うきょう さん プロフィール

  •  
うきょうさん: 木かげ de えほん
ハンドル名うきょう さん
ブログタイトル木かげ de えほん
ブログURLhttps://ameblo.jp/kokage-de-ehon/
サイト紹介文絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト がおとなが読んで楽しい絵本を紹介しています。
自由文忙しく、自分にも他人にも余裕を持つことができないおとなにこそ、絵本を読んでほしい。子どもにも伝わるように書かれた美しい日本語、感性にひびく完成度の高いイラスト。おとなだからこそ、こどものときには見つけられなかった人間が生きるときに必要な普遍的なテーマを、「絵本」の中で過ごす5分ほどの時間で感じられると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供287回 / 365日(平均5.5回/週) - 参加 2015/01/23 08:50

うきょう さんのブログ記事

  • ものすごくおおきなプリンのうえで
  • 関西で大きな地震がありました。 日常の生活が みなさまに早くおとずれるといいな、 と祈っております。 2年前、1.17の前に合わせて書いた自分の記事を リブログしておきます。 二宮由紀子 文中新井純子 絵教育画劇 この大きなユレのくる前日、 うきょうはのんびりと、 京都でプリンを食べていました。 キャピタル東洋亭 のコースのデザートとして。 コースのハンバーグにボリュームがあって、 もう、お腹いっぱいだな [続きを読む]
  • 7月14日(土) おとなのためにおはなし会 参加者募集
  • 『おとなのためにおはなし会 持ち寄り絵本で楽しもう』7月14日(土) ◆時間:15:00開場    15:30〜17:30◆場所:ネッツテラス夙川     西宮市城ヶ堀町1-21    電話番号0798-23-2800   ※駐車場ご利用の方には改めてご案内します。    メールでご連絡ください。   ※阪神西宮駅から徒歩10分程度   ◆持ち物:絵本1冊 思いつかない方は手ぶらでもOK.(車、数字に関する絵本)◆お申し込み方法:ブログ [続きを読む]
  • ブッカーをかけるか、かけないか 問題
  • ブッカー、 図書館の本などにかけられている、 透明のブックカバーのことです。 これ↓↓↓(2100-3740)業務用ロールタイプ SAIFUKU ブックコートフィルムES B4判 (...9,180円楽天 先日、あるお母さまより、 自宅の絵本に、 図書館の絵本のようなカバーをかけたいのだけど、 どこでこのシートは購入できますか? と尋ねられました。 商品名は各社いろいろあるんですが、 ブックカバーフィルムとか ブッカーといっていただければ [続きを読む]
  • 6月 素直になってみて……
  • 今月は2回、同じプログラムで絵本セラピー®をしました。 11日のヨガを担当された、 石井さんがブログに絵本セラピー®についても書いてくださいました。 こころ・からだ・すこやか体操企画→★★★ また、子育て心理学インストラクターの中村ともえさんのブログでも、 参加されたご感想を書いてくださいました。 西宮北口・子どもの自己肯定感を高める専門家@中村ともえ→★★★ また、FBの方にもご感想を書き込んでいただき [続きを読む]
  • おとなのためにおはなし会 6月14日(木) at 西宮
  • 毎月14日は、木かげdeえほん、 リアルクラブ活動日の日、 ということで、おとなのためにおはなし会。 今日は、「素直になれなくて」をタイトルとした、 絵本セラピーでした。 使用した絵本は、ヨガと絵本のコラボ企画でのラインナップ。(→★★★) FBから参加申し込みいただいた方から、 甘酒サワーや、 砂糖やバターや牛乳などの乳製品を使わないおやつのリクエストがありました。 雑穀米を発酵させた甘酒と炭酸水をご用意。 [続きを読む]
  • 持ち寄り絵本会 参加者募集
  • 7月14日(土) 15:00集合15:30〜17:30 お気に入りの車や数字に関する絵本をご持参ください。    一緒に読み合ってみましょう。 場所:ネッツテラス夙川 2F 図書室 参加費:1000円程度(ドリンク代込) お申込み、お問合せはこちら→★★★ 会場は、5月の懇親会会場になった ネッツテラス夙川さん。 その時の記事→(https://ameblo.jp/kokage-de-ehon/entry-12376410377.html) 梅雨明けが済んでるといいな、 と [続きを読む]
  • 自分に素直になれる ヨガと絵本 at 三宮 Vol.2
  • 6月11日(月)は 三宮 レストランロダンさんでの 椅子ヨガ、絵本セラピー®でした。 14時スタートということで、 うきょうは、神戸 岩茶荘(http://www.gancha.net/html/page7.html) にてゆったりランチ。 神戸のいいところは、 会場のロダンさんは、 神戸牛やワインをいただけるハイクラスなレストランですが、 カジュアルなイタリアンやこういった陰陽をつかった薬膳中華まで、 神戸の街はくるくるっと歩ける距離で楽しめる [続きを読む]
