじゃんというツッコミはさておき、やっぱり僕は投げ釣りが好きである。では、そんな僕であるが、一体どういうところでそれを行うのか?無論、適当に闇雲に、謎の防波堤から投下したりはしない。明らかな磯でキャスティングといったアホなこともしない。新開拓 [続きを読む]
  • やっぱりフカセを川釣りでやってみると面白かった。
  • 僕は釣りに関して、固定観念があまりない。それはきっと、ゲームから釣りを始めたためだ。その世界では、磯竿5号に玉ウキを付けたり、延べ竿にジェットテンビンを付けたりすることが許される。そしてそんなクソみたいな状態で、クロダイだのシロギスだのが釣れるから面白い。上記の例は極端すぎるので、実地でやったことは無い。ただ、自分で『イケるかな?』と思ったことは、結構ポンポン行動に移す。その一つが、フカセ [続きを読む]
  • 僕はあらゆる水産物を賞味したい。〜お前はどっちだ?〜
  • 最近の休日は、天気が荒れたり、連休がなかったりする関係で、釣行は渋りがちだ。これは、天気と僕の意欲が回復するのを、ただただ待つしかない。一方、別の楽しみが出てきたのもまた事実。最近の休日は、とりあえず何かしらの魚を買ってきて、やたらと凝った料理を作るようにしている。結構リフレッシュにもなるし、できたメシも、ちゃんと美味い。こうしてネタにもなるから嬉しい。そして今日。僕は無性にアジが食いた [続きを読む]
  • 僕はあらゆる水産物を賞味したい。〜アラカレーリベンジ!〜
  • 前の記事で、僕はデビラカレイの干物を賞味した。pochihiko-inunosuke.hatenablog.comダシを取るという我ながら画期的な調理法だ。オマケにめちゃんこ美味かった。・・だが、まだ残っていたのですな。冷凍庫の隅で、ひっそりと凍っているダシ。うむ、何にしよう。前回こそっと閃いたダジャレ。いっそ、それを体現してやろう。僕は、『カレイのダシを使ってカレーを作る』ことに決めた!・・・うわぁ、寒いぜコレ。し [続きを読む]
  • 僕はあらゆる水産物を賞味したい。〜干物の可能性を探る〜
  • 先日、あるモノを頂いた。これだ。デビラカレイの干物である。今でこそ酒量を減らしているが、僕は大酒のみの部類に入る。干物の美味さは身に染みて感じる。しかし、今回はさすがに手をこまねいている。何故か?その量だ。13匹も入っている。この干物を食い続ければ、僕の顎は砕けるのではと思う。しかも賞味期限は意外と短く、26日がデッドラインなのだ。いやはや。そこで今日は、美味しいけれど、意外ともてあます [続きを読む]
  • 水族館に単焦点レンズを持っていくと楽しい。
  • 今日は短めで、とりとめもないことを書いてみる。僕の趣味の一つに、カメラがある。とはいえ、財力的に限界があり、高いレンズとかに垂涎などはしない。しかし、買ってよかったレンズがある。いわゆる単焦点レンズだ。簡単に言えば、被写体の背景がぼやけて写るというものだ。無理にファインダーを覗かなくても、ライブビューにすれば、ピントの合わせづらさは軽減する。まぁ、細かい話については、恐ろしいほど詳しい [続きを読む]
  • 僕はあらゆる水産物を賞味したい。 〜はじまり〜
  • 今日は久しぶりにして貴重な休み。それまでの平日は仕事が終わった後、様々な釣果状況に目を通し、自分のテンションを高めてきた。僕の中では、本虫と砂虫を買って、カレイと根魚を同時に狙うプランが確定していた。しかし。前日の時点で、外を見て愕然とした。外一面が銀世界ではないか。こんな中海へ繰り出そうものなら、死さえチラつく状況だ。僕は釣行を取りやめた。そうなれば持ち上がるのが、あの問題。そう、記事にす [続きを読む]
  • 意外と危ねぇ魚たち。
