うきょう さん プロフィール

  •  
うきょうさん: 木かげ de えほん
ハンドル名うきょう さん
ブログタイトル木かげ de えほん
ブログURLhttps://ameblo.jp/kokage-de-ehon/
サイト紹介文絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト がおとなが読んで楽しい絵本を紹介しています。
自由文忙しく、自分にも他人にも余裕を持つことができないおとなにこそ、絵本を読んでほしい。子どもにも伝わるように書かれた美しい日本語、感性にひびく完成度の高いイラスト。おとなだからこそ、こどものときには見つけられなかった人間が生きるときに必要な普遍的なテーマを、「絵本」の中で過ごす5分ほどの時間で感じられると思います。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供296回 / 365日(平均5.7回/週) - 参加 2015/01/23 08:50

うきょう さんのブログ記事

  • プロフィールを考える
  • 8月14日(火)の、 木かげdeえほん、 リアルクラブ活動日は、浜松にて 絵本セラピー®、おとなのためにおはなし会、 を開催しておりました。 西宮では、もう5年ほど活動しておりますから、 絵本が好き、とか、 関心がある、という方には、 なんとなく、うきょう、がナニををする人か、 が伝わっているかと思いますし、 絵本セラピー®という言葉も、 関西には、 元気な絵本セラピスト®の諸先輩方、仲間が多いので、 なんとなく [続きを読む]
  • 心と身体のメンテナンス ヨガと絵本 参加者募集
  • 9月17日(月祝)時間:14:00〜16:00(少し延長するかもしれません)場所:神戸三宮レストランロダン(阪急三宮から北野坂を上る3分)   TEL 078-392-7580持ち物:筆記用具、動きやすい服装(締め付けない服であれば、普段着で大丈夫です)講師:【ヨガ】 健康運動指導士 石井誠 https://sukoyaka-taiso.com/profile/     【絵本セラピー®】絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト® うきょう参加費:30 [続きを読む]
  • きつね、きつね、きつねがとおる
  • 伊藤遊 作岡本順 絵ポプラ社 京都では送り火ですねえ。 お盆もおわりますねえ。 夏の時間が一つ一つ終わっていきますね。 うきょうは、伊藤先生の絵本も好きですが、 子ども向けのお話も好きです。 鬼の橋 (福音館文庫) [ 伊藤遊 ] これとか大好きなんですけど、 その作者の伊藤先生の書かれたテキストの絵本。 見えるとか見えないとかね。 ちょっと、ヒヤッとするお話でした。 伊藤先生が京都でお過ごしされたせいか、 [続きを読む]
  • 紅玉
  • 後藤竜二 作高田三郎 絵新日本出版社 北海道の秋のお話です。 秋といっても、北海道の秋の訪れは早く、 お盆も過ぎれば、秋めいてきて、 あとひと月もすれば、すっかり季節もすすんでいることでしょう。 紅玉といえば、 どちらかというと、 りんごの中でも小玉で、 酸味の強い種類だと思うのです。 うきょうなんかは、紅玉といえば、 りんごのシーズンの先駆けで、 煮たり焼いたりして、 甘みを増させた状態で食べるのが美味し [続きを読む]
  • H29.8.14 おとなのためにおはなし会 絵本セラピー® at 浜松
  • 本日、8月14日(火)IGUZIONE cafe 浜松本店さまにて、 無事、おとなのためにおはなし会を開催することができました。 ご参加の6名のみなさま、 ありがとうございました。 毎月14日は、 本読んでー、 いーよー(14) ってことで、今年の定例活動日としているのですが、 お盆時ということで、 振り替えかなあなんて思っていたのですが、 思いがけずも、 静岡県浜松市で開催することができました。 テーマ、「素直になれなくて」の [続きを読む]
  • 本所ななふしぎ
  • 斉藤洋 文山本孝 絵偕成社 夏になってきました。 怪談話がワクワクする季節ですね。 うきょうは、小学生の頃、 怖い話をいっぱい知ってる、 怖い話を上手にする人、 と思われていました。 夏になると、休み時間ごとに、 クラスのこわい話が大好きな子たちが、 男の子も女の子もぐるっと輪になって、 うきょうの机を囲んで、 「ほら、なんかお話してよ」 とやってくるのです。 最初のうちは、 妖怪話だの、怪談話だの 読んだ本や [続きを読む]
  • 泣かせない、迷わない、よい子になる、役立つ、子育て について