  • 自分に素直になれる ヨガと絵本 at 三宮 Vol.1
  • 台風が近づいてきているということで、 ちょっと心配でしたが、 予定通り、神戸三宮レストランロダンさんで、 椅子ヨガと絵本セラピー®のコラボ企画講座を開催しました。 詳しい様子などは明日! 本日は絵本セラピー®つかった絵本のご紹介。 デビッド・A・カーター 作大日本絵画 なかえよしを 作上野紀子 絵ポプラ社 湯本香樹実 文ささめやゆき 絵理論社 はいじま のぶひこ 作福音館書店 以上4冊でした。 にほんブ [続きを読む]
  • 絵本セラピー® あるときーっ、ないときーっ
  • まず、この「あるときーっ」「ないときーっ」 の説明からいりますね。 関西には、豚まんで有名な「551蓬莱」というお店が あります。 このCMはこのお店の定番で、 蓬莱商品があるときは、笑顔で団らんになって、 ないときには、しょんぼりとした表情で、鬱々とした雰囲気になる、 という設定なのです。 うきょうは、絵本セラピー®というものに2013年に出会います。 で、出会う前って、 グズグズと、人がどう思うか、感じ [続きを読む]
  • パパのしごとはわるものです
  • 板橋雅弘 作吉田尚令 絵岩崎書店 プロレスの悪役がお父さんの仕事。 「わるものでもいいけど、こんどはかってね」 が、カバーそでにある子どもの願いなんですけど、 職業柄、勝つことはないんじゃないでしょうか? うきょうは、痛そうなものってあまり好きではなくて、 プロレスとかボクシングとか見ないので、 よくわかんないんですけどね。 そのうち、負け続けるのが仕事、 そういう事も含めて、 お父さんの役割、仕事、誇り [続きを読む]
  • いちばんのなかよし
  • いちばんのなかよし―タンザニアのはおはなし (アジア・アフリカ絵本シリーズ) Amazon 以前うかがった、小田原の循環するお庭に、 ティンガティンガアートの絵があったらしいです。 いや、見てるんだろうけど、 楽しすぎて、壁面まで記憶にない で、改めて、 記事として循環するお庭でのイベント記事が上がってきて、 このティンガティンガアートのキリンのイラストを見ました。 あれ? このタッチのイラスト……。 絵本でみた [続きを読む]
  • ぶたイヌくんってなんてなく?
  • キース・モアビーク作きたむらまさこ 訳大日本絵画 偶然、昨年の今頃紹介していた絵本でした。 この絵本、先日職場で読みました。 親子さん対象、お子さんは0.1.2才が多いです。 見た目と動きで笑えるかな、 と思ったのですが、 なんせ、まだ、0才はイヌとかもわかりませんからね これが、思いの外、反応が薄かった。 まあね、1冊目だったしね。 そんないきなり反応がいいばっかりではないので、 まあ、そこはね、と読み切ったわ [続きを読む]
  • ふしぎなはなや
  • 竹下文子 作 杉浦範茂 絵フレーベル館 今気付いたんですけど、 これ、すんごいですね。 竹下先生の文に杉浦先生のイラスト。 ま、まぶしぃー。 竹下先生の作品で以前、さらっといつか触れましょう、 といっていたこの作品→★★★ 杉浦先生の作品からも→★★★ 3年近く経っちゃったわ 先週末、こやまとしのり先生の陰陽五行見た目編というのを 受けていたんですね。 で、ふいっと思いだしたこの絵本。 この絵本ねえ、 はなや [続きを読む]
  • いけのおと
  • 松岡達英 作福音館書店 表紙をめくると、 とびらでホタルが飛んでいます。 というわけで、 うきょうの住む街では、ぼちぼち、 この絵本のような風景が、 見られるかなーって感じです。 うきょうの住むところは海辺の川になるので、 なかなかホタルは見られないのですけど、 ここからズズズィっと上流にあがると、 ぼちぼちホタルが見られます。 松岡先生はムシや小さな生き物たちをとてもていねいに 描いてくださいますし、 こ [続きを読む]
  • 自分が何をしたいかわからない人へ
  • 自分が好きなこととか、 好きなものとかも、 言えなくなっちゃう人、場面って あるんです。 うきょうは絵本セラピー®をつかったおはなし会で、 好きな食べ物をいくつでも書いてほしいです、 とか 一つじゃなくてもいいし、 一番なものとか決めないでいいので、 好きな飲み物を教えてほしいです、 とお願いすることがあります。   ところがね、 お母さんや妻を一生懸命やってきた人って、 自分の好みよりも、 子どもといっ [続きを読む]
  • うきょうのブログ ふりかえり 2018年5月
  • もう1年の半分が過ぎちゃうの!! 6月ですよ。6月っっ。 いや、はやい、はやい。 5月アクセス数が多かったのは5月17日の 「おとなのためにおはなし会 とんちゃんの巻(懇親会編) vol.3」の記事。 今月は神奈川県小田原市で 絵本読み聞かせ講師として活動している 上甲知子さんをお招きしての リアル木かげクラブの活動でした。 たくさんの方に足をお運びいただき、 本 [続きを読む]
