新旧デジカメ対決 デジカメ大好き さん プロフィール

  •  
新旧デジカメ対決 デジカメ大好きさん: 新旧デジカメ対決 デジカメ大好き
ハンドル名新旧デジカメ対決 デジカメ大好き さん
ブログタイトル新旧デジカメ対決 デジカメ大好き
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/photoocean0630
サイト紹介文旧いデジカメから新しいデジカメまでいろいろとご紹介 腕が悪いくせにカメラのせいにして買ったカメ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2015/01/22 03:07

新旧デジカメ対決 デジカメ大好き さんのブログ記事

  • メインストリート
  • 昭和記念公園3日目は表玄関立川口の銀杏並木です。秋には黄金色に輝く銀杏並木も冬にはすっかり葉が落ちて、そこにイルミネーションが施されます。映り込みを計算したかのような並木の真ん中を貫く水景、その水景のシンボル噴水もライトアップされています。秋には黄色く輝いていた銀杏並木が・・・冬にはこうなります銀杏は散って道を敷き詰めますそして噴水噴水からの銀杏並木お気付きでしょうか?水景のところどころに尖った三角 [続きを読む]
  • グランドイルミネーション
  • だいたい夕景狙いとはいえ、閉園30分前に昭和記念公園に行くなんてってお思いでしょうが、本当の目的は「ウインタービスタイルミネーション2017」、今年で20年目を迎える12月限定のイルミネーションです。こういうところのイルミネーションは、せっかく電球を敷き詰めたこともあり数ヶ月続くのが常ですが、ここはさすが国営、クリスマスまでの3週間程度の期間限定です。今日の写真はふれあい広場のグランドイルミネーシ [続きを読む]
  • 茜雲
  • 今日は昭和記念公園の夕景。16時頃入園したのですが、日没までの30分で広い園内をはたしてどれだけ撮れるのでしょうか。目的はみんなの原っぱの巨大なけやきの夕景、事実けっこう走って移動しました。閉園も日没も待ってくれないので・・・。最初は余裕で入り口付近を陽射しが赤みを帯びてきましたふれあい広場の大きな木 空には茜雲が水鳥の池のあたりでちょうど日没目的のけやきに着きました 茜空を背景に撮れました実はこの [続きを読む]
  • 孤独のグルメ 厚木編
  • 今日はひょんなことから仕事で出かけた厚木での話。午前中から出かけて早々に仕事を終えた私は、厚木なんて滅多に来ないし、せっかくだからなんか美味いものを食べようと漫画「孤独のグルメ」の井之頭五郎を気取ってふらふらしていました。厚木と言えばラーメン、シロコロホルモン、相模川の鮎あたりを思いつきましたが季節的に鮎は無し、残りはラーメンかホルモンか。私は普段あまり食べログとかは使いませんが、知らない街では頼 [続きを読む]
  • 葉脈
  • 今日は近所の大丸庭園で撮ったもみじの写真。特に葉脈を撮ったというわけではなく、葉脈がわかるくらい寄って撮った写真です。マクロと言えばもちろんカメラはGRDⅣ、いつも思ったとおりの寄った写真が撮れるカメラです。まずは背景を空に背景を常緑にしてみました逆光に透かしてみました落ちた葉も1枚もみじ以外の葉も1枚RICOH GR DIGITALⅣ [続きを読む]
  • フィルターとホワイトバランス
  • パナソニックのミラーレスにはかなりの数のデジタルフィルターが付いています。夜景撮影ついでに夜景用のフィルターを試してきました。比較し易いようにモデルは全てレインボーブリッヂ、飽きちゃったらごめんなさい。DMC−GM1S夜景をきれいに撮る夜景をアーティスティックに撮る夜景を暖かく撮るクロスフィルターDMC−G7夜景をクールに撮る夜景を暖かく撮る夜景をアーティスティックに撮る同じような効果がでるかとホ [続きを読む]
  • リーベルタース
  • 今回お台場に持って行ったカメラはパナソニックの2台、G7とGM1Sです。G7には28mmF2.8で三脚仕様、GM1Sには40mmF1.7、ハンドストラップのスナップ仕様で撮りました。タイトルのリーベルタースは自由の女神の本名です。ローマ神話の女神の名でリバティの語源だったと思います。まずはGM1Sから続いてG7ですおそらく写真からは静かな夜の海辺と思われるでしょうが、実はかもめの鳴き声がうるさいく [続きを読む]
  • ウォーターフロント
