ちはやちょうどっとこむ さん プロフィール

  •  
ちはやちょうどっとこむさん: ちはやちょうどっとこむ
ハンドル名ちはやちょうどっとこむ さん
ブログタイトルちはやちょうどっとこむ
ブログURLhttp://chihayacho.com
サイト紹介文店舗・中小企業向け経営・助成金・補助金情報
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 47日(平均2.1回/週) - 参加 2015/01/22 16:59

ちはやちょうどっとこむ さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 就業規則の基礎知識
  • 就業規則の『記載事項』就業規則を整備しようとしている経営者の皆さん。就業規則では、何を定めなければいけないか、理解していますか?就業規則で定めなければならないことは、『労働基準法89条』で明記されています。[toggle title=”労働基準法89条”]第89条  常時十人以上の労働者を使用する使用者は、次に掲げる事項について就業規則を作成し、行政官庁に届け出なければならない。次に掲げる事項を変更した場合においても、 [続きを読む]
  • 『雇用契約書』と『労働条件通知書』の違い
  • 従業員に雇用条件を通知するための書類には、大きく2種類あります。・雇用契約書・労働条件通知書この違い、きちんと理解しているでしょうか。形式的な違い『雇用契約書』は、あくまで『契約書』ですから、双方の合意を証明しておくのが通常です。つまり、双方の署名・押印が通常行われます。一方、『労働条件通知書』は、あくまで『通知書』ですから、従業員の合意の証拠を残しておくことは不要です。『雇用契約書』交付のススメ [続きを読む]
  • 補助金・助成金まとめ
  • 従業員に雇用条件を通知するための書類には、大きく2種類あります。・雇用契約書・労働条件通知書この違い、きちんと理解しているでしょうか。形式的な違い『雇用契約書』は、あくまで『契約書』ですから、双方の合意を証明しておくのが通常です。つまり、双方の署名・押印が通常行われます。一方、『労働条件通知書』は、あくまで『通知書』ですから、従業員の合意の証拠を残しておくことは不要です。『雇用契約書』交付のススメ [続きを読む]
  • 勉強コラム『先生が教えてくれない勉強法』
  • 従業員に雇用条件を通知するための書類には、大きく2種類あります。・雇用契約書・労働条件通知書この違い、きちんと理解しているでしょうか。形式的な違い『雇用契約書』は、あくまで『契約書』ですから、双方の合意を証明しておくのが通常です。つまり、双方の署名・押印が通常行われます。一方、『労働条件通知書』は、あくまで『通知書』ですから、従業員の合意の証拠を残しておくことは不要です。『雇用契約書』交付のススメ [続きを読む]
  • 公立中高一貫校 過去問 作文解説
  • 従業員に雇用条件を通知するための書類には、大きく2種類あります。・雇用契約書・労働条件通知書この違い、きちんと理解しているでしょうか。形式的な違い『雇用契約書』は、あくまで『契約書』ですから、双方の合意を証明しておくのが通常です。つまり、双方の署名・押印が通常行われます。一方、『労働条件通知書』は、あくまで『通知書』ですから、従業員の合意の証拠を残しておくことは不要です。『雇用契約書』交付のススメ [続きを読む]
  • ビジネスコラム『リスク回避の賢い経営』
  • 従業員に雇用条件を通知するための書類には、大きく2種類あります。・雇用契約書・労働条件通知書この違い、きちんと理解しているでしょうか。形式的な違い『雇用契約書』は、あくまで『契約書』ですから、双方の合意を証明しておくのが通常です。つまり、双方の署名・押印が通常行われます。一方、『労働条件通知書』は、あくまで『通知書』ですから、従業員の合意の証拠を残しておくことは不要です。『雇用契約書』交付のススメ [続きを読む]
  • プロフィール
  • 従業員に雇用条件を通知するための書類には、大きく2種類あります。・雇用契約書・労働条件通知書この違い、きちんと理解しているでしょうか。形式的な違い『雇用契約書』は、あくまで『契約書』ですから、双方の合意を証明しておくのが通常です。つまり、双方の署名・押印が通常行われます。一方、『労働条件通知書』は、あくまで『通知書』ですから、従業員の合意の証拠を残しておくことは不要です。『雇用契約書』交付のススメ [続きを読む]
  • ”試用期間”を過信しない
  • 中途採用では通常、試用期間が設けられています。多くの経営者の意図としては、「会社に合わない人材・期待した能力がない人材は、試用期間終了後に辞めてもらいたい」という意図で、設定しているものだろうと思います。しかし、過去の裁判例などによると、多くの経営者の意図の通りに本採用拒否をしてしまうと、不当解雇と評価されてしまう場合が大半かもしれません。なぜ不当解雇となるのか試用期間の場合、本採用拒否については [続きを読む]
  • 『正社員』とは何か、きちんと説明できますか?
  • はじめに『キャリアアップ助成金』という制度があります。この助成金を使えば、例えば、非正規の従業員を正社員にすることで、1人あたり通常57万円が、国から支給されます。ただ、経営者の中で、「”正社員”が何か」について、きちんと分かっている人は、ほとんどいません。雇用に関する話をする時は、毎回その説明からスタートします。経営者がよく言うこと・フルタイムで働いているから正社員です・社会保険に入れているから正 [続きを読む]
  • 従業員を雇用する際の注意
  • 守れなくて当たり前の労働法制飲食店・美容院を中心に、日本の小さい店舗では、雇用ルールをきちんと守れていない店舗は、相当数あります。2017年、某大学病院が、従業員を残業させるのに必要な書類”36協定”を出していなかったことがニュースになりました。労働関係のルールは、有名無実で分かりづらいものが、多すぎるのです。きちんとやるつもりがあっても、違法状態になっている会社は少なくないですし、「労働関係法令は、別 [続きを読む]
  • 社内ルールが大切な理由
  • はじめに違反行為をルールにする価値社内ルール作りで大切なのは、どこまでも「会社・組織を守る」という視点を忘れないことです。「社内ルールで禁止されている行為」をすることは、違反行為として責任を問うことができます。一方、社内ルールで禁止されていない行為、例えば、黙認してきた行為などについては、会社が従業員に責任を問うことは、簡単ではありません。ですから、違反行為をきちんとルールにしておくことは、非常に [続きを読む]
  • 過去の記事 …