soccerboy さん プロフィール

  •  
soccerboyさん: サッカーボーイ 〜fantasistaへの道〜
ハンドル名soccerboy さん
ブログタイトルサッカーボーイ 〜fantasistaへの道〜
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/soccerboykz/
サイト紹介文未来のfantasista、ボーイの成長を綴るブログ! ボーイへの指導や練習内容を発信中です!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2015/01/22 22:29

soccerboy さんのブログ記事

  • 1年間の成長を確認
  • 8月19日TESORO杯U-11最終日、前日決勝トーナメント初戦で負けてしまったため、この日は5位を目指して大豆戸FCさんとの試合から始まりました。実力差はそれなりにあったと思いますが、試合開始早々にキーパーとの1対1を外してしまう最悪の入り方で、前半はその流れを引きずり続けて点が全く取れない展開に。後半に入ってやっと調子を取り戻し4-0で勝つことができましたが、もう少し実力の近い相手であれば負けてしまっていたか [続きを読む]
  • 得失点差勝負とPK戦
  • 8月18日、TESORO杯U-11の2日目は豊橋南さんのBチームとの予選リーグ3戦目から始まりました。前日の予選リーグ1戦目、2戦目を1分1敗で終えてしまいましたが、他チームの試合結果によりこの3試合目を9点差以上で勝てば決勝トーナメントへ進出できる状況でした。得失点差を争う場面は今後もでてくるためいい経験になるとは思いましたが、VIVOは大量得点をする事は滅多にないため、あまり期待をせずに観戦しました。しかし [続きを読む]
  • 関西レベルにはあと少し届かない
  • 8月17日、TESORO杯U−11に参加させてもらいました。昨年も参加させてもらったこの大会は、全国から強豪チームが集まる大会で、VIVOにとってはこの夏のメインイベントです。初戦の相手は、主催チームの奈良テソロさん。去年も対戦させてもらいましたが、あれから1年経って全くの別チームというぐらい進化しているんじゃないかと対戦を楽しみにしていました。試合が始まって、早速その実力を見せ付けられました。とにかく判 [続きを読む]
  • 再チャレンジ
  • 新庄サマーカップU−11決勝戦は、ドリームFCさんへの再挑戦という最高の形となりました。決勝戦前半は、更に新しい事にチャレンジしました。結果的に、その事が上手くいって高い位置でプレーをすることができ、何度か決定機を生み出すことにも成功しました。しかしながらゴールは遠く、結局前半に得点できず0-0のまま後半へ折り返しました。後半は前半とは違って押し込まれる時間が多く、先制点も許してしまいました。そのま [続きを読む]
  • ここ一番での勝負弱さ
  • 新庄サマーカップU−11、2日目は決勝トーナメント初戦のディアブロッサ高田さんとの対戦から始まりました。VIVOの克服していかないといけない問題点のひとつに、ここ一番の試合で勝負弱いというところがあります。勝てば上位大会に出場できる試合や、これに勝てば入賞といった試合になると勝負弱さが出てきて勝ちきることができません。この日の試合は一発勝負のトーナメント。勝ち続ければ決勝で前日完敗したドリームFC [続きを読む]
  • 大阪王者の実力
  • 7月28日、29日の二日間、新庄サマーカップU−11に参加させてもらいました。冬以来の自分の学年でのカップ戦は、最近練習している新しいテーマを実戦で試しながらの試合となりました。一日目の予選リーグの結果は、 vs フルジェンテ桜井さん 5-2 vs ドリームFCさん 0-3 vs アニージョさん 4-0初めこそ少しバタついきましたが、試合を重ねるごとにテーマをチーム全体が共有できている感じが伝わってきて、上達の早さに [続きを読む]
  • ボールを持ったら負けないだけでは意味がない。
  • 7月14日、15日に日ハムカップ和歌山県予選のオークワカップ和歌山県大会が開催されました。VIVOは初戦に新人戦県大会優勝チームのFCバレンティアさん。そこに勝てても4年生時の県大会優勝チームの串本JFCさんかセレッソエリートのメンバーが移籍して戦力が増強された強豪デポルターレさんが待っているという素晴らしいブロックにはまってしまいました。バレンティアさんとの試合は、VIVOは県大会初出場なので油 [続きを読む]
  • リーグ戦の長所