  • 今日からはウォーターフロントお台場の夜景写真です。車で行ったので久々に三脚なるものを立てて、レリーズなるものを付けて、真面目に?夜景撮影してきました。カメラはパナソニックのG7です。このあたりも2020年に向けてどんどん景色が変わっていくことでしょう。目に焼き付けておきたいものです。明日は自由の女神像です。Panasonic DMC−G7 [続きを読む]
  • 三井本館と三越本店
  • 今日は日銀通りを挟んで向かいに建つ三井本館と三越本店の写真です。三井本館はかつての三井財閥の本拠地で江戸時代、越後屋のあった場所の跡地に建てられています。今の建物は関東大震災後に建てられたもので、日銀本店よりは新しい、とはいっても昭和初期なので築90年くらいの建物です。昔は三井銀行本店でしたが、今では三井住友銀行日本橋支店。江戸時代の豪商、三井と住友が一緒になるとはご先祖様は想像だにしなかったこと [続きを読む]
  • 日銀通り
  • 最近再開発めざましい日本橋ですが、メインの中央通りの1本西側にいまだ明治初期の雰囲気が漂う通りがあります。そこが国の重要文化財が立ち並ぶ日銀通りです。X100をぶら下げて行ってきました。日銀本店は東京駅を設計した辰野金吾による設計のバロック風の建物です江戸時代には幕府の貨幣鋳造所だったそうです隠し財宝でも眠ってないですかね消火栓の字が右から書いてあるし窓には鉄格子がもちろん入り口には警備員南側は円 [続きを読む]
  • 山の中の病院
  • 昨日の最後に今日は人間ドックと書きましたが、行ってきましたお気に入りの病院へ。最寄り駅もどこかわからないような山の中、その名も多摩丘陵病院です。しかも人間ドックはたいてい年一なのですが、いつもこの時期を選んで出かけるのはこの病院が紅葉に包まれるからです。こういう楽しみがあると人間ドックも楽しみになるもんです。この病院の一番の目玉?はみごとなもみじこれ一本で来る甲斐ありますよ近くに寄ってみましょう周 [続きを読む]
  • 白蘭
  • タイトルで白い蘭だと思った方すみません。今日は久々の食レポ、神田の中華料理 白蘭です。私が初めていったのが25年位前で、その頃からすでにかなり年季の入った店でした。いったい何年続いているのでしょう。神田駅南口を日本橋に向かって歩いていくとこんな袋小路にその店はあります。お世辞にもきれいとは言えない店内2階の窓から外をみると隣に新しいビルを建てていますますますボロが目立っちゃう?何年も張替えていない [続きを読む]
  • 初乗車
  • 今日は先日お話した来春より走る京王線初有料座席指定列車に初めて乗った話。まだ特急としての本格稼動はないらしく、各駅停車で試運転をしているようです。各駅ということもあり社内はガラガラだったのでGRDⅣでいろいろ撮ってきました。扉はこんな感じですモニターは大きさは変わりませんがきれいになった気がします網棚は網はなくなり棚になりました 中吊り広告もありませんそのかわり座席番号がついています座席は4列シー [続きを読む]
  • 奥多摩夕景
  • 奥多摩の写真最終日は奥多摩周遊道路月夜見駐車場からの夕景です。奥多摩周遊道路は以前有料道路だったのですが、今では無料になりドライブ、ツーリング、サイクリングで賑わっています。中でも人気スポットは月夜見第1駐車場、標高1000mの高さから奥多摩湖が一望でき、遠くは東京都最高峰雲取山、秩父連山なども望めます。まずはGRDⅣの写真からまだ陽が充分残っている時間に着いたのですが、秋の夕暮れは猛スピードで駆 [続きを読む]
  • 葉ずれさやけき
  • タイトルは洒落てみましたが単なる被写体ブレ写真です。その日はとても風が強くもみじもちぎれんばかりに揺れていました。文字通り葉ずれ写真です。ハズレ写真かも・・・。まずはGRDⅣの写真 逆光なので1/2000秒で揺れを止めました続いてG7 マクロレンズで遅めのシャッター やはりブレましたなんかブレ方が美しいので標準レンズでシャッタースピードを落としてみました普通に撮れた写真もあるのですが、あえてブレ写真 [続きを読む]
  • 水源林
  • 奥多摩湖をあとに国道411号を走ると、やがて湖は深い渓谷になり県境に差し掛かります。そこは山梨県丹波山村、村の一部を奥多摩湖に沈め、山梨県ながらにして東京都の水源林として管理されているところです。村に入るとすぐ「道の駅たばやま」がお出迎え村の真ん中を多摩川(たまがわ)ならぬ丹波川(たばがわ)が流れます。同じ川の上流で呼び名が変わるのですが、韻は同じで一文字違い、どちらかが語源なのでしょうか、それと [続きを読む]
  • 浮橋