  • 職場にいくと、 いろんな子育てセミナーの案内チラシがやってきます。 7カ国語をしゃべれるようになる、 キレない子に育てる、 もう、お母さんを迷わせない、 頭のいい子を育てる、 EQをあげる、 教育資金、老後資金に困らないマネー講座、 あと、何があったかな。 まあ、こんな感じの文言がズラズラッと並びますねえ。 スーパーマーケットの真ん中で、 駄々こねて、大の字になって泣かない子に育てるとかね、 はい、明日 [続きを読む]
  • デビルマンにもあってきた
  • 徳島市に行っていました。 絵本好きな仲間から、 いろいろな情報をいただき、 楽しんできました。 メインのお楽しみはまた明日。 今日は長崎より遠く離れて、 家族との幸せな時間に感謝していました。 というわけでまた、明日。 にほんブログ村 絵本セラピー®をつかったおはなし会の開催日、その他、お問い合わせなどは下の画像の をお願いします。                 こんなところから講座に参加して [続きを読む]
  • ガンピーさんのふなあそび
  • ジョン・バーニンガム 作光吉夏弥 訳ほるぷ社 去る7月29日 大人に絵本ひろめ隊@神戸 in 東灘区 に参加していました。 (隊長はキティちゃん) そのときに、 同じグループになった方が持ってきてくださった絵本の第2弾。 ご紹介してくださった方、 バーニンガム先生が大好きなんだそうですよ。 そうしてね、 ガンピーさんのおとなのあってほしい対応に、 すごく感銘をうけていらっしゃるそうです。 ガンピーさん、 [続きを読む]
  • うみいろのバケツ
  • 立原えりか 文永田萌 絵講談社 去る7月29日 大人に絵本ひろめ隊@神戸 in 東灘区 に参加していました。 (隊長はキティちゃん) そのときに、 同じグループになった方が持ってきてくださった絵本。 娘さんの思い出とともにお話してくださいました。 うきょうは、懐かしかったですねえ、この絵本。 ブームとかいったら失礼なのかもしれないですけど、 やっぱり、立原先生ってブームみたいなものって、 あったと思うん [続きを読む]
  • ふたりのイーダ(今日は絵本じゃないけど、ワケはある)
  • 松谷みよ子 作司修 絵講談社 今日は絵本じゃなくて、 児童書のお話です。 うきょうはこの「ふたりのイーダ」は ずーっと売れてないといけない本だと思っています。 あんまり、ねばならないとかね、 絶対まちがいない、 みたいな言い方って好きじゃないですけど、 これに関しては、言っちゃうわね。 ずっと、売れ続けなくてはならない、 読まれ続けなくちゃならない、って。 登場する直樹は10才、妹のゆうこはもうすぐ3才とい [続きを読む]
  • うきょうちゃんを呼びたいんですけど……
  • 「うきょうちゃん、◯◯で絵本セラピー®する予定ないですか?」 「こちらに来ていただくことってできますか?」 「どうしたら、お呼びできますか?」 っていうお声がチラホラってかかります。 呼んでいただければ、 ホイッと参りますよ。 いくつかお願いがあります。 絵本セラピー®って、 いろんな人のお話をうかがいながら、 おしゃべりするほうがより楽しいので、 お二人以上でお声がけいただけるといいな、 って思います [続きを読む]
  • まかせとけ
  • 三浦太郎 作偕成社 この絵本ね、 はたらく車の名前がいっぱいでてくるんですけど、 お願いする側の車にはね、◯◯さん、というような、 敬称がついていないんですね。 でもね、 お願いされる側の車の名前には、 ◯◯さん、っていう敬称がついているんです。 お願いされる人って、◯◯さん、なんですね。 どうでもいいんですけど、 うきょうは、 自分で呼び名をつけるのってなあって、 なんか、差し出がましいかなあって思って [続きを読む]
  • うきょうのブログ 2018. 7月の振り返り
  • あついあついあついあついあつい、 って言ってたなあって思ったら、 あめ、あめ、あめ、あめ、 やれやれ、やれやれ、 って思ってたら、 教科書では それ、ばってんっていう動きをする台風がやってきて、 もう、なんじゃそりゃ、 な7月でございました。     アクセス数が多かったのは 7月14日「絵本セラピー®の魔法」でした。 小田原のとんちゃんのことばが、 とてもよかったので、 [続きを読む]
  • ごじょうしゃありがとうございます
  • シゲリカツヒコ 作ポプラ社 昨年の夏にhitomiちゃんが紹介されていて、 今、このくらいの時期がいいんじゃない? と思ってブログアップを待っていた絵本。 以前、うきょうのブログでご紹介した 「ぼくはまいごじゃない」のイラストレーター、 シゲリカツヒコ先生の作品。 今回も映画っぽい構図でおもしろいですよぉ。 ぜひぜひ、イラストから絵本選んじゃう っていうタイプの方にもおすすめしたい。 ストーリーも、 ラストメッセ [続きを読む]
