家相研 さん プロフィール

  •  
家相研さん: 家相的にやってはいけない玄関の位置
ハンドル名家相研 さん
ブログタイトル家相的にやってはいけない玄関の位置
ブログURLhttp://xn--fct474d.biz/
サイト紹介文玄関の間取り、鬼門など気になる家相について
自由文玄関の間取り、鬼門など気になる家相について
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供11回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2015/01/23 18:51

家相研 さんのブログ記事

  • 現代の家相についての考え方。玄関とトイレの方位、住宅の張り欠け
  • 現代の家相についての考え方についてお話ししたいと思います。鬼門という言葉を多く聞ききますが方位は北東の方位になります。中国から伝わってきた良く無い方角という意味で敵が北東側から攻めてくるということで嫌われる方位になりました。その当時の家や都市というのは雨風だけではなく敵や動物などから身を守るというのが大きな役割だったといえます。高い塀で囲われた都市などを見ると敵に対する警戒がわかります。日本に伝わ [続きを読む]
  • 災害に弱い土地、家相上悪い土地とは
  • 大きな災害などがあると、あの地域の家は大丈夫だったろうか?あそこは大丈夫だったろうかと気になるものです。しかしながら、大きな災害があって時間が経過すると意外にも忘れ去られて危機意識が薄まってしまうものです。江戸時代に大きな災害があった地域でここには家を建ててはいけないと決められた場所だったところが、時間の経過で住宅街になってしまい東日本の震災で大きな被害を受けたのは最近の話です。液状化する場所が分 [続きを読む]
  • 家相の良い家はゲリラ豪雨に強い
  • 家相と言うと、玄関の配置やトイレの位置だけでなく張りや欠けという家の間取りの形状のことも含みます。今回は張り欠けがいかに重要かということを体験談から解説します。家の形で張り欠けのない家というのは正方形や長方形の四角い間取りのことを言います。凸型の家は張りのある家になります。凹型の家などは欠けのある家になります。L字型の家は張りのある家か欠けのある家になります。最近は台風の勢いもすごくて風の勢いも尋 [続きを読む]
  • 避けた方が良い寝室の方位と場所
  • 寝室の場所は南が良いか東が良いか北か西側が良いのか?間取りをする時に迷ってしまうことがあると思います。基本的には光と風が取り入れられればどの方位でも良いですが勉強部屋ともなると明るすぎる部屋よりは夏に涼しい部屋のほうが良いでしょう。近年のように猛暑が続くと西窓を大きく開けすぎると暑すぎるためカーテンなどで対応しなければなりません。東窓のほうがさわやかで子供部屋向きといえます。間取り上、避けた方が良 [続きを読む]
  • 住宅の家相を見る時2階の張り欠けは重要か?
  • 住宅の家相を見る時に1階の間取り図と2階の間取り図があるので両方の張り欠けが必要か?疑問に思って質問する方もいらっしゃいます。答えは二階のの張り欠けも気にしたほうがベストです。1つには屋根形状に大きくかかわるために形状によっては雨漏りに対しての大きなリスクを伴うからです。より屋根がシンプルになる間取りで張り欠けがない長方形や正方形の二階の間取りがベストであるといえます。2つ目は構造的に安定した形状 [続きを読む]
  • 家相や風水に使う方位は地図の方位と違うのか?
  • 家相や風水、玄関の位置のよしあしを調べる前に、家相や風水で診断する方位と方位磁石の指す方位との違いを知っておく必要があります。真北と磁北の違いがあり角度にずれがあるからです。家相や風水に使う方位は真北(しんぼく)です。北極点から南極点を結んだ子午線を結んだ地図といっしょの北です。建築確認申請などの書類や図面も真北を採用していますから住宅の間取りの図面に記されている北といっしょの方位です。地図での北 [続きを読む]
  • 鬼門のトイレは冬によくない理由
  • 寒い季節になるとトイレを寒いと感じる方と全く寒くないと感じる家の方がいると思います。例えばマンションのトイレです。マンションは戸建てと考え方が違ってトイレに窓をとることを最初からあきらめているのでお風呂や洗面やトイレは便利な位置に配置しています。換気の機能よりも利便性を追及するためベッドルームとLDKの中間に配置します。センターコアと呼ばれることもあります。そのため、トイレにいても冬に寒いと感じない [続きを読む]
  • 事務所や工場、店舗の家相について
  • 今回は気になる店舗の家相についてです。住宅の家相と同様に張りや欠け、鬼門や裏鬼門が関係するか?ということですが、店舗についても同様のことが言えます。事務所や工場、飲食店など自分でお店を開く場合や新築する場合は鬼門や裏鬼門に欠けがないように設計しましょう。事務所や工場の快適さは生産性にも反映するので住宅と一緒の考え方でよいと思います。鬼門、北東方向と裏鬼門の南西方向に玄関や勝手口を作るのも良く無い方 [続きを読む]
  • 子供部屋に向いている方位とは
  • 今回は子供部屋の位置、方位についてです。子供の部屋に適した方位というのは多くの人は南側と思っていますが、そうでもないのですね。南向きの部屋というのは確かに日の光を浴びるため精神的な安定のためにはよい場所になります。太陽の光を浴びるということは脳内物質のセロトニンを分泌させます。セロトニンの分泌は心を穏やかにさせる効果があり、心の不安などを取りのぞいてくれる効果があります。日光を浴びることでうつ病の [続きを読む]
  • 家相を気にするメリットとは
  • 家相と言う言葉を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?これから新築する人も少しは気にするものです。運気とか運勢を気にする人が多いため家相もそのような意味合いで気にする場合が多いと思われます。家相と呼ばれる方位を気にする場合スピリチャルな性質で科学的根拠がないように感じますが、気にしておけば損はないようなことも多いのです。例えば玄関の位置ですが、北東の鬼門を避けるのには理由があります。昔は北 [続きを読む]
  • 張り欠け と 家相 がなぜ重要なのか?