  • ぬけちゃった
  • スティーブ・アントニー 作せなあいこ 訳評論社 見返しにウィンドウズが立ち上がるような、 砂時計マークによみこみちゅう、の文字。 コンピューターに接続中、って 書かれていますが、 インターネットに接続中、ログイン中、 っていう感じのお話ですね。 で、そこまでがモノクロで進行。 リアルになるとカラーページで物語が進行していきます。 ネットの仮想空間より、 子どもはしっかりリアル社会で遊びなさい、 っていう [続きを読む]
  • おなじそらのしたで
  • ブリッタ・テッケントラップ作、絵木坂涼 訳ひさかたチャイルド 型抜きのしかけ絵本です。 ふつう、型抜きしかけ絵本っていうと、 型を活かした形のイラストのしかけが 気になるところですが、 この絵本は、 テキストがリフレインになる効果になっています。 もちろん、形もなるほどぉ、 ってなるんですけど、 それよりも、この繰り返しになるセンテンスの方が ポイントですね。 詩的な効果がぐっときます。 このブリッタ・ [続きを読む]
  • オオカミクン
  • グレコワール・ソロタレフ 作ほりうちもみこ 訳福武書店 このおはなし、 うさぎをしらないおおかみと、 おおかみをしらないうさぎっていう 設定でお話がはじまるんです。 なんというか、 権力がすごーくある人が、 権力のない人とつきあってて、 理解しあえなことができて、一旦、別れるけど、 権力あると思った人も、ない人の立場になったことで、 また、弱い人とも付き合える、 みたいな話かな、と思ったんですが……。 な [続きを読む]
  • いたいのいたいのとんでけ
  • 平出衛 作福音館書店 先週末、絵本深読み会 タキタキに参加してきて、 この絵本に出会いました。 しょうさんからは、 この作家さんについての紹介がありました。 「いたいいたいのとんでけ」 これもでつくしてますかあ? って思うくらい、 いろんな作家さんが書かれているお話ですよねえ。 「いないいないばあ」 くらい、手を変え品をかえ。 いたいのいたいのとんでけ〜 [ 谷口國博 ]1,296円楽天 いたいのいたいのとんでゆ [続きを読む]
  • じわじわ
  • さて、うきょうさん、どうした?? 最近、占いに偏ってる?? とかね、思われますね。 占いというか、 そこの「おはなし」は好きですよ。 以前から。 小学生の頃にタロットカード、 購入したくらいですからね。 ただ、今日のお話はそこじゃない。 リブログ先のかげした先生の記事を 読んでいただきたいなあと 思ったから。 うきょう自身は、木星の影響とか、 蠍座の影響とかちんぷんかんぷんですから。 ただね、 先生は、占い [続きを読む]
  • でんごんでーす
  • マック・バーネット 作ジェン・カラーチー 絵林 木林 訳講談社 登場、2回目です 昨年、この絵本を紹介しているのですけどね、 この絵本がうきょうの手元に プレゼントとしてやってきました。 プレゼント主は ギャラリー Space showのオーナー しょうみのりさんから。 早口で読めるとこれ、 すごいらしいですって情報とともに、 東京のダミー持込旅のしょうさんの成果として うきょうのところにやってきました。 しょうさん [続きを読む]
  • おおきなおなべとちいさなおなべ
  • おおきな おなべと ちいさな おなべ Amazon かたりべつれづれさんのところで紹介されていて、 二宮先生の作品だし、 ずーっと読みたいなあって思っていました。 ところが、この絵本、すでに買えない絵本だし、 西宮にも所蔵がなくて、 相互協力のある別の図書館より取り寄せになる絵本でした。 いい絵本なのになあ。 ハードカバーになればいいのに。 さて、いんげんまめの旬って夏なんですって。 春先から出始めるので、春な [続きを読む]
  • しあわせなモミの木
  • しあわせなモミの木 / シャーロット ゾロトウ 【絵本】1,296円楽天 これから暑くなるのに、 また、クリスマス絵本?? と思った方。 ええ、またクリスマス絵本です。 つい、先日、えみちゃんから、オススメ絵本です、 としてこちらをご紹介しました↓↓↓↓ それがね、失礼なおはなしなのですが、 うきょうがうっかりまちがえて、 他の本を紹介していたのです。 本当に、えみちゃんがうきょうにオススメしたかったのは、 今日ご [続きを読む]
  • ぼうし
  • さて、昨日から引き続き、 えみちゃんご紹介絵本。 ほんとに、この他にも持ってきてくださって とてもうれしかったです。 瀬川康男 作福音館書店 ナンセンスなの。 瀬川先生の美しいイラストが魅力的なんです。 力はいってますよぉ。 ところが、ナンセンスですからね、 テキストのほうはぐっと力がぬける感じで、 はぁ???? って感じなんです。 あの循環するお庭でさらっと読んだときには、 きれいな絵本であることと、 ナン [続きを読む]