  • 先日、とあるスーパーの鮮魚コーナーで、フグを肝ごと売っていたとのことで、全国的なニュースになっていた。とてつもなく危ない話だ。天然のフグの肝は猛毒(テトロドトキシンなどの神経毒)を蓄積しており、簡単に言えば食ったらそれを冥途の土産に、黄泉への旅路へと繰り出すことになる。(ちなみに、フグは普段摂取する餌の毒成分を体内に蓄積することで、有毒化するという。故に、そういう成分を含まない餌しか食べないよう、 [続きを読む]
  • 厳寒期のボウズ逃れ防止策をまとめたい。
  • 先週、僕の居住地が凍り付いた。降雪はさほどでもなかったが、厄介なのはその後の凍結だった。アパートの階段も、氷の彫刻の如く凍り、何度か転倒・滑落しそうになるハメに。あわや臨終の地がそこになるかと思うこともあった。そんな状態で釣りに行くワケもなく。一切のモチベーションが湧いてこない。だって寒いし。だって釣れないし。カレイとかグレとか楽しいんだろうなー。でも、そういう釣果情報、入ってこないし。 [続きを読む]
  • 2018年のお品書き(多分に希望的観測を含む)。
  • このブログを開設してから、そろそろ丸3年が過ぎようとしている。記事の数こそ充実してきたが、僕としてはそろそろコンテンツを増やしたりなんたりしたいとずっと感じている。理由はシンプルで、僕が超飽き性だから。それなのにブログそのものを続けられているのは、中身とか心構えを結構頻繁に変えているためである。さて、2018年はそのアイデアを形にしていく、それを目標に色々としたいわけで。僕が取り組みたいことをい [続きを読む]
  • 冬なので・・・。ちょっと違う食い方で魚の食味を考える。
  • 寒すぎる。どうやら僕のいる地域は雪が降るという噂もある。勘弁してくれ。釣りどころか外に出るのもメンドクサイではないか!・・・やむなし。忘年会等が立て込んで、公私共にワヤな状況なので、しばらくはお茶濁し企画で色々頑張ろうっと。ということで、魚種も目標の約半分となった今、先入観の無い僕は、その多くを色々な調理法で食ってきたものだ。(フグ類除く)その中で、思い出に残っているものをここで紹介する。 [続きを読む]
  • 謝辞。
  • 気付くのがものすごく遅れたのだが、実はこのブログ、こっそり10万HITを超えていた。(現在12万HITを超えている)細々とやって、とりとめもないことを書いて、約3年。とにもかくにも読んでくれた方々にただただ感謝である。「102種類の魚を求めて」「色々な視点から、釣りなどを通じて自然を満喫する」というテーマのもとに続けているのだが、脇道に逸れたりなんたりしつつここまでこれた。ありがとうございます。記念に改 [続きを読む]
  • 出不精と外出欲の葛藤。〜そして己が出不精の倒し方〜
  • 僕は胸を張って釣りが好きだと言える。だからこそ釣具屋で1年半くらいバイトをしていたし、たまに船に乗るし、車には常時釣り具が積んである。人生を賭けて追いたい夢の一つは、クロカジキを釣ることであり、その一環として英語力と筋力は日々鍛えるようにしている。(実を白状すると、実は英語力はカジキのために鍛えたのではなく、一番得意科目だったからというのと、現在仕事で使うからというのが98%くらいである)だが同時に [続きを読む]
  • 釣りとビジネスの共通点とは。
  • 釣りに行く予定だったのに台風が来た。テンションは急下降であり、なんかもう、ストレスにはならないが覇気が消えてしまう。つーことで今日は、僕が釣りを通して日頃から感じていたことをただつらつらと書くことで、それを紛らわせようと思う。それはタイトルの通りであり、「釣りとビジネスは類似点が多いなぁ」ということである。僕は一応サラリーマンであり、カッコよく言えばビジネスマンとなるし、週の5~6日はスーツを [続きを読む]
  • 魚種特定のプロセスを簡単にまとめる。
