えいき さん プロフィール

  •  
えいきさん: えいきの修学旅行
ハンドル名えいき さん
ブログタイトルえいきの修学旅行
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462
サイト紹介文仕事の余暇にバイクで山城を巡り、修学した内容を記事にしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供67回 / 365日(平均1.3回/週) - 参加 2015/01/23 17:31

えいき さんのブログ記事

  • 寺尾城2
  •    後編2では私が特記したい構造を中心に書きます。まずは堀エから搦手方向堀キまで、次いで大手側の堀アからウ間の順で辿ります。途中、私の注目構造を特記します。〇えいき特記構造1 ★郭5の掘り込まれた虎口(え特1)〇えいき特記天正期上杉圏改修と捉えたい構造2 前面に浅い土塁を備えた堀と後背土塁を備えない郭による上下二段の防御施設(?) と防御ライン構想  ★堀カ・郭5(え特2-1)、堀ア・郭3(え特2-2)、  ★ [続きを読む]
  • 寺尾城1(長野市松代町寺尾)
  •  尼巌城の記事振りからは霞城に行くべきですが、石門を実見していないので、さきに寺尾城を書きます。                 寺尾城と尼巌城位置関係は平成30年前振りを御覧下さい:https://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/19546651.html 寺尾氏は武田の北信侵攻に際し、前記事の尼巌城東条氏のように抵抗はせず武田に付いたようだ。宮坂武男(2013)『信濃の山城と館2』(以下宮坂2)によれば、天文19年の武田の砥石 [続きを読む]
  • 頸城村の山城めぐり ―雁金城と茶臼山城―無事終了
  •  頸城村の山城めぐり ―雁金城と茶臼山城―上記表題にて、雁金城跡保存会の集まりで、遠藤先生の論文を基に茶臼山城の遺構にみる天正期上杉の先進的城郭構造を中心にお話しさせていただきました。PowerPoint訓練もかねての集会でしたが、思いの丈を話すことができました。内容が伝わっていただければ満点ですし、伝わらないまでも茶臼山城に行ってみたい、という想いが湧いていただけたら合格点です。どうだったでしょうか。従業 [続きを読む]
  • 四十九年一睡の夢
  •  今日、その年齢になりました(数えですけど)。 いつか来ると思ってた年齢ですが、いよいよです。 謙信は48年で生涯を終えましたが、現在、私は気力・体力は充実しており、いままでの修行(ありがたいことに、一睡の夢というには輝きすぎています)を、人生において発揮していける状況に進めるものと考えています。 とはいっても修行はおろそかにする気持ちはありません。怠ることなく挑んでいきたいと思っています  「何の [続きを読む]
  • 頸城村の山城めぐり ―雁金城と茶臼山城―
  • 頸城村の山城めぐり ―雁金城と茶臼山城―えいき上記表題にて、雁金城跡保存会の集まりでお話しさせていただくことになりました。茶臼山城の遺構にみる天正期上杉の先進的城郭構造を中心にお話しします。興味・お時間のある方はおいでください。  日時:平成30年2月11日(日) 18:00〜19:00頃 会場:花ヶ崎会館 上越市頸城区花ヶ崎1846 資料を用意しますので、おいで下さる方は、ほたる調剤薬局まで連絡ください。ほたる調剤薬 [続きを読む]
  • 尼巌城後編
  •         尼厳城後編では主郭から西に連郭に普請される山上主要部の要害構造と大手ルートを辿ります。 ブログ説明用のため、現地設置宮坂武男作図鳥瞰図を切取り、郭・堀名を同縄張図に準拠し加筆。主郭から西に普請がされている。堀ウ、オ、キが越後勢に備える前、中、最終の防御線となろうか。                     再掲写真尼巌城主郭1(東から)天水溜か絶景 [続きを読む]
  • 尼巌城前編(長野市松代町東条)
  •                 尼厳城 標高780.9m,比高415m(1)城心ついてより憧れていたが山城だが、その山容に怖気づき、避けていた。平成29年、勇気を奮い、挑んできた。 尼巌城は、古くは東条氏の城であり、東条城とも呼ばれる。天文22年4月9日村上義清の葛尾城が自落すると武田の浸食は前記事平成30年新春前振り掲載した川中島海津城周辺に及ぶ。天文22年には東条氏は一旦は武田の調略にのったようだが(2)、後は越後 [続きを読む]
  • 平成30年新春前振り