  • 6月17日は和歌山北ブロックの全日予選ホップリーグが開催されました。自分は弟の試合を観戦に行っていたので、試合はボーイの解説とチームのお父さんが撮影してくれた動画で楽しみました。実は、試合前日に家でも話していたのですが、今回は勝てない気がしていました。前の週まで行われていたU-11リーグ前期を全勝で終えてしまったので、そんな調子のいい時はだいたい勝てないのがいつものパターンです。実際にこの日、初戦の木 [続きを読む]
  • たったの1年と1ヶ月
  • 6月10日、ホップリーグU-11が開催されました。この日の対戦相手は八幡台JSCさんと西脇JSCさん。八幡台JSCさんとは去年の5月に開催された4年生大会のブロック予選でも対戦させてもらい、0−1で敗れて初めての公式戦を終わらせてしまった苦い思い出があります。今回の対戦は偶然にもその時と同じグランドで、あの敗戦から必死に頑張ってきた成果を確認できるいい機会になりました。今回は、苦戦した前回とは違い完全にゲーム [続きを読む]
  • 今ひとつスッキリしない
  • 6月3日、ホップリーグU-11が開催されました。この日の初戦は楠見JSCさんとの対戦。試合運び自体は練習してきたことを発揮して上手くできていたと感じましたが、最後の決定力が不足していました。決定的な場面で何本かシュートをハズしていたし、そもそももっと決定機を造っていかないといけないと思います。同じような内容で県大会や関西大会を戦えばどうなるのかを想像して、試合に勝ったことに満足しないようにしてもらいたい [続きを読む]
  • こういう試合を待ってた
  • 5月27日、南紀JSCさん主催の南紀黒潮カップU-12に招待してもらいました。予選リーグ初戦はプログレス南紀さんとの試合でしたが、初戦で上手くしあいに入れなかったうえに、人工芝の長さやボールの空気圧になかなか適応できず、散々な出来でした。パスもうまく繋げることができず、なんとか2-2の引き分けに持ち込みましたが、県大会であれば間違いなく初戦敗退といった内容でした。この教訓を活かして、初戦の入り方をもっと意識し [続きを読む]
  • 県大会出場が目標なら合格点
  • 5月20日、U-11のホップリーグが開催されました。この日はリーグ戦の第1節と第2節が行われ、それぞれ紀伊JFCさんに9−0、ルターマユナイテッドさんに2−0と勝ち点を積み上げる事ができました。普段の練習で意識している部分を試合の中で試すことができ、それなりに手応えを感じられる内容だったと思います。ただし、目標が県大会出場であればの手応えですが。特に2試合目のルターマユナイテッドさんとの試合では、問題点 [続きを読む]
  • たった1点
  • 5月6日はホップリーグU-12の第5節と第6節が開催されました。この6節までがリーグ戦前期ということで、上位2チームが日ハムカップ関西大会予選となる県大会へ出場できます。ここまで全勝で勝ち進んできたVIVOはこの日も第5節の木ノ本JSCさんに2−0で勝利し、念願だったこの学年で初めての県大会出場を果たすことができました。普通であれば、そのままお祝いムードで一日を終えることができたハズですが、その後のルターマ [続きを読む]
  • 調子に乗ったチームには良い薬
  • 5月3日はスポーツ少年団のブロック予選でした。今年度の全日予選リーグ戦はここまでの4戦無失点での全勝、しかも予選1回戦の対戦相手はリーグ戦で既に勝っている西脇JSCさんということもあって、今思えば完全に油断していたと思います。そんなチームは当然のように敗れてしまい、たった1試合で今年度のスポーツ少年団の大会は終了しました。この敗戦は、調子に乗ったチームに試合への取り組み方を学ばせてくれた良い薬になりました [続きを読む]
  • シュートの精度が悪い
  • 先週もU-12リーグの第3節、第4節が行われました。今回は紀伊JFCさんと八幡台JSCさんとの対戦でしたが、前回に引き続き2試合とも無事勝ち点3を積み上げることができました。両試合とも無失点とディフェンス陣はしっかりと守ってくれましたが、トップに入らせてもらったボーイは前回に引き続きみんなが作ってくれたチャンスを何度も無駄にしていたので、見ていて少し申し訳ない気持ちになりました。フリーの状態のシュートを何本 [続きを読む]
  • 今年度の全日予選が始まりました
  • 先週から全日と日ハムカップ関西大会へ繋がる、和歌山北ブロックの予選リーグが始まりました。VIVOの第1節と第2節の対戦相手は、楠見JSCさんと西脇JSCさんでした。結果は両試合とも2-0で無事勝ち点を積み上げる事が出来ましたが、ボーイ個人の出来としてはイマイチでした。新人戦予選で1−3で敗れた楠見JSCさんとの試合では、相手の攻撃の起点のセンターハーフと1トップをVIVOのセンターハーフとセンターバックが抑えきり、今 [続きを読む]
  • セレクションで1番大切な事