  • 小河内ダムをあとにして車を進めると湖岸沿いに道は続きます。奥多摩湖は多摩川を堰きとめた湖で、もともとの川の流れから東西に細長い湖です。湖面の色は美しいエメラルドグリーン、周囲の木々の緑が映りこんでいるいわれています。コバルトブルーともいわれますがきっと空が映りこんだのでしょう。美しい湖面の色に対してひときわ目立つ赤い鉄骨の橋、峰谷橋とさらに上流の深山橋ですトンネルもいくつもくぐります 山肌には紅葉 [続きを読む]
  • 奥多摩湖
  • 今日からは奥多摩湖の紅葉写真。持っていったカメラはDMC−G7とGRDⅣ、GRDⅣには21mmの純正ワイコンを付けました。今日は湖畔の風景をどうぞ。DMC−G7GRDⅣここからはGRD得意のマクロモード10月桜と紅葉のコラボ陽射しが強いのに開けすぎて飛んじゃいましたDMC−G7GR DIGITALⅣ [続きを読む]
  • 表参道スナップ
  • 表参道最終日はスナップ写真、もちろん秋を意識して撮ってきました。やはりここは日本でも指折りのお洒落な街で、どこを撮っても、何で撮っても、適当に撮っても絵になる街ですね。私はRX100に純正のグリップを貼りました。GRDほどではありませんが手に馴染みます。手に馴染みさえすれば1inchのセンサー、CarlZeissT*レンズ、プレミアムオートが下手な腕をカバーしてくれます。片手で持っても重くないサイ [続きを読む]
  • キャットストリート
  • 表参道ヒルズをあとにした私は久しぶりにキャットストリートに向かいました。ブランドショップ立ち並ぶメインストリートとは違いブティック、飲食店などがあるお洒落な小径です。実はこの道の正式名称は「旧渋谷川遊歩道」、そうです渋谷川を塞いで作られた通りなんです。なぜキャットストリートというのかはわかりません。路地に入ると川だった頃の名残が残っています。このあたりから原宿色が濃くなります 裏原宿とも呼ばれてい [続きを読む]
  • オモヒルのクリスマス
  • 今日はガラッと変わって表参道ヒルズのクリスマスイルミネーション。なかなか前評判も高かったので仕事ついでに寄ってきました。ところで六本木ヒルズ→ロクヒルはまだいいとしても、表参道ヒルズ→オモヒルはどうなんですかね。なんでも略すればいいってもんじゃないですよね。オモヒルっていうとなんか昼からフルコース食べるようなイメージがまとわりついて私は好きになれません。オモヒルはともかくイルミネーションはすっごく [続きを読む]
  • 大池・翡翠 そして水源へ
  • 今日で引地川散策写真も最終回、寄り道が多かったので少し駆け足で水源に向かいます。釣堀を過ぎると川は堰きとめられ大きな池になっていました。上の写真の一番右側、池岸に一眼レフが並んでいました。きっと翡翠、でもこの日はスナップだけのつもりだったので望遠レンズは持っていません。サブ機にRX100を持っていたのを思い出し、あわててカバンから出しました。でも100mmかぁ。しかたなくシームレスデジタルズーム  [続きを読む]
  • 釣堀と柿の木
  • 引地川に沿って歩いていくと東名高速が見えてきました。このあたりは渋滞のメッカ、大和バス停付近です。そして川は高速の下をくぐります。高速をくぐると少し川幅も拡がり、川の右岸から賑やかな声がそこには最近あまり見かけなくなった釣堀が、しかもかなり大きいここでは金魚、鯉の他にニジマスも釣れるそうです。都内の暇つぶしの親父が糸をたらす釣堀ではなく、子供たちが楽しそうに釣りをしている釣堀は久しぶりに見たような [続きを読む]
  • 台湾亭
  • 水源を求めてなんて言っておいてまったく川の登場が途絶えて久しいですが、今日もまた引地川スピンオフ。少し色付いた木洩れ日をくぐって川の方に戻ろうとすると、強烈な陽射しの中、赤い祠が現れました。その名は台湾亭、でもなんでこんなところに?疑問はすぐに解けました。成り立ちを踏まえてあらためて見ると感慨深いものがありますね。戦時中ならほぼ強制労働に近かっただろうに・・・、そこで得たものを祖国のために持ち帰る、 [続きを読む]
  • 大銀杏
  • 今日もまた寄り道、ご心配なく引地川はそばを流れてますから。大銀杏といっても今世間を騒がしている九州場所の話ではありません。熊野神社の鳥居の両側に聳え立つ銀杏の木です。遠くから見てもその大きさに惹かれて立ち寄ってしまいました。意図的なのか片方の銀杏は太くてうねっていて、もうひとつは細くて直立しています。銀杏は今でこそどこにでもありますが昔は神聖な木で、村の庄屋とか神社に植えられたそうです。大きくて黄 [続きを読む]