  •  あけましておめでとうございます。 平成30年新春1〜3月は、昨年歩いた海津城周辺の城を書こうと思っています。 目下平成29年度の空手会報作成中のため、城の記事作成は1月中旬以降になりますが、まずは前振りだけしておきます。地理院地図に赤丸でマークした城を書こうと思っています。黒は既に書いてあります。海津城は書く予定はありません。霜台城は未踏のためマークしていませんが、歩き次第加えようと思います。 [続きを読む]
  • 年末のご挨拶
  •  2017年も暮れようとしています。 今年は、家庭の事情で、基本的に遠征は諦めてすごしました。 しかし、遠征はあきらめたといっても修学の成果はあがっています。まずなんといっても吉川入河沢城の整備に関わらせていただき、埋もれていた山城を世に出す活動ができたことです。入河沢城は家から30分の距離ですので、必要があれば直ぐに帰宅できるため、仕事の休日はもっぱら入河沢城に入り浸っていました。吉川の方々と検 [続きを読む]
  • 箱山城(長野県中野市中野箱山・山ノ内町戸狩)
  •            北信高梨氏の本拠この美しくも霊性漂う山々と麓は、武田が弘治3年2月に落合氏を葛山城に滅ぼすまでは、高梨氏の本拠であった素の美しさに浸っていたいが、広く読者に伝えるためには書き込む要もあろう二年前に書いた鴨ヶ岳・鎌ヶ岳城の記事を下に貼る。鴨ヶ岳・鎌ヶ岳・夜交氏山城 序http://blogs.yahoo.co.jp/mei8812462/17963686.html鴨ヶ岳城1 http://blogs.yahoo.co.jp/mei88124 [続きを読む]
  • 久須見城(岐阜県恵那市長島町久須見本郷)
  •                       久須見城全景郭・堀名を宮坂武男『信濃をめぐる境目の山城と館 美濃・飛騨・三河・遠江編』(以下宮坂本)に準拠し、大まかな位置に書き込んだ。記事中の測量値も同書に拠る。北東山麓の木曽川渡河点を押さえる。東濃十八砦のひとつとする伝承もある。下流約1.6kmには中尾砦、さらに約2.4km下流には天王山砦が在り、織田ー武田の抗争時には武田の兵が入った可能性がある。主郭から旧 [続きを読む]
  • 和田城(岐阜県恵那市山岡町馬場山田和田)
  •   豊橋講演会・名古屋試験の帰りに、東濃のお友達Mさんの案内でかねて狙っていた中尾砦を目指しました。しかし足を故障していたため、その険しさに断念、登り口の確認にとどめ、比高の小さいお城を歩きました。 北信濃尼飾、寺尾の前に、痛みを押しての東濃徘徊、和田(11日)、久須見(14日公開)の2城を書きました。                                 和田城愚図ですが、概念図を城の様子を紹 [続きを読む]
  • 吉田城(愛知県豊橋市今橋町ほか)
  •                     吉田城主郭北西隅に復元鉄櫓 吉田城は、徳川が関東へ移って以降、総構えを構える近世城郭として拡大・改修され、現在は豊橋公園として開放されている。豊橋公園入口ここhttps://yahoo.jp/ayEtJ7J総構え土塁に設けられた三の丸虎口にあたる。  吉田城は著名な城なので、ごちゃごちゃ書かず私の興味の対象に絞って書きます。  そのうえで必要な城歴。  吉田城は、家康が今川氏から離 [続きを読む]
  • 春日山城千貫門
  •   記事更新お休みと書いてなんですが(勉強に集中すればいいものを)、春日山城千貫門周辺を書き改めましたので投稿します。  先日、作手山城案内人の原田さんを春日山城にご案内しました。 ちょうど地元の中学生はじめボランティアの方々が整備活動をされた後で、きれいに草が刈られていました。 千貫門の説明板春日山城を訪れる人のほとんどの方は、ここで千貫門の説明を読むことと思います。このへんに門があったんだぁ。 [続きを読む]
  • 11月は記事更新をお休みしています
  •  11月は近江、越前、三河、東濃、もちろん北信濃と、実地徘徊の企てが多く、また月末には二科目の試験があり、記事更新をお休みし、修学に励んでいます。  そんな私の11月の晴れた休日の様子です。 早朝1時間半試験勉強して、入河沢城の整備活動へ。 午後、落葉の北信へ出撃。 霞城へ一撃。 ブラボー。入河沢城整備と落葉で山が透けてきた。先週末11日(土)の現地説明会は雨で18日へ延期になりましたぜひおでかけください( [続きを読む]
  • 入河沢城現地説明会
  •   上越市の平成29年度上越市地域活動支援事業補助金を受けて実施された入河沢城の整備活動が、ほぼ成り、11月11日(土)10:00から現地説明会が開催されます。 集合場所は寺沢の池です。ここhttps://yahoo.jp/SMxfs1 寺沢の池には駐車する場所がありませんので、入河沢集落センター付近(上地図の中心点付近)に駐車し、徒歩で戻ってください。 雨天の場合18日、19日、25日、26日に順次順延になります。私 [続きを読む]
  • 春山城3 小城とまとめ