  • 先日、和歌山市トレセンのセレクションが開催され、ボーイも参加してきました。そんな事もあったので、今回は自分が考えるセレクションで大切な事についてです。そもそも、セレクションへは何のために参加しますか?サッカー上達のためですよね。参加する事や合格する事自体が目的になっている場合は、少しもったい無いかなと思います。セレクションを受ける時には合格し、高いレベルの指導・チームメイトに触れる事によって上達す [続きを読む]
  • 目指している場所はどこなのか
  • 2月24日、海南スポーツセンターでの交流戦に参加させてもらいました。いつもお世話になっている海南FCさんに加え、ミラグロッソ海南さん、FCバレンティアさん、そしてVIVOの4チームで対戦させてもらいました。ミラグロッソ海南さんは7月の4年生県大会で3位になったチームですし、FCバレンティアさんはU-11チームが先日の新人戦県大会で優勝したチームなので、県内の4年生と長い事対戦していないVIVOにとっては自分達の立ち位置を確 [続きを読む]
  • やっぱり、現実は厳しかった
  • フォルテFCさん。当面の目標にしているチームです。過去に3回対戦させてもらっていますが、全て完敗。全く歯が立たないと思った相手ですが、関西大会で優勝しようと思ったら当然勝っていかなければいけない相手なので、その背中を追いかけて1日も早く追いつきたいと思っていました。ただ不安に思っていたのが、仮にフォルテFCさんに追いつけたとしてもその先にはまだ知らない強豪チームがゴロゴロしているかもしれないという事でし [続きを読む]
  • 相手のレベルにかかわらず
  • 2月12日は、U-11チームでのデポルターレさんとの練習試合でした。デポルターレさんは伊都ブロック代表として先日の新人戦に出場したチームなので楽しみにしていたのですが、残念ながら新人戦に出場したメンバーには来てもらえませんでした。しかし、そんな考えが恥ずかしく思えるくらい、子供達は自分達のやるべき事を実践できたようです!ボーイが言うには、この日のテーマはゲームを組み立て、コントロールすること。崩した後の [続きを読む]
  • 集中力の差
  • 2月3日、U-11チームでソラティオーラさんと練習試合をさせてもらいました。これまでも何度か対戦させてもらっており、ディフェンスラインから丁寧にボールを回してしっかりと試合を組み立ててくるチームといったイメージです。組織としてしっかりしているチームのうえに、18番を着けている子がトップに入ると個での突破を止める事ができず、いつもやられっぱなしの相手です。今回はVIVOのセンターバックがその子を抑えられるか [続きを読む]
  • ドリブルの意識改革と原点回帰
  • 1月21日のチーム練習が終わった後、堺市のJ-GREENまで足を伸ばして、熊木コーチと三木コーチのドリブルスクールへ参加してきました。前半の熊木コーチのスクールでは、ボールを受けた後ターンをする方法やボールキープについて理論的に教えてもらいました。これまでとは違った考え方で、そんな方法があったんだとビックリしたし、これからのドリブルの意識が変わったとボーイは言っていました。確かに外から見ていても、子供たちが [続きを読む]
  • 消化試合じゃない
  • 1月14日、新人戦予選の決勝トーナメントへ進めなかったチーム同士での試合がありました。下手をすれば消化試合と考えてしまい、モチベーションも上がらない可能性もありましたが、ボーイは次に向けてしっかり取り組めたようです。チームの方針で、予選リーグで出番の少なかった子を優先して出場させるという話を聞いていたので、出場機会が少なくてもその短い時間で結果を出せるように頑張ってこいと送り出しました。次も同じ結果 [続きを読む]
  • 負けた原因を他人に求めていたら先へ進めない
  • 先日の新人戦予選敗退についてボーイと一緒に色々と反省しました。勝てなかった原因は色々あると思います。例えば、声がでていない。正確に言うと、状況を打開するアイデアをチーム全体に伝えられていない。チーム全体で声を掛け合って、良くない状況を打開していけるようになっていく必要があります。それを理解せずに「がんばろー」「声だそー」といった声をいくら大声で出しても意味はないと思うので、意味のある声掛けをどんど [続きを読む]
  • 最悪と思える状況を前向きに捉える
  • 新人戦ブロック予選の2日目は、紀伊さんのBチームとの対戦でした。VIVOの前の試合で楠見さんが八幡台さんに敗れたので、この試合に勝っても得失点差の勝負となるため、10点差以上の勝利が決勝トーナメント進出の条件でした。ところが紀伊さんは前日のVIVOの試合をしっかり研究してくれていたのか、こちらの攻めどころをしっかり押さえた上でゴール前を固め、失点を最小限に抑える戦法を取ってきました。10点差をというハードルが余 [続きを読む]