  • なぜ張り欠けと家相が重要なのか?それは耐久性の高い家を作れるからです。凸凹のない間取りを作ると何が良いのか?それは、屋根形状がシンプルになります。そうするとゲリラ豪雨や台風に強くなります。なぜならばシンプルな屋根形状は雨漏りしにくいからです。逆に複雑な間取りと屋根形状は雨漏りのリスクを誘発します。公共物件なら良いですよ。国のお金で雨漏りを直せますから建築家の幻術的な作品は税金で直しても価値あるもの [続きを読む]
  • 家づくりをする時どこまで家相を信じればよいか?
  • 家づくりをするときになって、家相をどこまで抑えておけばよいかという判断についてです。まったく悩まない方もいれば、とても気にされる方もいます。家相を気にするしないという問題は家を持つ方の判断によります。一般的にはトイレや玄関などを鬼門の北東からはずしておくというのが言われます。これも断熱性能のアップや、玄関ドアなどサッシの性能のアップなどで昔ほど急激な温度低下や、建材の劣化などにさらされないので現代 [続きを読む]
  • キッチンの方位
  • キッチンの方位でよいとされるのは東向き、東向きと南西も良いとされます。北東は冷えるので東向きでもあまり良く無い位置です。爽快な光でさわやかに一日をスタートできる位置です。北側だと寒くて冷えてしまうので床暖房などがあればよいでしょう。逆に悪いとされているのが西側温度が上がり熱がたまりやすいので食べ物が腐りやすいという欠点があり不衛生です。最近は冷蔵庫などの家電があるので腐るということは少なくなりまし [続きを読む]
  • 運気がアップする玄関になる方法
  • 運気が上向く玄関にする方法があります。基本的には整理整頓して綺麗に清掃するというのがあります。まずは靴が散乱している状態ではなくシューズボックスなどに隠されていることそして玄関ホールに要らないものが置かれていないこと次の日の出すゴミを置いておくのもよくありません。良い運気が入ってくる場所でもあるので、入り口は清潔に保つのがベストなのです。前の日にゴミを置くのもいけないぐらいですから、段ボールや使わ [続きを読む]
  • キッチンの方位が鬼門や裏鬼門にある場合
  • キッチンの方位が鬼門の北東に位置するということは現代のプランではよくあることです。キッチンは汚れたものを外に排出するので方位は良くはないですが他の空間のほうが優先順位が高いのでありがちなのです。東、南の光を取り入れるためにLDKを南東に配置すればおのずと北側に対面キッチンが配置されることになるでしょう。また、玄関やトイレなどを鬼門や裏鬼門を避けるとキッチンは鬼門や裏鬼門近くに配置されていてもおかしく [続きを読む]
  • 裏鬼門の玄関がいけない理由
  • 北東の鬼門の玄関がいけない理由は冬の季節風、北東の風をもろに受けるため玄関がドア傷み、玄関ドアを開けると内部まで一気に冷たい風が吹き込んでまうためです。また玄関ポーチも冷やされてしまうため凍結の恐れも生じ、滑ってけがをすれば高齢者は治らない傷、生死にかかわる打撲を負うことになります。では南西の裏鬼門は大丈夫ではないかという疑問夏は暖かいとはいえ、南西はより熱があたるため内部温度は上昇して不快な玄関 [続きを読む]
  • 家相的に良くない土地
  • 家相的に良くない土地というのがあります。例えばT字路の突き当り突き当りは車の追突もありうる土地で仮に追突されなくても視線とヘッドライトで照らされて不快です。そして最近だと水害の危険のある土地水害の恐れのある土地は自治体でハザードマップを公表しているので自治体のホームページで確認するとわかります。昔に炭鉱だった土地も、自治体に地下のトンネルの地図がありあります。液状化の恐れのある土地も公表されている [続きを読む]
  • 墓参り 意味