  • 大人に絵本ひろめ隊@神戸 in 東灘区
  • 去る7月29日(日) 東灘区民センターにて、 絵本セラピスト協会認定 絵本セラピスト®のキティちゃん隊長 による大人に絵本ひろめ隊@神戸 が開催されました。 行ってきましたー。 楽しかったー。 東灘区民センターあたりは、 以前、住んでいたあたりなので、 懐かしい風景がいっぱいです。 マルイのパンを買って、 自宅から選んだ絵本持って、区民センターに。 うきょうはむかしから、 ここの揚げたクリームパンが好 [続きを読む]
  • わたしたちのたねまき
  • うきょう自身は 絵本を味方に子育てをした、 という自覚もないですし、 意識したこともないんです。 うきょうの子らは、 すでに、電車料金やバイキングスタイルのレストランでは、 すっかりおとな料金を支払う年齢なので、 なんだか、よくわかりません。 もちろん、絵本は読みましたよ。 そこにあったから。 あるものを、 自分の中にあるように読みました。 ちょっと大きくなると、 子どもたちの好みも出てきたので、 子どもた [続きを読む]
  • お化けのおもてなし
  • 川端誠 作・絵BL出版 おばけ、と書いていますが、 妖怪ですね。 そりゃ、もう、涼しくなるくらい大勢登場しますよ。 座敷わらし、袖引き小僧、ろくろっ首、三つ目の大入道、 ひょろけ、一つ目の青坊主、砂かけ婆、のっぺら坊、 雪女、伊勢の友潜(ともかつぎ)、王子のキツネ、 小豆とぎ、小豆あらい、雪ん坊 日本各地の妖怪たちです。 小豆とぎと、小豆あらいってちがうのね。 知らなかった。 このあたりは、妖怪博士の鳥取のり [続きを読む]
  • たべたのだあれ
  • 五味太郎 作文化出版局 1977年にでた絵本。 うきょうが子どもの頃にはもう、あったのか。 知らなかった。 今日、職場で、お子さんが一生懸命、 これ見てたのね。 で、「こっち」とか「これっっ」 って指さしてるわけ。 お母さまが後ろからそれ見て、 「もう、その絵本、うちにもあるし、 何度も読んでるんだから、他のしなよ」 っていうわけ。 「何度でも読みたいですよねえ」 ってお声をかけました。 「うちにも、同じ絵本2 [続きを読む]
  • あたりかも
  • きたじまごうき 作、絵PHP もう、アツい、しか言葉がみつかりませんな 今日は、目から涼んでもらっちゃうってことで、 この絵本。 まあ、オチとしては、 だじゃれかーいっっ、 しかも、ベタやんかーッッ って突っ込みたくなるとこなんですが、 とにかく、向こうの世界に入っちゃうしかけとかね、 あっちの世界の冷え冷え感が、 もう、まさに今、楽しむしかないでしょう、 ってくらいいいかんじなんですよ。 だいだいね、 ア [続きを読む]
  • 8月14日(火) おとなのためにおはなし会 参加者募集
  • 『おとなのためにおはなし会 絵本セラピー®』8月14日(火) ◆対象:おとな のみ ◆テーマ:「素直になれなくて」◆場所:IGUZIONE cafe 浜松本店     432-8015 静岡県 浜松市中区高町200-25    電話番号053-454-3131   ※駐車場ご利用の方には改めてご案内します。    メールでご連絡ください。   ※ JR浜松駅より、遠鉄バス舘山寺温泉行きほか乗車「美術館前」バス停下車、徒歩約3分   ◆持ち物:筆記 [続きを読む]
  • ひつじのむくむく
  • 村山桂子 作太田大八 絵福音館書店 らぁりぃBookさんのところでご紹介されていたこの絵本。 らぁりぃBookさんは太田先生の、 かわいらしい色えんぴつで描かれたイラストに 注目されています。 親の立場で読んじゃうと、 複雑になっちゃいますねえ。 ほら、夏休み入るじゃない? 「ねえ、ねえ、あそんでよう」 ってなりますよねえ。 うきょうも、子どもが小さいうちは、 9時まではお母さんといっしょとか見せといて、 その間 [続きを読む]
  • ゆでダコみたいな赤ちゃんみて、かわいそうって言っちゃうのよ
  • 昨日は西宮の戎神社では万灯籠といって、 神社中に小さな灯籠を置いて、 風鈴売りがきていたり、 お能を見たりしながら、 夏の夜の涼を楽しむことができました。 最近の暑さ、尋常じゃないですよねえ。 赤ちゃんを抱っこしている保護者様、 ベビーカーで移動している保護者さま、 ほんと、アツいですよねえ。 職場にいらっしゃる赤ちゃんのほとんどが、 もう、顔が真っ赤です。 かわいそう、っていうな、って言われても、 [続きを読む]