  • 僕は5歳くらいの頃、祖父から色々な図鑑を与えられた。まだ文章が読めるレベルではないけれど、本を読むという経験を積ませたかったのか、他の理由かは分からないが、とにかく僕はそれにドハマりした。特にその中でも魚図鑑に心を奪われた。何度も何度も読んで、遂には図鑑が破れてしまった。その甲斐あってか分からないが、僕は未だに魚の名前を当てるのが得意である。水族館なんかでは、勝手に名前当てゲームとかをして、同行 [続きを読む]
  • ミクロなフィッシングが意外と面白い。
  • 皆さんはどれくらいの大きさの魚を釣るのが好きだろうか。ちなみに、サイズより魚種な僕だが、少なくとも20cmくらいはないと実は釣る気にならない。最大の型は大きければ大きいほど良い。僕の最終目標は、オーストラリアの海原に繰り出し、クロカジキをトローリングで仕留めることだ。これを達成したら、僕は正直本気で何時息絶えようが笑って成仏するだろう。現状、英語力(英検準一級程度)と、筋力は水準を超えていると思う。問 [続きを読む]
  • 釣り餌の感想。 僕に爆釣をもたらしたモノ達編。
  • 需要を読むというのは本当に難しい。常日頃、仕事をしていても思う。ニーズを客観的に判断するのは、100%の達成度では不可能だと感じている。それはこのブログでも同じである。アクセス数上位の常連は、何故か釣り餌について所見を述べたそれなのだ。カウンターが馬鹿になっているのか?と思ったが、そうでもないらしい。理由は去年からたまに考えているが、明確な答えは出ていない。そんな今日、せっかくなので久しぶりに新 [続きを読む]
  • 秋にするキャンプのススメ。
  • 秋である。夏休みが終わり、陰鬱そうな顔をしていた中学生も、次第に顔色が戻ってきたという具合である。夏といえば海だのキャンプだの、キャッキャするイベントが多いが、秋は少しばかり落ち着くイメージだ。・・・何故だ?海水浴はちょっと寒いが、プールはジムに行けば泳げるし、スイカだって好きに食えば良い。多分休暇が取れないとかそんなんだろうが、年中休暇が取りづらい職種の人からすれば、割と季節に左右されないの [続きを読む]
  • 釣りを教えてと言われたら? 対女性編
  • 遡ればもう2週間近く前の話。僕は友人に誘われるまま、海水浴に出かけたのである。未開の砂浜に潜む罠を纏めてみる。 - 俺のぬし釣りこれね。で、ここで棚ぼたというか、なし崩しというかで、同行者の女子に釣りをレクチャーしなければならない場面があった。結論から言うと、先の記事でも書いた通り、悪くないという手応えであった。今回は役に立つか分からないニッチな事柄ではあるが、ここに纏めていく。釣法につい [続きを読む]
  • 未開の砂浜に潜む罠を纏めてみる。
  • 夏。海。海水浴。何千何万と喧伝されるフレーズである。その為か、この時期になると海水浴場には人が溢れかえり、室内よりも暑いなんて状況もしばしばである。そんなことを考えていると、ある友人から海水浴に誘われた。聞けば、瀬戸内海のある島に、誰からも忘れ去られたかの如く手つかずの、小さな砂浜があるのだとか。面白そうだと感じた僕たちは、そこで8時間遊んで、色々なことを胸に帰路に着いた。楽しかったよ。楽し [続きを読む]
  • 外灯の下を観察すると結構面白いという。
  • 夏、外灯、夜中にて。https://www.pakutaso.com/shared/img/thumb/PAK752_usuguraikaidan15040150_TP_V.jpg飛んで火にいる夏の虫という言葉の由来が毎日見られる季節である。バチンバチンと天に昇る虫たちはどういう気持ちなのだろうか。とかそういうセンチメンタルなことを書くつもりはさらさらない。外灯の下は、昆虫好きなら(正直昆虫大嫌いでなければ)結構楽しめる場所なのである。理由は、多種多様な生物が一堂に会するか [続きを読む]