  •                  綿内要害(春山城)3では堀ケから小城へと辿ります大城南壁となる堀クから岩尾根を約100m岩尾根も山岳信仰の聖地であろう6月の綿内要害踏み歩き選択は、藪の城を忌避して岩尾根の城なら可能だろうと考えた故で、その選択はヒットであった岩尾根写真館ではない堀クから約100mで堀ケ堀ケ右(西)、春山側からの道が入る。春山からの道が岩を断ち割ったケに入る蓮台寺側に乗り越していたかはわから [続きを読む]
  • 春山城2 大城
  •                     綿内要害(6月撮影)では要害本編                   大城要害部(4月撮影)                                                                                     郭・堀名は宮坂武男(2013)『信濃の山城と館2』、戎光祥出版に準拠し、おおよその位置に書き込んだ。 測量 [続きを読む]
  • 春山城1はじめに(長野市若穂綿内大柳・春山)
  •                     綿内要害(春山城)タイトル(城名)は春山城であるが、弘治二年(1556)7月19日今清水氏宛高梨政頼感状に「綿内要害落城の砌、最前に入馬し相戦之由、粉骨比類ななし」『今清水文書』とあるため、綿内要害の名で記述する。 綿内要害の城主は井上左衛門尉昌満で、6月に武田に帰属し領内で350貫文を隠居料として宛がわれているため(1)、上記の戦闘は、長尾方高梨勢今清水氏が、武田方井 [続きを読む]
  • 春山城2 要害本編
  •                    綿内要害郭・堀名は宮坂武男(2013)『信濃の山城と館』、戎光祥出版2に準拠し、おおよその位置に書き込み測量地も同書に拠る。北限堀ア周辺から主郭、小城方向へ辿ります。堀アの先に城域北端となる岩(6月撮影)山岳信仰を思わせる川中島方向眺望足元 左方に如法寺。北  トレッキングコースが下る下方山下を上信越道綿内トンネルが貫く。飯山方向景虎が出で来る。中央やや左の山は斑尾山 [続きを読む]
  • 福井城(長野県高山村牧上福井屋知)
  •                         福井城福井城は、上信国境の万座峠・毛無峠の信濃側山脈下、柞澤川と樋沢川に挟まれた福井原台地上に築かれている。この城は、3年前(2014.5)、約200mの至近にまで迫るも落馬、鎖骨を折るというアクシデントに見舞われた、私にとっては忘れることのできない痛い城である。2か月後には執念で踏査・撮影したのだが、ブログ記事作成には至らなかった。先日、毛無峠を撮影し得たの [続きを読む]
  • 謙信の城? 〜越中樫ノ木城〜
  •  謙信の城って、有るようで無い。 入河沢城絡みで吉江喜四郎の文献を調べていたら、面白い史料に出くわした。 謙信旗本の村田秀頼が、奏者として謙信の側近にある吉江喜四郎に宛てた書状に、御要害之御普請という文言がでてくる。 七月一四日(元亀四年と推定)吉江喜四郎資堅宛村田秀頼書状(上越市史別編1162)     一、おうかひき、御要害之御普請ニ入申候、土肥四郎方・豊前守方知行分ニ候間、山とり壱人おうか比企壱 [続きを読む]
  • 高柳城2
  •                    高柳城主郭2では、城内主要部を辿ります東面は急傾を頼み、北・西・南には郭を三周(主郭を一周目とした)に配している。 主郭までのルートは、1で辿った大手虎口から、周回された郭を、食い違うように設けられた虎口を経つつ、主郭南に出て設けられた枡形に至りる。最後の外枡形では、直角に折れて主郭に入る。 主郭北には内枡形に堀込まれた虎口が設けらている。主郭内(南虎口入った [続きを読む]
  • 高柳城1(新潟県加茂市上高柳・中大谷)
  •  高柳城記事は、平成23年に公開していましたが、写真を大きくしつつ、天正期上杉の城郭として改稿しました。 高柳城は、小城郭ですが、越後屈指の城です。                                        高柳城                  高柳城縄張図(鳴海忠夫さん作図:かも市史だより12号より引用)遮断堀切、畝状空堀群、横堀、外・内枡形、乱穴など、どの構造も明瞭に残 [続きを読む]
  • 積城・亀井城(長野県上田市秋和)
  •     今回も城構造うんぬんではなく、信濃の山の縦走記録です。    虚空蔵山の連珠砦のラスト、 虚空蔵山城の東の峰、積城と亀井城積城は、宮坂武男(2013)『信濃の山城と館3』によると、読み方は「つみ城」と思うが、詰めの城の転訛であれば持越城の詰めの城を、読みを「つぎ城」とすれと虚空蔵山城に続く城の意ともとれるとしている。記事中のスケールも同書に拠る。亀井城の由来は不明とするが「構え城」の転訛とも考え [続きを読む]