  • お盆になると墓参りにみなさん出かけます。お墓参りに意味があるのか?と聞く人がいます。ネットなどのスレッドを見ると、お寺やお花屋さんが儲かるだけなのでは?という書き込みもあるほどです。お墓を手入れしないと身内に不幸があるという人もいれば墓を掃除したらよいことが起こったという人がいます。お墓に眠っている人は父であり母であり祖先であることは誰でも知っています。自分が生まれてきたのも父母、その祖父祖母、祖 [続きを読む]
  • ウォークインクロゼットが良い理由
  • クロゼットの位置に都合のよいのが入り口付近なぜ入り口付近が良いかというとドアから離れたところにベッドを配置すると安定した眠りを得られるためよい位置になるからです。ベッドのおきやすいところにクロゼットのドアがあればよいということです。和室の場合、押入れという収納なりますが洋室のクロゼットと違うところは物が詰まりすぎて風通しが悪くなるというデメリットがあります。風通しが悪い収納は、カビや細菌が繁殖しや [続きを読む]
  • 裏鬼門のトイレがいけない理由
  • 裏鬼門の方位というのは南西方向のトイレです。夏の季節が異常に温度が上がるのがこの方角です。トイレの温度が上がるとどうなるでしょうか?そうです。暑苦しくて長くいられない。暑すぎて汗が噴き出すトイレなんて不快なものはありません。その上掃除が行き届いていなくて、匂いがこもるなんてことも。。。運気アップのためにはトイレ掃除が大事といわれますが夏こそトイレ掃除の威力が発揮される季節です。おしっこが床に飛び散 [続きを読む]
  • お金のたまる家相
  • お金のたまる家の間取りというのがあります。お金がたまるということは健康でいられること家の全体的な掃除はもちろんですが、特に寝室が重要になります。寝室でよく眠れるということと朝気分良く起きられるのが良い間取りです。東窓・南窓のある部屋が寝室としては理想です。逆に西窓で部屋が暑くて夜にも温度が下がらないと寝苦しくなって睡眠が取れなくなるので、次の日に仕事ができなくなってしまいます。お金がたまりにくくな [続きを読む]
  • 北のリビングは良くないか?
  • 北に居間や食堂を持つ家相はとても質素で、いつも一緒にいれば安心という家族と言われています。北のリビングだからと言って悪いことはないということです。本来、人間関係についての悩みはないはずですが、愛情に対する欲が深くて、それを独占したいという人が家族内に一人でもいると、その人に振り回されて家族全体がギスギスします。本当は愛情は誰にも平等、公平にゆきわたるはずのものなのです。また本来は会話がなくても分か [続きを読む]
  • 家相 欠け
  • 家相で張りと欠けというのがあります。欠けというのは正方形の家、長方形の家に対して一部が欠けている、入り隅のある間取りのことを言います。欠けがあるとよくないのは迷信と思われる方も多いと思います。それは間違いで、私は住宅のアフターメンテナンスで欠けの部分で壁から雨が浸入したケースも見ています。雨が強く当たる。風が強く当たる日にはでっぱりではなくくぼみに雨風が集中します。予想以上の水圧が加わると壁の内部 [続きを読む]
  • 家の張り欠けと家相
  • 家の形にも家相というものがあります。一般には張り欠けと呼ばれるもので張りは四角い平面に対して東西南北のどこかに出っ張りがある間取りのことです。逆に四角い平面に対して一部がえぐれている間取りが欠けのある家と呼ばれるものです。家相的に張りと欠けに関しては出っ張りの張りは吉相で一部がえぐれている欠けは凶相となります。理由として欠けは風雨などの行き止まり強く当たる部分を作り出しやすいということです。屋根の [続きを読む]
  • 家相 鬼門
  • 家相で鬼門という方位があります。北東の方位でこちらの方位に玄関やトイレがあると方位的に良くないということが様々な資料にみられます。とても冷える場所であったり雨風が強くドアが傷みやすいということや中国の言い伝えで敵が攻めてくる方位ということも鬼門を気にする原因になっています。裏鬼門というのが南西でこちらもトイレや玄関に適さない方位と言われます。物が傷みやすく腐りやすい場所であると言われます。とはいえ [続きを読む]